Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

《動画で見る深田晃司監督インタビュー》『本気のしるし 劇場版』20歳の時に出会った原作漫画で初のドラマ化に挑んだ理由

  • Writer :
  • 儀保俊弥

動画で見る深田晃司監督インタビュー映画『本気のしるし 劇場版』

2016年『淵に立つ』、2019年『よこがお』の劇場公開を果たした深田晃司監督。

今回の深田監督の新たなる挑戦は、星里もちるのコミックを連続ドラマ化に務め、その2019年放送された作品を劇場作品として再編集を行い、よりサスペンスさを増した『本気のしるし 劇場版』。


(C)星里もちる・小学館/メ~テレ

主人公の辻役を『レディ・プレイヤー1』『蜜蜂と遠雷』の森崎ウィンが演じ、念願の深田作品への登板となりました。

また浮世役をドラマ『3年A組 今から皆さんは、人質です』『連続テレビ小説 べっぴんさん』の土村芳が務め、新たなる魔性の女を演じています。

今回は、第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「カンヌレーベル」に選出された映画『本気のしるし 劇場版』の深田晃司監督の動画を紹介。

原作コミックとの出会いから、テレビドラマは作らないと言った姿勢をなぜ撤回したかなど、知性的な深田監督の映画制作の一端を知ることができるインタビュー動画です。

スポンサーリンク

深田晃司監督インタビュー:3分36秒

深田晃司監督プロフィール

1980年生まれ、東京都小金井市出身。大正大学文学部卒業。1999年に映画美学校フィクションコースに入学。習作長編『椅子』などを自主制作したのち、2005年に平田オリザが主宰する劇団「青年団」に演出部として入団します。

2006年、19世紀フランスの小説家バルザックの小説を深澤研のテンペラ画でアニメーション化した『ざくろ屋敷 バルザック「人間喜劇」より』を監督。2008年には、青年団の劇団員をキャストにオムニバス長編映画『東京人間喜劇』を公開しました。

2010年に『歓待』を発表。同作は東京国際映画祭の日本映画「ある視点」部門にて作品賞を受賞しました。

2014年には『ほとりの朔子』を発表。フランス・ナント三大陸映画祭にて、最高賞である金の気球賞と若い審査員賞をダブル受賞し、国外での注目を集めました。

2015年、平田オリザ原作にして、世界初の“人間とアンドロイドの共演”で話題となった『さようなら』を経た後、2016年に公開した『淵に立つ』が第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査委員賞を受賞しました。

2018年にはインドネシアを舞台にした『海を駆ける』を公開。同年、フランスにおける芸術文化勲章「シュバリエ」を受勲しました。

本作『本気のしるし 劇場版』は、第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「カンヌレーベル」に選出。

映画『本気のしるし 劇場版』の作品情報

(C)星里もちる・小学館/メ~テレ

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】
星里もちる「本気のしるし」(小学館ビッグコミックス刊)

【監督・脚本】
深田晃司

【脚本】
三谷伸太朗、深田晃司

【音楽】
原夕輝

【出演】
森崎ウィン、土村芳、宇野祥平、石橋けい、福永朱梨、忍成修吾、北村有起哉

スポンサーリンク

映画『本気のしるし 劇場版』あらすじ


(C)星里もちる・小学館/メ~テレ

退屈な日常を過ごしていた会社員の辻一路はある夜、踏み切りで立ち往生していた葉山浮世の命を救います。

彼女と関わったその日から、辻は次々とトラブルに巻き込まれていきます。

魅力的だが隙と弱さがあり、それゆえ周りを巻き込んでいく浮世と、それに気付きながら、なぜか彼女を放っておけない辻。

そんな辻は仕事や人間関係を失いながら、破滅への道を歩みだすのだが…。





関連記事

新作映画ニュース

松本動監督の映画一挙上映!『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』2月18日に渋谷ユーロライブにて開催

全世界累計139の映画祭を席巻!! グランプリ11冠を含む全50冠の作品群!! 2021年2月18日(木)渋谷のユーロライブにて、国内外の映画祭を席巻して来た実力派の新鋭、松本動(ゆるぐ) 監督の作品 …

新作映画ニュース

ビー・ガン監督の映画がNetflix独占配信!10月1日より『凱里ブルース』『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』が先行配信

『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』『凱里ブルース』 ビー・ガン監督の2作、10月1日よりNetflixで先行独占配信へ。 今年、2020年2月28日に公開され、その後Covid-19の影響を …

新作映画ニュース

新宿K’s cinemaにて映画『ハーヴェイ・ミルク』『レニ』など「パンドラ創立31周年特集上映」 開催

『パンドラ創立31周年特集上映 時代とともに』が9月15日(土)~10月12日(金)新宿K’s cinemaにて開催されます。 パンドラ第1回配給作品『ハーヴェイ・ミルク』を皮切りに、これまで配給した …

新作映画ニュース

若手映画監督を応援する新配給レーベル《MAP+Cineamgo》とは?劇場公開作とおすすめ紹介動画サイトも同時スタート!

新鋭インディーズ映画作家の注目作が目白押し!! 新規映画配給レーベル《MAP+Cineamgo》が旗揚げとなり、公開ラインナップ作品が発表されました。 新型コロナウイルスによる自粛の中、全国の劇場が一 …

新作映画ニュース

映画『再会の奈良』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ポンフェイ監督が日本・中国の国境を越えた親子の愛と絆を描く

母と娘の60年にわたる「絆」──中国と日本をつなぐ戦争の歴史を今に伝え、問いかける “今と未来、奈良と世界を繋ぐ”映画製作プロジェクト「NARAtive2020」から生まれた日中合作映画『再会の奈良』 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学