Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/02/19
Update

映画『ライアー×ライアー』ネタバレあらすじと感想評価。結末ラストで漫画タイトルの意味が判明する禁断のラブストーリー

  • Writer :
  • 金澤響子

映画『ライアー×ライアー』は2021年2月19日より公開。

ウソから始まる不思議なラブストーリーとして、多くの女性読者の心を掴んだ、金田一蓮十郎によるコミック『ライアー×ライアー』。

クールでイケメンな同い年の義理の弟と、ギャルJKのフリをした恋愛経験ゼロの地味系女子が織り成すラブストーリーを、SixTONESの松村北斗と『ラストレター』『天気の子』の森七菜がダブル主演で実写化しました。

2021年2月19日(金)より全国ロードショーの映画『ライアー×ライアー』を、ラストまでのネタバレありで、あらすじと感想をお伝えします。

スポンサーリンク

映画『ライアー×ライアー』の作品情報

(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
金田一蓮十郎『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)

【監督】
耶雲哉治

【主題歌】
SixTONES『僕が僕じゃないみたいだ』(SME Records)

【キャスト】
松村北斗、森七菜、小関裕太、堀田真由、七五三掛龍也、板橋駿谷、竹井亮介、相田翔子

【作品概要】
原作は、累計発行部数190万部を突破し、2012年度「このマンガがすごい!オンナ編」にランクインした、金田一蓮十郎による同名コミック。

W主演を務めるのは、2020年1月にCDデビューを果たし、デビューシングルがわずか発売3日でミリオンを達成するなど飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進を続けるグループSixTONESのメンバー、松村北斗と、映画『天気の子』の声優で注目を集め、ドラマ『この恋あたためますか』でも話題沸騰の森七菜

2人を取り巻く共演者たちにも、小関裕太、堀田真由、七五三掛龍也 (Travis Japan/ジャニーズJ.)とフレッシュにして豪華なキャストが揃いました。

監督を務めるのは、映画監督・CMディレクターとして活躍し、『百瀬、こっちを向いて。』『映画刀剣乱舞 -継承-』などを手掛ける耶雲哉治。

脚本は、第43回日本アカデミー賞にて最優秀脚本賞を受賞した『翔んで埼玉』『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の徳永友ー。

主題歌は、初の映画主題歌となるSixTONESの4thシングル『僕が僕じゃないみたいだ』です。

映画『ライアー×ライアー』のあらすじとネタバレ

(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社

お城めぐりが大好きで、潔癖症の大学生・高槻湊は、男性と付き合ったことが一度もありません。

湊が恋愛から遠ざかっている元凶は、両親の再婚で義理の弟になった同い年の透。イケメンな透は、中学時代からモテモテ。

義理の姉で、同居しているというだけで、湊は周囲の女子から辛く当たられてきました。

高校に入ると、透は女の子を取っ替え引っ替えするようになり、湊と透の仲はさらにギクシャク。今ではお互いそっけない態度で接し、会話もほとんどありません。

ある日、親友・真樹の頼みで、高校の制服にギャルメイクを施し、渋谷へ撮影に出た湊。真樹が用事で外した際に、ギャル湊は透と遭遇してしまいます。

初対面のふりをするギャル湊に、「知人にそっくりで驚いた」という透。

透は、なぜかギャル姿の湊に興味を抱いたよう。携帯を持ってないと嘘をついたギャル湊に、自分の電話番号を書いたメモを渡して、その日は別れます。

事情を聞いた真樹は大爆笑。真樹の勧めもあり、いままで女の子たちを泣かせてきた透を懲らしめようと、湊は透にギャル湊として電話をし、再び会う約束をします。

約束の日。少し早めに待ち合わせ場所近くに着いたギャル湊。すでに透は来ていました。そのまま声をかけずに、透の様子を観察します。

透は、何分経っても、何時間経っても、待ち合わせ場所で待っていました。逆ナンをされても断り、ひとり待ち続ける彼のことを、ギャル湊は不憫に思い、ついに透の目の前に現れます。

すぐに、姉の湊だと明かそうと思っていたものの、透のあまりの喜びように、正体を言い出せなくなっていました。

透は、ギャル湊に、自分との連絡用のスマホをプレゼント。そして名前を聞いてきます。

湊はとっさに「みな」だと名乗りました。「みな」への思いをまっすぐにぶつけてくる透。

「みな」と付き合うために、女性関係も全て精算し、「みな」に告白します。家で湊には見せたこともない、真剣に恋する透を見て、つい「みな」はOKしてしまいます。

ある日、所属する大学のサークル交流会で、小学校時代に同じ塾に通っていた烏丸と再会した湊。烏丸は城の建築に興味があり、湊とも気が合います。

交流会後、湊は烏丸に家まで送ってもらうことに。家の前で、次は二人きりで会いたいと烏丸に告げられたところに、透が帰宅し、いつも以上に湊に突っかかってきました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ライアー×ライアー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ライアー×ライアー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

「みな」への、透のちょっぴり重たい愛情表現はますますエスカレート。デート中の手繋ぎ、ハグは当たり前。

街中でキスされそうになった「みな」は、人前ではしたくないと、あわてて止めます。すると、透は一人暮らしを始めると言って、アパートの合鍵を「みな」に渡しました。

アパートへ遊びに行くと、そこには透の友人・桂がおり、「みな」を見て驚きますが、透は慌てて桂を帰し、「みな」を部屋へ招き入れます。

透に“「みな」と似ている知人”のことを聞き出そうとしても、透は顔をしかめて話したくない様子。

毎回自分の正体を明かそうとするものの、透のまっすぐな愛情表現と無邪気な笑顔に、「みな」である湊も心が揺らぎ始めます。

そんな時、湊は烏丸から告白されますが、返事は保留することに。

透と別れる覚悟を決めた湊は「みな」に変装し、親の転勤で南米のエクアドルにいくという嘘をつき、別れを切り出しました。涙する透を「みな」は抱きしめます。

透と別れたことで、湊は鳥丸と付き合いますが、罪悪感と透への思いで、心は晴れないまま。烏丸は湊の塞ぎ込んだ様子に気づき、話を聞こうとします。

湊は「ずっと気になる人がいるけれど、振り向いてもらえない人だ」と心の内を明かし、烏丸と別れることにしました。

「みな」と別れたショックからか、透と連絡がつかないと桂から聞いた湊は、慌てて透のアパートへ向かいます。

しかし、湊の姿を見た透はがっかりした様子で、湊を追い払いました。

「みな」じゃないと透を救えないと感じた湊は、「親戚の家に住むから日本に帰ってきた」という設定で、再び「みな」となって透の元へ訪れます。

透と「みな」の恋人としての日々は笑顔で溢れていましたが、そんな二人の姿を烏丸が目撃してしまいます。

後日、大学で会った湊と烏丸。烏丸が湊を家まで送っていたところ、湊の母と透に出会います。烏丸との再会を喜ぶ母は、烏丸を夕食へ誘い、烏丸も快諾しました。

透が彼女とデートしているのを見たと話した烏丸を、透は廊下に連れ出しますが、二人は揉めてしまい、透は二階の自室にこもります。

夕食後、烏丸に「みな」の真実を明かす湊。烏丸は、義理とはいえ姉弟間での恋愛関係を「気持ち悪い」「応援できない」と言い残して去っていきました。

透のアパートへ行った「みな」は、透から別れ話を切り出されます。実は、ずっと好きだった人がいて、その人にそっくりな「みな」に惹かれたと明かす透。その人は、ずっと昔に死んだと言います。

透と別れ、スッキリするかと思いきや、湊の心はもやもやしたまま。

数日後、烏丸は自分の発言を湊に謝り、友達として一日遊ぼうと誘います。約束の朝、行きたい場所はあるかと聞かれた湊は、愛知県の犬山城に行ってみたいと答えます。

烏丸との旅行は楽しいものでしたが、日が暮れてくるとおかしなことになってきました。烏丸が、宿をとったから泊まっていこうと言うんです。

ツインベッドとはいえ同室で、湊は慌てて帰ろうとしますが、透に「みな」の秘密をバラしてもいいのかと、烏丸が脅してきました。

自分のことよりも、大嫌いな姉と付き合っていたと透が知って、透が傷つくのは嫌だと言う湊に、烏丸はシャワー室のドアを開けて「どこまで本気なのか見せて」と笑顔を浮かべます。

覚悟を決めてシャワー室に入ろうとした湊を、烏丸は止めます。どうせなら悪役になって嫌われたかったと言う彼は、そのまま部屋から出ていきました。

一方、高槻家では、帰りが遅い湊のことを両親が心配していました。湊がスマホを2台持っているのを見ていた母は、何か悪いことに巻き込まれているのではないかとオロオロ。

それを聞いた透には、思い当たることがありました。「みな」は、家族しか知らないはずの透の幼い頃の思い出を知っていました。

透は自室から「みな」に電話をかけます。すぐ近くで聞こえる着信音。鳴っていたのは、隣の湊の部屋からでした。

翌日。湊は、東京に帰ってきました。自分の軽率な嘘で、たくさんの人を巻き込んでしまったと反省する彼女は、歩いてきた男性とぶつかってしまいます。

それは、透でした。湊は全てを透に明かします。今までの嘘も、蓋をしていた透への恋心も全部。

透も、自分の「嘘」を話します。

出会った頃から湊が好きだったこと。家族になれて嬉しかったこと。姉弟は結婚できないと知って、やけになってしまったこと。血が繋がってなければ結婚できると知った時には、湊との距離は絶望的に開いてしまっていたこと。

晴れて両思いになった彼らは、初めて出会った思い出の場所・動物園へ向かいます。そこで初めて唇を重ね、手を固く結びました。

両親へのカミングアウトはあっさりとしたもので、二人が幸せならそれでいいと、祝福モード。大学卒業後は同棲することに。

そして湊と透は、両親や友人たちが見守る中、結婚式を挙げました……。

スポンサーリンク

映画『ライアー×ライアー』の感想と評価

(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社

ほんわかした絵柄とちょっととぼけたキャラクターたちが魅力の金田一蓮十郎の原作漫画を、忠実に映像化した本作。

烏丸が劇中で言い捨てるように「気持ち悪い」と嫌悪感抱いてしまいがちな、義理の姉弟の恋愛関係を、コメディタッチで爽やかに描き出します。

「ライアー」は、日本語にすると「嘘つき」という意味。タイトルの『ライアー×ライアー』とは、「みな」のふりをした湊と、湊への恋心を秘めたまま「みな」と付き合った透のことでした。

透の本心を知った後に、湊へ向けていた目線や発言の意味を考えると、そのツンデレぶりが微笑ましくなりますね。

「嘘つき」で二面性のある登場人物たちを、キャストが魅力的に演じました。

SixTONESの松村北斗が、クールで無愛想なモテ男と、一途すぎる溺愛男子のギャップで、観ている者のハートを鷲掴み。「みな」の前で見せる満面の笑みや、瞳から溢れる涙にキュンとさせられます。

小関裕太が演じた、透の恋のライバルになる烏丸は、人の良さそうな笑顔がだんだん狂気を帯びてくるさまに背筋が凍りました。最後は良い人で終わってほっとしましたが、小関裕太のサイコな演技をもっと観たかったとも感じました。

透と烏丸は、どちらも粘着質でストーカー気味ではあるんですが、そこをさらっと描いて好ましい人物として成立させるバランスの良さがありました。

ヒロインの湊と「みな」に扮した森七菜は、コミカルでキュートな演技で、本作に躍動感を与えます。はじめは違和感があったギャルの「みな」が、どんどん馴染んでいき、湊とは別人のようになっていく姿に引き込まれました。

恋のライバルが自分自身という現実ではあり得ない設定の湊を、森七菜が演じたことでリアリティが生まれ、共感できるストーリーになっています。

脇を固めるキャストも、引っ越しシーンばかりに登場する七五三掛龍也や、湊の頼れる親友・真樹を演じた堀田真由など、個性的な面々が揃っている本作ですが、中でも一押しは、湊のサークルの会長役を演じた板橋駿谷です。

立派な体躯、やたらと大きい声、大学生にしてはちょっと老け顔と、強烈すぎるキャラクターで、板橋駿谷が出てくるシーンはつい目で追ってしまいました。

まとめ

(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社

義理の姉弟の禁断のラブストーリーを、カラッと明るく描いた本作。

登場人物に合わせたファッションも見どころのひとつとなっており、足を隠したパンツ姿が多い湊と、膝上のミニ丈のスカートを履いた「みな」。どちらも着こなす森七菜のポテンシャルの高さに圧倒されます。

また、松村北斗と小関裕太は、さらっと羽織ったシンプルな服装がたいへんセクシーです。

ライアー(うそつき)湊と、ライアー透の、もどかしくて愛らしい恋の駆け引きを、ぜひお楽しみください。

映画『ライアー×ライアー』は2021年2月19日(金)より公開です。



関連記事

ラブストーリー映画

映画『世界の涯ての鼓動』ネタバレ考察。ラストの意味とラブストーリーの深さを原題から解説

映画『世界の涯ての鼓動』は2019年8月2日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開。 第二次世界大戦後、ニュー・ジャーマン・シネマを代表する映画監督として、ロードムービーの名手として数々 …

ラブストーリー映画

映画『となりの怪物くん』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

菅田将暉、土屋太鳳主演の映画『となりの怪物くん』がTOHOシネマズ日比谷他で、全国ロードショーされています。 ろびこ原作の人気少女コミックを、『君の膵臓が食べたい』の月川翔監督が実写映画化!  誰もが …

ラブストーリー映画

映画『15年後のラブソング』あらすじと感想レビュー。大人になりきれない者たちが開く“新たな人生の扉”

映画『15年後のラブソング』は2020年6月12日(金)から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他、全国公開予定 映画『15年後のラブソング』は、『アバウト・ア・ボーイ』『ハイ・フィデリティ …

ラブストーリー映画

映画『男と女(2020)人生最良の日々』ネタバレ感想とレビュー評価。ロケ地ドーヴィルの海辺を舞台に撮影10日間で描く

映画『男と女 人生最良の日々』は、2020年1月31日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー。 “愛の伝道師”クロード・ルルーシュ監督が紡ぐあの恋愛映画 …

ラブストーリー映画

映画『風の色』あらすじと感想レビュー。古川雄輝のプロフィールも

古川雄輝の主演映画『風の色』は2018年1月26日より全国順次公開。 突然目の前から消えた恋人ゆりの死から100日後。彼女との思い出の品々を胸にマジシャンになることを決意した涼。 “自分と生き写しの人 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学