Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/07/31
Update

『プロミシング・ヤング・ウーマン』ネタバレ結末とラスト考察。復讐劇!性暴力への痛烈なリベンジとは?

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

キャリー・マリガン主演、性暴力への痛烈な復讐劇を描いた映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』

“プロミシング・ヤング・ウーマン=前途ある若い女性”に対する性暴力に対する怒り、憤りを主人公キャシーの視点で描かれる痛烈なスリラー映画。

2021年・第93回アカデミー賞で作品、監督、主演女優など5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞しました。

Netflixドラマ『ザ・クラウン』でチャールズ皇太子の妻カミラ夫人役を演じ、ドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』シーズン2のヘッドライター&エグゼクティブ・プロデューサを務め、俳優・製作者として幅広く活躍するエメラルド・フェネルがオリジナル脚本で監督した初長編作『プロミシング・ヤング・ウーマン』

スキャンダル』(2020)、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2018)で知られるマーゴット・ロビーが製作に名乗りを上げました。

“プロミシング・ヤング・ウーマン=前途ある若い女性”であったキャシーがある事件を境に、昼間はコーヒーショップで働き、夜は派手な化粧をして酔ったふりをし声をかけてくる男性に制裁を下すようになり、社会問題に切り込んだ痛烈でスリリングな復讐劇です。

スポンサーリンク

映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』の作品情報


(C)2019 PROMISING WOMAN, LLC / FOCUS FEATURES, LLC

【公開】
2021年公開(アメリカ映画)

【監督・脚本】
エメラルド・フェネル

【キャスト】
キャリー・マリガン、ボー・バーナム、アリソン・ブリー、クランシー・ブラウン、ジェニファー・クーリッジ、ラバーン・コックス、コニー・ブリットン、クリス・ローウェル、クリストファー・ミンツ=プラッセ

【作品概要】
監督を務めたエメラルド・フェネルはNetflixドラマ『ザ・クラウン』シーズン3からカミラ・パーカー=ボウルズ役で出演。その他の出演作は『リリーのすべて』(2015)、『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』(2015)、『アンナ・カレーニナ』(2012)など。俳優だけでなく、ドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』シーズン2のヘッドライター&エグゼクティブ・プロデューサを務め、ファンタジー小説も出版するなどマルチに活躍しています。本作が初長編監督作となりました。

主人公キャシーを演じたのは『17歳の肖像』(2009)でブレイクし、『ドライヴ』(2012)で英国アカデミー賞助演女優賞ノミネート、『ワイルドライフ』(2019)インディペンデント・スピリット賞など多数の映画賞で主演女優賞にノミネートなど数々の映画賞にもノミネートされているキャリー・マリガン。本作も本年度の賞レースを賑わせ、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされました。

ライアン役に『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』(2019)で初監督を務め、『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』(2017)などに出演しているボー・バーナム。Netflixのドラマ『GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』シリーズ、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)のアリソン・ブリーらが顔を揃えます。

映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』のあらすじとネタバレ


(C)2019 PROMISING WOMAN, LLC / FOCUS FEATURES, LLC

とあるバーで飲む男3人組の視線の先には泥酔した様子の女性、キャシー(キャリー・マリガン)。自分で誘っている自覚があるのか、自業自得だと言いながら3人組の一人がキャシーに声をかけます。

タクシーに乗って近くまで送ると言った男でしたが、途中で目的地を変え、自分の家にキャシーを招き入れます。

下心を隠さず、泥酔しているキャシーに酒を飲ませ、ベッドに押し倒します。行為の及ぼうとした瞬間キャシーは目を覚まし、低い声で「何をしている?」と男に聞きます。

突然目を覚ましたキャシーに男は恐怖を感じ、クレイジーなクソ女扱いします。

30歳目前のキャシーは両親と同居し、コーヒーショップで働き、恋人も友達もいないキャシーを両親は心配しています。

しかし、キャシーには両親も知らない顔があり、夜派手なメイクをし、露出の高い服を着て泥酔したふりをしては、声をかけ性的な行為に及ぼうとする男に制裁を下しているのです。

キャシーの行動には“ある事件”が関係していました。

その事件とは、共に医大に通い“プロミシング・ヤング・ウーマン=前途ある若い女性”であったキャシーの友人ニーナが医大生らのパーティで酔い潰れ、アル・モンロー(クリス・ローウェル)にレイプされた事件です。訴えたものの、ニーナも泥酔していたなどの理由からアル・モンローは処罰されませんでした。

ニーナはその事件以来一変し、大学を辞めキャシーも中退しました。

ある日、キャシーの働くコーヒーショップに同じ大学に通い、現在は小児科医となったライアン(ボー・バーナム)がやってきます。何故こんな仕事をしているのかと戸惑うライアンに対し、医大まで行ったのに中退してこんなところで働いているのはおかしいのかとキャシーは聞き返します。

キャシーの問いかけにライアンは失言だった、コーヒーに唾吐いてもいいよと冗談めかして言いますが、キャシーは言葉の通り、コーヒーに唾を吐きます。

ライアンは驚いた顔をしつつも、大学の頃からキャシーに好意を抱いていたライアンはコーヒーを飲み、食事に行かないかと誘います。

しかしキャシーはデタラメの連絡先を教えます。デタラメと気づいたライアンは再びキャシーの働くコーヒーショップを訪れます。ライアンの好意に、恋愛に対し前向きになろうとする気持ちと信じきれない気持ちで葛藤しています。

そしてライアンが大学時代の旧友らと今も付き合いがあること、あの事件に関わりのある人々の名前を聞き、キャシーは復習計画を練り始めるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『プロミシング・ヤング・ウーマン』ネタバレ・結末の記載がございます。『プロミシング・ヤング・ウーマン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 PROMISING WOMAN, LLC / FOCUS FEATURES, LLC

I

医学部の同級生で今はリッチな母親になったマディソン(アリソン・ブリー)にキャシーはSNSを通じて連絡を取り、ランチをしに行きます。

久しぶりに再会したキャシーに何の警戒心も抱いていないマディソンにキャシーはあの事件のことを話題にします。

しかしマディソンは事件のことあまり覚えておらず、皆酔っていて分からなかったと言います。同じパーティの場にいながらニーナが被害に訴えても信じず、味方にならなかったマディソン。

キャシーは事前にマディソンのお酒に薬を入れ、酔いやすくなるようにしていました。そして連絡していた男にマディソンを連れてホテルに行くよう促します。

酔って記憶をなくし、目覚めると知らない男性とホテルの一室にいたマディソンは何か間違いがあったら…と不安になり、キャシーに連絡をします。ニーナと同じ目に遭わせたのです。

II

とあるバンドの撮影に向かうメイクリストに扮したキャシーはバンドのファンらしき女の子に撮影場所に行きたいが道に迷っていると声をかけます。女の子は興奮気味に案内するといいキャシーの車に乗り込みます。

女の子を飲食店に残し、キャシーは復学の相談といい、大学の学部長に会いに行きます。

中退した理由を尋ねられたキャシーはニーナの事件のことを話し、証拠不十分で取り合ってもらえなかったと言うと学部長はすまなかったと謝りますが、取り合わなかった人物が自分であるとわかった瞬間態度を変えます。

学部長をしているとそういう訴えは多い、証拠不十分で前途有望な青年の未来を潰すわけにはいかない、と言う学部長にキャシーは「あなたは正しい。前途有望な青年の人生を台無しにするわけにはいかない。でも前途有望な女性は?」と言います。

「あなたは自分が正しいと証明したいの」と言う学部長にキャシーは、学部長の娘を誘拐し、男性の元に連れて行ったと衝撃の告白をし、自分の身内だったらそんなことを言えなくなると突きつけるのです。

学部長はうろたえ、娘の居場所を言いなさいと形相を変えキャシーに詰め寄ります。するとキャシーは自分は男とは違う、と嘘を着いただけで実は飲食店で好きなバンドが来るかと待っているが、バンドは一生こないから迎えに行ってあげてと言います。

そして娘さんは馬鹿だけれど、女に賢さはいらない、役に立たないものねと吐き捨てて出て行きます。

III

ニーナがアル・モンローを訴えた訴訟を揉み消した弁護士の元にキャシーは訪れました。弁護士の仕事を求職しているJ.モンローは、キャシーを見るなりずっと待っていたと言います。

何件も揉み消してきたのでしょうとキャシーが問い詰めると、弁護士は疲弊した様子でニーナの一件があって以来後悔し、眠れなくなったと言うのです。忘れているものと思っていたJ.モンローが忘れていないどころか、ニーナの件により精神を病んでしまったことに驚き戸惑います。

許して欲しいと懇願するJ.モンローに許すとキャシーは言いました。

J.モンローの様子に復讐することの虚しさを感じ、ライアンとの恋愛に前向きになり始めていたキャシーでしたが、そこにマディソンが訪れてきます。復讐により身をもって怖さを体感したマディソンは、当時流れてきた動画を見つけたというのです。

当時はその動画を“面白い”と思っていたとマディソンは苦々しくいうと動画の入っている携帯を渡し、「もう二度と連絡してこないで」と吐き捨てて去りました。

恐る恐る動画を再生すると、そこには犯されているニーナと、面白がっている周りの人々の様子が映っていました。その場にはライアンの姿も…。


(C)2019 PROMISING WOMAN, LLC / FOCUS FEATURES, LLC

IIII

キャシーはライアンの仕事先に向かい、ライアンに動画を見せます。ライアンは昔のことだ、若かったんだと言います。キャシーのことが好きなんだ、とも。

キャシーは「よく考えて答えて、これをあなたのアドレス全部に送られたくなかったらアル・モンローの独身最後のパーティの場所を教えて」と言います。ライアンは場所を教え、キャシーのことを頭がおかしい、クソ女だと罵ります。

カラフルな髪色のカツラをつけ、露出の多いナースの格好をしたキャシーはアル・モンローが独身最後のパーティを行っている会場の呼び鈴を鳴らします。

パーティ会場の男たちは誰かが呼んだストリッパーだと思いキャシーの差し出すお酒を何の疑いもなく飲みます。

アル・モンローを連れ寝室に向かったキャシーは性的なプレイと見せかけてアル・モンローの両手に手錠をかけベッドに固定します。そして名前を聞かれたキャシーはニーナの名前を名乗ります。その名前を聞いたアル・モンローは突然警戒し始めます。

あの事件のことを追求し始めるキャシーにアル・モンローはニーナも自分も酔っていたと釈明しようとします。

そんなアル・モンローにキャシーは(アル・モンローの)友人がお酒に何かを混ぜて入れるとこは簡単だと言っていた話をし、下にいる男たちは今頃寝ていると言います。

ニーナは大学で一番成績がよかった、そしてキャhシーも。成績優秀な2人がやめてアル・モンローは首席で卒業できた、ニーナはどこへ行くにもアル・モンローの名前がついてまわり、人が変わってしまった、そう言いながらキャシーは注射器を手に取りアル・モンローに迫ります。

アル・モンローは抵抗し、キャシーに掴みかかり、枕で窒息死させてしまいます。

殺人を犯し、パニックになっているアル・モンローの元に朝になり友人がやってきました。

仕事も成功し、結婚を控えているアル・モンローの人生を潰すわけにはいかないと友人と画策してキャシーを焼いてしまいます。そして迎えた結婚式でしたが…式の途中に警官がやってきてアル・モンローと友人は逮捕されてしまいます。

キャシーは自分の身に万が一のことが起きたことも予期して弁護士に連絡していたのでした。また、キャシーが失踪したと聞き安心していたライアンの元にもキャシーからメッセージが届いていました。

「これで終わりだと思っていた?」

スポンサーリンク

映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』の感想と評価


(C)2019 PROMISING WOMAN, LLC / FOCUS FEATURES, LLC

罪なき傍観者

本作は酔っている女性には何をしてもいいといった“レイプ文化”や蔓延るジェンダーバイアスの問題を浮き彫りにするとともに、痛烈かつスリリングな手法で制裁を加えるエンターテインメントになっています。

女性VS男性という単純に図式化してしまうのではなく、女性による同性に対する同調圧力や、罪なき傍観者に対してキャシーは制裁を加えているのです。キャシーがライアンも映っている動画を見せた時、ライアンは自分は何もしていない、その場にいただけだと言います。

レイプに加担していないから悪くない、酔っていたから覚えていない。そう言うライアンやマディソンは“罪なき傍観者”だと思っているわけです。その言葉を聞いてふと前半の泥酔したふりをするキャシーの姿が思い出されます。

キャシーはわざと派手なメイクをし、露出の多い服を着て、泥酔したふりをしていました。メイクと服で人は“バカ女”、“ビッチ”と判断します。実際のキャシーは頭も切れる女性ですが、見た目で決めつけられてしまうのです。

その見た目で酔っていれば、レイプされても自業自得、何をしてもいいと思うのです。泥酔したキャシーに対して下心を持って話しかける男性はいますが、「大丈夫?」と声をかける女性の姿は描かれません。

それは女性も泥酔しているキャシーに対し“自業自得”と思っている部分があるのではないか、罪なき傍観者になっているのではないか、と考えさせられるのです。

グッドガール


(C)2019 PROMISING WOMAN, LLC / FOCUS FEATURES, LLC

キャシー役を演じるキャリー・マリガンは誰にもこの役を渡したくないと強い思いで本作に臨みました。『17歳の肖像』(2009)をはじめ、『ドライヴ』(2012)、『未来を花束にして』(2017)など今までのキャリー・マリガンが演じてきた役をみても本作のような派手なメイクで泥酔して露骨に男性を誘うキャラクターのイメージはあまりありません。

本作で演じたキャシーも、昼間の服装はフェミニンで派手な一面は感じさせません。そのような2面性が本作の面白いところでもあります。いかに見た目で都合よく人を判断しているかが浮き彫りになるからです。

久しぶりに再会したマディソンは、大学の頃のはノリも良く飲み会でも派手に酔っていたことが会話から伺えます。

しかし、現在の夫は大学の頃のマディソンのことは知らず、結局男性が結婚したいと思うのは派手に飲んだりする子ではなくグッドガールなのと成功者の余裕を感じさせながらマディソンはいいます。

もし、ライアンが派手な姿のキャシーを見ても好きだと言っていたでしょうか。

また、本作では一切ニーナの姿を映し出しません。ニーナの外見を映し出していたら観客はどう思ったでしょうか、外見で判断しようとしてしまうのではないでしょうか。何故ニーナがレイプされてしまったのか、明確な真実は明かされません。

キャシーが学部長に言い放った“女に賢さはいらない”という言葉が突き刺さります。

ニーナは成績も良いまさに“プロミシング・ヤング・ウーマン=前途ある若い女性”でした。お酒に何かを入れることは簡単だとアル・モンローの友人は言っていました。

意図的な犯行だとしたら…最後まで明確に明かさないからこそ、背後にある今もなお蔓延るジェンダーバイアスの恐ろしさに憤りを感じさせるのです。

まとめ


(C)2019 PROMISING WOMAN, LLC / FOCUS FEATURES, LLC

プロミシング・ヤング・ウーマン=前途ある若い女性”であったキャシーがある事件をきっかけに、性暴力に対して復讐をする痛烈なエンターテインメント映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』。

エンターテインメントに仕立てながらも明確な真実は映さないからこそ、背後にある問題を観客に感じさせる映画になっています。

関連記事

サスペンス映画

映画『スリービルボード』ネタバレ感想考察とあらすじ結末解説。真犯人は誰?ラスト“その後の選択”を観る者に託した意味とは

三枚の広告看板(ビルボード)が、人々の憎悪を剥き出しにした…… 憎しみの連鎖とその顛末を描いた衝撃作。 辱められたのち焼き殺された娘。犯人を捕まえられない警察への不信から「三枚の広告看板」を立てた母親 …

サスペンス映画

映画『悪なき殺人』ネタバレ結末あらすじと感想評価。”動物だけが知っている”が意味する男女の繋がりを描く群像ミステリー

愛を求める者たちが“偶然のいたずら”に巻き込まれる 2019年の第32回東京国際映画祭コンペティション部門で最優秀女優賞と観客賞のダブル受賞に輝くいた映画『悪なき殺人』が、2021年12月3日(金)よ …

サスペンス映画

映画『ダークウォーターズ』あらすじネタバレ感想と結末ラスト解説。デュポン事件を告発した弁護士ロバート・ビロットの信念

映画『ダーク・ウォーターズ (原題:Dark Waters) 』2019年11月北米公開 映画『ダーク・ウォーターズ (原題:Dark Waters) 』は、巨大企業デュポンの不法行為をたった1人で暴 …

サスペンス映画

プリズンエクスペリメントは実話?ネタバレ感想と考察!ラスト結末も

2017年7月19日(水)より新宿シネマカリテにて上映中の人格破壊映画と呼ばれる『プリズン・エクスペリメント』。 サンダンス映画祭3部門受賞ほか、各国の映画祭でも絶賛された作品で、『es[エス]』『エ …

サスペンス映画

『マスカレードホテル』ネタバレ感想。映画と原作の違いを徹底解説!

ホテルに来る人々は、お客様という仮面を被っています。ホテルマンは決してその仮面を剥がそうと思ってはいけません。 東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード・ホテル」が、木村拓哉をはじめ豪華出演陣で遂に映 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学