Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2023/06/09
Update

『Pearlパール』あらすじ感想と評価考察。A24製作ホラー映画《Xエックス》のキラー老婆の“はじまり”の物語

  • Writer :
  • 松平光冬

2023年7月7日(金)から映画『Pearl パール』はTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開!

スターを夢見る少女は、いかにしてシリアルキラーとなったのか?

タイ・ウェスト監督&ミア・ゴス主演のホラー「X エックス」のシリーズ第2作で、1970年代が舞台だった『X エックス』の60年前を描く前日譚となる映画『Pearl パール』が、2023年7月7日(金)より全国公開となります。

A24製作による「X エックス」に登場した極悪老婆パールの若き日をタイ・ウェスト監督が描き、夢見る少女だったパールが、なぜ⁈シリアルキラーへと変貌したかが明らかにされます。

ミア・ゴス主演の『X エックス』(2022)の前日譚となる、シリアルキラー・パールの若かりし頃の姿を描くホラーの見どころをご紹介します。

映画『Pearl パール』の作品情報


(C)2022 ORIGIN PICTURE SHOW LLC. All Rights Reserved.

【日本公開】
2023年(アメリカ映画)

【原題】
Pearl

【製作・監督・脚本・編集・キャラクター創造】
タイ・ウェスト

【共同製作】
ジェイコブ・ジャフク、ケビン・チューレン、ハリソン・クライス

【製作総指揮】
ミア・ゴス、ピーター・ポーク、サム・レビンソン、アシュリー・レビンソン、スコット・メスカディ、デニス・カミングス、カリーナ・マナシル

【共同脚本】
ミア・ゴス

【撮影】
エリオット・ロケット

【キャスト】
ミア・ゴス、デヴィッド・コレンスウェット、タンディ・ライト、マシュー・サンダーランド、エマ・ジェンキンス=プーロ

【作品概要】
A24が2022年に発表したタイ・ウェスト監督によるホラー『X エックス』に登場したシリアルキラー、パールの若かりし頃を描きます。

『X エックス』で主人公のマキシーンとパールを一人二役で演じたミア・ゴスが若きパールを演じており、脚本と製作総指揮も兼任。

完結編となる現在製作中の『MaXXXine(原題)』と合わせて、A24初の三部作としても注目が集まっています。

映画『Pearl パール』のあらすじ


(C)2022 ORIGIN PICTURE SHOW LLC. All Rights Reserved.

1918年、テキサス。敬虔で厳しい母ルースと、車いす生活を余儀なくされる父と暮らすパール。若くして結婚した夫ハワードは第一次世界大戦に出征しており、父の世話と家畜の餌やりの日課に、鬱屈とした日々を送っていました。

スクリーンの中で歌い踊る華やかなスターに憧れるパールは、ルースに内緒で観た映画に触発され、外の世界へのあこがれを強めていきます。

しかしながら、「お前は一生農場から出られない」とルースに諫められたのをきっかけに、抑圧されてきた狂気が暴発していき…。

映画『Pearl パール』の感想と評価


(C)2022 ORIGIN PICTURE SHOW LLC. All Rights Reserved.

純真無垢なシリアルキラー誕生を描く

第95回アカデミー賞で、『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』(2023)の作品賞を含む7部門受賞、さらには『ザ・ホエール』(2023)での主演男優賞(ブレンダン・フレイザー)受賞と、映画界の新潮流となった製作会社・A24。

そのA24が2022年に発表したタイ・ウェスト監督・脚本のホラー『X エックス』は、農場に迷い込んだ若者たちを襲う老婆・パールの殺戮ぶりが話題となりましたが、本作『Pearl パール』は、そのパールの若かりし頃を描いた続編にして、前日譚となります。

『X エックス』の撮影前から本作のアイデアがあったというウェストは、『X エックス』でパールに襲われるマキシーンと、そのパールの⼆役を演じたミア・ゴスと共にストーリーを構築。

「ミアなしじゃ映画を作れないと思っていたから、最初から相談していた」というウェストの言葉どおり、ミアの本作への意気込みは、脚本とエグゼクティブ・プロデューサーとして参加している点でもうかがい知れるというもの。

夢見る女性パールが、なぜ純真無垢で残酷なシリアルキラーへと変貌したのか?本作ではその誕生が明かされることとなります。

クラシックな映像と劇伴で綴る惨劇

(C)2022 ORIGIN PICTURE SHOW LLC. All Rights Reserved.

第一次世界大戦末期となる1918年の、テキサスの片田舎で暮らすパールは、世界の映画スターになる夢を持つ女性。しかしながら現実は、生活のすべてを厳格な母ルースに支配され、体が不自由な父の介護を余儀なくされる毎日。

そんなある日、町の劇場でミュージカル映画を観たことで、憧れをさらに募らせたパールは、地方を巡回するショーのオーディションがあることを聞きつけ、密かに参加しようと考えます。

若者たちが突如襲われるストーリーをザラついたフィルム画質で描いた前作『X エックス』は、『悪魔のいけにえ』(1974)、『悪魔の沼』(1977)のトビー・フーパー監督作にオマージュを捧げていましたが、本作ではクラシックなミュージカル作品、ズバリ言うと『オズの魔法使』(1939)を意識しています。

退屈な日常から逃避しようとする少女ドロシーはパールと重なりますし、映像も『オズの魔法使』での魔法の国オズの世界を表現した美しいテクニカラーを使用(カカシが意外な形で登場するのもご愛嬌)。

劇伴においても、生の楽器を使ったフル・オーケストラによる絢爛豪華な楽曲は、往年のミュージカル作品を思わせます。

しかし、本作で描かれるのは華やかなファンタジーではなく、世にもおぞましい惨劇です。

(C)2022 ORIGIN PICTURE SHOW LLC. All Rights Reserved.

ドロシーのような純真無垢な性格のパール。しかしドロシーと違うのは、狂気も持ち合わせていたという点。

スタンダップコメディアンを目指す『ジョーカー』(2019)のアーサーのように、ショービジネスの世界を夢見るパールでしたが、その夢をルースに諫められるうち、潜んでいた狂気が前面に表れていきます。

『ジョーカー』に影響を与えた『キング・オブ・コメディ』(1982)を撮ったマーティン・スコセッシ監督が、本作に賛辞を贈ったというのも納得できるというもの。

なりたい者になれなかった者の無念が最悪の形に――『X エックス』を観た方なら、シリアルキラーであるはずのパールに同情すること必至ですし、『X エックス』を未見の方が本作から先に観ても、時系列順に楽しめるかと思います。

(C)2022 ORIGIN PICTURE SHOW LLC. All Rights Reserved.

まとめ


(C)2022 ORIGIN PICTURE SHOW LLC. All Rights Reserved.

とにかくパール役のミア・ゴスの演技が圧巻の本作『Pearl パール』。『雨に唄えば』(1952)から『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000)まで数多くの新旧のミュージカルを参考にしたという役作りは、終盤で存分に活かされています。

とりわけ、同じく終盤での長回しで映されるミアの“顔演技”のスゴさは、言語に絶します。

そのミアは、続編にして完結編となる『MaXXXine(原題)』にも出演。タイトルからして『X エックス』のマキシーンの再登場が示唆されており、こちらも注目したいところ。

『MaXXXine(原題)』(2023)

新たなホラークイーンの称号を獲得したといえるミア・ゴス。間違いなく『Pearl パール』は、彼女の代表作になるでしょう。

映画『Pearl パール』は、2023年7月7日(金)より東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

関連記事

ホラー映画

映画『リトル・ジョー』内容解説と考察。エミリー・ビーチャム主演で女性監督が手掛けるサイエンススリラー

映画『リトル・ジョー』は2020年7月17日(金)アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー 幸せになる香りを放つという新種の植物がもたらす不安を描いた異色のスリラー。 主演のエミリ …

ホラー映画

聖ゾンビ女学院あらすじ!虹コンメンバー映画舞台挨拶は?上映館一覧も

新型ウィルスにより人肉を喰らう通称“ギンプ”がという死者が大量発生!文明の99%が絶滅した世界で、未来のために学園いる7人の少女たちが戦いを挑む! 少女たちを演じるのは、声優、イラスト、コスプレなど、 …

ホラー映画

Netflix映画『呪われし家に咲く一輪の花』ネタバレ感想と考察。美しいホラーは“私の恐怖”を詩的な展開と真相で描く

見ているのに見えない恐怖が静かに追い込む、真相の正体を目にした時に彼女を襲った衝撃は死に値する恐怖 本作は怖がりな看護師がホラー小説家の介護をするために、人里離れた森の一軒家で住み込みで働き、小説にま …

ホラー映画

映画『哭悲(こくひ) THE SADNESS』あらすじ感想と解説評価。凶暴性ウイルスによって人間として“尊厳と恐怖”描くパニックホラー

映画『哭悲/THE SADNESS』は2022年7月1日(金)より全国ロードショー! 恐ろしいウイルスの感染拡大で地獄と化した台湾の街。二人の男女はこの恐怖から逃げ切れるのか? 台湾で感染拡大をつつけ …

ホラー映画

ホラー『禁じられた遊び』映画原作のネタバレあらすじと感想評価。清水カルマの死者が蘇る怖い描写で倍増するものとは⁈

清水カルマのホラー小説『禁じられた遊び』がついにスクリーンに! 第4回「本のサナギ賞」大賞受賞の小説『禁じられた遊び』。 著者の清水カルマが新人離れした恐怖の表現力で描いた人気ホラー小説が映画化される …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学