Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

【ネタバレ】エンド・オブ・ザ・ワールド|あらすじ結末感想と評価解説。キーラナイトレイとスティーヴカレルが旅する男女を演じるロマンティックなロードムービー

  • Writer :
  • 谷川裕美子

人類滅亡を前にした世界をユーモラスに綴る

小惑星の衝突による地球滅亡を目前に、一緒に旅することになった中年男性と若く奔放な隣人女性の姿を描くロマンティックストーリー。

女優としても活動するローリーン・スカファリアが監督を務めます。

主演はスティーヴ・カレルとキーラ・ナイトレイ。ユーモアあふれるあたたかなタッチで、終末を迎える地球での物語が綴られます。

人類最期の日を前にして、偶然出会ったふたりはどんな運命を選ぶのでしょうか。

スリリングな内容でありながら、ユーモラスで心温まる作品です。その魅力についてご紹介します。

映画『エンド・オブ・ザ・ワールド』の作品情報


(C)2011 – Dodge Productions LLC

【公開】
2013年(アメリカ映画)

【監督・脚本】
ローリーン・スカファリア

【編集】
ゼン・ベイカー

【出演】
スティーヴ・カレル、キーラ・ナイトレイ、コニー・ブリットン、アダム・ブロディ、ロブ・コードリー、ジリアン・ジェイコブス、デレク・ルーク、メラニー・リンスキー

【作品概要】
ハスラーズ』(2020)のローリーン・スカファリア監督作。

惑星の衝突によって滅亡する運命を前にした地球で、隣人同士だった中年男性と若く奔放な女性が旅する姿をユーモアを交えながら描きます。

主演は『スイング・ステート』(2021)のスティーヴ・カレルと、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのキーラ・ナイトレイ。

映画『エンド・オブ・ザ・ワールド』のあらすじとネタバレ


(C)2011 – Dodge Productions LLC

地球に惑星が急接近し、3週間後に衝突することが伝えられました。人類が滅亡を前に、中年男性のドッジは妻に置き去りにされます。無気力になる彼の前に、掃除婦のエルサだけは、いつも通り仕事に現れました。

パーティーから自宅に戻りハーモニカを吹いていたドッジは、窓の外で隣家の若い女性・ペニーがうずくまって泣いているのに気づきます。彼女は飛行機に乗り遅れてしまい、イギリスの家族のもとに帰れなくなったことを悲しんでいました。

話をした後、ぐっすり眠ってから起きたペニーは、これまで自分の家に間違って届いたたくさんのドッジ宛ての郵便物を渡して、ドッジの妻に恋人がいた事実を屈託なく話します。何も知らなかったドッジはショックを受けます。

後日確認すると、ペニーから受け取った郵便のなかには、忘れられない高校時代の恋人・オリヴィアからの手紙がありました。そのとき、外で大きな暴動が起こります。危険を感じたドッジはペニーを迎えにいき、ふたりで車で逃げます。

ペニーに、オリヴィアからの手紙が届いていたと恨み言をいうドッジ。ふたりは通りがかりの男に車に乗せてもらい、一緒にオリヴィアを訪ねる旅に出ました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『エンド・オブ・ザ・ワールド』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『エンド・オブ・ザ・ワールド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2011 – Dodge Productions LLC

その後、運転手の男は休憩中に、突然目の前で射殺されてしまいました。驚きながらもドッジとペニーは彼を埋葬して、車をもらって旅を続けます。

にぎやかなドライブインで食事をしながら楽しく過ごしていたふたりでしたが、店で突然乱交パーティーが始まり、慌てて逃げ出します。車に飛び込んだペニーはドッジに熱いキスをし、そのままふたりは結ばれました。

しかしその後、スピード違反をはじめもろもろの違反が警察にみつかったふたりは、牢に入れられてしまいます。そこで、ドッジは自分の孤独な身の上を話しました。その後、ハーモニカを吹き始めます。

やがて釈放されたものの、車を押収されたふたりは、警官にペニーの元カレのスペックの家まで送ってもらいます。スペックは銃や食料を大量に置いたシェルターに住んでいました。そこから実家の家族と電話したペニーは、会いたいと泣きながら話します。

ふたりはスペックから車を借り、オリヴィアの家を目指して再び旅立ちました。

オリヴィアの家を訪ねたドッジは、一度は車から降りたものの手紙をドアに置いただけですぐに戻ってきます。ペニーに向かって「君には居場所がある」と言いながら脇見してしまった彼は、人の列につっこみそうになりますが、すんでのところでハンドルを切ります。

大勢の家族連れが、海岸で憩いの時間を過ごしていました。ドッジとペニーは笑顔で見つめ合い、キスします。ドッジのハーモニカを浜辺で習っていたペニーは、その楽器に父からのメッセージが入れられていることに気づきました。

その後、サマセットに到着したふたり。訪ねたのは25年前に蒸発したドッジの父・フランクの家でした。父は息子に謝り、ドッジは許しました。

3人は「世界のはじまりに」といって乾杯します。食後に、並んでハーモニカを吹く父子を見つめるペニー。

ドッジは深く眠っているペニーを抱きかかえて小型飛行機に乗せ、ハーモニカを持たせます。父の操縦でペニーは故郷へと飛び立ちました。

ドッジが車で自宅に帰ると、いつも通り、掃除婦のエルサが作業していました。驚くドッジに向かって、エルサはいつも通り「また来週」といって帰っていきます。

惑星の衝突は1週間早まり、リミットまで残りわずか16時間となっていました。ドッジは部屋でレコードに聴き入ります。

途中でレコードが止まり、部屋は暗くなりました。気づくと、入口にペニーが立っていました。泣きながらふたりはかたく抱き合います。

両親はわかってくれるといって泣き笑いするペニー。ふたりは見つめ合いながらずっと話をし続けます。外の衝突音を聞いて怯える彼女に、君が好きでたまらないとドッジはやさしくささやきました。

「私たちお互いを救ったのね」というペニー。「出会えてよかった」というドッジに、ペニーは微笑み返しました。

映画『エンド・オブ・ザ・ワールド』の感想と評価


(C)2011 – Dodge Productions LLC

故郷代わりのハーモニカに込められた思い

スティーヴ・カレル演じる中年男のドッジと、キーラ・ナイトレイ演じる隣室に住む若い奔放な美女・ペニーの旅を描くロードムービー『エンド・オブ・ザ・ワールド』

『アルマゲドン』や『ディープ・インパクト』などの超大作のドラマチックな展開とはまったく異なり、最期の日を迎えるふたりの姿を明るく綴る物語です。

冒頭から、地球滅亡を前にした人々の絶望感が映し出されます。人々は恐怖から逃れるために、パーティーを開いたり乱交したりして、狂気的の中に救いを求めていました。

そんな中、隣室同士に住みながらまったく互いの存在を知らなかったドッジとペニーはひょんなことから知り合い、暴動発生をきっかけに一緒に旅することとなります。

荒れ狂う暴動のなか逃げるシーンはとてもスリリングで、彼らの置かれた厳しい状況が伝わってきます。しかし、のどかな風景のなかに逃げ込んだ後のふたりは明るく、ごく普通の旅を楽しんでいるかのようです。旅には、「ドッジの元カノに会いにいく」という明確な目的があり、逃避行のような悲壮感はまったくありません。

ペニーは奔放で破天荒なところのある女性ですが、家族を心から愛する純粋な女性です。一方のドッジは、母を亡くし、父は蒸発し、妻にも逃げられた天涯孤独な男性でした。まったく異なる性質のふたりは、一緒に旅するなかで強く惹かれ合っていきます

故郷を持たないドッジにとって、いつも身に着けているハーモニカは心の拠り所でした。父からのメッセージが刻まれたその楽器を、彼は何度も奏でます。初めてペニーに出会った日、刑務所に入れられた夜、ふたりで浜辺で楽しく過ごしたとき、そして、父と和解した夜……。

眠ったペニーを飛行機に乗せたドッジは、お守り代わりにハーモニカを持たせます。ドッジの彼女への強い愛情がひしひしと伝わってくる場面です。

その後、惑星の衝突寸前に、ハーモニカとともにペニーは彼のもとに戻ってきます

故郷代わりのハーモニカをペニーに与えたように、ペニーもまたイギリスの家族ではなくドッジの隣で最期のときを迎えることを選びました。見つめ合うふたりの表情に心揺さぶられる、美しいラストシーンとなっています。

世界の終わりにリンゴを植える人たち


(C)2011 – Dodge Productions LLC

本作では、主人公カップルに加えて、終末を迎える人々の姿がくっきりと描き出されています

滅亡を前にした地球には、2種類の人たちがいました。「たとえ明日、世界が終わりになろうとも、私はリンゴの木を植える。」と語ったマルチン・ルターのように生きる人たちと、そうではない人たちです

もちろん、後者の人たちの方が圧倒的に多く、ほとんどの人たちは恐怖と絶望感から逃げるために快楽に走り、暴動まで発生します。彼らを愚かとはとても言えません。むしろ当然の行為ともいえるでしょう。

本作では、「リンゴを植える」少数の人たちの姿も丁寧に描かれます。ドッジの家の掃除婦のエルサはそのうちのひとりです。

滅亡する事実を知っていても、淡々といつも通りの仕事を明るい表情でおこなう彼女は、惑星衝突の当日でさえ変わらず仕事を終え、「また来週」と言いながら穏やかに帰っていくのです。彼女には家で帰りを待つ子どもたちがいるにも関わらず、です。

また、惑星衝突当日のテレビニュースで、リミットまであと16時間であることをたったひとりで伝えるアナウンサーも印象的です。彼以外のほかのスタッフたちの姿はすでになく、後ろにはガランとしたデスクだけが映し出されています。

どんなときも、変わらぬ自分でいられる人たちの強さというものに、胸打たれずにはいられません

まとめ


(C)2011 – Dodge Productions LLC

もしも突然、人類滅亡の日を告げられたらどうするだろう……誰もが一度は考えたことがある問いではないでしょうか。

本作では、最期の日を最高に素敵なかたちで迎えた恋人たちの姿が描かれます。彼らはほんの少し前まで、まったく知らない者同士でした。しかし、小さなきっかけで出会い、愛情を積み重ねていくこととなります

人生はいつどんなことが起こるかわかりません。目の前に滅亡の危機が迫っているときでさえも。

もしもその日を迎えるとしたら、あなたはどこで誰と過ごしますか?

もしかしたら、今はまだ知らない誰かと、心寄せ合いながら過ごす奇跡も起こるかもしれません。





関連記事

ラブストーリー映画

となりの怪物くん映画撮影ロケ地とエキストラ情報!キャスト評価も

『青空エール』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『orange -オレンジ-』など、大ヒット青春映画を公開してきた東宝が、新たな青春映画を作ることに! 主演は若手人気の菅田将暉と土屋太鳳のダブル主 …

ラブストーリー映画

映画『ディナー・イン・アメリカ』感想評価と考察解説。カイル・ガルナーがパンクバンドのボーカリストに扮して偏見をぶち壊す!

映画『ディナー・イン・アメリカ』は、2021年9月24日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか、全国順次公開! 過保護な家庭に育った孤独な少女と、パンクバンドの覆面ボーカリストとして …

ラブストーリー映画

映画『アボカドの固さ』感想レビューと評価解説。キャスト前原瑞樹の実体験をもとに恋人への執着を痛々しくもユーモラスに描く

映画『アボカドの固さ』は2020年9月19日(土)より渋谷・ユーロスペースにて劇場公開。 5年間付き合った恋人に、突然別れを告げられた若者が、復縁を望み悪戦苦闘する30日間の物語、映画『アボカドの固さ …

ラブストーリー映画

映画『ロマンスドール』ネタバレ感想とレビュー評価。高橋一生×蒼井優をキャストにタナダユキ監督が自ら執筆した小説を実写化

映画『ロマンスドール』は、2020年1月24日(金)より全国ロードショー! 2008年に『百万円と苦虫女』、2012年には『ふがいない僕は空を見た』などで知られるタナダユキ監督が、10年前に発表した同 …

ラブストーリー映画

映画『夕霧花園』感想評価とレビュー解説。阿部寛が海外マレーシアの主演作品で“自分らしさ”を発揮する

映画『夕霧花園』は2021年7月24日(土)より全国順次ロードショー! 阿部寛出演、戦後のマレーシアを舞台にとある日本人庭師が一人の女性との出会い、そして激動の中でたどり着いた愛の姿を描いた映画『夕霧 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学