Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/12/18
Update

大泉洋映画『騙し絵の牙』感想評価と考察。原作との違いが生む衝撃の結末と“面白い”の修羅場|シニンは映画に生かされて24

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第24回

2021年3月26日(金)より全国ロードショー公開予定の映画『騙し絵の牙』。

罪の声』の小説家・塩田武士が人気俳優・大泉洋をイメージし主人公を「あてがき」したという同名小説を、『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が映画化。主人公を原作小説と同じく大泉洋が演じています。

近年の出版不況に苦しむ大手出版社を舞台に、雑誌廃刊の危機に立たされた変わり者の編集長が、あらゆる裏切りや陰謀が渦巻く中で起死回生の大胆な奇策に打って出る姿を描きます。

【連載コラム】『シニンは映画に生かされて』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『騙し絵の牙』の作品情報


(C)2021「騙し絵の牙」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
塩田武士『騙し絵の牙』(角川文庫/KADOKAWA刊)

【監督】
吉田大八

【脚本】
楠木一郎、吉田大八

【音楽】
LITE

【キャスト】
大泉洋、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、斎藤工、中村倫也、坪倉由幸、和田聰宏、石橋けい、森優作、後藤剛範、中野英樹、赤間麻里子、山本學、佐野史郎、リリー・フランキー、塚本晋也、國村隼、木村佳乃、小林聡美、佐藤浩市

【作品概要】
罪の声』の小説家・塩田武士が俳優・大泉洋をイメージし主人公を「あてがき」したという同名原作小説を、大泉を主演に映画化。監督は『紙の月』『桐島、部活やめるってよ』などで知られる吉田大八。

キャストには大泉洋をはじめ、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼、佐藤浩市など実力派キャスト陣が幅広く集結した。

映画『騙し絵の牙』のあらすじ

近年の出版不況の波に飲み込まれていた大手出版社「薫風社」では、創業一族の社長が急逝。次期社長の座を巡って権力争いが勃発する。

そのような状況下で進められていく専務・東松(佐藤浩市)の大改革によって、カルチャー雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)は、無理難題を押し付けられ廃刊のピンチに立たされる。

速水は新人編集者・高野(松岡茉優)とともに、イケメン作家、大御所作家、人気モデルを軽妙なトークで口説きながらも、ライバル誌、同僚、会社上層部など次々と現れるクセモノたちとスリリングな攻防を繰り広げていく。

嘘、裏切り、リーク、告発……クセモノたちの陰謀が渦巻く中、速水の生き残りをかけた“大逆転”の奇策とは!?

スポンサーリンク

映画『騙し絵の牙』の感想と評価


(C)2021「騙し絵の牙」製作委員会

より「虚無」に近づく主人公・速水の人物像

映画『騙し絵の牙』の原作にあたる塩田武士の同名小説は、俳優・大泉洋をイメージし主人公を「あてがき」した作品。同作の主人公である「変わり者」で「人たらし」の雑誌編集長・速水は、もはや大泉洋にしか演じられない程のキャラクターとして描かれています。

しかし映画版では、小説版で完璧に「あてがき」されたと思える速水のキャラクターをさらに再構築。より得体の知れない、何を画策しているのかが予測できない人物として描かれています。

無論小説版と同様に描かれる、自身の目的を果たすべくあらゆる時と場所、あらゆる相手を対象に仕掛ける速水の権謀術数の光景には、観客の多くがその明晰さ・狡猾さに驚嘆するはずです。その一方で、小説版以上に「正体不明」となりその人物像の輪郭を捉えられなくなった速水の姿には、「虚無」に対する恐怖に等しい感情を抱かれるはずです。

「面白い」という武器が振るわれる修羅場


(C)2021「騙し絵の牙」製作委員会

では製作陣はなぜ、映画版の速水における人物像に「虚無」の性質を持たせたのか。そこには、映画化に際しての『騙し絵の牙』の物語そのものの脚色が深く関わっています。

小説版の物語では、社内での戦いだけでなく家庭を持つ速水の夫/父としての苦悩、彼を「編集者」という生業に駆り立てた絆など、人生を戦い続けてきた速水の「ひとりの人間」としての姿も描かれています。

しかし映画版では、小説版にも登場する人物のキャラクター性が様々な形で変更され、映画化に際し新たに生み出された人物も追加されたことで、人物相関図あるいは物語という名の「騙し絵」に張り巡らされたトリックはより複雑化。いわゆる「コンゲーム(騙し騙され、ゲームの盤面のごとく二転三転する物語展開によって、観客を驚愕させる映画の一ジャンル)」のとしての性質がより強調されています。

結果、小説版でも苛烈だった騙し合いは映画版ではますます激化。まさに「修羅場(血みどろの激しい戦いや争いの行われる場所)」の様相を呈しています。

そして、その修羅場で振るわれる最大の武器は、誠実さや真摯さ、金や権力や地位などではなく、「面白い」。善悪や正義といった倫理や苦悩と一体の人間性をあっけなく破壊し、退屈な人生を耐え凌ぐ誰もが渇望し続けるその一言によって、絶え間なく闘争が繰り返される修羅場の物語へと、映画『騙し絵の牙』はさらなる変貌を遂げているのです。

「面白い」の修羅場を生き抜いてきた大泉洋


(C)2021「騙し絵の牙」製作委員会

映画版にて展開される、「面白い」の修羅場の物語。その物語を形作ろうとした製作陣が主人公・速水の人物像に「虚無」の性質を持たせたのは、「面白い」の修羅場を生き抜いてきた者、「面白い」という言葉の裏に秘められた「生き続ける上で決して埋まることのない空虚さ」と対峙し続けてきた者としてふさわしい人物像にするためではないでしょうか。

そしてその人物像もまた、バラエティ番組・ドラマなどのテレビ業界や映画業界と場所は違えど、速水と同様に「面白い」の修羅場をくぐり抜けてきた俳優・大泉洋自身と重なります。

「小説家」という視点から取材・研究した上で大泉の人間性とそこから垣間見える「陰」を描こうとした塩田武士による原作小説。それに対し映画版を手がけた製作陣は、大泉が常日頃身を投じ続けるテレビ・映画業界という同じ修羅場を生き抜いてきた者の視点から、彼の人間性のみならず、これまで「面白い」と対峙してきた大泉が抱える「虚無」、修羅場に立ち続けるひとりの「修羅」としての姿を描き出そうとしたのです。

まとめ


(C)2021「騙し絵の牙」製作委員会

小説版以上に登場人物間の騙し合いが激化し、「面白い」の修羅場を生きる者たちの物語へと脚色されていった映画版。そこで描かれる「騙し絵」はより多くの者に錯覚をもたらすものへ、錯覚に陥った者に食らいつく「牙」はより鋭利で凶暴なものへと姿を変えています。

そしてその「牙」は、エンタメを「飽食」する時代を当然と認識している現代の人々、そのような人々の飢えに応える形で「面白い」の修羅場を是としてきた者たちにも向けられます。様々な形でエンタメと「面白い」に翻弄されるもの全てに噛み付かんばかりのその結末には、映画版を観た誰もが驚かされ、「面白い」という言葉が持つ空虚な「真実」に気づかされるはずです。

「騙し絵」に隠された「牙」の矛先は誰に向けられるのか。その果てには一体何が生まれるのか。その顛末の行方は、映画『騙し絵の牙』を観ることで明らかになります。

次回の『シニンは映画に生かされて』は……


(C)2021「樹海村」製作委員会

次回の『シニンは映画に生かされて』では、2021年2月5日(金)より劇場公開予定の映画『樹海村』をご紹介させていただきます。

【連載コラム】『シニンは映画に生かされて』記事一覧はこちら






編集長:河合のびプロフィール

1995年生まれ、静岡県出身の詩人。2019年に日本映画大学・理論コースを卒業後、2020年6月に映画情報Webサイト「Cinemarche」編集長へ就任。主にレビュー記事を執筆する一方で、草彅剛など多数の映画人へのインタビューも手がける。

2021年にはポッドキャスト番組「こんじゅりのシネマストリーマー」にサブMCとして出演(@youzo_kawai)。


photo by 田中舘裕介

関連記事

連載コラム

平成ガメラ3部作に見たシンゴジやウルトラマンとの関係性|邦画特撮大全3

連載コラム「邦画特撮大全」第3章 (C)1995 KADOKAWA 日本テレビ 博報堂 2018年6月にTOKYOMXにて、3週間連続放映された“平成ガメラ3部作”。今回取り上げるのは、この“平成ガメ …

連載コラム

『さらばアフリカ』ネタバレ感想と内容解説。ヤコペッティ最後のモンド映画の“本当の殺人場面”を徹底考察|未体験ゾーンの映画たち2021見破録23

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第23回 様々な事情で公開が危ぶまれる映画どころか、映画史に残る問題作まで紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第23回は『さらばアフリカ …

連載コラム

映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末も【綾瀬はるか×西島秀俊の愛か任務かのアクション炸裂】|映画という星空を知るひとよ58

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第58回 『劇場版 奥様は、取り扱い注意』は、テレビドラマ『奥様は、取り扱い注意』を映画化したものです。 佐藤東弥監督が手掛けた本作で、綾瀬はるかと西島秀俊が元 …

連載コラム

【ネタバレあり】モガディシュ 脱出までの14日間|感想あらすじと解説評価。実話からキムユンソクらで描く南北事情絡むエスケープ|映画という星空を知るひとよ106

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第106回 1990年、ソマリアのモガディシュで内戦に巻き込まれた韓国と北朝鮮の大使館員たちによる脱出劇を映画化した『モガディシュ 脱出までの14日間』。 敵対 …

連載コラム

【スマホ2ネタバレ】映画と原作の違いを比較考察。結末に登場のキャストは続編への伏線か!?|永遠の未完成これ完成である9

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第9回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』です。 情 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学