Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2017/10/03
Update

映画『あと1センチの恋』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【大人のラブストーリーとして幼なじみとの12年間に渡るすれ違い】

  • Writer :
  • hrm22

リリー・コリンズ主演で幼なじみの男女の12年間にわたるすれ違いの恋愛模様

「P.S.アイラヴユー」の原作者であるセシリア・アハーンの小説「愛は虹の向こうに」を基に描く大人のラブストーリー。

“恋人以上、友達未満”の関係だけどお互いの気持ちはどこかでわかっているはず。お互い相手への思いを抱きつつ「好き」と言えずにすれ違ってしまった幼なじみのロージーとアレックス。

映画『あと1センチの恋』は、もどかしい思いに身を焦がすロージー役に『白雪姫と鏡の女王』のリリー・コリンズ。一方のアレックス役を演じたのは『スノーホワイト』のサム・フラクリンが演じています。

ロージーとアレックスの12年間にもおよぶ運命の結末は?

スポンサーリンク

1.映画『あと1センチの恋』作品情報


(C)2014 CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

【公開】
2014年(ドイツ・イギリス映画合作)

【原題】
Love,Poise

【監督】
クリスチャン・ディッター

【キャスト】
リリー・コリンズ、サム・フラクリン、クリスチャン・クック、スキ・ウォーターハウス

【作品概要】
セシリア・アハーンの小説『愛は虹の向こうに』を原作に、男女の12年間のすれ違いの恋模様を描くラブストーリー。

6歳から幼なじみのロージーとアレックス。そんな2人の夢はイギリスの田舎町を離れて、アメリカの大学へ進学すること。ある日を境にその夢を叶えることができなくなってしまったロージーはアレックスに嘘をつき始めてお互い別々の道へ進むことになる…。

『白雪姫と鏡の女王』のリリー・コリンズがロージー役務め、その恋人アレックス役を『スノーホワイト』のサム・クラフリンが演じています。

▼▼U-NEXTで 映画『あと1センチの恋』はご覧いただけます。
『あと1センチの恋』今すぐ見る

2.映画『あと1センチの恋』のあらすじとネタバレ


(C)2014 CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

ロージーは幼馴染のアレックスが幼い頃からずっと好きでした。近くにいるのに好きという言葉が伝えられなくて、あえてそっけない態度をとってします。

それは、アレックスも同じ気持ちでした。

だが、アレックスは学校のマドンナ的存在のベサニーと付き合うことになるが、それがおもしろくないロージーは酔っぱらったいきおいでクラスの人気者グレッグと一夜を共にしてしまいます。

その日の夜、アレックスはロージーにアメリカの大学に一緒に進学しようと話をしました。アレックスは医者、ロージーはホテルの経営者になりたいいう夢がありました。

お互い、行きたい大学に合格します。

いつもと体調が違うので薬局に行くロージーは妊娠している事に気づきました。

ロージーは大学には行かずに出産を決意するがアレックスには知られたくないとロージーは嘘をつきます。

一緒に大学には行けないけど、必ず後から追いかけると約束をして、アレックスをアメリカに見送ります。

6歳の頃からいつも一緒だったのに初めての別れを味わいます。”恋人以上、友達未満”の関係だけどお互いの気持ちはどこかでわかっているはず…。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『あと1センチの恋』ネタバレ・結末の記載がございます。『あと1センチの恋』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ロージーは出産を決意したが、自分の夢は諦めたくないと子供を養子に出すことにします。

月日が経つにつれて徐々に大きくなるお腹、ついに出産の日を迎えます。

産まれてきたわが子を抱いたロージーは「ケイティ、かわいい子。約束する、いいママになるわ。」と養子に出すことを辞め、母親になる決心します。

子育ては楽ではなかったが両親の助けもかりて、めげずに一生懸命頑張っていました。

そんなある日、突然、家にアレックスが訪ねてきます。ついに、子供がいることがバレてしまう。

本当はずっと言いたかった事、毎日夜泣きに悩まされ、グレッグには妊娠したことを伝えたら逃げてしまったと全てをアレックスに話したロージー。

そんなアレックスはロージーにケイティの父親代わりをさせてほしいと言います。

いつの間にか月日が流れケイティは5歳になりました。

アレックスはボストンに帰ってからもケイティとロージーの事を遠くから支え続けます。そして、ロージーは夢へ近づくための第一歩としてホテルの掃除の仕事を始めます。

一方、アレックスは同棲中の彼女サリーと喧嘩ばかりの日々、ロージーに会いたくなり、「遊びにこないか?」と言い久しぶりに会うことにします。

朝まで遊び歩きロージーは「妊娠をしなければ私はここに住んでた。でも、ケイティを産んだことは後悔してないわ。あの子は私の宝物。あの子を見てるとあなたを思いだすの、あの子を愛しているからだと思う」と話します。

アレックスの家に行くと、彼女のサリーがいました。みんなで食事をしていると、サリーが妊娠していると告げられ驚くロージー。

アレックスと2人きりになり、なぜ呼んだのか?と言い合いになります。

さらには自分の事もケイティの事も否定するような言葉を言われ喧嘩したままロージーは帰ってしまいます。

家に帰りロージーはケイティの父親グレッグに手紙を送ると、娘に会いたいとグレッグが会いに来きました。

ロージーは自分にも娘にも家族が必要だと感じ、グレッグと結婚をします。

5年後が経ち…、ケイティは10歳。ロージーはいまだにホテルで働いています。

両親が旅行に行くので見送るが、父親が亡くなったと連絡が入ります。

後日、父親から亡くなる前に書いた手紙が届き、ロージーに夢を諦めないでほしいと書いてあります。

それをみたロージーは父親が残した遺産でホテルを建てる決心をしました。

そんな中、グレッグの浮気が発覚し、彼の荷物の整理をしていると一か所だけ鍵がかかっている引き出しがあります。

こじ開けると中にはアレックスからロージーにあてた手紙が入っていいました。

【ロージー、君はもっと愛されるべきだ。どんな時もそばで君を支え君を包み込める男から、ケイティに父親が必要なのはわかる、この話題はこれきりにするから。グレッグは君にふさわしくない、君を手放したのは怖かったからなんだ…今なら君を幸せにできる】

だが、この手紙を見たのが遅すぎました。

アレックスはべサニーと元サヤに戻り結婚することにしたのです。

結婚式に招待され、最初は戸惑ってたが親友に背中を押され、自分の気持ちをぶつけに行くことにします。

ロージーはスピーチをはじめます。

「人生のパートナーの選択は私たちにとってどんな決断より重要です。間違えれば絶望が待っています。ある朝、目覚めるとそのことに気づくんです。でも後戻りはできません。お互いそれを思い知ったわ…あなたの友情が私の人生を光り輝かせたわ暗闇でも照らし続けてくれた、その光をもらえた私は世界一幸せ、当たり前のようにあなたはそばにいてくれたわその価値に私は気づかなかったの。でも、これでよかった。本当に分かったの、あなたがどこにいて誰と何をしようとも私はいつだって心からあなたを愛してる」

アレックスとロージーは2人きりで話をします。

ロージーの18歳誕生日の日、テキーラを5杯飲んで記憶をなくす前、実はアレックスとロージーはキスをしていました。

その日を境に2人はすれ違い始めたしまったと気づきます。

時は流れ…、ロージーはずっと夢を見ていたホテルを経営しています。

するとそこにアレックスが現れ、荷物もすべておいてきた。奥さんとも別れたと告げます。

2人は海が見える部屋に行き、「ロージー、僕と一緒にダンスに行かないか?」。

彼女は答えます「やっと誘ってくれたわ」と2人は熱いキスを交わします。

スポンサーリンク

3.『あと1センチの恋』感想と評価


(C)2014 CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

女性でも男性でも共感したくなるような恋愛映画です。

最初はどんな恋愛映画なのかと思いましたが、見ていくうちに幼なじみのすれ違う恋心がなんとも言えなかったです。

それに、ロージーみたいな女性はすごいなと思いました。

10代で出産をし、子育てをしながら夢も叶えてしまう。子供がいても諦めなければ夢は叶うと元気づけられた気がします。

幼なじみの恋愛映画って普通じゃないの!?と思う気がしますが…

この映画は12年間、何をするにも一緒だった2人が離れてしまってもまた出会う運命なんだと気づかされます。

たった一言”好き”という言葉が言えないだけでこんなにも遠回りをするなんて…

でも、近くにいるからこそ伝えられないもどかしい気持ちが、大人になってからやっと伝えることができて本当によかったと感動しました。

まとめ


(C)2014 CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

ロージー役はリリー・コリンズ。彼女は女優だけでなくファッションリーダーとしても有名で注目の的になっています。

アレックス役はサム・クラフリン。彼は大作映画への出演が続き、若手俳優の中で注目を浴びています。

注目されている、若手女優と俳優が出演していてこのクオリティはとてもよかったです。

この作品の原作者は『P.S. アイラヴユー』を書いたセシリア・アハーンです。

『P.S.アイラヴユー』は小説でも映画でも大ヒットなった作品の一つでもあるので、これからまたどんな良い作品を生み出すのか楽しみです。

映画『あと1センチの恋』を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです。

▼▼U-NEXTで 映画『あと1センチの恋』はご覧いただけます。
『あと1センチの恋』今すぐ見る

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

このポイントを使えば、『あと1センチの恋』を無料で見ることもできますし、また、他の映画で使用することも可能です。

さらに31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

ラブストーリー映画

海辺の生と死キャストとあらすじ&試写会情報【満島ひかり主演映画】

そこは“神の島”―。はかない恋の一瞬のきらめきを描いた恋愛映画がここに誕生。 『夏の終り』以来4年ぶりの単独主演を務めた満島ひかりさんの野生の魅力が溢れた『海辺の生と死』をご紹介します。 スポンサーリ …

ラブストーリー映画

映画『伊藤くんAtoE』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『伊藤くんAtoE』2018年1月12日(金)より全国一斉ロードショー。 柚木麻子のベストセラー小説を『ナミヤ雑貨店の奇蹟』や『PとJK』そして2018年春に『ママレード・ボーイ』が公開の廣木隆一が映 …

ラブストーリー映画

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』あらすじとキャスト。上映館はどこ?

2月17日(土) より全国のイオンシネマにて公開される『パンとバスと2度目のハツコイ』をご紹介します。 深川麻衣、山下健二郎(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE) …

ラブストーリー映画

寝ても覚めて映画あらすじとキャスト!エキストラ募集ロケ地は東京大阪も

2015年に公開された映画『ハッピーアワー』は、ロカルノ国際映画祭コンペ部門で最優秀女優賞で旋風を巻き起こしたのを記憶する映画ファンも多いはず。 その際に監督を務めたのは濱口竜介監督。監督の2018年 …

ラブストーリー映画

浅野忠信映画『壊れた心』ネタバレ感想と評価解説レビュー。宗教的要素が散りばめられた贖罪と救いの物語

ようこそ、愛と破滅の世界へ。 フィリピンのスラム街を舞台に、『岸辺の旅』『淵に立つ』の浅野忠信が扮する冷酷な殺し屋と、『闇のあとの光』のメキシコ人女優ナタリア・アセベドが演じる娼婦の逃避行を描いたクラ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学