Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

『真夜中の五分前』動画無料視聴はHulu!ネタバレ感想と原作紹介

  • Writer :
  • 山田 苺

映画『ナラタージュ』の監督である行定勲が、三浦春馬を主演に向かえ、ほぼ全編を中国を舞台にしたミステリー調のラブストーリーです。

原作は日本の作家・本多孝好で、日本が舞台だった原作を、大胆に脚色し、雰囲気たっぷりの大人なラブストーリーとして仕上げています。

スポンサーリンク

1.映画『真夜中の五分前』の作品情報


(C)2014 “Five Minutes to Tomorrow” Film Partners

【公開】
2014年(日本・中国映画合作)

【原作】
本多孝好
「真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐A〉」(新潮文庫)

【監督】
行定勲

【キャスト】
三浦春馬、リウ・シーシー、ジョセフ・チャン

【作品概要】
本多孝好のベストセラー小説を映画化し、舞台を日本から中国に変更したことでも話題となった作品。

青年リョウが知りあったばかりのルオランは、双子の妹ルーメイが、自分が好きだった男性と婚約したことで、大切な妹に嫉妬心を抱くことに苦しんでいます。

そんな彼女を良はすこしずづ受け入れていきますが、良の気持ちを大きく揺れ動かす事件が起きてしまいます。

▼Huluで 映画『真夜中の五分前』はご覧いただけます。

映画『真夜中の五分前』を今すぐ無料で見る

2.映画『真夜中の五分前』のあらすじとネタバレ


(C)2014 “Five Minutes to Tomorrow” Film Partners

中国で時計の修理技師として働く日本人・良は通いつめのプールで美しい泳ぎをする女性に見とれます。

するとプールを後にするとき、その女性から突然、「プレゼントを選んで欲しい」と声をかけられます。

良は高価な雰囲気のある腕時計専門店を一緒に訪れるも、予算に合うものは見つかりません。

そこで良は、自分が修理した置時計を女性に渡します。

女性は時計を受け取り、良に送ってもらいます。

途中に、女性に瓜二つの人が映った大きな看板が目に入ります。

ルオランと名乗るその女性は、礼を言って帰って行きました。

日は変わり、再びプールで良はルオランと出くわします。

彼女は良を食事に誘うと、レストランで一度席を立ちます。

戻ってきた彼女を見て何も反応しない良に、彼女は何も気付かないのかと聞きます。

ルオランには双子のルーメイがおり、たった今プールであったのはルオランではなく、ルーメイでした。

ルーメイはモデルをしており、婚約者もいます。

ルオランが用意したプレゼントは、2人への婚約祝いでした。

ルーメイは、中国では「時計を贈る」と「死を看取る」は同じ発音なので、プレゼントにすることは滅多にないと言います。

2人は見た目こそ瓜二つですが、性格は似ていないといいます。

そんな2人を見ると、良は双子にはテレパシーにも似た能力がありそうであこがれると話します。

ルオランも、今日の服装は打ち合わせていないのに、靴が一緒だった。それも買ったことなんて知らないのにといい、どこか物憂げな様子でした。

実際、2人は性格だけでなく生き方も大きく異なっていました。

良が次にルオランと再開したのは、ルーメイも彼女の婚約者ティエンルンも一緒でした。

映画監督を務めるティエンルンと、あわせて4人でゴルフを行っているとき、ルーメイは今の幸せな自分があるのはルオランの事だと良にいいます。

ルオランはフリーライターとして働いており、その関係でティエンルンと知り合い、ルーメイは彼と引き合うことができました。

別荘のようなところで、4人で酒を飲んでいると、どうして良はルオランに気持ちを抱いたのか、ルーメイに聞かれます。

良は泳いでる姿に見とれたと説明しますが、ルーメイは自分がカナヅチだったのでルオランが泳げたことに驚きます。

良いが回ったルーメイは音楽をかけて、良と踊ります。

ティエンルンはルオランと踊ろうと、手を差し出しますが、彼女はその誘いを断り、外へ出て行きます。

後を追ってきた良に、まるで自分の人生は常にルーメイに奪われているかの気分だといい、最初にティエンルンに出会ったのも自分なのにと、実は彼に行為があることを告白します。

しかし一方のルーメイも、心の自由さや、無意識に人をひきつけるルオランを羨んでいました。

良とルオランは、良の職場兼自室へ戻ります。

良の部屋の時計は5分遅れており、過去に付き合った女性が世界に追いつける程度の5分を楽しめたほうが得だからと言っていた名残でした。

しかし、過去の彼女は他界しており、良はそんな5分前を楽しんだ彼女は罰が当たったのかもしれないと冗談交じりに話します。

ルオランはその5分で、ルーメイと違う世界にいければとつぶやきます。

2人は一緒に映画を見て、人知れず手を取り合います。

そんな彼女に、良は5分遅れの腕時計をプレゼントします。

翌日、その時計のせいで映画館で映画を見逃してしまいます。

良が飲み物を買いに行っている最中に、ルオランは他の客にルーメイと勘違いされ、さらに通りがかったティエンルンにも間違われてしまいます。

ルオランはティエンルンから服をプレゼントされますが、黙って受け取ります。

良がルオランを見つけると、貰った服を着ており、ルーメイと2人きりでモーリシャスへ旅行へ行くことになったと告げます。

それから数日、職場のラジオからはモーリシャスで観光クルーザーと漁船の衝突事故が発生し、中国人女性1人が事故でなくなったことを、良は耳にします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『真夜中の五分前』ネタバレ・結末の記載がございます。『真夜中の五分前』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

1年後。映画の撮影現場では、ルーメイが女優として活躍していました。

しかし監督はそんな彼女を見て「事故以降、人が変わったようだ」とティエンルンに言います。

良はティエンルンから、ルーメイに会って欲しいと電話を受け、彼女の元を訪れます。

ルーメイは良に、自分がルーメイなのかルオランなのか、周りの探りを入れるような目線が辛いとこぼします。

そんな彼女にはロザリオが首から提げており、当時ルオランが持っていたものを、ルーメイがつけていたとのことでした。

部屋を出ると、そこにはティエンルンが待っていました。

彼は彼女が本当にルーメイなのかを、良に見定めてもらおうとしていました。

ティエンルンには今いる女性がルオランではないかという疑念がまとわり付いていました。

事実、今のルーメイはまるで自分の記憶を、他人が話しているかのようなそぶりをするといいます。

しかし良は、事故後意識を取り戻した彼女は、真っ先にティエンルンの手を取ったのだからルーメイに決まっていると言い放ちます。

しかし、ティエンルンの考えは晴れず、仕舞いにはルーメイの両親と食事をしている際にも、ルーメイだとしたらつじつまの合わないことを言い出し、彼は部屋を飛び出します。

ついには両親すら、彼の様子をみて疑いの目で彼女を見るようになってしまいます。

とうとう疑心暗鬼に陥ったティエンルンは彼女に強く当たり、家を飛び出してします。

良はいつものプールで泳いでいると、ルーメイがプールに飛び込んでいました。

良が彼女を引き上げると、ルーメイは自分がカナヅチだったと確認し、まるで自分の中の疑いが晴れたような気持ちでした。

翌日、新聞にはルーメイとティエンルンの破局が大きく報じられていました。

以前のように2人で映画を見ているときに、良は手を差し伸べますが、ルーメイはその手を取りませんでした。

2人は夜、部屋でキスをしますが、良が目覚めると彼女は行き場所も語らず去っていました。

良はモーリシャスから送られたルオランの手紙を読みます。

当時、ルーメイとルオランはその教会を訪れており、ルオランはそこで教壇にあるロザリオをつけて、代わりに良から貰った腕時計を置いて行っていたのです。

そして今、ルーメイはロザリオを教壇に戻し、あの腕時計を持って去っていきます。

良は手紙を読み終わると、部屋の外で物音が下のを聞いて後を追いかけます。

そこにはあの腕時計が誰かに置かれており、時間は真夜中の5分前でした。

良が外に出ると、そこにはいまやルーメイなのかルオランなのか、分からないけど彼女が佇んでいました。

そして真夜中ちょうどになると、彼女はふっと良に振り向くのでした。

スポンサーリンク

3.映画『真夜中の五分前』の感想と評価


(C)2014 “Five Minutes to Tomorrow” Film Partners

中国やアジア系の国はどうしても(いい意味で)雑多な雰囲気が先行しがちですが、設定やストーリーを工夫するだけでこうも優雅な雰囲気が漂うのかと驚きました。

ミステリー調といえど、決してスリリングになりすぎず、登場人物それぞれに感情移入できる余地がある余裕すら漂っているようです。

また、今作を見る人全員が気になるであろう、「生き残ったのは本当にルーメイ」なのかという答えは終始曖昧なまま、映画は終わります。

大事なのは、ルーメイと対面している人物が、彼女を本当にルーメイとしてみているのかという点だと思います。

ティエンルンは、自分に好意を持っているルオランが、ルーメイに成りすましているのではという狂気にも似た疑念を抱きます。

一方良は、意識が戻って最初に手を取ったのがティエンルンだったのだから、彼女はルーメイだといいますが、それはあくまでそうであって欲しいという思いの表れだと感じます。

もし彼女が本当はルオランだとしたら、まだティエンルンのことを諦めていなかった事実は、良にとってはかなりショックでしょう。

ティエンルンにあおれほどルーメイだと言い放つのは、良の現実逃避なのでは無いかと思いました。

そう考えると、今作はなかなか経験することのない出来事でありながら、切なさを共感させる異色作だとビシビシ感じました。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2014 “Five Minutes to Tomorrow” Film Partners

私自身、原作者・本多孝好のファンということもあり、ずいぶん前に読んだ原作を、もう一度読み直してみたくなるほど引き込まれる話でした。

「真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐A〉」


真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐A〉(新潮文庫)

気付いたら本多孝好氏は、超人バトル小説を書いていて(しかもシリーズもの)おったまげましたが、またこういう作風の小説が、映画ならではの描き方で実写化してほしいなあとも感じました。

それにしてもゴルフシーンの三浦春馬のスイングの下手さは、ガチなのか演技なのか。個人的に生き残ったルーメイが本人なのかルオランなのかと、同じくらい気にしながら映画を見ていました。

さて、『真夜中の五分前』が観られるHuluでは現在2週間無料トライアルを実施中

▼Huluで 映画『真夜中の五分前』はご覧いただけます。
映画『真夜中の五分前』を今すぐ無料で見る

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

関連記事

ラブストーリー映画

映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

“悪い予感だらけの今日と明日が、少しだけ、光って見えた。” 優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『夜空はいつでも最高密度 …

ラブストーリー映画

映画『ナラタージュ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

島本理生が20歳の時に執筆した鮮烈な書き下ろし作『ナラタージュ』を、『世界の中心で愛を叫ぶ』から『ピンクとグレー』までの感情を揺さぶるラブストーリーを発表し続ける行定勲監督が映画化。 主演は松本潤と有 …

ラブストーリー映画

ピーチガール試写会と舞台挨拶情報!キャストや主題歌紹介も

大ヒット少女漫画『ピーチガール』は累計発行部数1300万部を超え、2017年5月20日に全国公開される実写化の映画。 漫画家の上田美和の代表作で別冊フレンドに連載された漫画を女優の山本美月と「Hey! …

ラブストーリー映画

映画『男と女』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

揺れ動く男と女の心情を巧みに描いた、あまりにも美しい愛の物語。 クロード・ルルーシュの名を世に知らしめた不朽の名作『男と女』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『男と女』の作品情報 【公開】 19 …

ラブストーリー映画

映画『民生ボーイと狂わせガール』あらすじネタバレと感想!ラストも

渋谷直角のサブカルマンガを大根仁監督により、キャスト妻夫木聡&水原希子主演で映画化! 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『奥田民生になり …

日本映画大学