Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2020/08/02
Update

Netflix映画『ザ・ランドロマット』ネタバレ感想と評価考察。実話事件パナマ文書流出に隠された意味をソダーバーグ監督が問う

  • Writer :
  • からさわゆみこ

結婚40周年の代償が、世界規模で起こった「正直者が馬鹿を見る」巨大違法取引の巻き添えに…それは詐欺事件だった!?

今回ご紹介する『ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-』は、お金に関する実際に起きた事件を基にした5つの秘密を、“詐欺師”の目線で正当化しているブラックユーモア映画です。

不慮の事故というものは避けることはできませんが、万が一に備えての保障のために入るのが保険です。当たり前にもらえると思った保険金がもらえない……そんなことがありうるのでしょうか?

自分の加入した保険や投資した信託の証券など、安心できる会社のものなのかどうか。映画を観たあとに、慌てて確認することになるかもしれません。

スポンサーリンク

映画『ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-』の作品情報

(c)Netflix

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【監督】
スティーブン・ソダーバーグ

【原作・著者】
『SECRECY WORLD』ジェイク・バーンステイン

【キャスト】
メリル・ストリープ、ゲイリー・オールドマン、アントニオ・バンデラス、ジェフリー・ライト、ロバート・パトリック、デヴィッド・シュワイマー、シャロン・ストーン

【作品概要】
監督は1989年26歳の時に初めて制作した長編映画『セックスと嘘とビデオテープ』で、サンダンス映画祭観客賞とカンヌ国際映画祭パルム・ドールを史上最年少で受賞した、スティーブン・ソダーバーグです。

主演はアカデミー賞に19回、ゴールデングローブ賞に29回ノミネートという史上最高の記録を持ち、2011年公開の『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』で、アカデミー主演女優賞を受賞したメリル・ストリープ。

弁護士詐欺の2人に『レオン』(1994)『ハンニバル』(2001)など多くの作品で狂気じみた悪役を演じて有名となり、第90回アカデミー賞ではついに『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(2017)で、主演男優賞受賞したゲイリー・オールドマンと、『スパイ・キッズ』、『レジェンド・オブ・ゾロ』などで人気のアントニオ・バンデラスなど、超豪華な俳優や女優が出演しています。

本作は2019年9月1日の第76回ヴェネツィア国際映画祭で世界初上映され、同年10月18日にNetflixでの配信が開始し、劇場での公開は限定的に行われました。

映画『ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-』のあらすじとネタバレ

誠実かつ平凡に人生を送り、40年間一途に一人の女性を愛し続けたジョー・マーティンは、その妻と共に結婚40年を祝うための旅行をしていました。

風光明媚な景色を観に遊覧船に乗りますが、不幸にも船は高波にのまれて転覆。乗船客のうち21名が死亡する大惨事となりましたが、その中にジョーがいたのです。

妻のエレンは悲しみにくれましたが、弁護士は船会社が保険金で賠償金が出るから、それで示談するように話し、エレンは損害賠償をあてにして、ジョーとの思い出のラスベガスにある高層マンションの部屋を購入しようと思いました。

ところが購入を決めた高層マンションはロシアの大富豪が即金で購入したと不動産屋から告げられます。さらに船会社が“節約”のために加入した格安保険会社が詐欺師だったことで、再保険グループが会社が補償できる金額が大幅に減額されたことがわかりました。

エレンは弁護士からジョーの残してくれた生命保険と、和解金で手を打つように諭されますが納得いかずに、独自でユナイテッド再保険グループに直談判しようと動き出します。

以下、『ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-』ネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

最初の事件は「柔和な者」といわれる遊覧船の経営者が、架空の保険会社と再保険グループの保険金詐欺にあい、船の事故で一般人を巻き込みこじれさせていきました。

エレンは十分な補償をしなかったユナイテッド再保険グループの住所をたずね、パナマまで行きましたが記載された住所にはオフィスビルなどなく、郵便局の私書箱があるだけでした。

そしてさらに調査をすると、高層マンションを管理する信託会社をはじめ、2万5000社分の取締役をしているのがミア・ベルトランという女性で、その会社の登記を担当しているのが、ユルゲン・モサックとラモン・フォンセカが経営している弁護士事務所だとわかりました。

このことでエレンはユナイテッドが悪徳保険会社と気がつき、出版社に注意喚起をする記事を書くよう求めました。

ところがミア・ベルトランは不慮の事故で感電死してしまい、その後任はエレーナという女性に引き継がれます。エレーナが取締役をしているペーパーカンパニーの事件はほかにもありました。

たとえば、コスタリカの不動産を多数所持する不動産信託の受益権所有者が、メキシコ人ギャングで殺人罪で服役中であったことを把握できておらず、コスタリカ政府から不動産売買の申請がきてしまいます。最高責任者のモサックはギャングの報復を恐れてうろたえます。

そして、エリーナに責任を転嫁し、なんとかごまかすようにと丸投げするのでした。

アフリカの実業家は自分の経営するジェットストリーム社の子会社に、娘名義の会社ホワイトエンタープライズを作り、それを賄賂に娘のルームメイトと浮気をしていることを母には黙っているようにもちかけます。

怒った娘と母はその会社の無記名株を現金化しようとしますが、父親の株取引操作で全く価値のない株にされてしまいました。生活レベルを下げられなくなった母娘は再び父親の元に泣き寝入りをしたことでしょう。

また、イギリス人のメイウッドは中国の中央政府高官の贈収賄を隠すために、オフショワ計画を手引きしました。

メイウッドは中国市場でのビジネスに欲が出て、同じように賄賂の新たな隠し場所を提案します。妻の谷開来は公安に汚職がばれるのを恐れ、オフショワ計画から手を引くためにメイウッドを殺害してしまいます。

警察に賄賂を渡し殺人を隠ぺいしようとしますが、夫妻は逮捕されてしまいました。

モンサックとフォンセカは弁護士の知識を悪用し、法に触れぬよう、法人税などが著しく軽減されたり、完全に免除される国や地域を選び、実体のないペーパーカンパニーを設立しては、政治家や大企業が汚職などの不正に得た金を資金洗浄できる仕組みを支援していたのです。

しかし、そんな2人にも年貢の納め時がきました。2016年4月に内部告発により顧客データが流出し、彼らのオフショワ金融の秘密が暴露され、「パナマ文書」と呼ばれ史上最大のデータ流出事件となったのです。

スポンサーリンク

映画『ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-』の感想と評価

(c)Netflix

本作は金融に関する専門用語が多くでてくるので、初見だと内容が全くつかめずにどういう内容なのか、説明することが大変難しい作品です。

弁護士のモサックとフォンセカは合法的に、金の隠し場所を提供したにすぎないという話しです。そういった案件が増えはじめたゆえに、2015年8月にいくつかの条件にあてはまる国や地域を有害税制リストに載せ、タックス・ヘイヴンを利用した企業の過度な節税策を防ぐ税制を用いはじめました。

こういった一般的ではない内容はさておき、この映画の見どころは、ゲイリー・オールドマンとアントニオ・バンデラスの全く悪びれた様子のない演技で小憎らしさを助長させているところと、メリル・ストリープがラストで、内部告発をしたとみられる“エレーナ”という女性も演じていたところがサプライズでした。

エレーナの特殊メイクを取り払い素のメリル・ストリープが、世界中にはびこる腐敗に終止符を打つよう訴えかけるシーンは、2017年のゴールデングローブ賞でのメリルのスピーチを彷彿させます。

「無礼は新たな無礼を呼び、暴力は新たな暴力を誘発する。権力を持つ人が、他人を傷つけるためにその立場を利用すれば、私たちはみんな破滅してしまうわ」

「パナマ文書」が示していること

「パナマ文書」が流出したことで世界中の名立たる富豪や政治家の名前が開示され、出所のわからないお金や資産を隠し持っていることが露呈しました。

多くは税金逃れをするものであったり賄賂だったりするため、悪質な犯罪性も浮き彫りになります。そして、国家としても財政に関わってくる内容なので問題となりました。

まとめ

この映画は実際に起きた事件を基にしてあるため、リアルな演出にすると映画としての娯楽性が損なわれます。

『オーシャンズ11』(2001)を手掛けたスティーヴン・ソダーバーグ監督ならではの、ウィットに富んだコメディータッチが、特殊な事件ゆえに醸し出すうやむや感が強く伝わる映画でした。

つまりお金持ちばかりが得をしている酷い状況が白日の下に晒され、実際に名前が公表された人物達は世界中の恥さらしになります。

それでも、モサックとフォンセカは合法の中で法律を捻じ曲げたにすぎず、たいした罪には問われないため痛快感がないのです。

単純に「パナマ文書」とは何だったのか、その事実を伝える再現フィルムのようであります。

また、作中に「柔和な者」という言葉が出てきますが、これはキリスト教の教えにある「神がどのように自分を取り扱われても、それを良しと認めて、文句を言ったり抵抗したりしない」そういう人を指します。富裕層の私利私欲のために、普通に暮らす人たちが損をしてしまっているということです。

「柔和な者」つまり誠実な庶民をおちょくるように、贅沢な暮らしをする人達がいることを知らしめ、コミカルな演技演出を観せることでまったく笑えないという、リアルな怒りを生ませたのではないでしょうか


関連記事

コメディ映画

映画『セトウツミ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

映画の中で会話劇というと、どんな作品を思い出しますか? 今年2016年に公開された、クエンティン・タランティーノ監督の『ヘイトフル・エイト』も傑作でしたね。 しかし、日本映画の中に同年に公開された映画 …

コメディ映画

Netflix映画『ルディ・レイ・ムーア』のあらすじネタバレと感想。エディ・マーフィーの熱演で70年代の黒人ムーブメントを描く

エディ・マーフィー演じるルディ・レイ・ムーア伝記映画『ルディ・レイ・ムーア』とブラックスプロイテーション エディ・マーフィー演じるラップのゴッドファーザーこと、ルディ・レイ・ムーアの映画『ルディ・レイ …

コメディ映画

映画『ダンスウィズミー』あらすじネタバレと感想。三吉彩花と大物俳優・宝田明が輝く日本製ミュージカル

映画『ダンスウィズミー』は2019年8月16日(金)より全国ロードショー公開! 「突然歌って踊り出すなんてヤバくない!?」と、ミュージカル映画における暗黙の了解にツッコミを入れた日本発ミュージカル・コ …

コメディ映画

【ネタバレ感想】『女王陛下のお気に入り』ラスト結末の意味不明な“ウサギの解釈”とは

一筋縄ではいかない愛憎劇『女王陛下のお気に入り』 名女優三人が英国王室での愛憎劇を再現! 監督を務めたのは鬼才ヨルゴス・ランティモス。 一筋縄ではいかない愛憎劇と思わず笑ってしまうブラックな笑いに満ち …

コメディ映画

映画『ゾンビランド2ダブルタップ』ネタバレ感想とレビュー評価。続編でも結末までの悪ノリ小ネタは健在でキャスト陣の魅力も満載!

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』が11月22日(金)より全国ロードショー。 2009年北米公開の前作『ゾンビランド』から10年の時を経て、役者と制作陣が更にパワーアップして戻ってきました。 この10 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP