Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『エージェントスミス』ネタバレ感想と考察評価。実話の犯罪事件をモチーフにフィリップノイス監督が描くダーク・ヒロイン!|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録1

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第1回

映画ファンには毎年恒例のイベント、令和初となる劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、新型コロナウイルス感染症の影響に翻弄されながらも、全作品の上映が無事終了しました。

その後緊急事態宣言を受け、全国の映画館は休業しました。あらゆる業種で働く人々が苦しい状況に追い込まれる中、映画製作・配給・興行に関わる方々にも、厳しい状況が続いております。

それでも緊急事態宣言の解除を受け、様々な対策を行った上で、映画館での作品上映が再開されました。今回の事態で多くの作品が公開延期された状況で、埋もれかねない傑作・怪作映画を応援すべく、「未体験ゾーンの映画たち」の延長戦実施が発表されました。

その23作品を応援すべく、見破した上で愛情を持って、ご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

名匠フィリップ・ノイス監督が描く映画『エージェント・スミス』

第1回で紹介するのは、実在の事件を基にしたサスペンス・スリラー映画『エージェント・スミス』。スパイ・サスペンス映画の名匠フィリップ・ノイス監督の作品です。

『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』(2015)や『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)、そしてTVドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011~)で世界的に有名な、エミリア・クラークが実在の人物である悪女を熱演しました。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020延長戦見破録』記事一覧はこちら

映画『エージェント・スミス』の作品情報


(C)2018 Above Suspicion, LLC

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Above Suspicion

【監督】
フィリップ・ノイス

【キャスト】
エミリア・クラーク、ジャック・ヒューストン、ソフィー・ロウ、ジョニー・ノックスビル、ソーラ・バーチ、カール・グルスマン、ケビン・ダン、クリス・マルケイ

【作品概要】
ニューヨーク・タイムスのコラムニストであった、ジョー・シャーキーが著したノンフィクションを映画化した、犯罪サスペンス映画です。脚本は『ミシシッピー・バーニング』(1988)を執筆し、『ロシア52人虐殺犯 チカチーロ』(1995)は脚本だけでなく、監督したクリス・ジェロルモが手がけています。

悪女に翻弄され破滅するFBI捜査官を、マーティン・スコセッシ製作のドラマ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」(2010~)に出演し、『アイリッシュマン』(2019)でロバート・ケネディ司法長官役を務めた、ジャック・ヒューストンが演じました。

『アメリカン・ビューティー』(1999)や『ゴーストワールド』(2001)のソーラ・バーチや、MTVで2000年より放送され、映画化もされたお騒がせ番組、「ジャッカス」シリーズでお馴染みの、ジョニー・ノックスビルらが脇を固めた作品です。

スポンサーリンク

映画『エージェント・スミス』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Above Suspicion, LLC

事実に基づくこの物語は、森林の中で、白骨化した遺体が見つかる場面から始まります…。

事件を振り返る主人公のスーザン・スミス(エミリア・クラーク)は、自分を地元で生まれ育った、平凡な女の子だと紹介しました。

しかし彼女の住む町、ケンタッキー州のパスクビルは、鉱山が閉山し会社も倒産し、多くの住民が職を失います。1988年当時、パスクビルの人々は荒んだ暮らしをしていました。

彼女は夫キャッシュ(ジョニー・ノックスビル)との間に、2人の子をもうけました。しかし薬の売買や詐欺行為で稼ぐ夫と離婚します。

スーザンは離婚後も子供たちと共に、キャッシュと同居していました。キャッシュは家でゴロゴロし、子供たちはゲーム漬けの生活です。だらしない元夫に声を荒げるスーザン。

家には刑務所から出たばかりのジョー・B(カール・グルスマン)が転がり込み、女と共に居候していました。

そんな日々に嫌気が差し、キャッシュの商品である薬に手を出し、とがめられるスーザン。彼女も問題を抱えた薬物中毒者でした。

パスクビルに残された仕事と言えば葬儀屋か、薬の売人だけ。自分の仕事は前者にしておけば良かった、と彼女は振り返ります。

そんな折、パスクビルのFBI支局に新たに赴任した、マーク・パットナム(ジャック・ヒューストン)と、乳児を抱く妻キャシー(ソフィー・ロウ)の姿を目撃するスーザン。

マークはこの地で多発する、銀行強盗の犯人を追っていました。夫婦は事件解決を手柄にして栄転し、さらに出世することを望んでいました。

パクスビルから8㎞ほど離れた銀行の前に、張り込んでいた保安官ランディの前に、ナンバープレートを外した怪しい車が現れます。

覆面をした男が降りようとする姿を目撃し、保安官が銃を向けて叫ぶと、男は慌てて車に乗り込み、走り去って行きました。

その通報を受けマークは現場に向かいます。FBI支局の同僚で、やる気のないトッド(クリス・マルケイ)は追っても無駄と、捜査しようともしません。

マークは地元の保安官一家で育った男、ランディに協力を求めます。2人はランディが知る、車の持主の家に向かいます。

そこに例の車が現れますが、容疑者は車を捨て逃亡します。危険を顧みず犯人を追うマークを、将に英雄になりたがっている男だ、と振り返るスーザン。

そんな折、パクスビルの酒場でスーザンの弟ボーンズが、喧嘩騒ぎで銃を持ち出し、相手を負傷させます。

事件をランディ保安官から聞いたマークは、2人でスーザンとキャッシュの家を張り込みます。すると見込み通りボーンズが現れました。

保安官と家に踏み込んだマークは、ボーンズを逮捕し、キャッシュが所持していた薬物を発見します。弟だけでなく、元夫も逮捕されかねない状況に、取引をもちかけるスーザン。

FBI捜査官のマークも、パクスビルの裏事情に通じる人間を必要としていました。後日スーザンとキャッシュは、町から離れた場所で彼と保安官に密会します。

家族を守るためスーザンは電話で、美容院を経営する姉のジョリーン(ソーラ・バーチ)とも相談します。マークは彼女と2人きりになった時に、取引に応じ情報提供者になれと迫ります。

それに応じたスーザンですが、弟の罪を軽くし、元夫を逮捕から守る目的以外に、既にマークに魅かれていたから、この取引に応じたのかもしれません。

こうしてFBI捜査官マークの情報提供者、”エージェント・スミス”が誕生しました。報酬と引き換えに、パクスビルの裏社会の情報の提供を行うスーザン。

周囲は犯罪に絡んだ者ばかりの環境で暮らす彼女に、いつまでもこんな生活を続けるべきではない、とマークは語り掛けます。

彼女は自分が生まれ育ち、家族がこれからも暮らすパクスビルから、離れて暮らすことなど出来ないと答えます。スーザンは狭い世界に縛られるように生きていました。

そんな彼女にとって、マークとの出会いは救いであり、同時に希望でした。しかし後に、これは悪魔との出会いであった、と振り返るスーザン。

マークは連続強盗犯に関する情報を求めます。しかし互いを知る者たちが暮らす、パクスビルの内情を詳細に語ることは、彼女にはリスクの大きいものでした。

よそ者のマークにとって、信頼できる事情に通じた地元住民は彼女だけでした。彼はスーザンを励まし、報酬と身の安全を約束して情報を求めます。

ある日、スーザンは自宅にやってきたジョニー・Bが眠っている隙に、彼のバックの中身を密かに調べます。中には強盗が使用していたショットガンなどの、銃が入っていました。

スーザンは見た物をマークに報告します。いよいよ彼女が強盗事件の核心に近づいた知り、身の危険を訴える彼女に、更に詳細な情報を求めるマーク。

彼女はマークが家族思いだと知っていました。しかし自分なら上流階級出身の妻キャシーより、あなたに様々なことが出来ると、スーザンは思わせぶりな態度を見せます。

マークはその誘いには乗らず、彼女に裏社会の情報をさらに収集できるように、この街で一番重用な人物であるかのように、堂々と振る舞えとアドバイスしました。

自分の家族の安全を気にしつつ、情報を求めた彼女は、強盗犯はジョニー・Bだと確信しマークに伝えます。核心に近づき喜ぶマークに、思わずキスをしたスーザン。

そんな折、またも銀行強盗が発生します。犯行は成功したかに見えましたが、奪った金に行員がしかけたペイント弾が破裂し、金と犯人はペイントまみれになりました。

事件の後、スーザンはマークに呼び出されます。彼女は彼との密会を、今では心待ちにするようになっています。

マークから事件に関する情報を求められるスーザン。するとキャッシュに電話がかかって来ます。それは奪った金も使えず、逃げ場を失った強盗犯のジョー・Bからのものでした。

キャッシュは相手の連絡先の電話番号を、ペンで自分の手にメモします。それに気付いたスーザンは元夫を誘い、行為の最中にその番号を読み取ります。

情報を得たマークは、FBI捜査官や保安官と共に、ジョー・Bが潜んでいた家に踏み込みます。車の中で見守るスーザンの前で、ジョー・Bは強盗犯として逮捕されました。

ついにマークは大きな手柄を立てました。高揚感に酔う彼に、誘いをかけるスーザン。

2人はFBI捜査官と、情報提供者の関係の一線を越え、ついに肉体関係を持ちます。しかしマークはそれを隠し、妻キャシーに念願の犯人逮捕を報告します。

マークの家にスーザンが電話をかけても、それを取ったキャシーは不審に感じません。彼女はスーザンを、夫の協力者の気の毒な女性としか見ていませんでした。

それどころか移り住んだパクスビルで、誰も友人がいないキャシーを、街から離れた店に誘って話し相手になるスーザン。

キャシーは夫のマークが、実に真面目で正義感の強い男だと彼女に話します。そして一時乱れた生活をしていた自分を、マークが受け入れてくれたと打ち明けます。

そしてこの地で手柄を上げれば、将来はFBIで出世の見込める別の場所に転勤し、2人目の子を作るという夫婦の計画を話すキャシー。

女同士で本音を語り合ったつもりのキャシーは、スーザンも新たな出会いを見つけ、本当の幸せを掴むように勧めます。

そんな会話とは裏腹にスーザンとマークは、今や体目当ての密会を重ねていました。マークは彼女に自分の父の思い出を語り、2人は心も体も許し合う仲になります。

狭いパクスビルの街で、人目を忍ぶ2人の関係は、さらなる深みに墜ちて行きます…。

以下、『エージェント・スミス』のネタバレ・結末の記載がございます。『エージェント・スミス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 Above Suspicion, LLC

ある日、パクスビルFBI支局にいたマークを、デンバー・ローズという男が訪ねました。

彼は地元の犯罪に関わる人物で、大規模な大麻の密輸を仕切る、ルーファス・グルーンに関する情報を売り込みに来たのです。

アメリカで”麻薬戦争”という言葉が大きな話題となった当時、マークは解決すれば出世が見込める、ルーファスの麻薬取引の捜査に没頭し、スーザンとの関係も疎遠になります。

電話しても出ようともしない、彼の態度に焦りを覚えたのか、勤務終了後のマークのオフィスに現れるスーザン。

それは2人の立場を危うくする行為でした。あなたが必要だと告げ、麻薬取引に関する情報があると訴えるスーザンに、マークは必要な時まで大人しくしろと告げます。

自宅に戻ったスーザンを、元夫のキャッシュが締め出します。自らも犯罪行為に関わる彼は、元妻とFBIとの間柄を怪しみ、ついに関係を断ったのです。

行き場を失った彼女は、マークの家を訪ねます。彼は拒絶しようとしますが、気の毒な彼女を一晩泊めようと言い出したのは、彼の妻キャシーでした。

その夜、夫婦で眠るマークに誘いをかけるスーザン。マークは誘いに応じます。

翌朝、それを知ってか知らずか、スーザンに妊娠を打ち明けるキャシー。スーザンはその言葉を、平静を装って受け止めます。

スザーンはルーファスに恩を売ろうと、彼を訪ねると麻薬ビジネスがFBIの捜査対象になっていると告げます。それは彼女とFBIの関係を、ルーファスに疑わせる行為でした。

それでもルーファスは情報を信じ、アジトを引き払った結果、マークとランディ保安官らの手入れは空振りに終わります。

そこに現れたルーファスはFBI捜査官のマークを挑発し、彼とスーザンの関係を知っていることを匂わせました。

その夜、覆面をした男たちがマークの家に現れ、火炎瓶を投げ込もうとしますが、気付いたマークによって辛うじて阻止されます。

姉ジョリーンの家に転がり込んだスーザンは、マークからポケベルで呼び出されます。ジョリーンは捜査機関の人間と関係を深める妹を、危険だと心配していました。

自分はFBIの重要参考人で、何かあれば守ってもらえると主張するスーザンに、あなたのやっている事は、自殺行為に過ぎないと告げるジョリーン。

自宅を襲撃されたマークはスーザンに会うと、ルーファスに情報を漏らしたと責めますが、彼女は疑いを否定します。

しかし家族を襲われたマークは聞く耳を持たず、手切れ金ともいうべき捜査協力費を彼女に渡し、身を隠すよう告げると去って行きました。

その金で衝動的に乗用車のマスタングを買い、運転して帰ったスーザン。しかし元夫のキャッシュは、その金の出どころを疑います。

キャッシュに暴力を振るわれ、病院に運ばれるスーザン。入院した彼女の前にマークが現れますが、彼女に渡したのは妻と連名で記した、見舞いのカードでした。

スーザンは彼を誘い、私にはあなたが必要だとマークに訴えます。関係を断とうと振る舞いますが、彼女の言葉に負けたのか、誰にも見られぬよう病室の扉を閉じるマーク。

強盗犯のジョニー・Bの裁判の日、マークはやがて引退する同僚トッドから、新たにFBI支局に赴任してきた、元潜入捜査官のボブ(ケビン・ダン)を紹介されます。

地元の住人であるジョニー・Bの裁判には、スーザンの元夫キャッシュや姉ジョリーンだけでなく、多くの住民が集まっていました。

スーザンはその人々の前で、捜査機関に協力しジョニー・Bに不利な証言をします。

それは多くの人が犯罪行為に関わり、辛うじて暮らしているパクスビルの人々には、裏切り行為そのものでした。スーザンに罵声を浴びせる住民たち。

FBIのセーフハウスに匿われた、スーザンの前にマークが現れます。しかし彼は規則を盾にして、2人きりでの面会を拒みます。

強盗事件が決着し、手柄を得たマークは新たな赴任地へ移ります。それは出世主義の彼を嫌う捜査現場出身のボブが、彼とスーザンの関係を疑った結果かもしれません。

引っ越そうとするマークたちの姿を見たスーザンは、怒りに駆られキャシーの元に走り寄ると、マークとの関係をぶちまけます。

しかし固い表情で、夫はあなたよりも私と生きることを選んだ、と告げたキャシー。

マークは新たな赴任地で、困難な事件を解決した捜査官として迎え入れられます。キャシーは新たな家を得て、夫との新たな生活に踏み出します。

ルーファスはメキシコで麻薬ビジネスを続け、デンバー・ローズは犯罪仲間を裏切ること無く、FBIから情報料の3万ドルを受け取りました。

ボブはFBIのパクスビル支局を仕切ることになり、スーザンがFBIに協力するきっかけとなった、逮捕された弟のボーンズも刑期を終え出獄します。

誰もが得をする中、スーザンだけが街の住民から、忌み嫌われながら暮らしていました。酒場に現れたところ、裏切り者として皆からリンチされたスーザン。

ボブはそんな彼女が、今は何を望んでいるのか尋ねます。彼はマークとの関係の告白を求めたのかもしれません。しかし傷付いた彼女は、ボブに何も告げません。

新たな赴任先のマークの元に、スーザンが電話をかけてきます。彼女はマークに、自分が彼の子を妊娠したと告げました。

それを聞き慌てて、後日彼女とパクスビルで会うと約束したマーク。

久しぶりに再会したマークを罵るスーザン。彼女はFBIから、新たに人生を出発できる額の金を受け取っていましたが、全て薬に使い果たしていました。

マークが規則に違反し情報提供者と関係を持った事実を、支局のボブに告げてやると告げ、スーザンは荒んだ顔で彼を脅します。

自分が妊娠した事はFBIだけでなく、マークの妻キャシーに話してやると騒ぐスーザンを、人目のない所へ移動しようとマークは車に乗せました。

車の中で言い争いになり、興奮したスーザンはマークに掴みかかります…。

後日、自分の罪に耐えられなくなったマークは、妻に全てを打ち明けます。スーザンを妊娠させたこと、彼女と言い争いになり押えつけた結果、事故で死なせたと。

そして遺体を森の中に棄てたと話します。キャシーは秘密を隠し通すべきだと言いますが、自分を育て亡くなった父を思うと、もう耐えられないと告げるマーク。

一方殺されたスーザンの記憶は、少し異なるようです。殺意を抱いたマークは彼女を殴り押さえつけ、そして死に至らしめました…。

事件を隠すことを諦めたマークは全てを告白し、懲役14年の刑を宣告され、模範囚として服役した結果、10年間で釈放されます。

妻のキャシーは心労に耐えられず酒に溺れ、彼が出獄する1年前に亡くなりました。

マークの証言により、殺害後10ヶ月たって見つかったスーザン。その骨となった遺体は元夫のキャッシュと、姉ジョリーンとの再会を果たします。

死ぬより辛いのは、あれこれ思い悩む時間があること。しかし死によって、その苦痛から解放されたと振り返るスーザン。

映画は残された人々の軌跡と、事件を振り返ってインタビューに答える元FBI捜査官、マーク・パットナム本人の姿を映して終わります…、

映画『エージェント・スミス』の感想と評価


(C)2018 Above Suspicion, LLC

実在の殺人事件を被害者視点で描く

スパイ映画のような邦題を持つ作品ですが、本作は紹介した通り1989年に発生し、翌年に発覚した”スーザン・スミス殺人事件”を、資料を読み関係者に取材したジョー・シャーキーが、1993年に発表した書籍「Above Suspicion」を映画化した作品です。

この事件はFBI捜査官が、殺人の容疑で有罪判決を受けた初めての事件として、アメリカ社会に大きな衝撃を与えました。著者は犯人であるマーク・パットナム元捜査官に何度も面会し、様々な調査を終えた上で原作を記しました。

マーク・パットナムは刑期を模範囚として務め、妻を心労で亡くしたものの、子供を育ててくれた妻の両親とは良好な関係を維持したそうです。どうやら彼は、何らかの人を引きつける魅力を持っていたことは確かのようです。

ジョー・シャーキーは彼との面談を繰り返し、証言に矛盾が見いだせなかったことから、彼の言い分を評価した上で本を記しました。寂れた街に現れたFBI捜査官と、彼に初めて紳士的に扱われた荒んだ生活の女が、泥沼の愛憎劇に墜ちた結果の事件だと解釈しています。

しかし犯行現場を目撃した者のいない、実際に何が起きたかは誰にも判らない事件です。映画はスーザン・スミスに焦点を当てた、少し異なる描き方をしていますが、原作者は映画の内容に充分満足しているようです。

本作を見た方は、この事件をどのような物語として受け取ったでしょうか。

公開までに苦労した作品


(C)2018 Above Suspicion, LLC

原作者が映画の内容にも、スタッフや出演者にも充分満足していた本作ですが、完成後日の目を見るまでに、奇妙な経緯をたどっています。

本作は2016年のカンヌ国際映画祭で上映されています。しかし海外からの買い手も決まらず、米国内でも公開が決まらない状態が続きました。

そんな中、どういった事情があったのか2018年トルコで、本作の海賊版のDVDが販売される事態が発生します。オンラインで他国でも見れる状態であり、気付いた者が関係者に知らせ、至急配信を停止させる事態となります。

その後米国内での公開は2019年と発表されましたが、その年が明けても、米では公式リリースされていません。しかし2019年に世界に先駆け、中東地域で公開されました。本作の公式予告編にアラビア語字幕が付いているのは、そんな事情があるようです。

これには世界で同時に公開されような大作映画でも、小さな公開から広げていくインディーズ映画でもない、程々の規模をもった本作の様な作品が、配給も公開形式も扱いにくい存在となった、そんな事情が反映した結果と言われています。

映画の公開の方法や市場が多様化・国際化する中、製作者が売り込むのに扱いにくい作品や、望んだ形で公開できない作品も生まれています。そんな作品が思わぬ形で世に出たりするのも、世界の映画界を取り巻く時代の流れの結果でしょうか。

そんな本作が日本では、劇場で公開されたのですから…”様々な理由から日本公開が見送られてしまう傑作・怪作映画を、映画ファンの皆様にスクリーンで体験いただく”という、「未体験ゾーンの映画たち」の謳い文句は、決して伊達ではありません。

汚れたエミリア・クラークの熱演が凄い


(C)2018 Above Suspicion, LLC

「ゲーム・オブ・スローンズ」で人気上昇中の、エミリア・クラークの主演作なら、様々な国のバイヤーが買い付けそうですが、本作の彼女は実にドン引き級の熱演です。

イギリス出身の彼女が、アメリカの貧困層白人を演じるのもチャレンジですが、裏社会に通じた女で薬物中毒、おまけにリンチされるなど、ズタボロ姿で登場します。

無論ベットシーンもありますが、フィリップ・ノイス監督流の、エロチック・サスペンスを期待すると実に控え目です。エミリア・クラークは、別の分野で体を張りました。

撮影は『ヴァンプ』(1986)や『アイ・アム・サム』(2001)など、様々なジャンルを手がけるベテラン、エリオット・デイヴィス。本作では荒廃した街と住人の姿を見事に描いた結果、従来のフィリップ・ノイス作品風の、スタイリッシュさはありません。

「ゲーム・オブ・スローンズ」で、エミリア・クラークのファンになった人が見れば、その姿に絶望的な気分になること必至です。これが中々公開されなかった理由でしょうか。

逆に言えば、アメリカの地方に住む貧困白人層を描いた、生々しい作品です。舞台は80年代末ですが、その貧困と荒廃が現在まで続き、トランプ政権を生んだ原動力だと知れば、現在映画化してこそ、見る者の心に響いてくるものがあります。

原作者ジョー・シャーキーも映画化に際し、かつて事件の取材のために訪問した地を再度訪れ、当時と同じように今だ荒廃したままの街の姿を目撃しました。

そんなアメリカの深刻な現状に注目すると、別のメッセージ性を持ってくる作品です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 Above Suspicion, LLC

想像以上にヘビーな気分になる映画、『エージェント・スミス』。実録犯罪映画として、アメリカの負の現代史の一面を描いた映画として、そして汚れたエミリア・クラークを愛でる映画として、どうかお楽しみ下さい。

監督がフィリップ・ノイスだからか、はたまた製作費をかけたおかげか…その結果公開が難しくなったのかも知れませんが…出演者は中々豪華です。下ネタを封印し演技に徹したジョニー・ノックスビル、ベテランのケビン・ダン、クリス・マルケイには注目です。

何といってもソーラ・バーチは見逃せません。フィリップ・ノイス監督作『パトリオット・ゲーム』(1992)と『今そこにある危機』(1994)で、ジャック・ライアン=ハリソン・フォードの娘役を、子役として演じていました。

その後も活躍を続けた彼女ですが、色々あって2012年から2015年までの間、学業に専念するため女優業を休業します。そして復帰間もない時期に、撮影に参加した作品が本作です。

彼女が女優業の再スタートに選んだ作品の1つが、子役時代の彼女を一躍スターにした『パトリオット・ゲーム』の、フィリップ・ノイス作品だと思うと…、何かグッときませんか?

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」は…


(C)2018 Donnybrook Productions, LLC All rights reserved.

次回の第2回は、社会の底辺に生きる男が賞金を目指し、拳を武器に檻の中で戦うアクション映画『デスマッチ 檻の中の拳闘』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020延長戦見破録』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

宇宙戦隊キュウレンジャーに影響を与えた映画『宇宙からのメッセージ』|邦画特撮大全2

連載コラム「邦画特撮大全」第2章 (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved 前回、特撮という技術はほとんどの映画で用いられることを記しました。 しかし特撮が …

連載コラム

ポランスキー初期短編映画の感想とレビュー評価【殺人 /微笑み /タンスと二人の男】ほかの内容紹介|偏愛洋画劇場20

連載コラム「偏愛洋画劇場」20 今回の連載でご紹介するのは、名匠ロマン・ポランスキー初期短編集に見る才能の片鱗。 2019年11月10日から23日まで、二週間にわたって開催されたポーランド映画祭での上 …

連載コラム

テレビ版『ウルトラマンR/B(ルーブ)』ネタバレ感想と考察。過去シリーズとの共通点から楽しさを読み解く|邦画特撮大全36

連載コラム「邦画特撮大全」第36章 2019年3月8日からの公開が控えている劇場版『ウルトラマンR/B(ルーブ)セレクト!絆のクリスタル』。 本作は2019年に放送された『ウルトラマンR/B』の劇場版 …

連載コラム

映画『蒲田前奏曲』渡辺紘文監督作「シーカランスどこへ行く」感想と内容考察。子役女優は“蒲田マチ子”を目指すのだろうか|映画という星空を知るひとよ15

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第15回 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。今回は、第4番渡辺紘文監督「シーカランスどこへ行く …

連載コラム

映画『シャザム!』ネタバレ感想と評価。子供がスーパーヒーローになる喜び|最強アメコミ番付評32

連載コラム「最強アメコミ番付評」第32回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は4月19日公開の『シャザム!』をネタバレ考察していきます。 DCEUシリーズ第7作目となる異色のヒーロー映画を、少年がスー …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP