Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2017/09/30
Update

実写映画『覆面系ノイズ』あらすじとキャスト!中条あやみ演技評価も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

福山リョウコ原作の累計100万部突破の人気気No.1恋愛コミックを実写映画化!

『覆面系ノイズ』は主演のニノ役を中条あやみが演じ、三木康一郎監督の演出で制作され、11月25日(土)より、全国公開がロードショーされます。

今回はあらすじと主演の中条あやみのプロフィールをご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『覆面系ノイズ』の作品情報


(C)2017「覆面系ノイズ」製作委員会

【公開】
2017年(異本映画)

【監督】
三木康一郎

【キャスト】
中条あやみ、志尊淳杠、小関裕太、真野恵里菜珠、磯村勇斗、杉野遥亮、中島亜梨沙、渡辺大

【作品概要】
漫画家福山リョウコの描いた原作恋愛コミックを『のぞきめ』『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』などで知られる三木康一郎監督が実写映画化。

有栖川仁乃役を『劇場版 零ゼロ』の中条あやみが主演を務め、ユズ役を『サバイバルファミリー』の志尊淳、モモ役を『あしたになれば。』の小関裕太が演じています。

2.映画『覆面系ノイズ』あらすじ


(C)2017「覆面系ノイズ」製作委員会

子どもの頃から歌うことが大好きな少女・仁乃は、幼馴染でいつも一緒に歌っていた初恋の相手のモモ、そして曲作りをするユズという、2人の大切な男の子と、突然の別れを経験します。

彼らとの再会する事を夢見ながら歌い続けてきた仁乃は、高校生になり学校でユズと再会を果たします。

ユズが所属する人気覆面バンドの「in No hurry to shout(イノハリ)」でのボーカルに誘われた仁乃。

いまだ再会できないモモに自分の歌声を届けるため、本格的な音ライブ活動に取り組んでいきます。

そんなある日、仁乃はモモらしき人物がプロデュースするという音楽会社の新人ボーカルオーディションが買い浅いされるのを発見。

それが果たして本物のモモなのか?仁乃、モモ、ユズ、3人の恋とバンド活動はいかなる方向に向かうのか…。

スポンサーリンク

3.中条あやみ(ニノ役)のプロフィール

#中条あやみ #ポーリン #polin #poolinstagram

poolinstagram 中条あやみさん(@pauline_fun)がシェアした投稿 –

中条あやみは、1997年2月4日生まれの大阪府大阪市出身のファッションモデル、女優です。事務所はTENCARAT所属しています。

14歳の時、家族でグアム旅行に出かけた際に、グアムの空港で現在の事務所にスカウトされ芸能界入りとなります。

2011年、女性ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」に応募をすると、新川優愛、坂東希、橋爪愛と共にグランプリに選出

2012年に『東京ガールズコレクション 2012 SPRING/SUMMER』にモデルとして初参加を果たします。

また、同年にテレビドラマ『黒の女教師』にて梅原優役で女優デビュー。2014年に『劇場版 零 ゼロ』にて映画初主演を果たします。

さらに大きく注目をされたきっかけは、2015年に“売れる女優の登竜門”と呼ばれる「ポカリスエット」のCMに出演でした。

その後、2016年に映画『セトウツミ』にて、第71回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞を受賞。

2017年に第28回ジュエリーベストドレッサー賞・10代部門を受賞。同年6月に『Seventeen』専属モデルを卒業しています。

4.中条あやみの女優フィルモグラフィー

初主演の月守アヤ役で挑んだ『劇場版 零〜ゼロ〜』

『劇場版 零〜ゼロ〜』(2014)
主演・月守アヤ役

『ライチ☆光クラブ』(2016)
ヒロイン・カノン役

『セトウツミ』(2016)
ヒロイン・樫村一期役

『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(2017)
玉置彩乃役

『覆面系ノイズ』(2017)
主演・有栖川仁乃役

まだ5本とはいえ、彼女がモデルとして可愛いだけではなく、映画界からも期待された人材であることは確かのようです。

映画出演作品を見ても、主演やヒロイン役と新人映画女優として大切に扱われているか分かりますね。

スポンサーリンク

映画『覆面系ノイズ』に出演した中条あやみの感想

主人公ニノ役で主演を果たし中条あやみは、映画に参加する際にこのように話していました。

初めて三木監督と、皆さんとお会いした時から絶対素敵な映画になると感じました。
同時に、音の持つ力を改めて素晴らしいと感じる作品でもありました。溢れ出す想いを秘めたニノが歩む初恋、青春、恋愛...物語のすべては、この音から始まる気がします。
私自身、音楽がすごく好きで 聞いたり歌ったりすると気持ちが落ち着く感情など ニノと共感できる部分も多く有栖川仁乃役を演じる事が出来てとても嬉しいです!
どのシーンも好きなのですが ライブのシーンは特にかっこいいので皆さんと力を合わせて全力で頑張ります!

また、奇跡の歌声で人々を虜にするボーカリストのニノ役作りについて、中条あやみは吹き替えなしで挑み、初めのうちは小さな声でしか歌えなかったようですが、ボイストレーニングを重ね努力したそうです。

また、バンドボーカルのパフォーマンスの見せ方も、マイクの持ち方や歌い方で工夫したことで、ニノ役にリアリティーを持たせられるようにしていったそうです。

最後には中条あやみも「人前で歌うこともだんだん楽しくなってきました」といい、映画の主題歌でメジャーデビューしたようです。

原作コミックのニノがそのまま現実に現れたかのような中条あやみ。そのままのビジュアルと吹き替えなしの歌声に注目しましょう。

まとめ

#中条あやみ #ポーリン #poolinstagram #覆面系ノイズ

poolinstagram 中条あやみさん(@pauline_fun)がシェアした投稿 –

中条あやみは、初恋モモに再会するために歌い続けるニノ役を演じました。

そんなニノに想いを寄せるが気持ちを伝えられないユズ…。

彼らを取り巻く仲間もそれぞれに想いを寄せる相手がいるという設定に、すべての片思いから目が離せいラブストーリー。

それぞれの真実の心は届くのか?『覆面系ノイズ』は2017年11月25日(土)より全国公開されます!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ラブストーリー映画

『燃ゆる女の肖像』ネタバレあらすじと考察。映画のラストシーンで描かれたマリアンヌとエロイーズの視線を読み解く

『燃ゆる女の肖像』は2020年12月04日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国公開! 2019年度・第79回カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィア・パルム賞を受賞し、世界の映画人から熱い視線を注が …

ラブストーリー映画

映画『パーム・スプリングス』あらすじ感想と評価レビュー解説。タイムループで“同じ時間を繰り返す”恋人たちを描いたラブコメディ

映画『パーム・スプリングス』は2021年4月9日(金)より新宿ピカデリー他全国公開。 カリフォルニア州にある砂漠のリゾート地パーム・スプリングスを舞台に、同じ日を繰り返すことになってしまった男女をコミ …

ラブストーリー映画

映画『巴里のアメリカ人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『巴里のアメリカ人』は、アーサー・フリード、ヴィンセント・ミネリというMGMミュージカルの黄金コンビが、ジーン・ケリーを主役に、新星レスリー・キャロンを迎えて撮った傑作ミュージカルです。 以下、あらす …

ラブストーリー映画

浅野忠信映画『壊れた心』ネタバレ感想と評価解説レビュー。宗教的要素が散りばめられた贖罪と救いの物語

ようこそ、愛と破滅の世界へ。 フィリピンのスラム街を舞台に、『岸辺の旅』『淵に立つ』の浅野忠信が扮する冷酷な殺し屋と、『闇のあとの光』のメキシコ人女優ナタリア・アセベドが演じる娼婦の逃避行を描いたクラ …

ラブストーリー映画

映画『アンナ(1966)』あらすじネタバレと感想。2019年にデジタルリマスター版にて復刻リバイバル

世界がアンナに恋をした。 伝説の女優アンナ・カリーナ、幻の傑作。 『アンナ』は始め、1966年、フランス国営放送が初のカラーテレビ番組として製作した作品でした。 主演のアンナ・カリーナは『気狂いピエロ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学