Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

『復讐は私にまかせて』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。武術シラットの最強使い手イトゥンの恋愛が招いた“傷ついた男女”の数奇な運命!

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

壮絶な過去を持つ2人の男女は、傷だらけの愛を貫けるか!

戦いに身を投じることに生き甲斐を感じるアジョが、伝統武術シラットを操る、イトゥンと出会ったことで始まる、壮絶なラブストーリーを描いた『復讐は私にまかせて』

愛と嫉妬が入り混じる復讐劇がメインの本作は、さまざまな映画へのオマージュや、時代への風刺が込められた作品でもあります。

アジョとイトゥン、2人の愛の行き着く先を、中盤以降に登場する、ある人物の解釈を交えてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『復讐は私にまかせて』の作品情報


(C)2021 PALARI FILMS. PHOENIX FILMS. NATASHA SIDHARTA. KANINGA PICTURES. MATCH FACTORY PRODUCTIONS GMBH. BOMBERO INTERNATIONAL GMBH. ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2022年公開(インドネシア映画・シンガポール映画・ドイツ映画)

【原題】
Seperti Dendam Rindu Harus Dibayar Tuntas

【監督・脚本】
エドウィン

【原作・共同脚本】
エカ・クルニアワン

【撮影】
芦澤明子

【キャスト】
マルティーノ・リオ、ラディア・シェリル、ラトゥ・フェリーシャ、レザ・ラハディアン

【作品概要】『
インドネシアの作家、エカ・クルニアワンのベストセラー小説を、『空を飛びたい盲目のブタ』(2008)のエドウィンが映像化。

1989年のインドネシアを舞台に、血気盛んな若者のアジョと、アジョに恋するイトゥンの、傷だらけの愛を描いたラブストーリーで「第74回ロカルノ国際映画祭」の最高賞「金豹賞」を受賞しています。

映画『復讐は私にまかせて』のあらすじとネタバレ


(C)2021 PALARI FILMS. PHOENIX FILMS. NATASHA SIDHARTA. KANINGA PICTURES. MATCH FACTORY PRODUCTIONS GMBH. BOMBERO INTERNATIONAL GMBH. ALL RIGHTS RESERVED

1989年のインドネシア。血気盛んで、誰とでも戦いたがる青年のアジョは、周囲からも一目置かれる存在でした。

ですがアジョは、幼い頃のあるトラウマから、男性器が機能せず、EDに悩まされていました。

ある日、アジョは殺人とレイプを犯しながらも、のうのうと生きている、レべという男の話を聞きます。

レべが許せないアジョは、レべを成敗しに向かいます。ですが、レべはボディガードを雇っていました。

レべのボディガードである、女性のイトゥンは、伝統武術シラットの使い手です。

アジョはイトゥンとの、激しい戦いを繰り広げた後に勝利し、レべの片耳を切り落とします。

そして、切り落とした片耳を、イトゥンに渡すのでした。

イトゥンに恋をしたアジョは、その数日後に、ラジオでイトゥンがアジョに送ったメッセージを、偶然聞きます。

イトゥンに会いに行ったアジョは、その場で愛し合いますが、自身がEDであることを気付かれたくない気持ちから、逃げるようにその場を去ります。

それから、ラジオでイトゥンのメッセージを聞いても、アジョは反応することなく無視するようになります。

さらに、裏世界の大物であるゲンブルが、アジョの噂を聞きつけます。アジョはゲンブルから、マチャンという男を消すように依頼されます。

マチャンを探し続けるアジョですが、ある日、無視され続けたイトゥンが、直接アジョに会いに来ます。

アジョは自身がEDであることを打ち明けますが、イトゥンは何も気にせずに「私達、結婚するのよ!」と宣言します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『復讐は私にまかせて』ネタバレ・結末の記載がございます。『復讐は私にまかせて』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 PALARI FILMS. PHOENIX FILMS. NATASHA SIDHARTA. KANINGA PICTURES. MATCH FACTORY PRODUCTIONS GMBH. BOMBERO INTERNATIONAL GMBH. ALL RIGHTS RESERVED

アジョとイトゥンは結婚式を行いますが、そこへ、イトゥンと同じシラットの門下生だった、ブディが姿を見せます。

アジョは、結婚式の場でブディに「イトゥンを置いて消えろ」と伝えられますが、冗談だと思い本気にしませんでした。

結婚式の数日後。

アジョは、マチャンを探し続けていますが、マチャンの恐ろしい噂を聞いたイトゥンは、手を引くように警告します。

次の日、マチャンから直接アジョに連絡が入りますが、イトゥンの忠告を聞き入れたアジョは、その電話を無視します。

アジョは、イトゥンに自身がEDとなったキッカケを話します。

アジョが子供の頃、月食の日に偶然覗いた家で、2人の男が女性をレイプしていました。

アジョに気付いた男は、アジョを捕まえ、無理やりレイプに参加させたのです。

その時のショックから男性器が機能しなくなったアジョは「2人の男に復讐すれば、治るかもしれない」と語ります。

イトゥンは、アジョから聞いた2人の男を探す為に、ブディに協力を要請します。

ですが、イトゥンが忘れられないブディは、半ば強引にイトゥンを抱きます。当初は抵抗していたイトゥンですが、ブディを受け入れてしまいます。

それから3ヵ月後。

イトゥンの妊娠が発覚し、それを知ったアジョは激怒します。家を出たアジョは、その怒りをマチャンにぶつけ、殺してしまいます。

警察に捕まったアジョに、イトゥンは愛の言葉を書いたお菓子を差し入れますが、アジョの怒りは収まりません。

イトゥンは、ブディに2人の男の情報を再度聞きに行きますが、ブディは最初から、イトゥンを手伝うつもりはありませんでした。

それを知ったイトゥンは激怒し、ブディを殺してしまいます。

3年後。

ゲンブルの計らいで出所したアジョは、トラックの運転手になっていました。

アジョは配達の道中で、ジェリタと名乗る怪しげな女性と出会います。

ジェリタは何故かイトゥンの過去を知っており、イトゥンが学生時代に、自分をレイプしようとした教師を殺した話を聞きます。

その話を聞いた直後、ジェリタは姿を消し、アジョはイトゥンに会う為に、2人が暮らしていた家に戻ります。

一方、ブディ殺しの罪で服役していたイトゥンは出所します。

そこへゲンブルが現れ、イトゥンにアジョが幼い頃に捕まった2人の男の情報を与えます。

イトゥンはアジョに代わり、2人の男を殺し、復讐を果たします。

数日後、釣りをしていたゲンブルは、海に潜んでいたジェリタに撃たれ死亡します。

イトゥンの所に戻ったアジョは、再び愛を誓いますが、そこに現れた警察官に、イトゥンは捕まります。

イトゥンはアジョに、最高の笑顔を見せました。

スポンサーリンク

映画『復讐は私にまかせて』感想と評価


(C)2021 PALARI FILMS. PHOENIX FILMS. NATASHA SIDHARTA. KANINGA PICTURES. MATCH FACTORY PRODUCTIONS GMBH. BOMBERO INTERNATIONAL GMBH. ALL RIGHTS RESERVED

1989年のインドネシアを舞台に、それぞれ辛い過去を持つ、2人の男女の愛を描いたラブストーリー『復讐は私に任せて』

本作はラブストーリーなのですが、かなり異色の内容で「暴力」がキーワードとなっています。

エドウィン監督はインタビューで語っていますが、、1989年のインドネシアは、スハルト元大統領が暴力で国を支配していた時代で、本作の登場人物も、その暴力的な時代背景が反映されています。

本作の主人公であるアジョは、やたらと誰かと戦いたがりますが、喧嘩レベルの話ではなく、会ったばかりのレべの耳を切り取るなど、かなり過激な行動に出ています

アジョの危険さは、裏社会の大物、ゲンブルも一目置くほどです。

アジョは、幼少期のトラウマから、下半身に問題を抱えており、男としての象徴が機能しません。

男としての「強さ」を主張する為、行き過ぎた暴力に頼っていたのでしょう。

そのアジョと出会う女性、イトゥンも幼少期の経験が原因で、伝統武術シラットを体得し、暴力により身を守っていました

理由は違えど、暴力で生きてきたアジョとイトゥンが出会い、恋に落ちます

ただ、アジョの周囲には裏社会のゲンブルが、イトゥンの背後には小悪党のブディという厄介な人物がいることで、本作のテーマである「暴力的な時代、環境において、2人の愛は生き残れるのか?」という部分が、物語の主軸となっていきます。

それまで、やたらと戦いたがっていたアジョは、イトゥンという守るべき存在が出来たことで、戦いから身を引くようになります。

2人の生活は、このまま上手くいきそうでしたが、イトゥンがブディに抱かれてしまい、妊娠が発覚したことで、全ては崩れ去ります

それまで穏やかだったアジョは、その反動のように暴力性が増し、一度は身を引いたゲンブルの仕事に手を染めてしまいます。

アジョを裏切ってしまったイトゥンは、強く後悔し、その罪滅ぼしの為に、アジョにトラウマを植え付け、EDの原因となった2人の男へ、代わりに復讐することを決意します。

アジョへの罪滅ぼしの方法として、イトゥンの取った行動は完全に間違っています

ですが、幼少の頃から自身の身を守る為に、暴力の世界で生きてきたイトゥンは、このやり方しか知らないのです。

後半に進むにつれて、痛々しさが強調される2人のラブストーリーですが、ある女性の登場により、異質の展開へと進んでいきます。

その女性はジェリタという名前で、イトゥンの近くにいたと思ったら、アジョの前に姿を現すなど、その正体は完全に不明です。

HPなどには「復讐の女神」と紹介されていますが、間違いなく作中では、その正体は明かされていません。

本作の後半は、このジェリタにより、アジョはかき回されていきます。

そして、これまでアジョとイトゥンを見守っていたゲンブルは、ジェリタに殺されます。

ただ、ゲンブルはアジョとイトゥンを「自分の手駒」としか見ていなかった感じがしますし、イトゥンが罪を重ねたのは、ゲンブルが余計な情報を与えたからです。

ジェリタは、ゲンブルから2人を守る存在だったのかもしれません、そう考えると「女神」ですね。

とは言え、ゲンブルの後ろ盾を失ってしまったのは事実です。ラストで、イトゥンは2人の男を殺した罪で逮捕されてしまいます。

イトゥンは、心から愛したアジョの復讐を果たせたことで、後悔は無いでしょう。ですが、残されたアジョは、今後どのような気持ちで、どのような行動を取るのでしょうか?

2人のラブストーリーは痛々しく残酷ですが、かなり余韻の残るラストシーンとなっています。

まとめ


(C)2021 PALARI FILMS. PHOENIX FILMS. NATASHA SIDHARTA. KANINGA PICTURES. MATCH FACTORY PRODUCTIONS GMBH. BOMBERO INTERNATIONAL GMBH. ALL RIGHTS RESERVED

本作は、1989年のインドネシアが舞台ですが、この年代を選んだのは「暴力的な時代」という時代背景の他に「1980年代の映画へのオマージュ」も込められています。

イトゥンのビジュアルからも分かりますが、特に80年代の香港映画を強く意識しているようです。

また、幽霊のように登場するジェリタが、Jホラーのようにもなっており、さまざまなエンターテイメント作品の要素を持っているのが『復讐は私にまかせて』という作品です。

携帯電話が無い時代に、ラジオで自身の愛を伝え続けるイトゥンなど、最近のラブストーリー映画とは、ひと味違う演出も見どころとなってますよ。




関連記事

ラブストーリー映画

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』感想と評価。がんちゃんの笑顔にスッタフも信頼!

岩田剛典×杉咲花のダブル主演で贈る、珠玉のラブストーリーが誕生しました。 2018年10月5日(金)より全国公開の、映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』です。 なんでもない日常を、大切な人と一緒 …

ラブストーリー映画

映画『生きてるだけで、愛。』ネタバレ感想とラストまでのあらすじ。趣里の演技力に一見の価値あり!

ほんの一瞬だけでも分かり合えたら…。 感情を抑えられない女と、真摯に向き合わない男。 不器用な男女の真っ直ぐでエモーショナルなラブストーリー『生きてるだけで、愛。』をご紹介します。 スポンサーリンク …

ラブストーリー映画

映画『貌斬りKAOKIRI』感想と考察!ディザスタームービーの俳優たち

本作『貌斬り KAOKIRI 戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より』は、細野辰興監督の10作品目で、ひとつの節目となる作品です。 この作品の題材に用いられたのは、「長谷川一夫の暴漢顔切り事件」。 昭和 …

ラブストーリー映画

Netflix『桜のような僕の恋人』ネタバレ感想と結末の評価解説。中島健人と松本穂香が演じる満開の桜のように儚く美しい恋

中島健人(Sexy Zone)と松本穂香の共演、宇山佳佑によるベストセラー恋愛小説「桜のような僕の恋人」を映画化 美容師の美咲に恋し、諦めかけていたカメラマンの夢をかなえることを決意する晴人。 しかし …

ラブストーリー映画

『アデライン、100年目の恋』動画無料視聴はHulu!感想レビューと考察も

近年、ラブストーリー映画は飽和状態になりつつあります。学園モノとOLが主人公といった観客の生活に限りなく寄せたものや、奇想天外な設定で奇抜なストーリーのものまで幅広くなっています。 ラブストーリーの事 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学