Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『僕たちは変わらない朝を迎える』ネタバレあらすじ感想と評価解説。髙橋雄祐×土村芳が紡ぐ“希望ある別れ”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

戸田彬弘監督がオリジナル脚本で映し出す爽やかな別れの情景

国内外の多数映画祭で賞賛された『名前』(2018)や『13月の女の子』(2020)で知られる戸田彬弘監督のオリジナル脚本によるドラマ『僕たちは変わらない朝を迎える』。

音楽×映画をコンセプトにした映画祭「MOOSIC LAB [JOINT] 2020-2021」で、観客賞、男優賞、ミュージシャン賞を受賞した秀作です。

主人公の藤井役を『あいが、そいで、こい』(2019)『無頼』(2020)の高橋雄祐、ヒロインを『本気のしるし』(2020)の土村芳が演じます。

51分という短い作品ながら絶大な評価を得て単独劇場公開された『僕たちは変わらない朝を迎える』をネタバレありでご紹介します。

映画『僕たちは変わらない朝を迎える』の作品情報


(C)2021 チーズfilm

【公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
戸田彬弘

【出演】
髙橋雄祐、土村芳、桃果、前原瑞樹、大澤実音穂、津田寛治

【作品概要】

国内外の多数映画祭で賞賛された『名前』やスマッシュヒットした『13月の女の子』の戸田彬弘監督が6年ぶりにオリジナル脚本を手掛けた作品です。

音楽×映画をコンセプトにした映画祭「MOOSIC LAB [JOINT] 2020-2021」で、観客賞、男優賞を受賞しました。

また監督の熱望によってタッグを組んだアーティスト「雨のパレード」もミュージシャン賞を受賞し、三冠を果たしています。

主人公の藤井役を『あいが、そいで、こい』(2019)や井筒和幸監督最新作『無頼』(2020)に出演する高橋雄祐、ヒロインの寧々を『本気のしるし』(2020)でヒロインを務めた注目の実力派・土村芳が演じます。

主題歌を担当した「雨のパレード」の大澤実音穂が本作で女優デビューを果たしました。

映画『僕たちは変わらない朝を迎える』のあらすじとネタバレ


(C)2021 チーズfilm

「受け入れがたい現実をどうやって受け止めるのだろう。僕の人生を映画にたくしてみることにした。だから、これはウソである。だけど確かなことでもある。」

30歳を越え、壁にぶつかっている映画監督の藤井薫。

彼は街で倒れていた自転車を起こし、出社後にデスクに置いた賽銭箱に小銭を入れて手を合わせます。善行貯金と称して、良いことをするたびに100円貯金していたのです。

そんなある日、薫をずっと支えてきた女優の宮崎寧々から、仕事仲間との飲み会への誘いが来ます。

飲み会に参加した薫。周囲の人たちが席を立って薫とふたりきりになった寧々は突然、「藤井くん、私、結婚します。」と告白するのでした。

帰り道に寧々は、どう思ったかと薫に尋ねますが、薫はただ「おめでとう」としか言えませんでした。

寧々は結婚すると思わなかったと言います。「昔は藤井くんと結婚すると思ってたから。同じ業界はあかんわ。」

そう言った後、タクシーに乗って去っていく寧々。薫はじっと見送ります。

自宅に戻り、ラジオを聴きながら机に向かっていた薫は、窓を開けて外を見つめます。

寧々と暮らしていた頃の記憶たち。彼女の笑い声、くちづけ、そして抱きしめた時間が、彼の心に蘇ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『僕たちは変わらない朝を迎える』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『僕たちは変わらない朝を迎える』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2021 チーズfilm

薫は、自炊したからと言ってまた100円を賽銭箱に入れます。その後なぜか続けて小銭を入れ続け、しまいに千円札もねじこんだ薫に驚く同僚に、「人生をがまん」とだけ言うのでした。

薫の脚本を読んだプロデューサーの奥田は、薫に本音を書いているかと問い、「理想書いててもだめだ。希望を書くんだ。切実さが出ない。伝わらん。」と厳しく言います。

受講生を前にシチュエーションを説明する薫。男女の別れのシーン。彼を大切に思っているけれど、別れを決めている女性だと話します。

何人かが交代に演じる中、村上という女性の演技を気に入った薫。帰り際にその村上から受講生の飲み会に誘われます。大人数が苦手と薫が言うと、村上は笑って自分も同じだと答えます。

今日の脚本の感想を聞かれた村上は「現実はこうはいかないと思った」と素直に答えます。

帰り道、先週カレシと別れたことを話す村上。携帯をかけて彼が出なかったらもう一軒行くと言う彼女でしたが、電話はつながり、話をするために彼のもとへ向かいます。

その後、部屋でうとうとしていた薫のもとに、村上から電話が入ります。

言いたいことがなにも言えなかったと言って泣く村上。

薫は言います。「昼間はできてたのになぁ。なんでできんかったのかなぁ。あのホンやっぱだめか。」

プロデューサーから、現実の中の希望を書けと言われたことを村上に話す薫。

「伝えたいことめっちゃあんのになんでやろな。」

寧々の告白を聞いた夜、自分はどうしたかったのかと自分に問いかける薫。

そして、もしあの夜に戻れるなら…と悔やむのでした。

自分を運命の人だと言った寧々。彼女を受け入れず、あの背中を抱きしめず、手を握り返さなかったけれど、自分も彼女と結婚すると思うようになっていたことを思い出します。

そして、彼女から別れたいと言われた日のことも。

自分はあの夜なにが言いたかったのか。そして、結婚の現実を受け止めて、どう最後の夜を過ごして、明日につなげたらよかったのか。

その後、彼の「希望の物語」が紡がれます。

薫は寧々と一緒にタクシーに乗りこみ、夜明け前の海へと向かっています。

「なんであの時別れたくなった?」と素直に寧々に聞く薫。

寧々は、同じ業界だから色々としんどくなったこと、薫には恋人に求めたいことが違うと気付いたことを話します。

「やっぱり藤井君はなにも言ってくれんから。今も欲しい言葉くれん。だから一緒にはなれなかったんだと思う。」

「寧々は特別や」と言う薫。そういうの嫌いと言いながら、寧々も自分もそう思ってると答えます。でも近すぎたら無理なのだ、と。

「ようわからんな」と言う薫でしたが、寧々は、わかってもらえなかったからいいのと答えるのでした。

空が白み始めました。もうすぐ朝が来ます。

「寧々、結婚おめでとうな。もっとちゃんと言えるようにがんばるわ。」

ふたり揃って大きなあくびをして笑い合います。

待っていたタクシーに乗り込む寧々。薫は金をドライバーに渡し、こういう時のために善行貯金をしていたのだと彼女に教えます。きょとんとする彼女乗せたタクシーが走り去っていきます。

タクシーの中では、「雨のパレード」の曲「morning」が流れ始めます。

薫もイヤホンでその歌を聞いていました。

薫も寧々も、ふたりで目を覚ました朝を思い起こします。

朝の澄んだ光が海を包みこんでいました。

映画『僕たちは変わらない朝を迎える』の感想と評価


(C)2021 チーズfilm

明日につながる別れとは

国内外の多数映画祭で賞賛された『名前』(2018)や、スマッシュヒットを記録した『13月の女の子』(2020)をはじめ、フジテレビ「スカッとジャパン」ディレクターを務めるなど、幅広く活躍中の戸田彬弘監督がオリジナル脚本を手掛けた青春ドラマ『僕たちは変わらない朝を迎える』。

主演の髙橋雄祐は『あいが、そいで、こい』(2019)に主演した後、『イソップの思うつぼ』(2019)『無頼』(2020)に出演。2021年には本作に加え『初めての女』(2021)でも主演を果たしたほか、監督としても活躍する注目の映画人です。

ヒロインを演じる土村芳は『本気のしるし』(2020)、NHK朝ドラ『べっぴんさん』(2016)など数々の作品に出演し、演技派女優として知られています。

実力派の2人が濃密な空気感で、別れた恋人たちを繊細に演じています。

元恋人同士の薫と寧々。なぜ別れることになったのか薫にはわからないまま時が流れ、寧々はほかの男性と結婚することを選びます。

薫はその最後のチャンスの時でさえ本当の気持ちを何も言えず、自分の理想の別れー深く何かを問うことなく、うわべだけ美しく分かれる道ーを選んでしまいます。

しかし、若手女優・村上の別れの現実を見せられたことをきっかけに自分自身を見つめなおし、「明日につなげられる別れにするためにはどうすべきだったのか」と真剣に考えるようになるのです。

なぜ別れてしまったのだろう。なぜ言いたいことが何も言えなかったのだろう。なぜ、なぜ…と己に問いかけた経験はきっと誰しもあることでしょう。

何もかも飲み込んできれいな理想に置きかえて、自分をごまかしてきた人もきっとたくさんいるに違いありません。

しかし、そのままにしておくと、澱のようにたまった思いはいつまでも昇華することなく、胸にとどまり続けるのではないでしょうか。

大切な人との別れは苦しいものです。その事実を受け止めて自分の明日につなげていくためには、勇気を出して相手と自分に向き合うことが必要なのかもしれません。

たとえ相手にその思いが届かないとしても。

「こうしたかったのに」という主人公の思い、未練、ヒリヒリした悲しみの透明な叫びが、静謐な映像の中で響き渡ります。

彼らが迎えたのは明るく強い光を放つ日の出ではなく、白み始めたと思ったらいつの間にか訪れるいつも通りのやさしい朝でした。

変わらない朝に見えて、実際は新しい朝を迎えた薫。そのやさしい光の中で、彼の表情はすがすがしく輝きます。

映し出される男と女のすれ違い


(C)2021 チーズfilm

互いに「特別な人」と認め合いながらも、女は男のもとを去っていき、方や男はまだ女を愛し続け未練を持っています。

別れに対しても、ふたりの思いや感覚はだいぶ違います。

自分も薫を特別だと思っているけれど、近すぎたら無理だと言う寧々に、「よくわからない」とこたえる薫。

すると彼女はその言葉を聞いても、わかってもらえなかったからいいのと答えるのです。

特別な存在だから傍にいたいと考える彼と、それだけの理由で傍に居続けることはできないという彼女。

恋愛観、価値観の違いに気づいた彼女は、彼から離れていきます。しかし、彼にはその真意はわからないままです。

すべてが過去となり、俯瞰した目で事実をみつめることができるようになった今でさえも、通じ合えないふたり。

その現実を、するりと女の方は受け入れます。それは「なぜわかってくれないの」と苦しんだ時代を通り過ぎて、別れを迎えた後だからこそできることなのかもしれません。

まとめ


(C)2021 チーズfilm

別れの時を、夜明けの海をみつめながら迎える元恋人たちの物語『僕たちは変わらない朝を迎える』。

戸田彬弘による細やかな感情を映し出したオリジナル脚本作品を、監督としても活躍する髙橋雄祐と実力派女優の土村芳が繊細な演技で紡ぎます。

出発につながる別れ。その鮮やかな描写から、主人公ふたりの輝く未来が信じられます。爽やかな余韻を味わえる一作です。





関連記事

ラブストーリー映画

映画『ある貴婦人の肖像』ネタバレあらすじ考察と感想評価の解説。イザベル役を女優ニコール・キッドマンが見事に演じきったジェーン・カンピオン作品!

19世紀のイギリスとイタリアを舞台に、自由に生きようとした令嬢の運命と真実の愛とは・・・ 今回ご紹介する映画『ある貴婦人の肖像』は、ヘンリー・ジェイムズの小説『ある婦人の肖像』が原作です。「真実の愛に …

ラブストーリー映画

【ネタバレ】ティファニーで朝食を|あらすじ結末感想と評価考察。オードリーヘプバーン主演作映画は名曲が彩る“目に見えないもの”への愛の物語

ヘプバーンの新たな魅力が光る珠玉の名作! 作家トルーマン・カポーティの同名小説を映画化した、女優オードリー・ヘプバーン主演のラブストーリー映画『ティファニーで朝食を』。 当時「清純派女優」として人気を …

ラブストーリー映画

『きみの瞳が問いかけている』ネタバレ感想とラスト考察。映画は横浜流星のキックボクシングに魅了される

映画『きみの瞳が問いかけている』は2020年10月23日(金)より全国ロードショー。 吉高由里子と横浜流星がダブル主演を務め、孤独な男女の交流を繊細に演じた映画『きみの瞳が問いかけている』。 不慮の事 …

ラブストーリー映画

『こいびとのみつけかた』 あらすじ感想と評価解説。前田弘二監督と脚本家高田亮が贈る‟世間になじめない2人のメロドラマ”

『こいびとのみつけかた』は2023年10月27日(金)新宿シネマカリテ他にて全国ロードショー 雑誌の切り抜きを持ち歩いて気になる時事ネタの話をするトワは、コンビニで働く園子に恋をします。 何とかして園 …

ラブストーリー映画

『カイロの紫のバラ』ネタバレ結末あらすじと感想解説の評価。‟映画の眩い輝き”が辛い現実からヒロインを奇跡のラブストーリーへ導く

映画を愛するヒロインの奇跡のおとぎ話 軽妙なセリフ劇が人気の名匠ウッディ・アレンが監督・脚本を手掛けるファンタジック・ラブストーリー。 大恐慌時代のアメリカを舞台に、映画のスクリーンから飛び出してきた …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学