Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2019/08/10
Update

『ゴーストランドの惨劇』あらすじとホラー映画解説。ラストのセリフに込められた意味とは?

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

『ゴーストランドの惨劇』は2019年8月9日より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

人里離れた叔母の家に引っ越した事から、ある一家が遭遇する惨劇と、その後の物語を描いたパスカル・ロジェ監督によるホラー作品『ゴーストランドの惨劇』

今回は、本作を楽しむ上での見どころを紹介します。

スポンサーリンク

映画『ゴーストランドの惨劇』の作品情報


(C)2017 -5656 FILMS -INCIDENT PRODUCTIONS -MARS FILMS -LOGICAL PICTURES

【日本公開】
2019年(フランス・カナダ合作映画)

【原題】
Incident in a Ghostland

【監督】
パスカル・ロジェ

【キャスト】
クリスタル・リード、アナスタシア・フィリップス、テイラー・ヒックソン、ロブ・アーチャー、ミレーヌ・ファルメール、エミリア・ジョーンズ

【作品概要】
ホラーファンの間で話題となった、2009年の作品『マーターズ』で知られるパスカル・ロジェの、2012年の作品『トールマン』以来、6年ぶりの新作となる映画『ゴーストランドの惨劇』。

テレビドラマ『GOTHAM/ゴッサム』のソフィア・ファルコン役で知られる、クリスタル・リードと、カナダのテレビドラマを中心に活躍しているアナスタシア・フィリップスが、惨劇に遭遇する双子の姉妹として共演しました。

映画『ゴーストランドの惨劇』あらすじ


(C)2017 -5656 FILMS -INCIDENT PRODUCTIONS -MARS FILMS -LOGICAL PICTURES
シングルマザーのポリーンは、人里離れた叔母の家を相続し、双子の娘と共に移り住むことになりました。

双子の娘の姉のヴェラは、化粧をしたり、ボーイフレンドと交際したりする現代的な性格ですが、妹のベスは、ホラー小説の執筆を趣味にしている、内向的な性格です。

3人は叔母の家に向かう途中、キャンディ屋のトラックに遭遇します。

ベスはトラックに手を振りますが、ヴェラはふざけて中指を立てていました。

また、途中で立ち寄った雑貨店で、ベスは「家族キラー」の記事を目にします。

それは、ある家族が住んでいた屋敷に押し入った男が、両親を殺害し、そのまま家に居座り、10代の女の子を監禁していたというショッキングなニュースでした。

ベスは、この記事に興味を持ちますが、ヴェラは「作り話」と馬鹿にしたようでした。

深夜になり、ようやく叔母の家に到着した3人。

ですが、変わり者だった叔母の屋敷は、からくり仕掛けの家具があったり、人形があったりと、不気味な雰囲気を持っており、ヴェラは早速不機嫌に。

引っ越しも終わり、屋敷での最初の夜を迎えるはずでしたが、突然、屋敷内に大男が現れ、ポリーンに襲いかかります。

大男は、ヴェラとベスにも襲いかかり、屋敷の地下室へと連れ去りました。

ベスは隙を見て逃げ出そうとしますが、黒い衣装に身を包んだ何者かが、行く手を遮ります。

絶対絶命の状況となりますが、姉妹を救うために、2人の侵入者に刃物を振りかざすポリーン。

16年後、ホラー小説作家として成功したベスは、結婚して新たな場所で生活をしていますが、今でも16年前の惨劇を悪夢で見ていました。

そこへ、ヴェラから電話がかかってきます。

精神を病んでおり、今もポリーンと共に叔母の屋敷に住んでいるヴェラは、何かに怯えている様子でした。

心配したベスは、ヴェラの様子を見る為に、叔母の屋敷に向かいます。

屋敷に到着したベスを、いつもと変わらない様子のポリーンが出迎えてくれました。

しかし、ヴェラは自ら地下室に閉じこもり、奇行を繰り返していました。

屋敷内の不気味さに違和感を覚えながら、何者かに怯えるヴェラを心配するベス。

そしてベスは、ある真実と恐怖に直面する事となります。

スポンサーリンク

ベスが見る悪夢の秘密


(C)2017 -5656 FILMS -INCIDENT PRODUCTIONS -MARS FILMS -LOGICAL PICTURES

本作『ゴーストランドの惨劇』は、現実と虚構が入り乱れ独自の世界観を作り出しています。

監督のパスカル・ロジェは「誰かの夢の世界を、現実のように映像化する事」が、本作を製作するキッカケになった事を語っています。

そして、物語の鍵となるのは16年前の惨劇。

ベスは、大人になっても16年前の惨劇が心に焼き付いており、悪夢として見るようになっています。

そして、実体験が元になっていると言われている、新作小説。その小説のタイトルは『ゴーストランドの惨劇』です。

ですが、この16年前の惨劇は不可解な点が多く、「どこまで現実で、どこまでが虚構なのか?」が疑問に残り、物語前半の主軸となっていきます。

ヴェラが怯える恐怖の正体


(C)2017 -5656 FILMS -INCIDENT PRODUCTIONS -MARS FILMS -LOGICAL PICTURES

物語前半の大きなもう1つの要素として、何者かを恐れ、精神に異常をきたしてしまったヴェラの存在があります。

10代の頃は、小説家を目指すベスを馬鹿にし、扱いづらい部分のある、今どきの女の子という印象でしたが、大人になったヴェラは、自ら地下に閉じこもり、時には人形のようなメイクで自らをベッドに縛り付けるなど、奇行が目立つようになります。

ヴェラが変わってしまった原因は、恐らく16年前の惨劇が原因でしょう。

同じ体験をしているはずなのに、何故ヴェラだけ変わってしまったのでしょうか?

そして、ヴェラが恐れる何者かの正体は?

ここも、物語を解き明かす重要なポイントとなります。

スポンサーリンク

中盤に明かされる惨劇の「真実」


(C)2017 -5656 FILMS -INCIDENT PRODUCTIONS -MARS FILMS -LOGICAL PICTURES

本作は、上述した2つの謎が、物語を進める重要な部分となります。

そして、この2つの謎は、映画中盤の「ある出来事」がキッカケで、全て明らかになります。

それは、16年前の惨劇の真実となっており、本作は全てが明らかになった後が、恐怖の本番とも言えます。

最近は『へレディタリー/継承』や『マローボーンの掟』のような、作中に仕掛けがされており、その仕掛けが恐怖を増長させるという、変則的なホラー作品の名作が多く製作されています。

『ゴーストランドの惨劇』も、定番とも言えるホラー作品の展開にひねりを利かせ、斬新なストーリーに作り上げた見事な作品となっています。

まとめ


(C)2017 -5656 FILMS -INCIDENT PRODUCTIONS -MARS FILMS -LOGICAL PICTURES

虚構と現実が入り乱れた独特の世界観で、視覚的にも精神的にも、恐怖を感じる展開が目白押しの本作。

ですが、作品で深く掘り下げられているのは、人間の内面です。

それは、姉妹の関係であったり、夢を追いかける芸術家の覚悟であったり、現実の恐怖に立ち向かう人間の本質的な強さであったり、さまざまな人間の感情が描かれています。

恐怖に直面した人間の不安定な感情や、行動心理を表現する為に、本作ではカメラを固定する事無く、常に動かし続けるという方法で撮影されており、ここにも人間の感情を深く掘り下げた、こだわりを感じます。

パスカル・ロジェ監督はベスに共感しており「僕自身」ともインタビューで答えています。

本作の最後は、ベスのあるセリフで終わりますが、そのセリフには、人間の決意と強さが込められていると感じます。

恐怖だけではなく、人間の強さも描いた本作。作品の仕掛けと共に、物語に込められたメッセージも、是非受け取って下さい。

映画『ゴーストランドの惨劇』は2019年8月9日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーです。



関連記事

ホラー映画

Netflixオリジナルドラマ『呪怨 呪いの家』ネタバレ感想と考察評価。映画の原点回帰と新たなガチ恐に挑んだ内容を深掘り解説

2000年にビデオ作品として発売されて以降、その理不尽とも言える呪いの恐怖が話題になり、今やハリウッド版でリメイクされるほどの人気作品となった「呪怨」シリーズ。 映画版は一度終わりを迎えましたが、20 …

ホラー映画

【映画 樹海村ネタバレ】結末ラスト感想とエンドロール解説考察。山田杏奈×山口まゆ演じる姉妹の運命分けた“約束”と“呪い”への変質

映画『樹海村』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー公開! 2020年に大ヒットした『犬鳴村』に続く「恐怖の村」シリーズ第2弾であり、「自殺の名所」と知られる富士・青木ヶ原樹海、インターネット …

ホラー映画

映画『ミッドサマー』ネタバレ感想と考察。結末でアリアスター監督が描く“残忍で破滅的なおとぎ話”とは

映画『ミッドサマー(原題:Midsommar)』は2019年7月3日より全米公開。 原題Midsommarはスウェーデン語で夏至祭(ミッドソンマル)の意。 2018年、『ヘレディタリー/継承』で長編デ …

ホラー映画

映画『クワイエットプレイス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『クワイエット・プレイス』は、9月28日(金)より全国ロードショー! 『ボーダーライン』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のエミリー・ブラントが主演の新感覚ホラー。 プライベートでも彼女の夫であ …

ホラー映画

映画『オーヴァーロード』ネタバレ感想。ゾンビ×ナチスをJJエイブラムスが極上エンタメ作品に

映画『オーヴァーロード』は2019年5月10日より全国ロードショー公開 あのJ・J・エイブラムスがプロデュースした戦争アクション×ゾンビ映画! 荒唐無稽でB級映画チックな設定を、一流のクリエイターたち …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学