Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

【ネタバレ】サイレント・ナイト|あらすじ感想と結末の評価解説。クリスマスが“人類最後の日”となった不穏なパーティーの顛末は?

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

久しぶりに集まった学生時代の友人たち、それは人類最後のクリスマスの夜だった!?

学生時代の友人たちが集まり、クリスマスを祝う聖なる夜。

ですが、あらゆる生物を死滅させる謎の毒ガスが地球全土を覆っている為、人類最後のクリスマスの夜となってしまうホラー・コメディ『サイレント・ナイト』

「ガスで死ぬか?薬を飲んで死ぬか?」という最悪の選択を迫られる、異常な事態での人間ドラマを描いた本作は、監督のカミラ・グリフィンも意図していなかった、何とも恐ろしい作品に仕上がっています。

恐ろしくも可笑しい、独特の世界が展開される『サイレント・ナイト』の魅力をご紹介します。

映画『サイレント・ナイト』の作品情報


(C)2020 SN Movie Holdings Ltd

【公開】
2022年映画(イギリス映画)

【原題】
Silent Night

【脚本・監督】
カミラ・グリフィン

【製作】
マシュー・ボーン、トルーディ・スタイラー、セリーヌ・ラトレイ

【キャスト】
キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、ローマン・グリフィン・デイビス、アナベル・ウォーリス、リリー=ローズ・デップ、ショペ・ディリス、カービー・ハウエル=バプティスト、ルーシー・パンチ、ルーファス・ジョーンズ、ハーディ・グリフィン・デイビス、ギルビー・グリフィン・デイビス

【作品概要】
人類最後のクリスマスを迎える家族と、その友人たちの人間ドラマを描いたホラー・コメディー。「キングスマン」シリーズのマシュー・ボーンが製作を務めています。

最後のクリスマスパーティーを主催する、家族の母親ネルを『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』(2003)で、ヒロイン役エリザベスに抜擢されて以降、数々の話題作に出演しているキーラ・ナイトレイが演じています。

ネルの夫サイモンを演じるマシュー・グードは『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』(2014)などに出演し、英米の映画で活躍しています。

また『ジョジョ・ラビット』(2019)で、映画初主演を果たしたローマン・グリフィン・デイビスが、ネルとサイモンの子供を演じており、ローマンの母親であるカミラ・グリフィンが、本作の監督と脚本を手掛けています。

映画『サイレント・ナイト』のあらすじとネタバレ


(C)2020 SN Movie Holdings Ltd

クリスマスの準備に大忙しのネルとサイモン夫婦。

ネルとサイモンの子供であるアートと、双子のトーマスとハーディも、パーティーの準備をしています。

そこへ集まって来た、ネルとサイモンの学生時代の友人たち。

ネルの親友サンドラは、学生時代は美貌の持ち主でしたが、今は冴えない夫のトニーと結婚し、キティという娘と3人家族です。

キティは面倒くさい性格から、アートたちに嫌がられていました。

更にベラとその恋人であるアレックス、サンドラが「王子様」と呼ぶジェームスと恋人のソフィーも、ネルとサイモンのパーティーに参加します。

ですが、全員どこか乗り気ではなく、関係がギクシャクしている様子です。

それでも夜になり、パーティーが開かれます。

サイモンは無理に盛り上げようとしますが、ソフィーが深刻な話を始めた為、クリスマスパーティーの楽しい雰囲気が壊れます。

実は、地球全体に謎のガスが発生し、人類が死滅していっていました。

ネルたちが住む地域にも、毒ガスが蔓延しており、今日が最後の夜になったのです。

人類に残された選択は「ガスを吸って苦しんで死ぬか?薬を飲んで楽に死ぬか?」の2つです。

人類最後のクリスマスに集まった参加者からは、不穏な空気が流れ始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『サイレント・ナイト』ネタバレ・結末の記載がございます。『サイレント・ナイト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2020 SN Movie Holdings Ltd

クリスマスパーティーのメインとも言える、プレゼント交換。

ですが、アートがキティに苛立ったことから、再び不穏な空気が流れるようになります。

ネルを始め大人たちは「薬を飲んで楽に死ぬことが正しい判断」と信じていましたが、アートはそこに疑問を抱いていました。

また、ソフィーが妊娠をしており、薬を飲まない判断をしていたことで、アートがソフィーの影響を受けます。

アートの祖母も薬を飲んで死ぬ道を選択しますが、祖母を失ったアートは、薬を飲むことへの抵抗感が強くなります。

説得しようとする、ネルとサイモンを突っぱねて、アートは森へと走って行きます。

ですが、そこで見たのはガスで死んだと思われる、家族連れの姿でした。

ショックを受けたアートは、サイモンと一緒に家へ戻ります。

そして日付が変わり、迎えてしまった最後の日。

ガスを吸ってしまったアートの肌は赤くただれ、アートはそのまま意識を失います。

ネルたちは「アートがガスの影響で死んでしまった」と感じ、家族で用意していた薬を飲み、眠るように息を引き取ります。

ネルの家に集まった友人たちも、薬を飲んで眠るように亡くなりました。

そして、ガスがネルたちの住む地域から消え、青空が広がった瞬間、唯一薬を飲んでいないアートだけが、目を覚まします。

映画『サイレント・ナイト』の感想と評価


(C)2020 SN Movie Holdings Ltd

地球最後のクリスマスに開催された、不穏な空気のクリスマスパーティーを描いたホラー・コメディ『サイレント・ナイト』

本作の冒頭では、ネルとサイモンが、友人を招いたクリスマスパーティーの準備を進めていくのですが、ニンジンを切っていたアートが手を怪我し、その血がニンジンにかかるという、何とも言えない嫌な場面から始まります。

その後、ネルの屋敷に、パーティーに招かれた学生時代の友人たちが集まるのですが、全員なんとなくパーティーに参加することを嫌がっているように見えます

そこに、空気の読めない少女キャンディが登場したり、キッチンに集まったネルの友人が先程血がかかったニンジンをボリボリ食べたりと、前半はブラックコメディの要素が強いです。

この時点では「人類最期の時が迫っている」という部分は、まだ説明されていません。

ですが、クリスマスパーティーが始まった食事の場面から、地球を覆い始めた毒ガスの話が始まり、それ以降、作中で起きている状況が次々に説明されていきます。

理由は不明ですが、謎の毒ガスが発生し「そのガスを吸うと苦しみながら絶命する」と、研究者たちが発表しています。人類には成す術が無く、唯一の選択肢は薬を飲んで苦しまずに死ぬことです。

「クリスマスパーティーやってる場合か!」とツッコミたくもなりますが、成す術が無い為、何もかもを諦めて、日常を過ごすしかないのでしょう。

完全に諦めた状態でのクリスマスパーティー、やけくそ気味のプレゼント交換やダンスパーティーが何とも痛々しい場面となっています。

その生きることを完全に諦め「どちらにしても、死を受け入れないといけない」という状況に、疑問を持ったのがアートです。

アートは「研究者の発表が嘘で、薬を飲むことが間違いではないか?」と疑問を感じるようになりますが、大人たちは全く聞く耳を持ちません。生き延びる術を模索するアートが、全てを諦めた大人たちにより、異質のような扱いを受ける展開は、なかなか心にくるものがあります

本作のラストは、一度ガスを吸って意識を失ったアートが、唯一薬を飲まずに生き延びるという展開になります。ただ、アートが目を覚ましたところで映画は終わるので「ガスを吸ってしまったアートは本当に無事だったのか?」それは、ハッキリと分かりません

ラストシーンについては、アートの意思が現状を克服したという、成長を感じる意味があったようです。

『サイレント・ナイト』で描かれているのは「誰が正しかったか?」ではなく、未曽有の事態に直面し、正常な判断ができなくなった人たちの恐ろしさです。

どこか、近年のコロナによるパンデミックの混乱を連想させる、社会風刺的な展開に感じますが、監督のカミラ・グリフィンが、本作の脚本を書いたのは2018年

カミラ・グリフィンは、軽い語り口の作品を目指したそうですが、皮肉的にも、フィクションと現実が重なってしまったという、ある意味恐ろしい作品に仕上がっています。

まとめ


(C)2020 SN Movie Holdings Ltd

『サイレント・ナイト』では「家族」という存在が、テーマにもなっています

ネルとサイモンの家族の他、サンドラとトニーの、どこかぎこちない家族。ベラとアレックスの同性カップル、ジェームスとソフィーの年の差カップルと、さまざまな家族やカップルが登場します。

そして、有毒ガスと直面し、それぞれの家族とカップルが最期の時を迎えます

設定がクリスマスなのは、さまざまな家族やカップルを1つの場所に集め、人間ドラマを見せる為なんですね。

また、監督のカミラ・グリフィンの、実際の3人の子供もメインで出演しているという、なかなかユニークなキャスティングになっています。

『サイレント・ナイト』は、ロックダウンが迫っていた時期に撮影されており、かなりバタバタしていたそうですが、カミラと3人の子供の家族の力で完成させた作品でもありますね。



関連記事

ホラー映画

死霊館3 悪魔のせいなら、無罪。ネタバレ結末あらすじと感想考察。実話⁈心霊研究家ウォーレン夫妻がオカルト事件を調査したミステリーとは?|SF恐怖映画という名の観覧車154

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile154 3億ドル以上もの興行収入を達成した、2010年代を代表するホラー映画『死霊館』(2013)。 実在の心霊現象研究家であるウォーレン夫妻を …

ホラー映画

映画『13日の金曜日』あらすじネタバレと感想解説。ジェイソンを最強ホラーに押し上げた監督ショーン・S・カニンガム

スラッシャー映画の歴史に燦然と輝く金字塔作品『13日の金曜日』 80年代スラッシャー映画シーンの筆頭に挙げられるサスペンスホラー映画『13日の金曜日』。 あるいわくつきのキャンプ場で起きた凄惨な連続殺 …

ホラー映画

映画『アス』あらすじネタバレと感想。ジョーダン・ピール監督の新作の内容とは⁈

ジョーダン・ピール監督の最新作『Us』 2017年に大ヒットしたホラー映画『ゲット・アウト』。 監督を務めたジョーダン・ピールが、新たな恐怖の物語を生み出しました。 今回は2019年9月6日に日本で公 …

ホラー映画

映画『フッテージ』ネタバレ感想と結末あらすじ。どんでん返しホラーに登場する犯罪小説家を通じて観客が同一化される怖さ

連続殺人の死にまつわる不可思議な秘密を解き明かす者は死ぬ、ホラー映画『フッテージ』。 『フッテージ』は、家族連続殺人事件の真相を探る為に、殺人現場の家に引っ越して来た犯罪小説家が、家に残された前代未聞 …

ホラー映画

『ゴーストマスター』映画監督トビーフーパーへの敬愛と【スペースバンパイアの結末】にリスペクトした理由を深掘り考察

映画『ゴーストマスター』は2019年12月6日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー! 映像企画発掘コンペ「TSUTAYA CREATERS’PROGRAM FILM 201 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学