Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『ハッピーボイスキラー』感想とラスト考察。動画無料視聴方法も

  • Writer :
  • 山田苺

アメリカ版ポケットモンスターにて、ピカチュウの声優を担当することが決まったライアン・レイノルズ。

デッドプールでやりたい放題のうえ、愛嬌あるピカチュウを演じるなんて…と、考えるだけで不安な方の気持ちを払拭する作品をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ハッピーボイス・キラー』の作品情報


(C)2014 SERIAL KILLER, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2015年(アメリカ映画)

【原題】
The Voices

【監督】
マルジャン・サトラピ

【キャスト】
ライアン・レイノルズ、ジェマ・アータートン、アナ・ケンドリック、ジャッキー・ウィーバー、アディ・シャンカール

【作品概要】
バスタブ工場で働くジェリーは、過去のある出来事がきっかけで精神科でカウンセリングを受けながら、犬と猫と共に暮らしています。

同僚の女性に恋心を抱くも、弾みで殺人事件を起こしてしまったジェリーは、心の病も相まって、犬と猫の声に導かれながら、狂気の行動を引き起こしてしまい・・・

という、一見サイコな話を、ポップでキャッチーに描くという異色作です。

ちなみに犬と猫のセリフは、ライアン・レイノルズ本人が声優として担当しています。

▼映画『ハッピーボイス・キラー』は Huluにてご覧いただけます。
映画『ハッピーボイス・キラー』を今すぐ見る

2.映画『ハッピーボイス・キラー』のあらすじとネタバレ


(C)2014 SERIAL KILLER, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ミルトンバスタブ工場の出荷担当として働く青年ジェリー。

彼は一見普通に見えて、過去に母親との出来事がきっかけで精神科にカウンセリングに通っていました。

ある日、上司から会社で行うパーティーの準備を担当して欲しいと頼まれ渋るジェリー。

しかし経理のフィオナも一緒に担当することを聞くと、2つ返事で引き受けます。

フィオナに恋心を抱くジェリーは、打ち合わせの時から彼女に好意を抱いてもらいたいと必死。

しかし、経理にはジェリーの過去に興味を持つ人や、その過去を不気味に感じる人もおり、フィオナもそのひとりでした。

フィオナと仲良くなるきっかけを手にしたジェリーは、有頂天で家に帰ると犬のボスコを可愛がります。

すると、部屋の隅から男の声がし、ジェリーに今の状況は良い意味ではないと警告する声が聞こえてきます。

カウンセリングでも上機嫌のジェリーは、会社のパーティー後、フィオナを中華料理店に食事に誘おうとしますが、オフィスにフィオナはおらず、代わりに彼女の同僚であるリサに伝言を頼みます。

フィオナは約束を取り付けられるのを避けるため、デスクに隠れていました。

おまけの誘われた日は、同僚達とカラオケに行く予定だったので、留守電に断りの電話を入れることに。

その留守電を聞かなかったジェリーは、閉店するまでお店でフィオナを待ち続け、フィオナは同僚とカラオケでハシャギます。

外は大雨で、フィオナは車に乗り込むも故障のため動かなくなっていました。

すると、ちょうどそこへジェリーの車が通り過ぎたので、フィオナは必死に呼び止めます。

ずぶ濡れでやけになったフィオナは空腹なので、一緒に食事をしようと強引にジェリーを誘います。

町外れにあるお店へ向かう道中、ジェリーは楽しそうに話しますが、突然目の前に巨大な鹿が現れると車で撥ねてしまいます。

フロントガラスに頭を突っ込んだままの鹿は、虫の息でジェリーにとどめを刺してくれと懇願し、ジェリーはその願いに答えます。

ナイフで鹿の首を掻っ切るジェリーを見て、恐怖でパニックになったフィオナは、濡れた服を脱いで下着のままにも拘らず、森の中へ逃げ出します。

ナイフを持ったまま、誤解を解こうと彼女を追うジェリーですが、躓いた弾みでフィオナを刺してしまいます。

そして鹿と同じように、衰弱していく彼女に何度も謝りながら、ナイフで執拗に突き刺して、トドメを刺すのでした。

家に帰ると、犬のボスコと、猫の Mr.ウィスカーズが、ジェリーに話しかけてきます。

警察に自首しようというボスコと、本能のままに行動したジェリーを賞賛するMr.ウィスカーズ。

悩んだ末にジェリーは、遺体を回収しようと翌朝現場へ戻ります。

すると、そこにはまるで何事もなかったかのように眠るフィオナの姿。

安心したジェリーは彼女を抱きかかえ車に戻りますが、フィオナのいた場所には彼女の臓物が残っているのでした。

ホームセンターで買い物をしていると、町の保安官がジェリーに声をかけてきます。

しかし車の損傷を気にしただけで、買ったものには問いただされませんでした。

ジェリーは家に戻ると、台所でフィオナを鋸で解体し、タッパーに丁寧に詰め込んでいきます。

そして残ったフィオナの生首を冷蔵庫にしまうのですが、今度は生首のフィオナがジェリーに話しかけてきます。

彼女は、自分をこんな目にし合わせたとして、ジェリーが今まで飲まずにおいた薬を飲むよう訴えます。

言われるがまま薬を飲むと過去のトラウマを思い出し、目を覚ますと今までの明るい部屋は一転、ごみとペットの糞尿があちこちに積まれた、人の住めるようには思えないあり様でした。

薬を飲んだことで長い幻覚から覚めたジェリーは、冷蔵庫を開けるとそこには惨いフィオナの生首がありました。

現実から逃げるようにジェリーは薬を全て捨てて、もう一度眠ると、部屋は以前の状態に元通り。

フィオナもペットも語りかけてきますが、彼女は一人で冷蔵庫にいるのはイヤだから、「友達が欲しい」と言い出します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ハッピーボイス・キラー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハッピーボイス・キラー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ジェリーが目を付けたのは、フィオナの同僚リサ。

しかし意外なことに彼女は、ジェリーに好意を寄せており、2人の話は弾みます。

ジェリーはリサを連れ、自分の生まれた家に行きます。

そこでは自分と同じく精神を患った母親が、義父によって精神病に連れて行かれそうになり、それを拒みむ亡くなった場所でした。

母親は自分でのどを掻っ切ったのち、まだ幼いジェリーにトドメをさしてくれと頼むのでした。

警官が部屋に乗り込むと、そこには死んだ母親と、泣きながら血まみれになっているジェリーの姿がありました。

自分の過去をリサに打ち明けると、彼女は彼を慰め、優しく口づけをします。

一緒に家を去るとき、ジェリーは隠していたナイフを家に置いていくのでした。

結ばれた2人は、順調な関係を築き、リサはジェリーにサプライズを仕掛けるために、こっそり彼の住所を調べます。

しかしフィオナの生首と話している最中に、リサはジェリーの家を訪ねてしまい、ジェリーの本性を知ってしまいます。

結局、リサも生首となってしまい、フィオナと一緒に冷蔵庫に入れられてしまいます。

職場では2人も連絡が取れないことや、ジェリーが幼少期に起こした出来事を知った、もう一人の同僚ジェリーの家を訪ねます。

困惑するジェリーに、Mr.ウィスカーズは良い案があるとアドバイス…。

こうしてめでたく冷蔵庫には経理の3人の頭部が収められます。

ボスコはジェリーに失望し、Mr.ウィスカーズは3人も処理をしたのだから、後は何人やったっても楽勝だと更なる快楽追及を促してきます。

次第に喋るはずのモノからの声に悩まされたジェリーは、カウンセラーに診察に行くと彼女を誘拐して家まで連れて帰ります。

拘束した状態で自宅にカウンセラーを招きいれるジェリー。

彼女はひどく荒れ果てた室内と、ジェリーの生首を見て悲鳴を上げます。

すると、ジェリーが帰宅する前に、様子を探りに来た会社の社員が警察に通報しており、自宅周辺は完全に包囲されました。

ジェリーは裏口から脱出を図りますが、弾みでガス管を破壊してしまい、カウンセラーが無事に脱出すると大爆発。

燃え盛る炎の中、ボスコもといジェリーの心の声は、そのまま身を任せこの世に別れを告げろといいます。

Mr.ウィスカーズの声も根負けし、最終的に2匹は和解すると、ジェリーの頭の中から去っていきます。

ジェリーは眠るように、燃える部屋の床へ横たわるのでした。

スポンサーリンク

3.映画『ハッピーボイス・キラー』の感想と評価


(C)2014 SERIAL KILLER, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

今作では一人で猫と犬(と鹿)の声も担当しているライアン・レイノルズ。

きちんと動物のビジュアルのトーンに合わせた吹込みをしているだけでなく、猫の声もいかにも悪そうな声を当てています。

そして全体の雰囲気もジェリーの精神が安定?しているときは明るく、そうでない時ほど目を背けたくなるような現実のコントラストもすさまじいです。

たぶん、リサやもう一人の同僚が生首になるときには、あっという間という演出だったので、ホラーというよりかは、ポップとダークの差を描きたかったのかなと思いました。

ちなみにフィオナ役のジェマ・アータートンなんかは、あのダイナマイトボディがあってこその魅力なのに、生首になってしまったときは本当に悲しかったです…

そもそも「ハッピー」ボイス・キラーだなんてタイトル詐欺もいいところだ!と言う人(当方含む)もいそうですが大丈夫!

ラストのラストで皆ハッピー!楽しいことだけを考えたくなるラストで、きっと貴方もウキウキです!(本当に)

あと、主人公が天に召されるシーンですが、イエスキリストがフォークリフトを運転して、荷台にいるジェリーがキメ顔で上昇(昇天)していくという演出を見て「こういう方法もあるのかぁ~」と感心してしまいました。

まとめ

今作のライアン・レイノルズの演技&吹き替えを見ていただければ、ピカチュウ役も案外適任な気がしてきませんか?

さすがに犯罪幇助してくるピカチュウは、子供がガチ泣きそうですが…。

最初は必死にギコギコ四肢切断していたシーンも、回数を重ねるごとに、まるで息をするかのごとく処理して、冷蔵庫にINしていく様はドン引きです(もちろん、ほめ言葉)

あと、生首で冷蔵庫に入れられている演技をする女優さんは、一体どういうモチベーションで役に挑んでいるのか。

小一時間くらい問うてみたいです。久々に上質なカルト映画を発見してしまいました…。

さて、『ハッピーボイス・キラー』が観られるHuluでは現在2週間無料トライアルを実施中

▼映画『ハッピーボイス・キラー』は Huluにてご覧いただけます。
映画『ハッピーボイス・キラー』を今すぐ見る

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

ホラー映画

映画『死霊館 エンフィールド事件』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

惜しげもなく現実に存在する怖さを知らしめた前作『死霊館』の続編『死霊館 エンフィールド事件』。 大人気シリーズ「死霊館」の第2作『死霊館 エンフィールド事件』を紹介していきます。 スポンサーリンク C …

ホラー映画

映画『ミッドサマー』あらすじネタバレと感想。「ヘレディタリー」を軽々と凌駕する狂気に満ちた夏祭り!

A24がアリ・アスター監督と共に制作した映画『Midsommar(原題:夏至祭)』 『ミッドサマー』は、2018年最恐と言われた『ヘレディタリー/継承』を監督したアリ・アスターの第2弾作品。 内容を1 …

ホラー映画

韓国ゾンビ映画『新感染ファイナルエクスプレス』あらすじとキャスト!

2017年9月1日(金)より、東京・新宿ピカデリーほか全国公開されるサバイバル・ゾンビホラー『新感染ファイナル・エクスプレス』。 カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門に出品されると、ジャー …

ホラー映画

映画『透明人間(2020)』あらすじネタバレと感想。リーワネル監督のリメイク版はサイコスリラーの妙味

リー・ワネル監督×エリザベス・モス主演の最新作映画『透明人間(2020)』 映画『透明人間』(2020)は、1897年に出版されたH・G・ウェルズ原作の『透明人間』に登場するキャラクターを基に「ソウ」 …

ホラー映画

映画『アナベル死霊博物館』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末はホラー版ナイトミュージアム⁉︎

映画『アナベル 死霊博物館』は2019年9月20日(金)よりロードショー。 2013年に第1作目が公開され、世界中のホラーファンを恐怖に陥れ魅了してきた「死霊館」シリーズ。 2019年、おなじみの怖く …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP