Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『3D彼女 リアルガール』あらすじとキャスト。中条あやみの可愛らしさを堪能

  • Writer :
  • バフィー

映画『3D彼女 リアルガール』より、9月14日(金) 全国ロードショー!

アニメ第2期も決定した那波マオ原作漫画「3D彼女」を9頭身ハーフモデル中条あやみ主演で映画化!

超絶美少女と超絶ヲタクというミスマッチで真逆な2人のラブストーリーです。

スポンサーリンク

映画『3D彼女 リアルガール』の作品情報


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (C)那波マオ/講談社

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
英勉

【キャスト】
中条あやみ、佐野勇斗、清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろう、三浦貴大、神田沙也加、濱田マリ、竹内力

【作品概要】
『ヒロイン失格』『未成年だけどコドモじゃない』など一筋縄ではいかない恋愛事情を描いた作品を得意とする英勉監督がヲタクと美少女の恋を描いた人気漫画「3D彼女」を『覆面系ノイズ』の中条あやみ主演で映画化。

ミスマッチながらもピュアなラブストーリーは必見です。

英勉監督のプロフィール

監督作品:『トリガール!』(2017)

英勉は、1968年生まれ、京都出身の映画監督。

高校生の頃から、映画に興味があり8ミリビデオで作品を撮り始めます。高校卒業後は京都産業大学に進学し、映画研究部に入部します。

大学卒業後は東北新社に入社し、テレビドラマやCMの演出などを手掛け、2008年に映画『ハイサム・スーツ』で監督デビューを果たします。

『リング』の続編となる『貞子3D』『貞子3D2』や、テレビドラマ『賭ケグルイ』などの話題作も手掛け、2017年公開作品では『トリガール!』『あさひなぐ』『未成年だけどコドモじゃない』と3本もの監督を務めます。

スポンサーリンク

映画『3D彼女 リアルガール』の主なキャスト


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (C)那波マオ/講談社

中条あやみ(五十嵐色葉役)のプロフィール

中条あやみは、1997年2月4日生まれ、大阪出身の女優、モデル。

14歳の時に家族でグアム旅行中に、空港でスカウトされたことがきっかけで芸能界入りします。

2011年に雑誌「セブンティーン」の専属モデルオーディションで、グランプリに選ばれました。

2012年にはテレビドラマ『黒の女教師』で女優デビューを果たし、2014年にはゲームを原作とした映画『劇場版 零~ゼロ~』では映画初出演で初主演に抜擢されました。

2015年から放送が開始した、NTTドコモのdポイントカードのCMで幅広く知られるようになりました。

2016年に出演した『セトウツミ』では、毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞を受賞します。

次回作には人気漫画を映画化した『ニセコイ』が2018年12月公開されます。

佐野勇斗(筒井光役)のプロフィール

佐野勇斗は、1998年3月23日生まれ、愛知県出身の俳優、歌手。

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場したことがきっかけで、スカウトされて芸能界入りします。

2014年にM!LKのメンバーになり、2015年CDデビューを果たし、同年に映画『くちびるに歌を』で俳優デビューを果たします。

2016年に出演したドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』で注目され、名前が知られるようになります。

2018年8月公開の『青夏 きみに恋した30日』では映画初主演に抜擢されました。

次回作は同じく2018年公開の『凛』でも主演を務めます。

清水尋也(高梨ミツヤ役)のプロフィール

清水尋也 は、1999年6月9日生まれ、東京都出身の俳優。

兄である俳優の清水尚弥が出演した映画『からっぽ』の試写会で、事務所に声をかけられたことがきっかけで芸能界入りを決意します。

2012年に『震動』で映画デビュー、『高校入試』でドラマデビューを果たします。

2015年の映画『ソロモンの偽証』での演技が話題となり、その後は映画を中心に活躍します。

2018年にはアメリカ映画『ザ・アウトサイダー』に椎名桔平らと共に主演、ドラマ『インベスターZ』ではドラマ初主演に抜擢されました。

映画『3D彼女 リアルガール』のあらすじ


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (C)那波マオ/講談社

ある日、万引きの濡れ衣をきせらた学校一の美少女・五十嵐色葉を偶然居合わせた超絶ヲタクの筒井光が助けたことがきっかけで色葉に交際を申し込まれます。

初めての経験に、新手のいじめかと警戒しながらも行動を共にする2人。

一方、学校内ではヲタク男と美少女のミスマッチな組み合わせが、騒動の引き金となります。

不快に思うイケメン男子や、光に好意をよせていた同じヲタクの後輩からの突然の告白など、周りを巻き込み状況は思わぬ方向に向かってしまいます。

いろいろ障害がありながらも、次第に心を開き始める光。

そんな中、迎えたハロウィン・パーティで色葉から突然、別れを告げられました。

突然の別れの真相とは…。2人の愛の行方はどうなるのでしょうか。


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (C)那波マオ/講談社

スポンサーリンク

映画『3D彼女 リアルガール』の感想と評価


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (C)那波マオ/講談社

見た目のイメージから真逆で違う世界の人間だと思っていた2人が、あるきっかけで付合うことになり、周りも巻き込んでいくという逆シンデレラストーリーです。

『ヒロイン失格』『未成年だけどコドモじゃない』など、一筋縄ではいかない恋愛事情を描いた作品を得意とする英勉監督だけあって、ラブコメ的演出は流石で、とにかくテンポがいいです。

この映画で注目すべき点は、設定のおもしろさのほかに、つっつんこと筒井光の「成長」です。


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (C)那波マオ/講談社

現実世界とは距離を置き、アニメやゲームに現実逃避をしていた超絶ヲタクのつっつんが、強引ながらも付き合うことになった超絶美少女の色葉と行動を共にし、一緒に時間を過ごします。

半信半疑で警戒していた、つっつんの中に芽生えたある気持ち。それは「彼女を大切にしたいという気持ち」でした。

恋愛経験ゼロの超絶ヲタクという設定のため、この気持ちが芽生える過程が、実にシンプルでピュアでありながら、これこそが本当に「相手を想う気持ち」なんだと感じさせてくれます

ヲタクという設定とは、裏腹に逆に交じりっけのない「愛」のかたちを観ることができます。

まとめ


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (C)那波マオ/講談社

この映画を成り立たせるうえで欠かせないのが、“超絶美少女”というハードルの高すぎる設定です。

アニメや漫画であれば再現は可能ですが、実写となると…、キャスティングが凄く難しかったと思います。

今回の中条あやみというキャスティングは大正解だったと思います。

何より学校一の超絶美少女という設定が嫌味にならないのが凄い!

『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全国制覇しちゃったホントの話~』などでも感じられるのは、演技ににじみ出ている性格の良さです。

もちろん役柄もあるのかもしれませんが、演技から人間性がこれほどにじみ出ているの天性の持ち主だと言っていいと思います。

今後の活躍にも期待したいですね。

映画『3D彼女 リアルガール』より、9月14日(金) 全国ロードショー!

関連記事

ラブストーリー映画

荻颯太郎映画『地球がこなごなになっても』あらすじと感想。エイリアン襲来に込められた意味とは

2016年度の立命館大学映像学部の卒業成果作品『地球がこなごなになっても』。 荻颯太郎監督によるがSF学園ラブストーリーです。 阪神淡路大震災や東日本大震災から感じたことを巧みフィクションに詰め込んだ …

ラブストーリー映画

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』感想と評価。がんちゃんの笑顔にスッタフも信頼!

岩田剛典×杉咲花のダブル主演で贈る、珠玉のラブストーリーが誕生しました。 2018年10月5日(金)より全国公開の、映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』です。 なんでもない日常を、大切な人と一緒 …

ラブストーリー映画

映画『ういらぶ。』あらすじネタバレと感想。平野紫耀で人気コミック実写化

好きすぎて、イジメちゃう。 幼なじみの凛と優羽はお互い好き同士なのに、素直に「好き」と言えない関係。好きすぎて優しくできない凛は、優羽と幼なじみの関係を超えることができるのか? ライバルの登場で、幼な …

ラブストーリー映画

オムニバス映画『おかざき恋愛四鏡』感想レビューと評価。川井田育美監督の「はちみつイズム」で描いた“恋愛の厳しさ”

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)イオンシネマ名古屋茶屋ほか全国順次公開。 若手の監督とキャストによる、4つの恋愛ストーリーを描いた、映画『おかざき恋愛四鏡』。 それぞれ違う作風を持 …

ラブストーリー映画

映画オンザミルキーロード|あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

世界3大映画祭を制覇したにも関わらず、その破天荒かつ狂喜乱舞な演出で話題を呼んでいる『黒猫・白猫』『アンダーグラウンド』の監督エミール・クストリッツァの映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』は日本でも上映 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP