Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2021/12/04
Update

映画『パーフェクト・ケア』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。悪徳法定後見人のマーラで語られる現代社会への“シニカル”が痛快!

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

悪徳法定後見人が、次のターゲットに狙ったのは謎だらけの老婆だった!

「判断能力が不十分」と判断された高齢者などを、保護し支援する制度「法定後見人」。

裁判長からの信頼も厚い「完璧なケア」を行う、法定後見人のマーラは、実はとんでもない悪党だったという、クライムサスペンスコメディ『パーフェクト・ケア』

お金の為に平気で人を欺き、法を武器に弱いものから資産を巻き上げるマーラは、全く共感できない主人公です。

では、『パーフェクト・ケア』は「法定後見人」制度の問題点を描いた作品かと言うと、実はそうではなく、拝金主義とも呼べる現代社会を、痛烈に皮肉った作品です。

クライムサスペンスと皮肉的なコメディ、2つの要素を持つ本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『パーフェクト・ケア』の作品情報


(C)2020, BBP I Care A Lot, LLC. All rights reserved.

【日本公開】
2021年公開(アメリカ映画)

【原題】
I Care a Lot

【監督・脚本・製作】
J・ブレイクソン

【キャスト】
ロザムンド・パイク、ピーター・ディンクレイジ、エイザ・ゴンザレス、クリス・メッシーナ、イザイア・ウィットロック・Jr.、ダイアン・ウィースト

【作品概要】
悪徳後見人のマーラと、ロシアン・マフィアの争いを描いた、コメディタッチのクライムサスペンス。

主人公のマーラを、映画『ゴーン・ガール』(2014)で、行方不明になったエイミーを演じ「第87回アカデミー賞」の主演女優賞にノミネートされた実績を持つ、実力派女優のロザムンド・パイクが演じており、『パーフェクト・ケア』で「第78回ゴールデン・グローブ賞」の主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞しています。

マーラと敵対する、ロシアン・マフィアのボスを、「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズで、ティリオン・ラニスター役を演じ、大ブレイクしたピーター・ディンクレイジが演じています。

監督は『アリス・クリードの失踪』(2011)のJ・ブレイクソン。

映画『パーフェクト・ケア』のあらすじとネタバレ


(C)2020, BBP I Care A Lot, LLC. All rights reserved.

判断力の衰えた高齢者を守り「完璧なケア」を行う、法定後見人のマーラ。

マーラは、家庭裁判所の裁判長からも信頼されている程の優秀さを誇りますが、実は法定後見人を担当する高齢者から、資産を全て奪い取る悪徳後見人でした。

マーラは「5年は奪い続けられる」と判断していた顧客の老人が亡くなった為、次の獲物を探し、結託している女医のカレンを訪ねます。

カレンから、ジェニファーという資産家の老婆に関する情報を得たマーラ。

身辺調査の結果、ジェニファーは莫大な資産を持っていますが、家族がおらず天涯孤独の身で、マーラからすると「最高の獲物」でした。

マーラは、カレンに「ジェニファーは認知症を患っている」という、偽物の診断書を捏造させ、ジェニファーの同意を得ないまま、家庭裁判所に申し立て、自身をジェニファーの後見人に選定させます。

ジェニファーの後継人になったマーラは、パートナーのフランと共にジェニファー宅を訪ねます。

そして強引にジェニファーをマーラが結託している、高齢者施設に入所させ、その間にジェニファーの自宅にある資産を全て売却します。

ジェニファーが銀行に預けた貸金庫まで突き止めたマーラは、根こそぎ資産を奪う為に貸金庫を開けます。

そこにあったのは、年代物の腕時計と、書籍の間に隠されていたダイヤモンドでした。

年代物の腕時計には、保険がかけられていましたが、ダイヤモンドにはかけられていなかった為、マーラは「世の中に流通していないダイヤモンド」と考えます。

一方、ジェニファーが住んでいた住居の売却を進めていたフランは、ジェニファーを訪ねて来た、怪しいタクシー運転手に遭遇します。

タクシー運転手は、すぐに立ち去りましたが、フランは不気味さを感じていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『パーフェクト・ケア』ネタバレ・結末の記載がございます。『パーフェクト・ケア』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020, BBP I Care A Lot, LLC. All rights reserved.

ジェニファーを訪ねて来たタクシー運転手は、アレクシーという、ロシアン・マフィアでした。

ロシアン・マフィアのボス、ローマンは、ジェニファーとの面会を楽しみにしていましたが、高齢者施設に入所させられたことを知り、怒り狂います。

翌日、マーラの事務所に弁護士のディーンが訪ねて来ます。

ディーンは、マーラの悪徳性を指摘し、ジェニファーを開放するように求めますが、マーラは「出してほしいなら、500万ドル払え」と要求します。

実は、ディーンはローマンが雇った弁護士で、マーラに「命の保証はしない」と言い残し、立ち去ります。

マーラは、ジェニファーを訪ねますが、高齢者施設の職員により薬漬けにされたジェニファーは、意識が朦朧としており、ディーンの情報を聞き出せません。

ですが、ジェニファーから「あの子が来る」とだけ、伝えられます。

その後、ジェニファーのことを調べていたフランから、マーラは驚きの事実を伝えられます。

実は、本物のジェニファーは1949年に亡くなっており、高齢者施設にいるジェニファーは、そのIDを盗み出した、別人であることが分かります。

ジェニファーの正体を探るマーラに「女医のカレンが何者かに殺害された」というニュースが入ります。

身の危険を感じたマーラは、フランと共に住居を引っ越し身を隠します。ですが、スポーツジムに行った帰りに、マーラは何者かに麻酔を打たれ意識を失います。

マーラが目を覚ますと、そこにはローマンがいました。

実は、ロシアン・マフィアのボスで、ローマンと名乗るこの男も、すでに死亡したことになっており、ローマンのIDを盗んで使用している「名も無き男」でした。

ジェニファーを名乗る老婆は、ローマンを名乗る男の母親で「母親を開放し、ダイヤを渡せ」とマーラは脅されます。

マーラは「1千万ドルで渡す」と取引を持ち掛けますが、交渉は決裂。マーラは眠らされた状態で車に乗せられ、崖から湖に落とされます。

しかし、寸前の所で目覚めたマーラは、水中の車から脱出します。フランの住む住居に戻ったマーラですが、フランは血を流して倒れていました。

まだ意識があるフランを、マーラは助け出し住居から脱出します。ロシアン・マフィアの、車のナンバーを覚えていたマーラは、その情報からボスの住処を突き止めます。

乗車したボスの足に、薬を打ったマーラは、そのままボスを誘拐し山道に捨て去ります。病院に運び込まれ、目を覚ましたボスの前にいたのは、マーラでした。

ローマンと名乗っているボスは、世間的には「身元不明者」という扱いになり、マーラが後見人となったのです。

ボスの命や財産も好きにできるマーラは、ボスに「1千万ドル渡せば、ダイヤと母親も返して、私は消える」と取引を持ち掛けます。

ボスは、1千万ドルをマーラに渡す代わりに「一緒にビジネスをやろう」と持ち掛けます。

ロシアン・マフィアと組んだマーラは、後見人ビジネスを立ち上げ、僅かな期間で莫大な資産を生み出し、一躍時の人になります。

テレビの取材を受け、車に乗り込もうとしたマーラの前に、かつてマーラにより、母親への面会を禁止された男が現れ、恨みからマーラに発砲します。

銃弾は、マーラの胸を撃ち抜き、血まみれとなったマーラは、その場で倒れました。

スポンサーリンク

映画『パーフェクト・ケア』感想と評価


(C)2020, BBP I Care A Lot, LLC. All rights reserved.

認知症などの理由で、判断能力が欠けている高齢者達に対して、「財産管理」や「身上監護(身上保護)」等の支援をすることができる制度「法定後見人」。

『パーフェクト・ケア』は、法定後見人をテーマにした、なかなか珍しい作品です。

法定後見人の選定には、本人の判断能力があるうちに、本人から選任される場合もありますが、判断能力が不十分とされた場合、本人の意思に関係無く、家庭裁判所が法定後見人を選定する場合もあります

ただ、問題なのは法を熟知した法定後見人が、財産を着服したという事例もあり、これは日本でも起きています。

主人公であるマーラは、裁判長からの信頼も厚い、優秀な法定後見人でありながら、後見人を担当する高齢者から資産を巻き上げる、文字通りの悪徳後見人です。

本作の前半で、マーラは資産家の老婆である、ジェニファーの診断書を偽造し「認知症」と認めさせ、家庭裁判所でジェニファーの同意無しに、勝手にマーラを後見人に選定させます。

その後は「裁判所が判断した」と法的な拘束力を使い、ジェニファーを高齢者施設に強引に入居させ、ジェニファーの自宅から財産を全て奪い、家も勝手に売りに出すという、流れるような悪徳後見人の仕事が描かれています。

あまりにもスピーディーに物事が進む為、多くの人が「何が起きているか、分からない」と感じるでしょうし、作中のジェニファーも事態が掴めないまま、気付けば全ての財産をマーラに巻き上げられた形になっています

マーラはその後、高齢者施設と結託し、ジェニファーを薬漬けにし、本当の認知症にしようとする、映画の主人公として失格な行動を見せます。

本作の中盤では、天涯孤独のはずのジェニファーに、実はロシアン・マフィアの息子がいたことが明らかになります。

これにより、全てが思い通りに見えていたマーラが、命の危機に直面するのですが、誰がどう見ても、自業自得の展開ですね。

マーラは、ジェニファーに「私と勝負したいのなら、法律で勝負しな。銃弾や暴力での勝負はルール違反」「私に負けは無い」と、普通の映画であれば名台詞になりそうなことを言いますが、法律を悪用しているマーラに言われても、全然心に響かず、首を傾げてしまいました

間違いなく中盤まで、マーラに何の感情移入も出来ませんし、何なら「母親を取り返す」という目的で、マーラと争いを起こす、ロシアン・マフィアの方に正当性があるような気もします

ロシアン・マフィアは、当初は裁判を起こしたり、マーラにお金を支払うことを提案したり、穏便に済まそうとしてましたが、莫大なお金を要求し、話をややこしくしたのはマーラの方です。

法律を悪用し、弱者からお金を巻き上げ、ロシアン・マフィアにも屈しない、マーラの正義は、どこにあるのでしょうか?

それは、ロシアン・マフィアのボスと対峙した時に明らかになるのですが「とんでもない金持ちになりたい」という、欲望のみでした。

その欲望を叶える為、マーラは「フェアプレイでは勝てない」と考え、法定後見人の制度を利用しているのです。

『パーフェクト・ケア』は、マーラのナレーションから始まるのですが、そこでも「世の中にいるのは、獲物か捕食者だけ、私は雌のライオン」と言ってますね。

先程「主人公失格」と書きましたが、考えてみれば、映画の主人公が「公平中立な善人でなければならない」という決まりはありません

多くの人が「公平中立な善人」の主人公に共感できるでしょうが、ただ、同じように「とんでもない金持ちになりたい」という欲望の為に突き進む、マーラにも共感できるのではないでしょうか?

多くの人が、金持ちになることを望んでいるはずです。

そう考えると、マーラは、富裕層と貧困層の格差が広がった、新たな時代の主人公像として「いいんじゃないか?」と思い始めました

ロシアン・マフィアに逆らい、車ごと湖に沈められたマーラが、車内から脱出し、必死で水面に上がろうとする姿は、お金持ちが勝者となる、現代社会で必死でもがき苦しむ姿を表現しているように見えます

その後、マーラはロシアン・マフィアへの完全な復讐を果たし、望み通りの成功を手に入れます。

ですが、人の不幸の上に成り立つ成功など、長続きする訳ではありません。

本作のラストでは、マーラが成功に対する、代償を払うような展開となっており「フェアプレイでは勝てない」というマーラの考えに対し「最低限守らなければならないルールがある」との、回答が込められているように感じました

まとめ


(C)2020, BBP I Care A Lot, LLC. All rights reserved.

法律を武器に、私腹を肥やすマーラは、序盤はとにかく憎たらしさしかありません。

ですが、主演のロザムンド・パイクが、マーラを好演しており、憎たらしいんだけど。カッコよく見えてしまいます

特に、ロシアン・マフィアとの争いが起きる中盤以降は、悪知恵が働くだけでなく、どんなピンチでも諦めずに戦い続ける、マーラの強さを魅力的に演じています

対する、ロシアン・マフィアのボスを演じるピーター・ディンクレイジも、顔の表情と間だけで、ボスの恐ろしさを表現しており、スムージーを飲んでるだけでも、緊張感を出しているのは見事です

『パーフェクト・ケア』は、新たな時代の主人公像ともいえる、マーラに感情移入できるか?という部分で、確実に評価が分かれる作品です。

ですが、ロザムンド・パイクとピーター・ディンクレイジをはじめとする、個性派俳優のコミカルな演技により、ブラックジョーク的な作風に仕上がっており、観ていて楽しい作品です。

社会問題や現代社会への皮肉を交えながらも、重くなりすぎない作風に仕上げた、このバランス感覚は見事です。


関連記事

コメディ映画

唐人街探偵 東京mission|ネタバレ結末感想とあらすじ解説。日本を舞台に殺人事件の捜査に中国の探偵コンビが乗り出す!

中国では『アベンジャーズ/エンドゲーム』の成績を抜いた大ヒットシリーズ! 腕っぷしは強いがお調子者のタン・レンと、頭脳明晰な推理オタクのチン・フォンのコンビが、難事件に挑む映画『唐人街探偵 東京MIS …

コメディ映画

映画『博士の異常な愛情』ネタバレ感想とラスト結末までのあらすじ。キューブリック監督が描く人間の愚かさ

スタンリー・キューブリック監督の非公認SF三部作『博士の異常な愛情』 映画『博士の異常な愛情または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』(以下『博士の異常な愛情』)は、『2001 …

コメディ映画

映画『まともじゃないのは君も一緒』あらすじ感想と評価解説レビュー。キャスト成田凌と清原果耶の絶妙なバランスで“物語に酔いしれる”

映画『まともじゃないのは君も一緒』は2021年3月19日(金)より全国順次ロードショー! 「まともじゃない」一人の塾講師と、青春の悩みを抱えた女子高生が、一つの恋愛作戦に挑むコメディー映画『まともじゃ …

コメディ映画

映画『グッドボーイズ』ネタバレあらすじと解説。下ネタ交じりのトラブルを得て成長する小6男子を描くジュブナイルコメディ

冴えない小6男子トリオが繰り広げる下ネタ満載コメディ アメリカでナンバー1を記録した映画『グッド・ボーイズ』が、2020年6月12日(金)より全国ロードショーされます。 女子たちとのパーティに参加しよ …

コメディ映画

『パディントン』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

自分の家を求めてロンドンにやって来た子グマのパディントン。持ち前の鈍臭さと純真さをフル回転させながら様々な問題に出くわします。 ご家族で見るもよし恋人同士で見るもよし、誰と見ても盛り上がること間違いな …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学