Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

『マンマ・ミーア!』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。名作ミュージカルで父親探しにメリルストリープが奔走する

  • Writer :
  • 谷川裕美子

父親探しを通して真実の愛をみつける幸せいっぱいのミュージカル・コメディ

ABBAのヒット曲で構成されたブロードウェイ・ミュージカルを『ソフィーの選択』(1983)『プラダを着た悪魔』(2006)のメリル・ストリープ主演で映画化。

結婚式を控えた女性が顔も知らない父親とヴァージン・ロードを歩こうと決意したことから起きる騒動をユーモラスに描きます。

監督を舞台版も手掛けたフィリダ・ロイドが務めます。

007/ゴールデンアイ』(1995)のピアース・ブロスナン、『英国王のスピーチ』(2011)のコリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、アマンダ・セイフライドらが共演。

2018年には続編『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』(2018)が公開されました。

観れば誰もがハッピーで楽しい気分になれる大ヒットミュージカルをご紹介します!

スポンサーリンク

映画『マンマ・ミーア!』の作品情報


(C)2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2009年(イギリス・ドイツ・アメリカ合作映画)

【脚本】
キャサリン・ジョンソン

【監督】
フィリダ・ロイド

【出演】
メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、アマンダ・セイフライド、ドミニク・クーパー

【作品概要】
ABBAの名曲をベースに構成され大ヒットしたミュージカルを舞台版も手掛けたフィリダ・ロイド監督が映画化したハートフルドラマ。

1970年代から80年代初頭に活躍したポップスグループ・ABBAのヒットナンバー満載の楽しい一作です。

主演は『ソフィーの選択』(1983)『プラダを着た悪魔』(2006)で知られるオスカー女優のメリル・ストリープ。

007/ゴールデンアイ』(1995)のピアース・ブロスナン、『英国王のスピーチ』(2011)のコリン・ファース、『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』(2006)ステラン・スカルスガルド、『レ・ミゼラブル』(2012)のアマンダ・セイフライドらが共演。

映画『マンマ・ミーア!』のあらすじとネタバレ


(C)2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

美しい海に浮かぶ小さな島に住む20歳のソフィは、父親かもしれない顔も知らない男たち3人に、自身の結婚式の招待状を送ります。

ソフィは久しぶりに会えた親友たちに、自分の父を招待したことを話します。ソフィは母から、自分がひと夏のロマンスで授かり、妊娠がわかるまえに父親とは別れたと聞かされて育ちました。

妊娠した年の母・ドナの日記を手に入れたソフィは中身を読み上げます。そこには「サムこそ自分の愛する人」とありましたが、彼にはすでに婚約者がいたと書かれていました。そしてその後、母はビル、ハリーとも関係を持っていました。

3人に手紙を出したと聞いて親友たちは驚きますが、ソフィは悪びれず、母の名前で手紙を出したら3人とも来てくれることになったと話します。彼女は父とヴァージンロードを歩くことを夢見ていました。このことは婚約者のスカイにも母にも秘密です。

その頃、サム、ビル、ハリーの3人は港で偶然出会い、ハリーのヨットで一緒にソフィの住む島へと向かっていました。

ダナの親友のターニャとロージーも島に到着し、3人は大盛り上がり。ダナはソフィが自分のホテルを継ぐつもりらしいと話しますが、ホテルはガタがきてボロボロで、ダナはお金に苦労していました。

とうとう男3人組が島に到着します。ソフィは大喜びで迎え、ドナに気づかれないように彼らをヤギ小屋へと連れて行き、母には内緒にしていると話します。

しかし、ドナは小屋の物音に気付いて、彼らの姿をのぞき見てしまいました。思いがけずドキドキした彼女は、さらに屋根からのぞこうとして見事に部屋に落下。3人と久々の再会を果たします。

すぐに出航するようにドナは言いますが、彼らはそろって「会えてうれしい」と言いました。

泣きながらトイレに駆け込むドナを心配する親友たち。慰められたドナは、彼らがソフィの父だけれど、誰が父親かはわからないことを告白しました。

ヤギ小屋にいると聞いたターニャとロージーはすぐさま走り出し、慌ててドナがその後を追います。

しかし小屋には誰もいませんでした。実はソフィたち娘3人が隠れていましたが、それには気づかずドナたちは出ていきます。

ソフィの気持ちを思って心配するドナ。自分を責める彼女を親友たちが笑い飛ばし、昔のように踊ってと元気づけます。

思わず踊り出すドナ。最高の時を楽しんでと笑い合いながら、島中の人々を巻き込んで海辺で踊り出し、最後はみんなで海に飛び込みました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『マンマ・ミーア!』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『マンマ・ミーア!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

帰ろうとしたパパ候補たち3人を必死で引き留めるソフィ。昔ロック野郎だったハリーはギターを弾きながら昔話を始め、ほかのふたりも一緒に最後の夏を歌い出します。

恋人に呼ばれたソフィは、明日式に来る約束を3人としてから岸に戻りました。

明日の式を前に盛り上がる女だけのパーティー。すると一夜限りでドナ&ザ・ダイナモスのショーがスタートします。どんどんヒートアップするソフィたち。

そこにサムたち3人もやってきて、懐かしい曲に笑顔になります。彼らに気づいたドナは、歌い終わった途端に部屋へ逃げ帰りました。

絵の才能を誉め、ソフィアにアートの道を勧めるサム。父親はどこにいるのか聞いて、誰だか知らないというソフィの答えに動揺するハリー。

ドナに遺産を残した伯母のソフィアが、「遺産は家族に残した」と言ったことを思い出しうろたえるビル。

ソフィからあなたが父親なのかと問われたビルは「おそらく自分が父親だ」と答え、式でエスコートしてほしいと頼まれて、彼女を喜んで抱きしめました。

ところが、今度はサムがやってきて、「君はいつ僕が父親だと知った?」とソフィアに聞いたのでさあ大変。目を丸くして驚く彼女に、サムは式で自分がエスコートするけど式まで内緒だと言っていなくなります。

今度はハリーがソフィアに向かって叫びます。「わかったぞ。僕が父親だ!エスコートは任せてくれ!」

混乱したソフィは踊りの輪の真ん中で倒れてしまいました。

スカイとの仲を心配して娘を呼び止めるドナ。早合点して式を中止しようと言う母にソフィアは驚き、自分は子供に父のわからない苦しみを味合わせたくないと言ってケンカになってしまいます。

サムはドナに、娘をなぜここに残すのかと聞き、母を思って離れられないソフィアを送り出すように言います。

独りが好きだし合っているとドナは言いますが、サムはドナなしでは生きていけないという熱い思いを歌いました。彼女もまた同じ言葉を返します。

びしょ濡れのハリーから突然小切手を渡されて驚くドナ。受け取れないというドナを振り切ってハリーは逃げていきます。

困り果てたソフィはスカイに助けを求めます。パパが3人ともエスコートすると言っていると話したソフィに、スカイは自分に秘密にしていたことを怒り、結婚式は父親探しのためだったのかと詰め寄ります。

「自分が誰だか知りたかった」と言うソフィアに、スカイは「それなら父親ではなく自分を探せ」と言いました。ソフィアのために自分探しを中断してた彼は、わからなくなったと言って去って行きます。

そこにサムがやってきて、盛大な式を挙げても結婚は失敗すると諭します。あなたは最愛の人と結婚したのかとソフィから聞かれたサムは、「ノー」と答えました。

母にドレスへの着替えを手伝ってもらうソフィ。ドナは娘が幼かった頃のを思い出し、成長した子は自分の指の間をすり抜けていく、と切なく歌います。

自分に失望していないかと聞くソフィ。妊娠した時に母から戻って来るなと言われ帰る場所がなかったけれどそれでよかった、こんなに幸せだからと答える母に、ソフィはエスコートを頼みます。

ドレス姿のソフィが式場に向かうのを、涙で見送るドナ。サムは彼女に、ソフィが父にエスコートしてもらいたがっており、父親もそうだと話します。しかしドナは、過ぎた話はしたくないと言って、娘の待つ教会へと走っていきました。

ドナに手を取られてヴァージンロードを歩くソフィ。スカイとともに神の御前に立ったその時、ドナが立ち上がり、家族はもう一人ソフィの父がいると話します。

「実は来ているの」と娘に言うと、ソフィは自分が招待したと答えました。立ち上がったのは3人の男たち。

「誰か分からないのに?なんてこと!だから3人?」と驚くドナ。ごめんなさいと叫ぶ娘、慌てて腰を下ろす3人のパパたち。私を許してと言う母に、娘は「愛してる」と答えます。

サムは前に出てきて、婚約者と別れて島に戻って来たけれど、すでにドナはいなかったことを話します。その後、愚かにも婚約者と結婚したのだと。

今度はハリーが立ち上がり、子供なんてあきらめていたから3分の1でも父親になれてうれしいと話します。そしてドナに、君は自分が愛した最初で最後の女性だと告白。彼はゲイで、すでに島に新たな恋人をみつけていました。

父親は調べられるが、自分もハリーに賛成で3分の1でもうれしいとサムがソフィに言います。自分も同じ。と言うビル。

ソフィは笑顔で、突然「結婚を延期しましょう」と言います。島を出て世界をみるのよと言う恋人を、スカイが愛してると言って熱くキスしました。

「せっかくの式だ。僕らでどうだ?尻に敷く相手が必要だろ?」と言うサム。彼は離婚して21年間ドナを愛し続けてきたことを告白します。

「結婚しよう。人生も後半だ」そう言いながら指輪を差し出したサムに、ドナは「イエス。プロポーズを受けるわ。愛してる」と答えます。

こうしてふたりは結婚しました。ドナはビル、ハリーそれぞれとも抱き合います。

一匹オオカミだというビルに、ロージーはその気になったら最初に自分のところに来てほしいと言って追いかけます。

そんな中、ホテルの割れた地面から水が噴き出しました。「アフロディテの泉よ!」

みんな服を脱いで踊り歌い、恋人たちは固く抱き合います。

3人のパパとママを抱きしめてから、ソフィとスカイは小舟で夜の海を旅立っていきました。

スポンサーリンク

映画『マンマ・ミーア!』の感想と評価


(C)2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

誰もがハッピーになれる名作ミュージカル

これぞミュージカル!とウキウキ楽しい気分になれる名作ミュージカル『マンマ・ミーア!』

一人が歌い出すとあっという間に大合唱となり、一人が踊り出すと、周囲の人みんながくるくると踊り始めます

思わず一緒にリズムをとってしまう中、テンポよいABBAの音楽に乗せて町中のあらゆる人たちが海の桟橋で踊ったり、マッチョな若い男性陣が海辺で踊ったりして楽しませてくれるのです。

碧い海の美しいことといったら! ギリシアの小さな島、スコペロス島を舞台に撮影されたそうです。

主演はアカデミー賞常連の名優メリル・ストリープ。子どもこの頃オペラ歌唱法を学んでいた彼女は、これまでも『永遠に美しく…』(1992)『イントゥ・ザ・ウッズ』(2015)などでも圧巻の歌声を披露しています。

サムを演じるのはピアース・ブロスナン。映画「007」シリーズ第17作『ゴールデンアイ』(1995)で5代目ジェームズ・ボンドに就任し、『トゥモロー・ネバー・ダイ』(1998)、『ワールド・ノット・イナフ』(1999)なども成功させました。今作ではコミカルな役をダンディに演じています。

ハリーを演じたコリン・ファースは、「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズなどロマンティック・コメディの名手です。

本作の翌年には『英国王のスピーチ』(2011)でアカデミー賞受賞するなど、実力派として知られます。

3人目の自由人、ビルを演じたステラン・スカルスガルドは、カンヌ国際映画祭グランプリとなった『奇跡の海』(1997)で知られるスウェーデン俳優です。『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』(2006)などにも出演しています。

3人のパパを呼び寄せたおてんばなソフィに扮するのは、大きな瞳が魅力的なアマンダ・セイフライド。

本作で大ブレイク後も、ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』(2012)でコゼット役を演じるなど活躍しています。

錚々たる男優陣を相手に、メリル・ストリープが泣いたり笑ったり忙しいドナをユーモラスに演じます。名優たちが一丸となって楽し気に騒ぐ姿はとても貴重で、観ていても現実感のない夢の中にいるかのようです

この上なく豪華な夢物語に存分にひたってくださいね。

まとめ


(C)2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

結婚を控え、パパにエスコートしてもらって式を挙げることを願った20歳のソフィの行動が、大騒動を巻き起こすコメディ『マンマ・ミーア!』。

会えば誰がパパなのかわかるだろうと甘いことを考えていたソフィ。結局母のドナ自身も誰が父親なのかわからないというオチで、騒動は最後まで続きます。

ソフィの婚約者のスカイは、若いのにとてもしっかりした青年です。自分に秘密で父親に声をかけたという幼い恋人・ソフィに、「父親を探すのではなく、自分を探せ」という、若者とは思えない成熟した言葉を投げかけます

とはいえ、ソフィが自分のルーツがわからないために不安を抱えていることもよく理解できます。

結局誰が生物上の父親かはわからないままでしたが、魅力的な3人が彼女の悩みに寄り添ってくれたことで、彼女の不安は消し飛びます。真実を知ることだけが問題解決になるわけではなかったのです。

そのほかにも、ドナ、ソフィアには、それぞれを支えてくれる大切な親友たちがいました。彼女たちに慰められ、元気づけられ、共に喜びを歌い踊ることで、ふたりは苦しみ悩みを乗り越えます。

人と人の絆、温かさこそが何より大切だと強く歌い上げてくれるこの作品から、明日を生きる勇気をもらえるに違いありません





関連記事

コメディ映画

映画『モンキーキング』あらすじと感想レビュー!キャストも

スイス・ドイツで数々の映画賞を獲得し、高い評価を得ているオリバー・リース監督が放つ問題作『モンキーキング』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『モンキーキング』の …

コメディ映画

映画『フィッシャーマンズ・ソング』あらすじと感想レビュー。漁師たちが歌手デビュー!?コーンウォールから愛をこめて

イギリスを席巻!実在する漁師バンドのサクセスストーリー イギリスの小さな港町の漁師たちが、歌手デビューしちゃった!? この奇想天外な実話を映画化した『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛を …

コメディ映画

Netflix映画『ザ・ランドロマット』ネタバレ感想と評価考察。実話事件パナマ文書流出に隠された意味をソダーバーグ監督が問う

結婚40周年の代償が、世界規模で起こった「正直者が馬鹿を見る」巨大違法取引の巻き添えに…それは詐欺事件だった!? 今回ご紹介する『ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-』は、お金に関する実際に起きた事 …

コメディ映画

映画『ブラインドスポッティング』あらすじネタバレと感想。アメリカに住む異なる人種が抱える葛藤と直面する差別

映画『ブラインドスポッティング』は2019年8月30日よりロードショー公開 黒人男性射殺事件で揺れたカリフォルニア州オークランドを舞台にした映画『ブラインドスポッティング』。 小学生から一緒に育ってき …

コメディ映画

映画【音タコのネタバレ感想】主題歌にも注目!『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

中間感情・中間表情で生きているタコの皆さん、テンション上げて生きましょう! 三木聡ワールド炸裂、爆音!爆上げ!ハイテンション・ロック・コメディがいよいよ公開となりました。 驚異の歌声を持つロックスター …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学