Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画ラストレター|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。未咲の遺書の意味は?広瀬すず×松たか子×福山雅治が綴る“奇跡”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

手紙が浮き彫りにする、切ない恋心。

Love Letter』(1995)で知られる名匠・岩井俊二監督によるラブストーリー『ラストレター』

岩井自身の出身地である宮城を舞台に、ひとりの女性の死をきっかけに、さまざまな手紙を通して二つの世代の恋愛が浮き彫りになっていくさまを丁寧に綴っていきます。

主人公・裕里役の松たか子をはじめ、広瀬すず、福山雅治、森七菜、神木隆之介ら豪華キャストが出演するほか、Love Letter』(1995)の中山美穂と豊川悦司も登場します。

いくつもの手紙に導かれて、彼らは果たしてどこにたどり着くのでしょうか。

映画『ラストレター』の作品情報


(C)2020「ラストレター」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・原作・脚本・編集】
岩井俊二

【キャスト】
松たか子、広瀬すず、庵野秀明、森七菜、豊川悦司、中山美穂、神木隆之介、福山雅治

【作品概要】
Love Letter』(1995)『スワロウテイル』(1996)の岩井俊二監督が初めて自身の出身地・宮城を舞台に描く心あたたまるラブストーリー。姉を亡くした主人公が姉の同窓会を訪れたことをきっかけに、さまざまな手紙が行き交って切ない恋心を映し出していきます。

主演は『四月物語』(1998)で岩井作品に出演した松たか子。また『ちはやふる』シリーズの広瀬すずと、オーディションで抜擢された森七菜がそれぞれ2役を好演。森は主題歌も担当しています。

現在の鏡史郎を『三度目の殺人』(2017)の福山雅治、高校生時代の鏡史郎を神木隆之介がそれぞれ好演。『Love Letter』(1995)の中山美穂と豊川悦司も特別出演し、作品に花を添えています。

映画『ラストレター』のあらすじとネタバレ


(C)2020「ラストレター」製作委員会

宮城で裕里の姉・未咲が亡くなり、葬儀が執り行われました。

未咲の面影を残す彼女の娘・鮎美は、母が自分に宛てて遺した手紙をまだ読むことができずにいました。裕里の娘・颯香は、鮎美を心配してしばらく実家に残ることにします。

息子の瑛斗と夫・宗二郎の待つ自宅に帰ろうとした裕里は、鮎美から未咲宛てに来た高校の同窓会の案内を預かりました。

裕里は未咲の死を知らせるために同窓会に行きますが、クラス中のマドンナだった姉と勘違いされ、本当のことを言えなくなってしまいます。

気まずい心持ちで先に会場を出た裕里は、初恋の相手・鏡史郎と再会。小説家となった鏡史郎は、彼女に小説を読んでくれたか尋ねますが、裕里には何のことかわかりません。

そしてその後、鏡史郎から来た「まだ君に恋している」というメールを見て裕里は動揺します。

未咲のふりをして何も言えずに帰ってきたことを聞いて呆れる夫・宗二郎。裕里が置きっぱなしにしたスマホの画面に表示された鏡史郎からの恋のメッセージを見てしまった彼は、入浴中の妻を叱りつけ、わざとスマホを湯舟に落として壊してしまいます。

仕方なく裕里は、鏡史郎宛てにメールが見られなくなった状況を知らせる手紙を書いて送りました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ラストレター』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ラストレター』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2020「ラストレター」製作委員会

その後、漫画家の宗二郎は「仕事に必要だ」という理由で大型犬2匹を飼い始め、裕里に世話を押し付けます。それが自分への罰だと思った裕里は、また鏡史郎宛ての手紙に愚痴を書きます。

その後も裕里は、廃校となった母校を訪ねたことを手紙に書き、写真とともに鏡史郎に送りました。鏡史郎は裕里の実家宛てに返事を送りますが、未咲宛の手紙を見た鮎美は面白がり、返事を書いてみることにします。

その頃裕里は、ボーイフレンドの波戸場宅でぎっくり腰になり、病院へと運ばれた義母に付き添っていました。

鏡史郎はまた未咲宛てに手紙を書きました。そこには、転校してきた彼が生物部で裕里と一緒になり、その縁で姉で生徒会長だった未咲と出会い一目惚れしたこと、そして彼が未咲宛てにラブレターを書いては裕里に預けるようになったことが書かれていました。

義母が波戸場に会っていたのは、英語の教師である彼から英語を教えてもらうためでした。

手をけがした彼のために、裕里は義母の書いた英文の添削を手伝い、手紙を届ける役をするようになります。やがて裕里は波戸場に許可をもらい、鏡史郎へ「波戸場の住所宛てに返事をくれるように」と書きました。

すると鏡史郎は直接、波戸場宅を訪ねてきました。鏡史郎が言っていた「本」が、鏡史郎が書いた『未咲』というタイトルの小説であることを裕里は知ります。

実は鏡史郎は再会した当初から、彼女が妹の裕里であることに気づいていました。裕里は病に苦しんだ未咲が自ら命を絶ったことを鏡史郎に話します。

鏡史郎はショックを受け、実は大学時代に未咲と付き合っていたこと、別れた後に書いた小説が賞をとり、それ以来ずっと彼女のことばかり書いてきたことを告白します。

裕里は、未咲が素性の知れない暴力的な男・阿藤と駆け落ちし、その後生まれた娘の鮎美とともに実家に帰ったものの、心を病みこの世を去ったことを教えました。

小説『未咲』を借りた裕里は、これからも姉のことを書き続けてほしいと鏡史郎に言います。

高校時代、未咲宛てに書いた鏡史郎のラブレターを預かった当時の裕里は、それを姉に渡していませんでした。責める鏡史郎に向かって裕里は想いを告白しますが、断られてしまいます。

鏡史郎が阿藤を訪ねると、彼の妻で妊娠中のサカエが迎え出て阿藤と連絡をとってくれました。

呼ばれた居酒屋に行くと、阿藤が陽気に待っていました。未咲が自殺したことを聞いて阿藤は驚きます。彼は未咲と鮎美を前にすると、自分が汚いものに思えて居たたまれなくなってしまい、結果逃げ出したことを話しました。

廃校となった母校を訪れた鏡史郎は、窓の外に鮎美と颯香を見つけ、あまりに未咲と裕里に似ていることに驚きます。鮎美は実は自分が手紙を書いていたと言って謝り、家に招きました。

遺影に手を合わせながら、鏡史郎は未咲から「小説家になれるよ」と言われた日のことを思い出します。

鮎美は、サインを求めます。彼女は鏡史郎が手紙で未咲に送った小説『未咲』も読んでいました。それは母の宝物だったことを伝え、母への愛情に満ち溢れたこの手紙を、母も自分も何度も読んだと言って鮎美は涙を流します。

鮎美はもう大丈夫だと感じた颯香は自宅に戻りました。

東京に戻る前に鏡史郎は裕里に会いに行き、母校と鮎美と颯香の二人が写ったミニアルバムを贈ります。

「あなたは私のヒーローだから信じるものを追いかけてほしい」と裕里は言って、鏡史郎と握手をしました。

鮎美はやっと母からの手紙の封を開きました。中にあったのは、未咲が鏡史郎と共作し、卒業式で読んだ代表挨拶の原稿でした。

そこにはこうありました。

「苦しいとき、きっと私たちは幾度もこの場所を思い出すのでしょう。自分の夢や可能性がまだ無限に思えたこの場所を。お互いが等しく貴く輝いていたこの場所を。」

映画『ラストレター』の感想と評価


(C)2020「ラストレター」製作委員会

行き交う手紙たちが導く奇跡

さまざまな人々の間を行き来する、いくつもの手紙が導く奇跡の物語です。

大人になった主人公の裕里は、まるで高校時代の少女に戻ったかのように初恋の相手である鏡史郎宛てに手紙を送り始めます。明るく屈託ない性格のままの裕里は、辛い結婚をして心を病んで自死してしまった姉の未咲とは対照的。まるで業はすべて未咲が持って行ったかのようにも見えます。

大人になった未咲の姿は映像に現れることはなく、若く美しく学校中の人気者だった頃の未咲だけが映し出されます。しかし、後半で豊川悦司演じる阿藤が現れたことで、未咲がいた暗闇がどれほど苦しいものだったのかをうかがい知ることができるのです。

得体の知れない暴力的な男でありながら、実はどこか繊細で男としての魅力にあふれている阿藤を、ほんのワンシーンで豊川が圧巻の演技で表現しています。

しかし、その重苦しさが際立つのは、裕里の強い「光」があるからこそです。ともすればただ暗くなるばかりになってしまいそうになる本作の物語ですが、松たか子が絶妙なユーモラス感を見事に醸し出し、希望あるエンディングへと導きます

裕里の初恋の相手で、25年間も彼女の姉の未咲を思い続けてきた鏡史郎を福山雅治が切なくクールに演じ、彼の高校時代を神木隆之介が違和感なく繊細に演じます。

鏡史郎が裕里の実家宛てに手紙を返送したことで、それを母の代わりに(というよりも裕里の代わりに)受け取った鮎美。そんな彼女が裕里とは別口で鏡史郎と手紙の交換を始めたことで、ストーリーは思いがけない展開をみせていきます。

そのほかにも、裕里の義母とその英語教師との間をつなぐ手紙、若き日の鏡史郎が未咲に宛てた手紙など、いくつもの手紙が行き交います。そのどれもに、書いた人の深い思いが込められていました。

タイトルにも冠された「ラストレター」として登場するのが、最後に現れる亡き未咲から最愛の娘・鮎美に宛てた封書です。

宛名は「鮎美」となっていますが、実は中身は未咲が卒業式で代表挨拶をしたときの原稿でした。それは高校時代の未咲と鏡史郎が共作したもので、若き日の二人が未来に自分たちに向けて書いた希望に満ち溢れた内容だったのです。

死を選んだ未咲は、この文章にこそ自分が娘に伝えたいすべてが書かれていることに気づいたに違いありません。

長い間、母からの最期の手紙を開くことができなかった鮎美は、手紙の奇跡に導かれた鏡史郎が母のもとにたどり着いてくれたことで魂を救われたのです。

鮮烈な光を放つ、若き二人の女優


(C)2020「ラストレター」製作委員会

女性たちの輝きを閉じ込める天才としても知られる岩井監督は、本作で二人のミューズを生み出しました。ともに2役を演じた広瀬すずと森七菜です。

広瀬は若き日の未咲とその娘の鮎美を、森は若き日の裕里とその娘の颯香を好演しています。

母を亡くした鮎美を心配して、彼女の側にしばらくとどまった颯香。隣同士で眠ったり、浴衣姿で花火をしたり、ワンピースを着て連れ立って犬の散歩に出かけたり、ふたりが常に一緒にいることで現実とは異世界にあるかのような美しく幻想的な少女の世界が生み出されています

彼女たちが美しければ美しいほど、青春時代の初々しさや甘酸っぱさがくっきり映るほど、現実世界の悲しみや残酷さ、つまりは未咲の悲しい最期が浮き彫りになるのです。

大人に少し近づいている未咲・鮎美と、あどけないままの裕里・颯香の対比も素晴らしく、彼女たちが静かに確実に成長していく姿もサラリと丁寧に描かれています。

まとめ


(C)2020「ラストレター」製作委員会

名匠・岩井俊二監督によるロマンティックな世界が展開する『ラストレター』をご紹介しました。

豪華キャストを迎え、監督の出身地である美しい宮城の風景の中で切なく繊細な奇跡のラブストーリーが紡がれます。

松たか子と福山雅治が演じる痛みを経験してきた大人の世界と、広瀬すず、森七菜、神木隆之介が演じる切ないほどに輝く青春期の対比が胸を深く打つ一作です。

両方の世界の持つ切なさに、きっと誰もが心惹かれてやまないことでしょう。どうぞ物語の世界に浸って、感動を味わってください。






関連記事

ラブストーリー映画

映画『愛の鎖』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。キャストのキム・ヒョジン×キム・コッピ共演で“性と愛の形”を赤裸々に描く

キム・ヒョジン×キム・コッピが艶めかしい性と愛の行方を描く U-NEXTで配信中の韓国映画『愛の鎖』。 『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』(2013)『結婚前夜 ~マリッジブルー~ 』(201 …

ラブストーリー映画

【ネタバレ】ラーゲリより愛を込めて|あらすじ感想と結末の評価解説。二宮和也×北川景子は山本幡男の実話で“遺書”の意義を問いかける

運命に翻弄された2人の11年に及ぶ愛の奇跡を描く『ラーゲリより愛を込めて』 第二次世界大戦後の1945年。捕虜となって酷寒のシベリアで捕虜生活を送る山本幡男は、帰国(ダモイ)を信じて仲間たちを励ましま …

ラブストーリー映画

映画昼顔キャストとあらすじ!公開はいつから?試写会情報も

“決して、もう二度と。 せめて、もう一度。 ” 一躍“昼顔”旋風を巻き起こしたあの大人気ドラマのその後を描いた映画『昼顔』をご紹介します。 CONTENTS映画『昼顔』の作品情報映画『昼顔』のキャスト …

ラブストーリー映画

映画『伊藤くんAtoE』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『伊藤くんAtoE』2018年1月12日(金)より全国一斉ロードショー。 柚木麻子のベストセラー小説を『ナミヤ雑貨店の奇蹟』や『PとJK』そして2018年春に『ママレード・ボーイ』が公開の廣木隆一が映 …

ラブストーリー映画

映画『真っ赤な星』あらすじネタバレと感想。キャストの小松未来(陽役)が見せた強いまなざし

誰がこの心の空白を埋めてくれるの。 映画『溶ける』で高い評価を受け、史上最年少でカンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門に正式出品されるなど、国内外で注目を集める井樫彩監督の初長編作品です。 悲しみを抱 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学