Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2018/08/28
Update

【映画ネタバレ感想】音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は、10月12日(金)よりロードショー!

吉岡里帆と阿部サダヲがダブル主演を務める音楽映画。監督は映画からドラマまで常に異色な方へ方へと我々を導いてくれる三木聡。

三木組ともいうべき麻生久美子、阿部サダヲ、ふせえり、田中哲司、岩松了に加えて千葉雄大なども顔を並べる豪華キャスティング。

もう一つの主役ともいうべき音楽はL’Arc~en~CierlのHYDEやいしわたり淳治、あいみょんなどが参加した本格仕様。

スポンサーリンク

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の作品情報


(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作・脚本・監督】
三木聡

【キャスト】
阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二、片山友希、中村優子、池津祥子、森下能幸、岩松了、ふせえり、田中哲司、松尾スズキ、PABLO、KenKen、SATOKO、富澤タク、KATARU、NABO、清水麻八子

【主題歌】
SIN+EXMACHiNA『人類滅亡の歓び』

【挿入歌】
ふうか『体の芯からまだ燃えているんだ』

【作品概要】
『転々』『インスタント沼』などオリジナルな作風と笑いエッセンスを持つ三木聡が、原案から小説、そして脚本を手がけて監督した作品。

主演のシンやくに阿部サダヲ、ヒロインふうか役に吉岡里帆を迎えたロックコメディ映画。

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』キャスト&キャラクター


(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

シン(阿部サダヲ)
絶叫する堕天使の異名を持つカリスマロックシンガー。

明日葉ふうか(吉岡里帆)
歌声が小さすぎるストリートミュージシャン

坂口(千葉雄大)
シンのマネージャーで秘密を知ってしまう

社長(田中哲司)
シンの所属する事務所社長

デビルおばさん(ふせえり)、ザッパおじさん(松尾スズキ)、無料レコード社長(岩松了)

スポンサーリンク

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』のあらすじとネタバレ


(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

絶叫する堕天使の異名を持つカリスマロックシンガー“シン”。

しかし、彼には大きな秘密をもっていました。

それこそ声帯ドーピング、韓国でのアンダーグラウンドの整形手術で人工的に喉を強めて常人では出すことができない声を発し続けていました。

そんなシンの喉も限界達しつつあり、ある夜の事務所社長が止めるにもかかわらず、ライブで大量に吐血して倒れてしまいます。

喉がボロボロにもかかわらず、ライブのテンションから暴走気味にライブハウスを飛び出したシン。

その前に現れてたのは、声が小さすぎてバンドが解散したストリートミュージシャンのふうか。

何事にも自信がもてなくて、それが異様に小さすぎる声に繋がっているふうか。

ところがどういうわけか、そんな彼女の眼の前にシンが何度も現れては彼女を振り回します。

シンは「心が燃えない、心の不燃ごみ」「音量上げろタコ!なに歌ってんのかわかんねんだよ!」とふうかに罵声を浴びせます。

以下、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』ネタバレ・結末の記載がございます。『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

強引なパワーのシンに圧倒されるふうかは、何とか反抗しようしますが、ひょんなことからシンの声帯ドーピングの秘密を知ってしまいます。

シンを何とか韓国に連れ出して喉を治そうというふうかと、逆に声帯の限界に達する前に、もう一度歌わせようとする人間たちの声のリミットを巡る追いかけっこが始まります。

何とか、追跡の手から逃れたシンとふうかはプサンへ。

かつてふうかが暮らした花火工場が追跡劇の最後の場となります。現地の警察を交えた大混乱の中、ふうかは大声で叫び、シンは警察に捕まってしまいます。

その後、ふうかはシンからの言葉を胸に秘め、絶叫の歌姫として人気歌手として成功をしていました。

シンは今、韓国の刑務所に収監されています。

それもあって、日本でシンに自分の歌声を利かせることができないふうか。

ただ、プサンでの大騒動のせいもあってふうかは韓国に入国できません。

プサンの刑務所にいるシンに何とか声を届けたいと思ったふうかは、対馬から海を越えてシンに大きな歌声を発しました。

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の感想と評価


(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

ミュージカルじゃない音楽が主役の映画たち

ミュージカル映画とは違う形で、本作のように音楽が映画の主役になる映画はたくさんあります。

こういった映画のうまみは本来、歌うことをしない俳優が歌声を披露する部分があります。

参考映像:『デトロイトメタルシティ』(2008)

例えば松山ケンイチの『デトロイトメタルシティ』(2008)、宮崎あおいの『ソラニン』(2010)、ペ・ドゥナの『リンダリンダリンダ』(2005)、菅田将暉『キセキ』(2017)などなど。

また、中条あやみの『覆面系ノイズ』もあります、挙げればいとまがありません。中には音楽番組にそのままの劇中のバンドの名義で出演することもあるぐらいです。

参考映像:『覆面系ノイズ』(2017)

参考映像:『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(2016)

参考映像:『君と100回目の恋』(2017)

また、本業が歌手の面々が演技を披露するパターンの中島美嘉の『NANA』(2006)、長瀬智也の『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(2016)大原櫻子の『カノジョは噓を愛しすぎてる』(2013)、miwaの『君と100回目の恋』
(2017)などもあります。

時にはサウンドトラックとは別にコンピレーションアルバムが発売されたりすることもあって、新しい楽しみ方ができる映画になっています。


(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

本作『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』もコンピレーションアルバムが発売される予定です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会本作

本作品『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の監督は三木聡。

監督の名前をご存知でない方でも三木監督のテレビドラマ『時効警察』や、またバラエティ番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』、また『森田一義アワー 笑っていいとも!』は誰もがご存知でしょう。

これらの仕事に携わった三木監督は、正しく、マニアックにエンターテイメントな映画監督です。

過去作の三木映画にふれると次のように、様々な旬なキャストと仕事をしています。

2005年公開の『イン・ザ・プール』では、松尾スズキ、オダギリジョー、市川実和子ほか。

2005年公開の『亀は意外と速く泳ぐ』には、上野樹里、蒼井優、岩松了、ふせえりほか。

2006年公開の『ダメジン』は、佐藤隆太、緋田康人、温水洋一、市川実日子 ほか。

2007年公開の『図鑑に載ってない虫』は、伊勢谷友介、松尾スズキ、菊地凛子、水野美紀ほか。

2007年公開の『転々』は、オダギリジョー、三浦友和、小泉今日子、吉高由里子ほか。

2009年公開の『インスタント沼』は、麻生久美子、風間杜夫、加瀬亮、相田翔子ほか。

2013年『俺俺』は 亀梨和也(KAT-TUN)、内田有紀、加瀬亮ほか。

どの過去作も個性溢れたキャスト陣で、これは壮観ですよね。

三木映画の最新作『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』では、満を持してコミカルさでは定評のある阿部サダヲ!

ドラマ『カルテット』で名をあげた吉岡里帆、若手俳優注目の千葉雄大、そして三木組の常連俳優の麻生久美子が集結しました。

もちろん、三木監督の夫人でもある、ふせえり、三木組常連俳優の松尾スズキ、岩松了もパンチを効かせて出演しています。

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は、10月12日(金)よりロードショー!

ぜひ劇場でお見逃しなく!

関連記事

コメディ映画

韓国映画『王と道化師たち』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。キャスト扮するソンヒョンジュとパクヒスン師たちが大奮闘の活躍を魅せる

道化師たちが逆賊を制裁を下す韓国時代劇アクションコメディ キム・ジュホが監督を務めた、2019年に韓国で製作された、謀反を起こした暴君の評判をでっちあげる道化師たちと臣下が挑む大作戦を描いた、時代劇ア …

コメディ映画

映画『嘘八百 京町ロワイヤル』ネタバレあらすじと感想考察。中井貴一×佐々木蔵之介が贈る“騙されることに安心感を覚える106分

謎の美女を救うため、騙し騙される演技合戦が展開! 日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした『百円の恋』の武正晴監督が手掛けたコメディシリーズ第2弾『嘘八百 京町ロワイヤル』。 中 …

コメディ映画

『家族はつらいよ2』キャストとあらすじ!映画舞台挨拶情報や評価解説も

2016年3月に公開された『家族はつらいよ』の続編を、ふたたび山田洋次監督で贈る人情喜劇。 前作のヒットを受けて制作されたこの作品。あの平田家の愉快な面々は今回どのように描かれるのか。 山田洋次監督や …

コメディ映画

ボン・ボヤージュあらすじとキャスト!映画公開日や試写会情報も

“自慢の新車”が制御不能で止まらない!!! 家族の絆が試されるハートフル密室コメディ『ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『ボン・ボヤージ …

コメディ映画

映画『ミックス』主題歌の歌詞と発売日は?【SHISHAMO/サボテン】

2017年10月21日より全国公開される映画『ミックス。』。新垣結衣と瑛太のダブル主演で話題が大きい作品。 今作『ミックス。』の主題歌&挿入歌を3ピースロックバンド「SHISHAMO」が担当することが …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学