Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

『愛と哀しみの果て』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。大人の恋愛映画おすすめをロバート・レッドフォードとメリル・ストリープ共演で描いた“永遠の愛”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

雄大な大地に綴られる愛の叙事詩

アフリカの大地に魅せられ、現地でコーヒー園を経営する一人の女性の激動の半生を描く感動作『愛と哀しみの果て』。

『トッツィー』(1983)の名匠シドニー・ポラック監督がアイザック・ディネーセンの回想録をもとに実写映画化しました。1986年のアカデミー賞では作品賞をはじめ7部門を受賞した名作です。

主演のメリル・ストリープとロバート・レッドフォードの2大俳優の名演に心奪われます。

独身女性として肩身の狭い母国デンマークを離れ、広大なアフリカで新たな人生を歩み出した富豪女性の挑戦と、愛ある人生が描かれます。

彼女が本当に求めたものはなんだったのでしょうか。そして彼女はどこへ行きつくのでしょうか。

雄大な大地に流れる時間を丁寧に紡いだ作品の魅力についてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『愛と哀しみの果て』の作品情報


(C)1985 Universal Studios – All Rights Reserved

【公開】
1986年(アメリカ映画)

【原作】
アイザック・ディネーセン、ジュディス・サーマン、エロール・トルゼビンスキー

【脚本】
カート・リュードック

【監督】
シドニー・ポラック

【編集】
フレドリック・スタインカンプ、ウィリアム・スタインカンプ、ペンブローク・ヘリング、シェルドン・カーン

【出演】
メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード、クラウス・マリア・ブランダウアー、マイケル・キッチン、マリック・ポーウェンズ、ジョセフ・シアカ

【作品概要】
『トッツィー』(1983)『ザ・ファーム 法律事務所』(1993)の名匠シドニー・ポラックが監督を務めるヒューマンドラマ。

アイザック・ディネーセンの回想録『アフリカの日々』、ジュディス・サーマンの伝記、そしてエロール・トルゼビンスキーの原作を基にカート・リュデュークが脚色しました。

1986年のアカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞、作曲賞、録音賞、美術賞、撮影賞の7部門に輝く快挙を成し遂げています。

主演は『ソフィーの選択』(1982)のオスカー女優メリル・ストリープと『スティング』(1974)の名優ロバート・レッドフォード。

映画『愛と哀しみの果て』のあらすじとネタバレ


(C)1985 Universal Studios – All Rights Reserved

莫大な財産を持ちデンマークに住んでいたカレンは、わずらわしい上層階級の世界を離れたいがために、恋人ハンスの弟で、財産を使い果たした友人・ブロアを便宜上の結婚に誘います。

1913年。東アフリカのケニアに農園を持つことになり、ナイロビ行きの列車に乗っていたカレンは、列車を止めて象牙を積み込む冒険家のデニス・ハットンと出会います。デニスは友人のコールに象牙を渡してくれるように言って去って行きました。

到着後、ブロアを探して英国人クラブを訪れたカレンは、女性は入ってはいけないと言われて追い出されます。

それからわずか1時間後、カレンとブロアの結婚式が挙げられました。

その後、再び訪れたクラブで彼女はコールと出会い、本で埋められたその部屋がデニスのものだと教えられます。

ブロアとともに住居に着いたカレンは大勢の黒人たちに迎えられました。ブロアが、酪農をする計画を勝手にコーヒー栽培に変えたと知ってカレンは怒ります。

ふたりは大ゲンカになり、翌日、ブロアは雨が降ったら帰ると伝言を残し、狩りに出かけたきり帰りませんでした。

ひとり残されたカレンは、収穫までに4年かかるというコーヒーの栽培に取り組みます。

そんなある日、草原に出かけたカレンはライオンに襲われそうになったところをデニスに助けられます。

帰宅後、コールも交えて夕食をとることになり、3人で楽しい時間を過ごしました。創作の物語を聞かせたカレンにデニスは美しいペンを礼に渡し、話を書きとめるように言います。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『愛と哀しみの果て』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『愛と哀しみの果て』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)1985 Universal Studios – All Rights Reserved

数日たってとうとう雨が降り、ブロアが帰ってきました。ふたりは仲直りし、子どもがほしいという話もします。

そんななか、第一次世界大戦が始まりました。320キロ離れた地への偵察隊に加わったブロア。

カレンは引き留めようとしますが、彼はそのまま旅立ちます。女は耐えるしかないことを改めてカレンは実感します。

そんなある日、300人分の缶詰を白人に届けさせてほしいというブロアからの伝言を聞いたカレンは、自ら缶詰を届けに向かいました。

道に迷っていたカレンは、偶然出会ったデニスにコンパスをもらって旅を続けます。途中でライオンに襲われる危機を乗り越え、とうとうたどり着いたカレンを、男たちは驚きの目で迎えました。

無茶なカレンを愛しく思ったブロアは、その晩彼女を抱きます。

3カ月後、カレンは重症の梅毒を発症しました。ブロアは軽症でした。カレンはデンマークで治療を受け、回復後アフリカへ戻り大勢の黒人の使用人たちに温かく迎えられます。

しかし、治療によってカレンは子どもが産めない身体になっていました。子どもたちの教育に目覚めたカレンは、学校を作り黒人たちに教育を受けさせます。

1919年の新年。パーティーで再会したデニスと、新年を迎えた瞬間キスを交わすカレン。ブロアが別の女性と車で会っていたことに気づいたカレンは彼を追い出します。

カレンとデニスは一緒にサファリへ出かけ、仲を深めてやがて恋人となりました。

黒水病となったコールは病院に行くことを拒み、自分を思って世話をしてくれているソマリ族の女性に遺産を渡すことをデニスに話します。

カレンの家に一緒に住みたいというデニスを、彼女は喜んで受け入れました。デニスがカレンにコールの病気のことを教えてから、まもなくコールは亡くなります。

すぐに旅に出ては、カレンのもとに帰ってくるデニス。ある日、彼は小型飛行機で戻ってきました。一緒に乗り込んだカレンは、空から見るアフリカの雄大な景色に胸を震わせます。

デニスはまた旅立ち、そしてまた前触れもなく帰ってきてカレンを喜ばせるのでした。

再婚相手をみつけたブロアと離婚したカレンは、デニスと結婚したいと考えますが、自由を何より重んじるデニスは断ります。

ある日とうとう口論となり、カレンはデニスに出ていくように言います。彼が発ってまもなく、火事が起きてやっと収穫したコーヒー豆もろとも工場すべてが焼け落ちてしまいました。

破産しながらも、カレンは帰国する前にキクユ族の住む土地探しに奔走し、新総督の前でひざまづいて嘆願します。そこにデニスがやって来ました。総督の妻が歩み出て、カレンの願いを聞くことを約束します。

カレンは家財を売り払い、デンマークに帰るとデニスに告げます。何もなくなってガランとしたカレンの家をデニスが訪れ、モンバサまで飛行機で送ると申し出ました。最後にレコードで音楽をかけてふたりは静かに踊ります。

帰国の当日、デニスは迎えに現れませんでした。ブロアがやってきて、デニスが墜落事故で死んだことをカレンに告げます。

デニスの葬儀が行われ、カレンは遠くまで広がる景色をみつめていました。

最後に英国クラブに立ち寄ったカレンは、以前自分を追い出したメンバーたちに厳かに迎えられ、酒を一杯飲みます。

身近で自分を支えてくれた黒人にデニスの形見のコンパスを譲り、カレンは母国へ向かう列車に乗り込みました。

後日、夜明けと日暮れ時にデニスの墓に雌雄のライオンをよくみかけるという手紙が友人から送られてきました。デニスが喜ぶ話だから必ず彼に聞かせようとカレンは心に誓います。

1934年。カレンはディネーセンの名で文壇に立ち、二度とアフリカには戻りませんでした。

スポンサーリンク

映画『愛と哀しみの果て』の感想と評価


(C)1985 Universal Studios – All Rights Reserved

壮大なアフリカの風景に圧倒される

メリル・ストリープとロバート・レッドフォードという2大名優が共演する愛の物語『愛と哀しみの果て』。壮大なアフリカの大地でひとりの女性が逞しく生き抜く姿が描かれます

大戦前のデンマークに住んでいた富豪のカレンは、上層階級のわずらわしい世界を嫌い、友人のブロアを婚約者に迎えて一緒にアフリカのケニヤへと移住します。当時としては大変な勇気の持ち主で、行動的な女性だったといえるでしょう。

しかし、アフリカに存在する英国クラブも同じく女性を低く見る古い体質で、女人禁制を強いていました。

夫となったブロアも妻を軽んじ、資金を出したのがカレンであるにも関わらず、酪農からコーヒー園経営に計画を勝手に変えてしまいます。

しかも経営はすべて妻任せで、果ては浮気の末に梅毒をカレンにうつすという体たらくです。

そんな中で、カレンは冒険家のデニスと運命の出会いを果たし、熱い恋に落ちます。

この作品の大きなみどころの一つはなんといっても雄大に広がるアフリカの風景です。デニスの操縦する小型飛行機に乗ったカレンが、どこまでも広がっていく生命が満ちあふれる大地を見て息を飲むのと同様、私たちも皆美しい映像に目を奪われます

ツンとすましたプライド高い女性でありながら、実はどんな試練にもくじけず体当たりする強いカレン。ストリープはまさにはまり役です。

デニスとの出会いにより心がやわらかく解きほぐされていったカレンが美しくなっていく様を、ストリープが丁寧に演じます。

カレンとデニスとの間に流れる濃密な空気感。けがをした少年を見捨てられないカレンの優しい心。デニスの持ってきたレコードが奏でるモーツァルトの美しい音楽。

それらのひとつひとつが、美しいアフリカの大地の中で煌めき、観る者の胸を温めてくれる一作です

どこまでも行き違う男と女の愛


(C)1985 Universal Studios – All Rights Reserved

アフリカで農園を開いたデンマーク女性のカレンは、便宜上、友人のブロアと結婚しますが、次第に彼を想うようになる愛情深い女性です。必要があれば、危険を省みず草原を渡る逞しさも持っています。

そんな彼女は冒険家のデニスと出会い、深く愛し合うようになりました。しかし、やがてふたりの関係性は変わっていきます。

しがらみにとらわれる母国を嫌うカレンでしたが、実際はまだ形式にとらわれた価値観を持っていました

自分の愛する家具に囲まれて生活せずにいられないのと同様、愛する人を結婚という形で自分と結びつけることを重要視していたのです。

それに対して、何より自由を重んじる人間だったデニスは、旅に出ても必ずカレンのもとに帰って来ているのに不安がる彼女の思いを理解することはできませんでした

皮肉なことに、別れが目の前に迫った時に初めて、ふたりは互いの思いを理解できるようになります。

家財道具をすべて売り払い空っぽになったカレンの部屋で、デニスは「カレンの持ち物が好きになった」と言い、カレンは「何もないのが好きになったし、こうやって生きるべきだった」と呟きます

すべての財産を失って肝の座った様子のカレンに対し、彼女との別れを後悔しているかのように逡巡した表情を見せるデニスの姿は対照的です。

彼女との別れを前に、ひとりこの世を旅立ったデニス。物を持たずに生きる貴さを知っても、実際に持たずに生きることはアフリカでは叶うはずもなく、カレンはデンマークに帰国して文筆家となります。

それは、彼女の語る物語を愛し、ペンをプレゼントして「書き留めて」といったデニスの遺言を守ることでもありました。

カレンはアフリカでの愛の記録をしたためたことで、デニスという存在を永遠に自分のものにしたのです。

まとめ


(C)1985 Universal Studios – All Rights Reserved

愛し合う男女の別離という哀しいストーリーですが、それすらも自然の摂理と受け止められるほどに、この作品のアフリカの風景は観る者の心を揺さぶります

この大きな大地の上で、人間というのはなんてちっぽけな存在なのでしょうか。

しかし、そのちっぽけな人間の抱えるひとつひとつ ー愛、別れ、哀しみ、病、裏切り、事故などーは、実はその雄大な自然に打ち勝つほどに、異次元の大きさを持つものなのかもしれません。

夫の裏切り、ままならないコーヒー栽培、友人の病死など数々の困難にあいながらも、さまざまなものを手にしたいと願いながら常に挑んで生きてきたカレン。

その彼女が、最後には何も持たないことの価値に気づきます。教えてくれたのは決して思い通りになどならないどこまでも広がる雄大なアフリカの大地と、同じく望み通りに御すことなど決してできない野生の男、デニスの存在でした

アフリカにたくさんの食器や家財を抱えて渡ってきたカレンでしたが、帰国後の彼女はきっとペンひとつさえあれば満足という質素な生活をしていたのではないでしょうか。

彼女が本当に求めたものは、彼女自身の中にしか存在しないことに気づいたに違いありません。

「思い出で自分を孤独の果てまで追い詰めると、何でも耐えられる」と語っていたカレン。書くという行為は、孤独とともにデニスの面影を抱きしめて生きていくという決意そのものだったのかもしれません。





関連記事

ラブストーリー映画

映画『午前0時、キスしに来てよ』あらすじネタバレと感想。主題歌にGENERATIONS from EXILE TRIBEの「One in a Million -奇跡の夜に」を起用

映画『午前0時、キスしに来てよ』は12月6日(金)よりロードショー! 『近距離恋愛』『きょうのキラ君』など映画化された作品も多い、みきもと凛の同題コミックをGENERATIONS from EXILE …

ラブストーリー映画

映画『火口のふたり』感想とラスト結末の考察。崩壊した時代に性とともに蘇る亡霊

映画『火口のふたり』は2019年8月23日(金)より新宿武蔵野館を皮切りに全国順次公開 直木賞作家・白石一文が2012年に発表した同名小説を基に、男女の性と生を貪欲に突き詰めてきた名脚本家にして映画監 …

ラブストーリー映画

映画『テロルンとルンルン』感想レビューと内容考察。恋愛ラブストーリーで岡山天音×小野莉奈が演じた“窓越しの初めて恋”

映画『テロルンとルンルン』は、孤独な青年と女子高生の切ないラブストーリー 広島県竹原市忠海を舞台に制作された映画『テロルンとルンルン』。2020年8月14日(金)より広島・八丁座、8月21日(金)より …

ラブストーリー映画

映画『勝手にふるえてろ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

中学生の頃から思いを寄せている“イチ”と告白された同僚の“二”。 好きな人と好きになってくれた人の間で揺れる、不器用で精神不安定気味な女の子の恋の物語。 主人公良香の妄想力が炸裂している愉快な作品をご …

ラブストーリー映画

映画『愛のまなざしを』ネタバレ結末感想とあらすじの評価解説。男女の嫉妬と復讐を仲村トオルと杉野希妃による演技で描くラブ・サスペンス!

映画『愛のまなざしを』は男女の嫉妬と復讐と救済を描く 仲村トオル演じる精神科医の主人公と、杉野希妃演じる彼の元患者であった女性との愛憎劇を描いた映画『愛のまなざしを』。 亡き妻・薫への思いが断ちきれな …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学