Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『若さと馬鹿さ』あらすじ感想と評価解説。中村祐太郎監督がどうしようもない男女の日常を描く|インディーズ映画発見伝30

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第30回

インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」

2021年3月にサイトがリニューアルされ、早くもミニシアターで話題を集めた映画や、話題作のインディーズ映画が目白推しです!

コラム第30回目では、中村祐太郎監督の映画『若さと馬鹿さ』をご紹介いたします。

『全員死刑』や『岬の兄弟』で俳優としても活躍する中村祐太郎監督が過去にタッグを組んだ木村暉を脚本にむかえ、どうしようもない恋人たちの日常を映し出します。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『若さと馬鹿さ』の作品情報


(C)UNDERDOG FILMS

【公開】
2019年(日本映画)

【監督・撮影】
中村祐太郎

【脚本】
木村暉

【キャスト】
柴田貴哉、松竹史桜、工藤奈々子、久田紫萌子、平野鈴、西洋亮、アベラヒデノブ

【作品概要】
中村祐太郎監督と脚本を務めた木村暉は多摩美術大学在学中に『ぽんぽん』(2013)、『雲の屑』(2015)を製作し、それぞれ東京学生映画祭でグランプリに輝きました。

中村祐太郎監督は 『女流闘牌伝 aki -アキ-』(2017)で商業監督デビューするほか、俳優として『全員死刑』(2017)や『岬の兄弟』(2019)にも出演しています。監督最新作は『新しい風』(2021)。

木村暉は『純平、考え直せ』(2018)、『渋谷シャドウ』(2020)などの脚本も務めています。

キャストは『ボディ・リメンバー』(2021)、『きみの鳥はうたえる』(2018)の柴田貴哉、『アボカドの固さ』(2020)の松竹史桜、『親密さ』(2013)の平野鈴など。

映画『若さと馬鹿さ』のあらすじ


(C)UNDERDOG FILMS

付き合って5年になる貴哉と桜のふたりは、家賃を折半しながら同棲しています。

最近隣に引っ越してきた住人は貴哉と桜が性行為をしていると必ず壁を叩いてきます。

こんな狭い部屋、早く引っ越したいが、貴哉はバイトに精を出せず、自分が稼がなければと思う桜。

しかし、貴哉は堕落しバイトをサボったり、別れた彼女や風俗嬢を呼んで女遊びをする日々。

ある日、とあることがきっかけで貴哉の女遊びが桜にバレてしまい……

スポンサーリンク

映画『若さと馬鹿さ』の感想と評価


(C)UNDERDOG FILMS

20代後半のダラダラした男女関係を描いた映画『若さと馬鹿さ』。

除毛の場面から始まるというインパクトのある本作。

貴哉はご飯を食べて寝て、誰かと体を重ねてはまたご飯を食べ……生々しく描かれる性描写はあまりにも日常的で虚無に包まれています。

何事にもやる気を出せず堕落した日々。

特に20大後半は社会人としてももう新人ではなく上の立場になり始める時期であったり、結婚したりと将来を見据えて安定したがる人が増えてくる時期なのではないでしょうか。

その流れの中で不安定なまま、無気力なまま止まっている貴哉。

一方で桜は引っ越しをしたいと考え、貴哉にもっと仕事を頑張ってほしいと思っており、次に進もうとしているかのような印象を受けます。

友人のレイに愚痴りつつも気付けば貴哉の話ばかりしてしまう桜はダメなところはあるけれど貴哉を愛しています。

ダラダラした男女関係が浮気の発覚で一変してしまった2人。そこで桜は初めて5年間付き合っていたのに貴哉のことを何も知らなかったことに気づきます。

不安定でだらしない日々を送る桜と貴哉にいつかの若かった自分を重ねる人もいるかもしれません。

若者のリアルさを描きながら観客を惹きつける演出が随所に散りばめられ、心を鷲掴みにしていきます。

先にも述べたインパクトのある除毛の冒頭ですが、映画で除毛の場面を描くということはかなり稀なのではないでしょうか。

逆に言えば非常にパーソナルな行為ともいえ、5年付き合った桜と貴哉のお互い何も気にせず晒せる距離感の近さも感じさせます。

そんな2人であっても、実はお互い知らないこともあり、退廃と倦怠の中でだらだらと続いている関係性が際立っています。

まとめ


中村祐太郎監督(C)Cinema Discoveries

監督・中村祐太郎×脚本・木村暉のタッグでどうしようもない男女の日常を描く映画『若さと馬鹿さ』(2019)。

不安定で自身の将来のことも2人の関係性もよく分からず……堕落していく恋人たちの様子をリアルに描いています。

生々しい性描写も交えながら人々のどうしようもなさ、日常と喪失を描いてきた中村祐太郎監督と木村暉だからこそ描ける若者たちのリアルさがあらわれています。

中村祐太郎Twitter
シネマディスカバリーズTwitter

次回のインディーズ映画発見伝は…


(C)シネマ健康会

次回の「インディーズ映画発見伝」第31回は、松本卓也監督の『帰ろうYO!』を紹介します。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

カルト映画『ハロルドとモード』異色のラブストーリー。死生観と行動の哲学とは|偏愛洋画劇場3

連載コラム「偏愛洋画劇場」第3幕 今回取り上げたい作品はハル・アシュビー監督による映画『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』 (1971)。 海外でカルト的人気を博す作品です。 かなりユニークな物語であ …

連載コラム

【ネタバレ感想】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ南北英雄|チウ・マンチェク演じる武術家ウォン・フェイホン(黄飛鴻)が復活!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録31

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第31回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、今回はカ …

連載コラム

スーパー戦隊はマンネリなのかを考える④【改革期】ジェットマンからギンガマン|邦画特撮大全9

連載コラム「邦画特撮大全」第9章 1980年代後半、スーパー戦隊シリーズは成熟期を迎えたと言えます。 しかし『地球戦隊ファイブマン』の頃、シリーズ自体の存続が危ぶまれました。 視聴率低下、玩具売り上げ …

連載コラム

映画『ドリームプラン』あらすじ感想と評価解説。ウィル・スミスがテニス世界チャンピオン姉妹の父を演じる感動のヒューマン作品|映画という星空を知るひとよ87

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第87回 映画『ドリームプラン』は、2022年2月23日(水・祝)より全国ロードショー。 『ドリームプラン』は、最強のテニスプレイヤーと称されるビーナス&セリー …

連載コラム

【2019年の挨拶】あけましておめでとうございます。

橿原神宮 ©︎Cinemarche 謹啓 あけましておめでとうございます。 今年も映画の多様な価値を、“読者の皆さんに映画を届ける”という原点に立ち返り、専属ライターともに作品解説のご紹介することに取 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学