Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/08/11
Update

『ボクたちはみんな大人になれなかった』ネタバレ原作小説と結末感想。Netflix配信と劇場公開でほろ苦い初恋物語を描く

  • Writer :
  • 星野しげみ

小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』がNETFLIX配信と劇場公開へ!

作家・燃え殻によるデビュー作の同名小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』。

2016年に初版発行されて以来、幅広い世代から多くの共感の声が寄せられているこの小説が、森山未來主演で映画化されます。

初恋で別れた彼女にFacebookの友達リクエストを送ったことで、ボクの過ぎ去った若かりし頃の1990年代の思い出が蘇り……。

当時の都会の街、流行した音楽や映画のタイトル、人々の様子などもたっぷり描かれ、1990年代へのタイムスリップを楽しめます。

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は、2021年11月5日(金)より、シネマート新宿、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか、ロードショー&NETFLIX全世界配信開始!

『ボクたちはみんな大人になれなかった』の映画化決定に伴い、原作小説のネタバレあらすじをご紹介いたします。

スポンサーリンク

小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』の主な登場人物

【ボク】
テレビ美術制作会社の社員。

【小沢(加藤)かおり】
雑誌の文通覧で知り合った、ボクの初恋の人。

【関口】
テレビ美術製作会社の社員で、ボクの同僚。

【七瀬】
ボクの最初の勤め先の友人。

小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』のあらすじとネタバレ


『ボクたちはみんな大人になれなかった』』書影

ボクは43歳。独身で、テレビ美術制作会社に勤めています。

ある日、地下鉄日比谷線に乗り、神谷町に向かっている途中、Facebookを開きました。

知り合いかも?の文面と共に目に飛び込んできたのは、「小沢(加藤)かおり」という名前。

それは、かつて自分よりも好きになってしまった人でした。

思わず、かおりのFacebookのページをスクロールし、彼女の日常に目をやります。

電車を降り、人混みの中で握りしめたスマホの中の彼女のページに目をやったとき、不意に友達リクエストを送ってしまいました。

ボクは唖然として、画面を眺めました。

かおりは、自分よりも好きになった初恋の人。あっという間にボクの前に現れ、何の前触れもなく別れてしまった彼女は、今は結婚して名字も変わっているようです。

ボクは彼女と出会う前の経緯を回想します。

1995年、夏。

20代前半のボクはエクレア工場に務めていました。従業員はブラジル人ばかりという中で、唯一の話し相手は、ひと回りも歳の離れた、劇団員の七瀬でした。

アルバイト雑誌デイリーanの文通コーナーから、とても面白い文言をはく都内在住の20歳の女性に興味を持つようになり、文通が始まります。

初めて会うことになった彼女こそが、加藤かおり(自分よりも好きになった人)だったのです。

彼女とはとても気が合い、ボクはかおりと付き合うことになりました。

彼女から何らかの影響を受けたせいか、ボクはエクレア工場のアルバイトを退職し、六本木のテレビ美術制作会社で働くことにします。

エクレア工場の退職日、ボクは彼女と初めて渋谷区円山町のラブホテルに行き、結ばれました。

ボクの再就職した会社は起業したばかりで、当初は社長をはじめ、同期になる関口という社員とボクの3人だけでした。

朝9時から夜12時までの勤務で、週1日の休日。ブラック起業顔負けの仕事をこなす毎日が始まります。

かおりは妹と同居し、ボクは関口とルームシェアをしていましたので、ボクたちは週末にホテルでしか会えません。

でも彼女のおかげで何とか息抜きのできる毎日を送ることが出来ていました。

20年以上も前の毎日が楽しかった日々が、43歳の現代を生きるボクの頭の中を、走馬灯のように駈け廻ります。

彼女はボクにとって、唯一人代わりがきかなかった人だなあと感慨深く思い出していた時、先日ホテルでひとときを過ごしたコンパニオンの女性からLINEが届きました。

女優になりたいといった彼女は、LINEで「努力すれば夢は叶うのかな?」と聞きます。「その質問は、ナポリタンは作れるか? と一緒だと思う」。ボクはすぐに返信を打ちました。

ボクの回想は、エクレア工場に勤める以前にとび、そして、1999年のノストラダムスの予言の地球最後の日へと向かいます。

滅亡しなかった地球のどん底でボクは彼女とベッドを共にし、しぶとく生きていました。ですが、それがかおりと過ごした最後の日となったのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ボクたちはみんな大人になれなかった』ネタバレ・結末の記載がございます。『ボクたちはみんな大人になれなかった』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

1995年、秋。

関口とボクが今の会社に入って数カ月はとても暇でした。生き残るため、報酬の少ない仕事でも一生懸命にすがっていたあの頃。

急ぎの納品をしにバイクで出かけてすべって怪我をしたクリスマスイブ。怪我をしたボクを助けてくれたのは、会社と同じビルの3階にいたヤクザの若い衆でした。

明けて、1996年。

新宿ゴールデン街で、ボクは和風居酒屋を経営する七瀬と再会します。

かおりとデート中だったボクは、2人を紹介し、以来、頻繁に七瀬の店に行くようになりました。

丁度仕事が波に乗り出し、ボクはがぜん忙しくなり、収入もアップします。

1997年、夏。

飛ぶ鳥を落とす勢いの実業家・佐内慶一郎のパーティーに駆り出されたボクは、そこでバーテンダーをしていた美女のス―と出会います。

ちょうど、かおりは仕事の関係でインドへ行っていた時期でもあり、つい彼女と関係を持つことに……。

ほぼ一カ月ぶりにかおりがインドから帰って来て、ボクたちは再会し、元のような日常に戻りました。

一方、七瀬の店がつぶれ、七瀬は東京を離れます。

また、実業家の佐内慶一郎が事件をおこし、慶一郎と関係のあったス―とも連絡がつかなくなりました。

大きくなった会社の従業員たちも、入社しては退社してと、この20年の間に数えきれない人がボクの周りから去って行きます。

様々な別れを経験し、会社も自分自身も軌道に乗ってきた時に、ボクにとって最大の哀しい別れが突然にやってきました。

1999年、夏。

週末に彼女とのリップクリームを買いに行ったデートで「今度CD持ってくるね」と言った一言が最後となり、彼女とは2度と会うことは無くなったのです。

懐かしい想いで加藤かおりとの輝いていた日々を振り返っているボクに、今度は関口との別れが迫っていました。

会社設立時から一緒だった同期の関口の退社日。ボクは東京を離れる関口の引っ越しを手伝いに行きます。

関口と別れた後に、友達リクエストボタンを押してしまった小沢(加藤)かおりからのフェイスブックのお知らせが、頻繁に届きました。

それはボクが有名人と腕を組んだ写真や、後輩たちがサプライズで祝ってくれたシャンパンタワーなどの写真にどんどん、「ひどいね」が押されたものでした。

一つだけ、「いいね!」が押された投稿は、ラフォーレ原宿でのイベントポスターを製作した時に仲間とポスターの前で撮った写真。

彼女と将来の夢の話をした時に、彼女がラフォーレ原宿に貼ってある様なポスターを作ると言ったことがあります。彼女はそれを覚えていたのでしょうか。

こうしている間にも、刻々と過去に仕上がっていく今日。

Facebookでざっと観た彼女の今日も、まだアップダウンを繰り返しているボクの今日も、先に続いているのは未来であって、過去ではありません。

どんなに無様でも「大人の階段」は上にしか登れない。

その踊り場でぼんやりとしているつもりだったボクですが、手すりの間から下を覗いたら、ずいぶん高い場所まできていて、下の方は霞んで見えなかったという感じを持ちました。

1999年、ボクとかおりは別れました。

20数年たった今、Facebookで再会。ボクは青春時代へタイムスリップし、初恋の甘酸っぱさとほろ苦さを噛みしめます。

スポンサーリンク

小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』の感想と評価

WEBで配信された‟燃え殻”のデビュー作『ボクたちはみんな大人になれなかった』(2017年刊行)。

43歳の主人公・ボクが、初恋の彼女のFacebookを見つけ、友達リクエストを送信してしまいます。

そこから思い出す、20年以上も前の甘酸っぱい初恋。90年代後半の世相も映し出して、ほろ苦い想いが滔々と述べられています。

ボクとかおりは、何気ない会話にも共通の想いを感じ、些細なことにも同じように反応して、笑いあえる恋人同士でした。

そんなホットな関係から突然の別れによる喪失感や心の傷みが、細やかに描かれた情景から切実に伝わってきます

人は別れを繰り返して大人になっていくのでしょうか。

ボクは肉親や友人といくつもの別れを経験しますが、なかでも一番心に残っているのが、かけがえのない人であった彼女との別れでした。

あの頃の年齢の倍以上になったとき、懐かしい青春の1ページとして思い出されるのか、それとも人生の岐路として後悔の気持ちが先立つのか。

どのように思うのかは、大人になった時の自分の器量にもよるのでしょう。

全てを笑ってすませられない、大人になりきれない自分がいることに気がつくボクですが、それは誰にでもいえることではないでしょうか

ボクの複雑な気持ちはストレートに言葉で書かれていないのに、あるいは自分の初恋の体験とも似ていないのに、なぜだかボクの過ぎ去った切ない初恋の思い出に共感できます。

この小説を読んで「大人泣きする」人が続出という話がありますが、その理由はここにあると言えます。

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』の見どころ


(C)2021 C&Iエンタテインメント

燃え殻原作の『ボクたちはみんな大人になれなかった』。

ある朝の満員電車の中で、昔の恋人に間違えてフェイスブックの友達リクエストを送ってしまった主人公・ボク。

本作で描かれるのは、通勤電車にゆられ、都会の喧噪の中でボクの脳裏に浮かぶ、20年以上も前の少しブスな彼女・かおりとの出会いから別れまでの日々です。

やるせない思いを抱えて都会の雑踏を生き抜くボクの過去と現在をSNSが繋ぐラブストーリーを、初監督となる森義仁が映像化しました。

主役のボクを演じるのは、森山未來です。将来に輝く夢をみていた20代から、そろそろ人生に疲れがみえる43歳までのボクを、どのように演じ分けるのかが注目ポイント。

そして、映画独自のオリジナルキャストである現在のボクの恋人・恵を、大島優子が演じます。

過去の初恋の想いに浸るボクにとって恵はどんな存在になるのか。原作にはないだけに、気になるところです。

また、CDウォークマンやMDプレーヤー、ジョン・レノンの『スタンド・バイ・ミー』が街に流れたりと、ある一定の年代には懐かしいカルチャーも登場。

現在と過去の街や社会の移り変わりの様子も必見です。

1990年代当時、社会を一世風靡した文化や娯楽が再び見られるのは楽しいことに違いありません。

スポンサーリンク

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』の作品情報


(C)2021 C&Iエンタテインメント

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
燃え殻:『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮文庫刊)

【脚本】
高田亮

【監督】
森義仁

【キャスト】
森山未來、伊藤沙莉、東出昌大、SUMIRE、篠原篤、平岳大、片山萌美、高嶋政伸、ラサール石井、大島優子、萩原聖人

まとめ

ノストラダムスの大予言が健在で、何かが始まりそうで、終わりそうだった1990年代。それは、まだスマホが普及していない頃のこと。

本作の主人公・ボクは、まさにそんな時代の青春を謳歌しました。

出会い系サイトもなく、雑誌の文通相手募集コーナーから見つけた文通相手のかおりに、手紙にどんな言葉を書こうかと思いふけるボク。

その姿に自分の初々しい青春時代を重ねる人も多いのではないでしょうか。

一方、この物語の根底にある生きていく上での切なさや過去への思慕は、世代を超えた反響を呼びました。その大きな理由は、SNSの詩人ともいうべき原作者‟燃え殻”の「エモさ」にあると言えます。

原作でたっぷりと「エモさ」を感じたなら、映画化された作品からは「エモい」情緒あふれるリアルな映像を楽しめることでしょう。

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は、2021年11月5日(金)より、シネマート新宿、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか、ロードショー&NETFLIX全世界配信開始!

関連記事

ラブストーリー映画

『フィフティ・シェイズ・フリード』続編のあらすじとキャスト【ダコタ・ジョンソン主演】

「フィフテイ・シェイズ」シリーズついに完結 映画『フィフティ・シェイズ・フリード』は、2018年10月5日(金)より全国ロードショー。 少女とヴァンパイアの恋を描いた「トワイライト」シリーズが好きにな …

ラブストーリー映画

映画パーフェクトレボリューション清野菜名(ミツ)評価と演技力は?

リリー・フランキーを主演に、ヒロイン役に清野菜名を抜擢して、障がい者の恋と性をポップに描いた映画『パーフェクト・レボリューション』が、2017年9月29日(金)に公開されることが決定しました。 ヒロイ …

ラブストーリー映画

映画『君の名前で僕を呼んで』あらすじとキャスト。公開日と上映館は

“誰もが胸の中にある柔らかな場所を思い出す…。” 1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の恋の行方を描いたラブストーリー。 映画『君の名前で僕を呼んで』がいよいよ4月27 …

ラブストーリー映画

映画『好きにならずにいられない』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

今回ご紹介する映画は、43歳の愛らしいおデブのフーシが初めて恋をした⁉︎、 2015年に北欧映画でナンバーワンに輝いた、アイスランドの大人のラブストーリー。 映画『好きにならずにはいられない』、ちょっ …

ラブストーリー映画

映画『あと1センチの恋』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【大人のラブストーリーとして幼なじみとの12年間に渡るすれ違い】

リリー・コリンズ主演で幼なじみの男女の12年間にわたるすれ違いの恋愛模様 「P.S.アイラヴユー」の原作者であるセシリア・アハーンの小説「愛は虹の向こうに」を基に描く大人のラブストーリー。 &#822 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学