Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2019】斎藤工のホラー監督作含む東南アジア特集CROSSCUT ASIAを解説

  • Writer :
  • 石井夏子

2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間で開催される、第32回東京国際映画祭。

国際交流基金は、2019年10月28日(月)に開幕する第32 回東京国際映画祭(Tokyo International Film Festival:以下、TIFF)で、アジア映画特集シリーズ「国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA」を実施します。

第6回となる今回は、「ファンタスティック!東南アジア」と題し、国際的に活躍する監督や人気俳優が監督したホラーやスリラー、SF、ファンタジー等、東南アジアの「摩訶不思議」を多様な視点でとらえた9プログラム10作品を上映します。

「東京国際映画祭」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

「CROSSCUT ASIA(クロスカット・アジア)」とは

2014年に東京国際映画祭の一部門として設立された「CROSSCUT ASIA(クロスカット・アジア)」は、アジアの国や監督、テーマなど様々な切り口でアジア映画を取り上げる部門です。

これまでタイ、フィリピン、インドネシアの各国特集、巨匠監督推薦の若手監督映画、2018年は音楽をモチーフにした東南アジア映画を特集しました。今年2019年で6年目を迎えます。

次の章からは、「CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア」のラインナップをご案内します。

近未来ディストピア作品

巨匠ラヴ・ディアス、新鋭ランディ・コロンピスがそれぞれ描く、近未来ディストピア『停止』『フォックストロット・シックス』。

自然破壊、政治の腐敗…世界がいま抱える問題を反映させた超大作です。

『停止』

(c)Indie Sales

【製作】
2019年(フィリピン映画)

【監督・脚本・プロデューサー・撮影・編集】
ラヴ・ディアス

【キャスト】
ピオロ・パスカル、ジョエル・ラマンガン、シャイーナ・マグダヤオ、ヘイゼル・オレンシオ

【作品概要】
『立ち去った女』のラヴ・ディアス初の近未来SF。

2034年、火山の噴火で太陽が隠された東南アジア一帯は闇のなかに沈む。独裁者が専制政治を行い、多くの民衆の血が流れ…。

カンヌ2019監督週間出品作です。

『フォックストロット・シックス』

©Rapid Eye Pictures

【製作】
2018年(インドネシア映画)

【脚本・監督・プロデューサー】
ランディ・コロンピス

【キャスト】
オカ・アンタラ、マイク・ルイス

【作品概要】
新人監督ランディ・コロンピスが描く近未来ディストピア大作。

食糧不足で人類の危機が迫るなか、元海兵隊員で国会議員に転身したアンガは仲間とともに敵に挑みます。

『ザ・レイド GOKUDO』のオカ・アンタラほか人気スター勢揃い!

スポンサーリンク

エリック・クー製作総指揮のオムニバス・ホラー

エリック・クー製作総指揮、各国民間伝承を題材にした6話のTVオムニバス・ホラーから『フォークロア:母の愛』『フォークロア:TATAMI』の2作を紹介。

インドネシア編の監督はホラーの帝王ジョコ・アンワル、日本編は監督としても活躍めざましい齊藤工。

『フォークロア:母の愛』

“©2018 HBO Pacific Partners, v.o.f. FOLKLORE is a service mark of HBO Pacific Partners, v.o.f. All rights reserved. CONFIDENTIAL – NOT FOR EXTERNAL USE OR RELEASE. PROPERTY OF HBO ASIA, NO UNAUTHORISED COPIES OR REPRODUCTIONS SHALL BE MADE OR RETAINED.”

【製作】
2018年(シンガポール・インドネシア合作映画)

【監督】
ジョコ・アンワル

【キャスト】
マリッサ・アニタ、テウク・ムザク・ラムダン

【作品概要】
インドネシア篇は『悪魔の奴隷』などの熟達のホラー王、ジョコ・アンワルが監督。

住処を追い出された母と息子に怪奇現象が降りかかり…。

『フォークロア:TATAMI』

“©2018 HBO Pacific Partners, v.o.f. FOLKLORE is a service mark of HBO Pacific Partners, v.o.f. All rights reserved. CONFIDENTIAL – NOT FOR EXTERNAL USE OR RELEASE. PROPERTY OF HBO ASIA, NO UNAUTHORISED COPIES OR REPRODUCTIONS SHALL BE MADE OR RETAINED.”

【製作】
2018年(シンガポール・日本合作映画)

【監督】
齊藤工

【キャスト】
北村一輝、神野三鈴、黒田大輔、大西信満

【作品概要】
日本編は俳優・斎藤工が監督として初のホラーにチャレンジ!北村一輝主演。

父の葬儀に帰郷した男が、家族の秘められた過去を知りますが…。

アジアのホラー映画群

女性監督の活躍に注目したい、アジアのホラー映画群です。

ホラー映画業界の内幕を暴くモキュメンタリー『リリア・カンタペイ、神出鬼没』から、今年のヴェネチア・トロント出品作『それぞれの記憶』『永遠の散歩』まで。

『リリア・カンタペイ、神出鬼没』

【製作】
2011年(フィリピン映画)

【監督・脚本・原案】
アントワネット・ハダオネ

【キャスト】
リリア・カンタペイ、ジョエル・サラチョ、ジェラルディン・ヴィラミル

【作品概要】
30年間の端役人生の果てに初めて映画賞にノミネートされた老女優リリア・カンタペイは受賞スピーチを考えて落ち着きません。

ホラー映画業界の内幕を暴く、笑いと涙のモキュメンタリー? ドキュメンタリー?

『それぞれの記憶』

©Viva Communications Inc.

【製作】
2019年(フィリピン映画)

【監督・脚本】
シーグリッド・アーンドレア P・ベルナード

【キャスト】
クリスティーン・レイエス、シアン・リム

【作品概要】
北海道が舞台の大ヒット作『キタキタ』のベルナード監督の新作は恐怖のサイコ・スリラー。

ジョージア(グルジア)で出会ったフィリピン人移民のマーラとホアキム。その生活に不気味な影が忍び寄り…。

『永遠の散歩』

©Lao Art Media, Screen Division, Aurora Media, 108 Media

【製作】
2019年(ラオス・スペイン・シンガポール合作映画)

【監督・プロデューサー】
マティー・ドー

【キャスト】
ヤナヴッティ・チャンタルンシー、ポー・シラッサ、ヌーナファ・ソイダラ

【作品概要】
ラオス初の女性監督マティー・ドーによるホラー風味のSF。

50年前に母を死なせたことを後悔して生きてきた老人が霊力を授かって過去に戻ります。果たして母の命をつなぎとめることはできるのか?

ヴェネチア2019出品作。

スポンサーリンク

ホラーに挑戦するフィルムメーカーたち

『マッハ!』のプラッチャヤー・ピンゲーオ、『牢獄処刑人』のエリック・マッティ、『草原に黄色い花を見つける』ヴィクター・ヴーが、ジャンルを横断し、本格ホラーに挑戦します。

『Sisters』

©2019 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

【製作】
2019年(タイ映画)

【監督・プロデューサー・原案】
プラッチャヤー・ピンゲーオ

【キャスト】
プロイユコン・ロージャナカタンユー、ナンナパット・ルートナームチューサクン

【作品概要】
『マッハ!』『チョコレート・ファイター』のプラッチャヤー監督、会心のホラー・アクション。

悪魔ハンターとしての能力を身につけた姉と、か弱く悪魔たちにつけ狙われる妹。運命に翻弄される姉妹は、真実が明かされる時、究極の選択を迫られ…。

『存在するもの』

©REALITY ENTERTAINMENT, INC.

【製作】
2019年(フィリピン映画)

【監督・エグゼクティブ・プロデューサー】
エリック・マッティ

【キャスト】
シャロン・クネタ、ジョン・アルシラ、ケント・ゴンザレス、パム・ゴンザレス、ギラ・アルヴァレス

【作品概要】
『牢獄処刑人』のエリック・マッティが放つ本格ホラー。

双子の妹マヌエラが急死したとの報せが届いて帰郷したルイスを待っていたのは、悪霊たちの度重なる跳梁跋扈。果たして妹の死の真相は?

『死を忘れた男』

©2018 CJHK ENTERTAINMENT, NOVEMBER FILMS, AN NAM PRODUCTIONS, ALL RIGHTS RESERVED

【製作】
2018年(ベトナム映画)

【監督・脚本】
ヴィクター・ヴー

【キャスト】
クァック・ゴック・グアン、ディン・ゴック・ジェップ、ジュン・ヴー、タン・トゥ、フランソワ・ネグレ

【作品概要】
ベトナム期待の星ヴィクター・ヴーがハートフルな『草原に黄色い花を見つける』に続いて手がけた対照的な本格ホラー。

謎の洞窟に迷い込んだアンは、不老不死の力を身につけた300歳の男フンと出会いますが…。

第32回東京国際映画祭の開催概要

【開催期間】
2019年10月28日(月)~11月5日(火)

【会場】
六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) 、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか都内の各劇場及び施設・ホールを使用

【チケット発売日】
※部門別での発売開始となります。
10 月12 日(土)
12:00~CROSSCUT ASIA、アジアの未来、企画上映
16:00~特別招待作品、特別上映

10月13日(日)
12:00~ワールド・フォーカス、ユース、日本映画スプラッシュ、Japan Now
16:00~コンペティション、日本映画クラシックス、ジャパニーズ・アニメーション、クロージング・セレモニー+東京グランプリ受賞作品

※詳細につきましては東京国際映画祭公式サイトにてご確認ください。

東京国際映画祭とは

東京国際映画祭(通称 TIFF)は日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭です。

1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生した TIFFは、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の国際映画祭へと成長しました。

いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供しています。

まとめ

「CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア」会期中には各作品の監督や出演者などが来日し、上映後のQ&Aセッションを予定しています。

10月29日(火)には、アントワネット・ハダオネ監督(『リリア・カンタペイ、神出鬼没』/2011)、シーグリッド・アーンドレア P・ベルナード監督(『それぞれの記憶』/2019)、マティー・ドー監督(『永遠の散歩』/2019)の女性監督3名を迎えて、「ホラー女子会の秘かな愉しみ」と題したシンポジウムを開催

東南アジア地域で不動の人気を誇るホラー映画について、女性クリエイターの視点から紐解いていきます。

ぜひ「CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア」にお運びください

「東京国際映画祭」記事一覧はこちら

関連記事

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのマテバ役は小栗旬。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

日常の崩壊を予感させる映画『ある船頭の話』予告編公開!オダギリジョーが捉えた日本とは

船頭は今日も、様々な人たちの喜びと悲しみ、生と死を乗せて舟を漕ぐ。 オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開されます。 公開に先立ちまし …

新作映画ニュース

アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!|声優トム・ヒドルストンのアテレコ映像解禁

アニメ映画『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』は、2018年7月6日(金)より、TOHOシネマズ上野ほか全国ロードショー! 『ウォレスとグルミット』『ひつじのショーン』シリーズのアードマン・ …

新作映画ニュース

【城定秀夫監督特集】上映作品一覧とイベント情報。ポレポレ東中野にて10月19日より開催

全作品劇場 “初” 公開! 天才・城定秀夫が紡ぐ、(約)2日撮りの世界をご堪能あれ。 2003年にピンク映画『味見したい人妻たち(別題:押入れ)』で監督デビュー以降、ピンクはもちろん、一般劇場公開作、 …

新作映画ニュース

映画『一度も撃ってません』あらすじ。キャストの石橋蓮司18年ぶりの主演作は2020年7月3日公開!

昼は妻にタジタジ、ハードボイルド気取りな小説家。 だけど夜は伝説のヒットマン!?でもやっぱりこの人、撃ったことない…かも。 1989年の『どついたるねん』デビューから、『新・仁義なき戦い。』『KT』『 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP