Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2016/12/13
Update

映画『神様の思し召し』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

医者を主人公にしたテレビドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」や、マンガ「ブラックジャック」は大好きなのですが、今回ご紹介する映画も主人公はお医者さん。

映画がはじまり、医師トンマーゾが登場すると5分も経たずに嫌な奴だなと思ってしまう!

それでも!ラストにはトンマーゾが愛しいてたまらない映画『神様の思し召し』に注目⁉︎

スポンサーリンク

映画『神様の思し召し』の作品情報

【公開】
2016年(イタリア)

【脚本・監督】
エドアルド・ファルコーネ
【キャスト】
マルコ・ジャリーニ、アレッサンドロ・ガスマン、エンリコ・オティケル、ラウラ・モランテ、イラリア・スパダ、エドアルド・ペーシェ
【作品概要】
目に見える物しか信じない医師と、見えない神を信じる神父の奇妙な関係と新しい友情の物語。

主演トンマーゾ役に『赤いアモーレ』のマルコ・ジャリーニ、神父役を『トランスポーター2』のアレッサンドロ・ガスマンが出演。

エドアルド・ファルコーネ監督のデビュー作で、2015年に、第28回東京国際映画祭コンペティション部門にて観客賞受賞しています。

映画『神様の思し召し』のあらすじとネタバレ

神様の思し召し1
(C)Wildside 2015

主人公の心臓外科医のトンマーゾは、本日も手際よく完璧なオペで患者の命を救います。

医師としては優秀だが、毒舌ばかりで傲慢な性格は、他人のことはおかまいなしで職場スタッフからも疎まれています。

プライベートの自宅でも、妻のカルラへの愛情は冷えて倦怠期。娘ビアンカは冴えない旦那と結婚したことで関心が薄い。

息子アンドレアだけは、医大に通わせてるだけに何とか後継ぎにせようと期待を掛けています。

しかし、ある日、アンドレアは家族に思いがけない告白します…。

以下、『神様の思し召し』ネタバレ・結末の記載がございます。『神様の思し召し』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

トンマーゾと家族たちは、アンドレアが、ゲイであるとカミングアウトするのかと想像しますが、

ところが、告白されたのをは、「神父になりたい」と宣言でした。

トンマーゾは、息子の手前、表向きは物分かりの良い父親の振りをするが、内心は怒り浸透。

息子の行動を尾行しながら、事の身辺調査調に乗り出します。

すると、アンドレアが夜な夜な通っていった場所には、カリスマ的なパフォーマンスで人気のピエトロ神父がいました。

ピエトロ神父は、前科歴のある男。トンマーゾは、きっと息子は洗脳されていると睨み、信者を装ってピエトロ神父の悪事を暴こうと近づきます。

トンマーゾは、自身は失業中で悪妻から虐げられ、弟は知的障がいあるなど、身の上の相談をピエトロ神父に持ちかけるのです。

すると、ピエトロ神父は、トンマーゾの自宅に行くと言い出します。

困ったトンマーゾは、普段はバカにしている娘婿に空き家の用意をしてもらったり、同僚の婦長と共に偽装家族の芝居を手伝ってもらいます。

しかし、それもアンドレアが、ピエトロ神父を自宅に招いた事でバレてしまいます。

それからというもの、ピエトロ神父は、息子のことを心配するトンマーゾを誘い出し、寂れ果てた教会の修繕を手伝わせるのです。

実際に目に見える物しか信じない医師のトンマーゾとっては、神の存在など疑わしいものでしかないのですが、2人の間には奇妙な関係が芽生えていくのです。

そんな矢先、ピエトロ神が運転するスクーターに、脇道から飛ばしてきたトラックが突っ込む交通事故に合ってしまいます。

スポンサーリンク

映画『神様の思し召し』の感想と評価

神様の思し召し7
(C)Wildside 2015

主人公トンマーゾは、これまで医者として人の命を救える(扱える)完璧な存在だと考えていました。

しかし、それは誤りでした。決して全知全能(神)ではなかったのです。

この世には、人間には、どうしようも出来ない物事もあると理解したのでしょう。

それは、トンマーゾは医師なので、事故で重体となった深刻さを容易に判断がつくからです。

本当に救いたい人の命を前に、完璧な心臓外科医でも、役に立たない事を知るからです。

そのことを強く示している場面は、果実として熟した“梨(禁断の実)”が落ちるシーンが2度登場させたシーンです。

1度目は、ピエトロが、それを神の存在と示し、トンマーゾと2人で眺めた時でした。

2度目は、ピエトロに重大な事が起きた後、トンマーゾが独りで見つめ、僅かに笑った時です。

あえて、エドアルド・ファルコーネ監督は、ラストシーンをどのように取れる解釈で観客に託して終わります。

ピエトロは亡くなったか?ピエトロに奇跡は起きたのか?

この秀逸な締めくくりは、再度を映画を味わい直したくなる1本です。

まとめ

神様の思し召し3
(C)Wildside 2015

偏屈で現実主義者な父親が、息子の告白に戸惑いながら、ひとりの神父と出会ったことで生まれた友情ドラマした。

また、他人への思いやりに気がつかされる映画ですが、なぜ、『神様の思し召し』は、再度見返したくなるのか。

冒頭の5分も経たず、医師トンマーゾは、嫌な奴と感じたと書いたことに理由があります。

トンマーゾをよく知らない私なのに、初見でそのように思わず他人を見ていた、“差別と偏見”があったからでしょう。

この作品には、まずは、職業や仕事のヒエラルキーが描かれています。

主治医と部下、そしてスタッフ。あるいは、人を救う仕事としての医師と神父の対比。トンマーゾが転職?挑戦したピザ屋もそうです。

職業ではないのですが、プライベートの夫婦関係の役割分担を仕事を考えれば、そのように取れますね。

他には、“差別と偏見”を誘発させる事柄が随所に見て取れます。

冴えない嫁婿に始まり、知的障がい者や元犯罪者なども、それを示しています。

だからこそ、トンマーゾを語り部の視点として見てきた私たちは、トンマーゾがピエトロを思い返したラストシーンと同じくして、私たちも再度“映画の登場人物”を見直してみたくなるのです。

エドアルド・ファルコーネ監督は、まだ新人ではありますが、脚本を長く手掛けていただけあって実力は確かなもの。

まずは、『神様の思し召し』を見返して見ましょう。

まだ観てない方は、ぜひご覧いただきたい映画『神様の思し召し』のご紹介でした!

関連記事

コメディ映画

ニコラス・ケイジ映画『マッド・ダディ』あらすじとキャスト。公開する劇場情報も

映画『マッド・ダディ』は、2018年6月23日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー。 幸せな毎日を過ごし、2人の子どもにも恵まれた主人公ブレント。いつものように会社に行き、オフィスにあったテレビを …

コメディ映画

映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ感想と結末あらすじの評価解説。レオナルド・ディカプリオ演じる天文学者の皮肉だらけの地球消滅説

人類の最期通告を受けたら、あなたならどうするか何を信じるか、“誰”といるのか? 今回ご紹介する映画『ドント・ルック・アップ』は、レオナルド・ディカプリオ演じる落ちこぼれの天文学者とジェニファー・ローレ …

コメディ映画

チャップリン映画『独裁者』あらすじネタバレと感想。地球儀とスピーチの名場面でヒトラーを痛烈批判

ヒトラーを真っ向から笑い者にしたチャップリン映画最大のヒット作 “喜劇王”チャールズ・チャップリン監督・主演の、1940年製作の映画『チャップリンの独裁者』。 製作時にヨーロッパで猛威を振るっていた、 …

コメディ映画

映画『ボーイ』あらすじ感想と評価解説。タイカ・ワイティティ監督の演技力とセンスが光る傑作

2018年12月15日(土)、16日(日)に座・高円寺2にて開催するAfter School Cinema Club + Gucchi ’s Free Schoolによる上映イベント『傑作? 珍作? …

コメディ映画

映画『セトウツミ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

映画の中で会話劇というと、どんな作品を思い出しますか? 今年2016年に公開された、クエンティン・タランティーノ監督の『ヘイトフル・エイト』も傑作でしたね。 しかし、日本映画の中に同年に公開された映画 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学