Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/06/23
Update

映画『五億円のじんせい』キャスト。みらいくんのお母さん役は西田尚美【プロフィールと演技力評価】

  • Writer :
  • YUMIKO

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか!
映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開。

オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら作品を完成させるという挑戦的な取り組み「NEW CINEMA PROJECT」。

そこで第一回グランプリを受賞した映画『五億円のじんせい』が、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開されます。

日本映画界の新たな息吹を感じさせるフレッシュな監督・脚本家・そしてキャストで贈る本作。

この記事では、主人公の母・高月麻理恵を演じる西田尚美について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『五億円のじんせい』の作品情報


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
文晟豪(ムン・ソンホ)

【脚本】
蛭田直美

【主題歌】
ZAO「みらい」

【キャスト】
望月歩、山田杏奈、森岡龍、松尾諭、芦那すみれ、吉岡睦雄、兵頭功海、小林ひかり、水澤紳吾、諏訪太朗、江本純子、坂口涼太郎、平田満、西田尚美

【作品概要】

監督は短編映画『ミチずレ』(2014)の文晟豪(ムン・ソンホ)。

脚本は『女の機嫌の直し方』(2019)の蛭田直美です。

望月歩が本作で映画初主演し、“五億稼がなければならない”主人公を瑞々しく演じました。

物語のキーパーソンを演じるのは映画『ミスミソウ』の主演が印象深い山田杏奈。

サブキャストには山田杏奈、兵頭功海、小林ひかりのほか、西田尚美、森岡龍、平田満、松尾諭、水澤紳吾、芦那すみれ、諏訪太郎ら実力派が勢ぞろいしました。

映画『五億円のじんせい』のあらすじ


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

幼い頃に、善意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年、高月望来。

健康に成長し17歳になった望来は、五億円にふさわしい自分であろうとして周囲からの期待を引き受け、マスコミに晒される、窮屈な青春を送っていました。

ある日、とある出来事をきっかけにSNSで自殺を宣言したところ、見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届きます。

夏休み、家を飛び出し、五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出る望来。

そして、様々な人と出会い、事件に巻き込まれながら、思わぬ発見が彼を待っていて…。

スポンサーリンク

映画『五億円のじんせい』高月麻理恵役は西田尚美

西田尚美の初主演映画『ひみつの花園』(1997)

映画『五億円のじんせい』で、主人公の望来の母・高月麻理恵役を演じる西田尚美は1970年2月16日生まれの女優。広島県出身で鈍牛倶楽部所属。

モデルとしてデビューし、ファッション誌『Junie』『PeeWee』『an・an』『non-no』などで活躍。

1993年ドラマ『オレたちのオーレ!』で女優に転身します。

1997年に映画『ひみつの花園』で初主演。この作品をきっかけに、矢口史靖作品の常連となりました。

『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』と中江裕司作品にも続けて出演。

そのほか、映画『図書館戦争』シリーズや、『クロユリ団地』『ひるなかの流星』『生きてるだけで、愛』、ドラマ『マッサン』『コウノドリ』『メゾン・ド・ポリス』など数多くの作品に出演。様々な役を演じ分ける名バイプレーヤーとして知られています。

2012年からNHK人気コント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』に出演し、人気急上昇。

演技力を伴った体当たりのコントで好評を博しているほか、フリートークで1日1回は麺を食べる”大の麺好き”であることを公言し、「ナオミのニッポン麺紀行」というコーナーまで持つ愛嬌あるキャラクターです。

映画『五億円のじんせい』高月麻理恵はどんな役?


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

高月麻理恵は、主人公の少年・望来(みらい)の母。

幼い頃に重い心臓病だった望来を救うために、五億円の募金を集めるために必死で奔走。無事アメリカでの心臓移植を成功させて息子の命を救いました。

17歳になった望来を、「みらいちゃん」と呼ぶ過保護な母親。

望来と同様、助けてくれた大勢の人たちへの感謝の思いを持つ反面、「返しきれない恩」という重い荷を背負って生きています。

人目を気にするあまり、家出をした望来の捜索願いを出すこともできずに苦悩しますが…。

スポンサーリンク

西田尚美の演技力の評価は


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

ドラマや映画で存在感ある演技を魅せる名バイプレーヤーの西田尚美。数々のふり幅の広い役を、演じ分けることで知られています。

広島県出身ならではのはまり役だったのは、NHK連続テレビ小説『マッサン』での主人公の姉・岡崎千加子役。かわいらしさが評判となりました。

アラフィフとなっても変わらぬ、清楚で透明感ある美しさを持つ女優です。

本作では『五億円のじんせい』では、心臓病を克服した主人公・望来の母、麻理恵を演じています。

病気の子どもを持つシングルマザーの苦悩を、見事に表現。

巨額の募金で息子を助けてくれた社会へ恩義を感じる反面、立派に育てなければいけないという思いにがんじがらめになって生きており、「世間様」の目を気にして作り笑いの日々を過ごす母と子。

一方では、17歳になった息子には過干渉で、いつまでも子ども扱いしています。

実際は、誰より子供じみた性格だった母が、息子の家出を機に大きく成長していく姿を、西田は見事な演技で表現しています。

子離れを遂げた瞬間の、西田の素晴らしい表情に注目です。

西田尚美の公式SNSの紹介

西田尚美の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

「NEW CINEMA PROJECT」にて400本の候補作の中からグランプリを受賞した映画『五億円のじんせい』。

本作は7月の公開に先立ち、2019年3月15日(金)より開催される第一回愛媛国際映画祭のコンペティション部門にて上映が決定しています。

かつて五億円の募金で命を救われた主人公の少年が、死ぬための闇バイトで見つけた、命の本当のねだん。

息子と共に心の成長を遂げていく、情深い母親・麻理恵。その繊細な心理を、名バイプレーヤーの西田尚美が素晴らしい表現で魅せています。

フレッシュな監督・脚本家・そしてキャストで贈る映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開です。



関連記事

新作映画ニュース

映画『タリーと私の秘密の時間』マッケンジー・デイヴィス魅惑のコスプレ姿披露!

『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞®に2度ノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン監督が、『ヤング≒アダルト』で主演に迎えたシャーリーズ・セロンと再びタッグを組んだ最新作『 …

新作映画ニュース

山田裕貴&齋藤飛鳥『あの頃、君を追いかけた』あらすじ。松本穂香&猫の癒し映像解禁

2011年、台湾で200万人を動員し、空前のヒットとなった伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』。 舞台を日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥ほか旬の若手俳優たちにより現代の物 …

新作映画ニュース

『宵闇真珠』映画監督クリストファー・ドイルをオダギリジョーらキャスト語る。世界的巨匠の映画制作の舞台裏は⁈

『ブエノスアイレス』『恋する惑星』など、映画史に燦然と輝く傑作を多数撮ってきた世界的撮影監督クリストファー・ドイル。 彼が監督を務めた映画『宵闇真珠』(よいやみしんじゅ)が12月15日(土)にシアター …

新作映画ニュース

映画『嘘八百 京町ロワイヤル』『全裸監督』の武正晴監督。初エッセイを2020年1月30日発売

武正晴監督による初の映画エッセイ刊行。 映画『嘘八百 京町ロワイヤル』や『全裸監督』で知られる武正晴監督による初の映画エッセイ『映画があってよかったなあ 監督・武正晴の洋画雑記』を、玄光社より2020 …

新作映画ニュース

映画『カメラを止めるな2』あらすじ/キャスト。続編リモート大作戦はYouTubeにて無料配信予定!

カメ止め旋風再び! 2018年に大旋風を巻き起こし、映画界に衝撃を与えた映画『カメラを止めるな!』。 この度、上田慎一郎監督とカメ止めキャストが再結集し、短編映画『カメラを止めるな!リモート大作戦!』 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP