Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/01/19
Update

映画『ドライヴ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ライアンゴズリング作品で評価の高いサスペンス【カンヌ映画祭監督賞受賞作品】

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

ニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングのタッグでおくる映画『ドライヴ』

第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞し、ライアン・ゴズリングのキャリアの中でも印象的な作品となった映画『ドライヴ』。

極限まで研ぎ澄まされた世界観と寡黙で哀愁を帯びたドライバーのキャラクター像は、ライアン・ゴズリングが企画・脚本段階からキャラクター造形に携わり、監督・スタッフらと共に造り上げたそう。

更にテクノミュージックを効果的に用いることにより、静から動へと移り変わりバイオレンスを帯びていくコントラストを強めています。

スポンサーリンク

映画『ドライヴ』の作品情報

(C)2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.

【公開】
2011年(アメリカ映画)

【原題】
Drive

【監督】
ニコラス・ウィンディング・レフン

【脚本】
ホセイン・アミニ

【原作】
ジェームズ・サリス

【キャスト】
ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライアン・クランストン、クリスティーナ・ヘンドリックス、ロン・パールマン、オスカー・アイザック、アルバート・ブルックス

【作品概要】
監督を務めるのは映画『プッシャー』(1996)でデビューし、『ブロンソン』(2008)、『ヴァルハラ・ライジング』(2009)などで知られるニコラス・ウィンディング・レフン。本作で2011年・第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。

寡黙なドライバー役を演じたのは『きみに読む物語』(2005)、『ブルーバレンタイン』(2011)のライアン・ゴズリング。アイリーン役には『17歳の肖像』(2010)、『わたしを離さないで』(2011)のキャリー・マリガン、アイリーンの夫役には『アレクサンドリア』(2011)のオスカー・アイザック。更にロン・パールマン、アルバート・ブルックスと名優が脇をそえる。

映画『ドライヴ』のあらすじとネタバレ

(C)2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.

シャノン(ブライアン・クランストン)が営む整備工場で働き、時には映画のスタントマンをこなし、卓越したドライビングテクニックを活かして夜は逃がし屋として働くドライバー(ライアン・ゴズリング)。

逃がし屋の仕事では、何があっても5分は待つ、引き受けた仕事を終えたらもう関わらないとルールを決め、人と関わらず物にも固執しない孤独な生活を送っていました。

ある日、アパートの隣に住む人妻アイリーン(キャリー・マリガン)とその息子ベニシオ(カーデン・レオシュ)と顔見知りになります。

そして後日スーパーで再び会い、家まで荷物を持っていってあげたドライバー。世間話をし、ドライバーが整備工場で働いていることを知ったアイリーンは車の修理を頼みにドライバーの仕事場にやってきます。

ドライバーの知り合いがやってきたことに驚いたシャノンの計らいで、ドライバーがアイリーンとベニシオを家まで送り届けることになります。

少しドライブしようかと提案したドライバーは川辺まで車を走らせます。3人で過ごす穏やかな時間は今まで孤独に生きてきたドライバーの心に温もりを与えてくれる幸せな時間でした。

しかし、その平穏な日々に変化がやってきます。刑務所に入っていたアイリーンの夫・スタンダード(オスカー・アイザック)が出所してくるのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ドライヴ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ドライヴ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.

ある日、ドライバーは泣いているベニシオを見かけ、その近くに血を流して座り込んでいるスタンダードと遭遇します。

スタンダードは刑務所にいる間にクック(ジェームス・ビベリー)に借金を作り、借金返済のため町外れの質屋に強盗に入る計画に加担されている事情をドライバーに説明し、アイリーンには黙っておいて欲しいと頼まれます。

アイリーンとベニシオを案じたドライバーはその強盗の逃がし屋役を買って出ます。

クックが手配したブランチ(クリスティーナ・ヘンドリックス)と共に襲撃に向かったスタンダードでしたが、店主に撃ち殺されてしまいます。

慌てたドライバーは金の入った袋と共にブランチとその場から逃亡します。その後を1台の車が執拗に追いかけますが、ドライバーの卓越したスキルで追手をまき、モーテルの一室に入ります。

そこで流れたニュース報道に死者がいないと報道されていることに違和感を覚えたドライバーは女に尋問し、クックの居所を聞き出します。しかし、程なくして追手に見つかり、ブランチは射殺されてしまい、ドライバーも攻撃されてしまいます。

何とか反撃をしたドライバーはクックの経営しているクラブに侵入し、クックを脅し、黒幕を突き詰めます、単なる強盗ではなく、裏社会の権力者(ロン・パールマン)が絡む事件でした。

もう後に引けないドライバーはアイリーンとベニシオの平穏を守ため、自分の命すら顧みず一人突き進んでいきます。アイリーンとベニシオに危険を知らせようとアパートに戻り、アイリーンに真実を告げ共に逃げようと言います。

しかし、アイリーンは動揺し、エレベータに乗り込み、そこで殺し屋と鉢合わせになってしまいます。刹那的な口付けを交わしたあと、ドライバーは殺し屋を無惨に殺し、その様子をみたアイリーンは恐怖の色を浮かべ、エレベータが開くと言葉もなく立ち去ります。

悲しみをたたえたドライバーは無謀にも裏社会の権力者に金は持っているから取りにこいと告げ、権力者は今なら見逃してやるから手を引けと脅します。

しかし、ドライバーは止まらず権力者をも手にかけてしまいます。全て終わり、また一人殺風景なアパートの一室に戻るのでした。

スポンサーリンク

映画『ドライヴ』の感想と評価

(C)2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.

映画『ドライヴ』において印象的なのは、究極なまでに研ぎ澄まされたシンプルなストーリーを、ドライバー役のライアン・ゴズリングをはじめとした役者陣の演技、そして静と動のコントラストでしょう。

シンプルだからこそグッと引き込まれる研ぎ澄まされた演出が観客の心を掴みます。

まず印象的なのが冒頭です。ネオンに照らされた街並みを見下す一室でドライバーが電話をしているシーンから始まり、逃がし屋の仕事にかかるドライバーの様子を描きます。

必要最低限の言葉しか発さないドライバー。強盗をのせ逃走中のシーンは劇伴を使わず、仕事を終えたドライバーが闇夜に消えたところで、オープニング曲であるKavinskyの「Nightcall」が流れます

そしてドライバーの顔と共にタイトルが映し出されるというシンプルながらも観客の心をグッと掴む演出になっています。

もう一つ印象的なシーンはドライバーとアイリーンがエレベーターで口付けを交わすシーンです。

エレベーターに乗る前に、アイリーンに真実を話し、2人を守るから一緒に逃げようとドライバーは言いますが、動揺したアイリーンに平手打ちされてしまいます。その後2人は会話することなく、エレベーターに乗り込みます。

エレベーターにいた男のジャケットの内側に銃を持っていることに気づいたドライバーはアイリーンに口付けをしつつも、アイリーンを庇うように移動していることがわかります

そのシーンをスローモーションと音楽で美しく演出し、音楽が止んだと共にドライバーが急変し、男を壁に叩きつけ、その顔を潰れるほど踏み潰します。

その様子を言葉もなく恐怖の表情で見ていたアイリーンは、エレベーターが開くとともに外に出て呆然と立ち尽くします。

立ち尽くすアイリーンを振り返って見つめるドライバーの表情哀しみ、絶望、諦め…何とも言い難い表情を浮かべるドライバーの表情は、役作りにこだわり、監督らと話し合いを積み重ねていたライアン・ゴズリングだからこそ演じることが出来た表情と言えるでしょう。

アイリーンとドライバーは見つめ合い、何の言葉も発さず、静かにエレベーターの扉が閉まります。エレベーターに乗り扉が閉まるまで、セリフは一切ありません

ドライバーが男を踏み潰す音と、その息遣いが聞こえてくるのみです。このシンプルな演出、そしてライアン・ゴズリングとキャリー・マリガンの表情で魅せる美しさが観客に強く訴えかけてくるのです。

まとめ

(C)2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.

ニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングのタッグでおくる極限まで研ぎ澄まされた映画『ドライヴ』。

監督のセンスを感じさせる静と動のコントラスト、寡黙で孤独なドライバーえお演じるライアン・ゴズリングの演技力がこの映画の魅力となり、観客の心を惹きつけます。

また、オープニングで流れるKavinskyの「Nightcall」をはじめ、劇伴を使わないシーンと印象的なテクノミュージックなどを駆使したシーンと使い分けることで静と動のコントラストをつけています。

寡黙なドライバーが一変し、狂気を帯び、暴力的になる様も映画全体の静と動のコントラストを印象づける要素となっています。

脚本段階から監督やスタッフらと話し合い、ドライバーの仕草や発する言葉まで作り上げていったライアン・ゴズリングの役者としての凄みを感じさせる一作とも言えるでしょう。



関連記事

サスペンス映画

映画『轢き逃げ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。水谷サスペンスは人間の複雑な心境に焦点を当てる

俳優、水谷豊が『TAP THE LAST SHOW』に続き、監督を務めたサスペンス映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』。 轢き逃げ事件を軸に、人間の内面を描いた本作をご紹介します。 スポンサーリンク CO …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』9番ノブオ役は北村匠海。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 演出は『イニシエーション・ラブ』『トリック』 …

サスペンス映画

映画『オーシャンズ8』あらすじとキャスト。マット・デイモンもカメオ出演⁈

「オーシャンズ」シリーズのリブート版として、2018年8月に公開予定の『オーシャンズ8』は、主人公が全員女性ということで、この夏注目されている作品。 しかも、キャストが超豪華な顔ぶれということで、映画 …

サスペンス映画

映画『シグナル100』ネタバレあらすじと感想。キャスト橋本環奈ほか36人が魅せた「デスゲーム」と“青春ドラマの妙味”

原作・宮月新、作画・近藤しぐれによる同名コミックを主演・橋本環奈で実写映画化 平和な高校生活を送っていた36人の生徒が、担任教師に「自殺催眠」をかけられた事で、生き残りをかけたデスゲームを開始する事に …

サスペンス映画

韓国映画『スウィンダラーズ』あらすじとキャスト。日本公開日はいつ?

韓国映画『スウィンダラーズ』7月7日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー。 詐欺師だけをダマすという詐欺師5人と、エリート検事の攻防を描いた予測不可能なケイパームービー。 駆け引きと裏切りの …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学