Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/08/24
Update

『フィフティ・シェイズ・フリード』続編のあらすじとキャスト【ダコタ・ジョンソン主演】

  • Writer :
  • バフィー

「フィフテイ・シェイズ」シリーズついに完結

映画『フィフティ・シェイズ・フリード』は、2018年10月5日(金)より全国ロードショー

少女とヴァンパイアの恋を描いた「トワイライト」シリーズが好きになりすぎてしまった主婦E・L・ジェイムズが「トワイライト」の2次創作として制作された「フィフテイ・シェイズ」シリーズもついに完結編!

ワケあり過ぎる関係だった、アナスタシアとクリスチャンもついに結婚。物語は落ち着くのかと思いましたが、もう一波乱ありそうです。

映画『フィフティ・シェイズ・フリード』のあらすじとキャスト

スポンサーリンク

映画『フィフティ・シェイズ・フリード』の作品情報


(C)Universal Pictures

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Fifty Shades Freed

【監督】
ジェームズ・フォーリー

【キャスト】
ダコタ・ジョンソン、ジェレミー・ドーナン、キム・ベイシンガー、エリック・ジョンソン、マックス・マーティーニ、ブラント・ドーハティ、リタ・オラ

【作品概要】
「フィフテイ・シェイズ」シリーズの完結編となる今作ですが、監督は前作に続きジェームズ・フォーリー、主役の2人も引き続き『ビーストリー』『ソーシャル・ネットワーク』ダコタ・ジョンソン、『マリー・アントワネット』『ロビン・フッド』のジェレミー・ドーナンを起用しました。

様々な障害を乗り越えてきた、ふたりもついに結婚。しかし、更なる問題がふたりを襲います…。

ジェームズ・フォーリー監督のプロフィール

ジェームズ・フォーリーは、1953年12月28年日生まれ、アメリカ・ニューヨーク出身の映画監督。

ニューヨーク州立大学バッファロー校にて心理学を学び、南カリフォルニア大学で映画を学びます。

1984年に『俺たちの明日』で映画監督デビューを果たし、1987年にはマドンナ主演映画『フーズ・ザット・ガール』の監督に抜擢されます。

2007年『パーフェクト・ストレンジャー』以降は、『ハンニバル』『ハウス・オブ・カード 野望の階段』などのテレビドラマ業界で監督として活躍していましたが、前作『フィフティ・シェイズ・ダーカー』で映画監督に復帰します。

スポンサーリンク

映画『フィフティ・シェイズ・フリード』の主なキャスト


(C)Universal Pictures

ダコタ・ジョンソン(アナスタシア・グレイ役)のプロフィール

ダコタ・ジョンソン は、1989年10月4日生まれ、アメリカ・テキサス出身の女優・モデル。

俳優ドン・ジョンソンとメラニー・グリフィスとの間に生まれた2世であり、1999年の10歳の頃にメラニー・グリフィス主演の『クレイジー・イン・アラバマ』で娘役として映画デビューを果たします。

2006年にモデルとして契約し、2010年にはウィリアム・モリス・エージェンシーと契約。

『ソーシャル・ネットーク』に出演したこともきっかけで、女優として本格的にキャリアをスタートさせます。

2015年にはシリーズ第1弾となる『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』に出演。ヌードなどの過激なシーンに挑戦し、話題となりました。

ジェイミー・ドーナン(クリスチャン・グレイ役)のプロフィール

ジェイミー・ドーナン は、1982年5月1日生まれ、北アイルランド・ベルファスト出身の俳優。

学生時代はラグビーと演劇に夢中になり、卒業後はモデルとして活躍します。

2006年にソフィア・コッポラ監督作品『マリー・アントワネット』で映画デビュー。

ミュージシャンとしても活動していたたため、『マリー・アントワネット』以降は、しばらく俳優としての活動をあまりしてませんでした。

しかし、2011年にテレビドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』のメインキャラクター・グレアム役に抜擢されたことで本格的に俳優業を再開させました。

2015年に『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のクリスチャン・グレイ役をチャーリー・ハナムがを降板したことがきっかけで、クリスチャン役のオーディションが行われ、見事にクリスチャン役を獲たことで一躍話題となりました。

キム・ベイシンガー(エレーナ・リンカーン役)のプロフィール

キム・ベイシンガー は、1953年12月8日生まれ、アメリカ・ジョージア州出身の女優。

16歳のときにミスコンにてジョージア州代表に選ばれて、ニューヨークに行った際にモデル・エージェンシーにスカウトされ、20歳の時にはトップモデルとなりました。

1970年代にはテレビドラマやテレビ映画などに出演し、女優としてのキャリアをスタートさせます。

1983年に007シリーズ『ネバーセイ・ネバーアゲイン』で、ボンドガールに抜擢されたことで女優として、一躍有名になります。

1989年には『バットマン』のヒロインにも抜擢されました。

1997年に出演した映画『L.A.コンフィデンシャル』での演技か評価され、ゴールデングローブ賞・助演女優賞やアカデミー助演女優賞などの映画賞を受賞しました。

その後も『セルラー』や『サード・パーソン』などの話題作にも出演しました。

映画『フィフティ・シェイズ・フリード』のあらすじ


(C)Universal Pictures

アナスタシアとクリスチャンは、新婚旅行で行ったヨーロッパから帰ってきまが、クリスチャンはどこか不満があるような様子です。

それはアナが職場で、まだ旧姓のスティールを名乗り続けていることが原因でした。

一度は口論になりますが、クリスチャンがアナスタシアの願いを聞き入れます。

クリスチャンはアナスタシアの職場を買収し、アナスタシアにプレゼントするなど過保護すぎることにも不満がありながらも幸せな日々を過ごしていました。

一方、アナスタシアの元上司であるジャック・ハイドはアナスタシアにセクハラをしたことがきっかけでクリスチャンによって、会社を解雇されてしまます。

そのことに逆恨みしたハイドはクリスチャンに復讐を…。

スポンサーリンク

映画『フィフティ・シェイズ・フリード』の感想と評価


(C)Universal Pictures

「フィフテイ・シェイズ」シリーズの特徴は女性目線の官能映画ということです。

繊細な心の動きと性への衝動を汚らしくなく、自然に描き出しています。

これは女性目線だからできることだと思います。

作品に透明感があり、おしゃれでゴージャスな作品に仕上がっているのは、アナスタシア役のキャスティングに、汚れを感じさせない女優ダコタ・ジョンソンを起用したことも大きく影響していると思います。

ベースはSMプレイを題材とした官能映画なので過激な情交の場面はあり、R指定も受けています。

しかし、この映画は結果的に純愛ラブ・ストーリーなのです。

そう感じさせるところが「フィフティ・シェイズ」シリーズの凄いところであり、魅力だと言っていいと思います。

アナスタシアとクリスチャンに訪れる最後の試練を劇場で見守っていてください!!

まとめ


(C)Universal Pictures

「フィフティ・シェイズ」シリーズの元となったのは、映画化もされた人気シリーズ「トワイライト」です。

この「トワイライト」が好きになり過ぎてしまった主婦E・L・ジェイムズが妄想を爆発させた2次創作が元になっている作品です。

出版にあたって、キャラクター名などは大きく変更されましたが、どのキャラクターが「トワイライト」のどのキャラクターが元になっているのかを探してみるのも、楽しいかもしれません。

映画『フィフティ・シェイズ・フリード』は、2018年10月5日(金)より全国ロードショー

関連記事

ラブストーリー映画

映画ママダメあらすじとキャスト!リンちゃん役のかわいい女優は?

Facebookにアップした「雖然媽媽説我不可以嫁去日本。」をもとに、台湾人と日本人のカップルが日本で同棲を始めて、その後、結婚するまでを描いた実話が生んだラブストーリー。 『ママは日本へ嫁に行っちゃ …

ラブストーリー映画

映画『真っ赤な星』あらすじネタバレと感想。キャストの小松未来(陽役)が見せた強いまなざし

誰がこの心の空白を埋めてくれるの。 映画『溶ける』で高い評価を受け、史上最年少でカンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門に正式出品されるなど、国内外で注目を集める井樫彩監督の初長編作品です。 悲しみを抱 …

ラブストーリー映画

ジエン・マンシュー映画ママダメ主演の女優のプロフィールは?

映画『ママダメ』のヒロイン役を演じた台湾の女優の簡嫚書(ジエン・マンシュー)が、ネットで可愛いと大注目。 ジエン・マンシューは、どのような女の子なのでしょう? スポンサーリンク CONTENTS1.映 …

ラブストーリー映画

映画ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ|ネタバレあらすじと感想評価。結末までジェーンバーキンの美しさが4K完全無修正版で蘇る!

映画『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ(4K完全無修正版)』は、2021年5月29日(土)にリバイバル公開。 セルジュ・ゲーンズブール没後30年を記念して公開された『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ( …

ラブストーリー映画

映画『ベイビーティース』感想解説と考察。ラストまでエリザ・スカンレンの演技力と家族愛に泣ける感動作!

映画『ベイビーティース』は、2021年2月19日(金)よりロードショー。 前衛的な世界観で少女の最初で最後の恋をヴィヴィッドに描き出した、シャノン・マーフィ監督長編デビュー作『ベイビーティース』。 『 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学