Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『ロングショット僕と彼女のありえない恋』ネタバレ感想とレビュー評価。デキる女とダメ男のシンデレラストーリー

  • Writer :
  • 松平光冬

格差カップルが繰り広げる、少々カゲキなラブストーリー

才色兼備の国務長官と世にでることのないジャーナリストとの恋愛模様をシニカルに描いた、シャーリーズ・セロンとセス・ローゲンの映画『ロングショット 僕と彼女のありえない恋』。

劇中に登場するシャーロット役をセロン、フレッド役をローゲンが演じ、共演にオシェア・ジャクソン・Jr.、アンディ・サーキス、アレクサンダー・スカルスガルドらが務めます。

また演出を務めたジョナサン・レビン監督は、『50/50 フィフティ・フィフティ』以来のローゲンとは再タッグになります。

スポンサーリンク

映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』の作品情報

(C)2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Long Shot

【監督】
ジョナサン・レヴィン

【製作】
エヴァン・ゴールドバーグ、セス・ローゲン、ジェームズ・ウィーバー、シャーリーズ・セロン、A・J・ディックス、ベス・コノ

【キャスト】
シャーリーズ・セロン、セス・ローゲン、オシェア・ジャクソン・Jr.、アンディ・サーキス、ジューン・ダイアン・ラファエル、ボブ・オデンカーク、アレクサンダー・スカルスガルド、ラビ・パテル、ボーイズⅡメン

【作品概要】
才色兼備の国務長官シャーロットと、うだつの上がらないジャーナリストのフレッドとの関係を、ユーモアたっぷりに描いたラブストーリー。

シャーロット役にオスカー女優のシャーリーズ・セロン、フレッド役を『グリーン・ホーネット』(2011)や『50/50 フィフティ・フィフティ』(2011)のセス・ローゲンが、それぞれ演じます。

その他のキャストとして、『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2015)のオシェア・ジャクソン・Jr.、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ(2001~03)のアンディ・サーキス、『ターザン:REBORN』(2016)のアレクサンダー・スカルスガルドらが脇を固めます。

監督は、ローゲンとは『50/50 フィフティ・フィフティ』、『ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー』(2015)でもタッグを組んだジョナサン・レヴィンです。

映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』のあらすじとネタバレ

(C)2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.

アメリカ、ニューヨーク。

新聞記者のフレッドは、白人至上主義者が集うオルタナ右翼のパーティーに潜入し、その模様を記事にしようとしていました。

しかし、ユダヤ人であることがバレて、慌てて逃亡する羽目に。

その頃、国務長官のシャーロット・フィールズは、アメリカ合衆国大統領チャンバースから、次期大統領選には出馬せず、映画俳優になることを告げられます。

シャーロットは、チャンバースの後ろ盾を得て大統領選に出ることを決意、スタッフのマギーにトム、そしてチーフマネージャーのキャサリンらとともに、選挙キャンペーンを開始します。

一方フレッドは、新聞社の上司に白人至上主義者の潜入取材を記事にするよう頼みますが、この会社がメディア王のウェンブリーに買収されたと知らされます。

ウェンブリーが保守派の人間であり、買収した新聞社をプロパガンダに使われることを直感したフレッドは、上司と口論の末に会社を辞めることに。

友人のランスを呼んで愚痴をこぼすフレッドは、そのままボーイズⅡメンらセレブが出演するチャリティーパーティーに参加。

そのバーティーにいたシャーロットを見て、フレッドは驚きます。

実は彼女は、子どもの頃のフレッドのベビーシッターをしていた、3歳年上の憧れの女性だったのです。

久々の再会にときめくフレッドでしたが、同じくパーティーに参加していたウェンブリーに思わず暴言を吐いたことがきっかけで、醜態をさらしてしまいます。

後日、シャーロットはフレッドの記事を読んでそのユーモアセンスを見込み、彼をスピーチライターとしてスタッフに加えることに。

彼の素性をよく知らないマギーの反対を押し切り、フレッドをワシントンに招いたシャーロットは早速、ストックホルムで行われる環境サミット用のスピーチ原稿の執筆を依頼。

政治の世界に関心がないながらも、フレッドは自分の意見をストレートに伝えるスピーチにするようアドバイス。

「原稿を変えるべきだ」と言うマギーと衝突するも、シャーロットのスピーチは好評を博します。

その後、外交で世界中を移動するシャーロットとフレッドは、フィリピンのマニラでの反政府暴動に遭ったのをきっかけに、徐々に距離が近づいていきます。

アルゼンチンのブエノスアイレスで、フレッドはマギーから「冴えない男性が大統領の夫になれば、国民の支持は得られない」と忠告されれば、シャーロットはカナダの首相ジェームズからのアプローチを受けます。

しかし2人は夜にダンスに興じるうち、ついに一夜を共に。

幸せに包まれたシャーロットでしたが、チャンバースから、彼女が推進する環境保護政策の一部を見直すよう命じられてしまいます。

シャーロットはストレス発散のために、変装してフレッドと町に繰り出し、酒やドラッグを楽しむのでした。

そこへ、反政府テロによるアメリカ軍機の撃墜・人質事件が発生。

そのままテロリストとの交渉に臨んだシャーロットは、酒とドラッグでしどろもどろ状態ながらも、なんとか人質解放に成功。

これにより、一気に支持率を上げたシャーロットは、フレッドとの関係を秘密にするようにというマギーのアドバイスも拒みます。

そんなある日、シャーロットとチャンバースの会議の場にウェンブリーが現れます。

かつてパーティーの場でシャーロットをくどこうとするも、軽く一蹴されたことを恨んでいたウェンブリーと、環境政策において彼女と意見が対立していたチャンバースは結託していたのです。

2人は、フレッドのハレンチ行為を盗み撮りした映像をシャーロットに見せ、この映像を暴露されたくなければ、環境政策を一から見直すよう脅すのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.

やむなくその脅しを呑んだシャーロットは、フレッドに2人の関係は秘密にしたいと言うも、彼に「恋愛よりも自分の地位が大事なのか」と拒絶され、ケンカ別れしてしまいます。

またもやランスに愚痴を聞いてもらおうとしたフレッドでしたが、そこでランスから「実は俺は共和党支持者でクリスチャンだ」という意外な告白が。

リベラルでユダヤ人のフレッドは思わず憤るも、そういう偏見こそ差別主義の何物でもないと一喝された上に、「幸運は祈らないが、運命を信じろ」との言葉で自省します。

フレッドはシャーロットに電話して謝罪し、関係を秘密にしようと告げるのでした。

数日後、シャーロットは、支持者たちの前で大統領選への出馬を表明し、その場で、チャンバースとウェンブリーから、環境政策に関する脅迫を受けたことを明らかに。

演説内容に驚いたフレッドがシャーロットの元へ向かうと、彼女はフレッドに愛の告白をします。

支持者たちの祝福を受け、キスを交わす2人。

それからしばらく経った後、アメリカ初の女性大統領として就任式に現れたシャーロットの傍らにはフレッドが。

「フレッド・フィールズ」とシャーロットの姓を名乗ったフレッドは、ファースト・レディならぬ“ファースト・マン”として、大統領をサポートすることを誓うのでした――。

スポンサーリンク

映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』の感想と評価

(C)2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.

地位のある男性に見初められた一般女性が、彼の手ほどきを受けセレブとなっていく…そんな身分違いの恋を描くシンデレラ映画

『王様と私』(1956)、『マイ・フェア・レディ』(1964)、『プリティウーマン』(1990)などなど、挙げればキリがないほど作られている、ある種ラブストーリーのひな型ともいえるこのジャンルですが、本作『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』は、その男女の立場が逆転したバージョンです。

ただ、本作はそれだけでなく、女性の社会進出につきまとう理不尽にも目を向けています。

国務長官のシャーロットは、TVに映るとファッションをチェックされ、公の場で少しでも表情をこわばらせると「ヒステリーを起こした」と言われ、独身の首相と会談すればロマンスを噂されます。

さらには、フレッドとの関係が崩れそうになると、矢面に立ってダメージを受けるのはシャーロットの方という辛い現実。

女性だからという理由で降りかかる理不尽を、ユーモア交じりの皮肉を込めて描いているあたりが、本作の巧みなところでしょう。

そんなシャーロット役を、今や“タフな女性”のアイコンとなったシャーリーズ・セロンが演じるのもポイント。

表向きは完璧な女性として振舞いつつ、オフでは陽気で明るい等身大の女性を、魅力的に演じています。

また、政財界を扱いつつ、リベラル派(民主党)と保守派(共和党)双方に忖度した内容というのも、昨今のアメリカ映画ではちょっと珍しいかもしれません。

まとめ

(C)2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.

本作タイトルの「ロング・ショット(Long Shot)」とは、「成功率が低い」、「見込みがない」といった意味のほかに、選挙において当選率が低い候補者のことを称します。

つまり、本作におけるロング・ショットとは、大統領選に臨むシャーロットと、高嶺の花である彼女に恋心を抱くフレッドです。

はたして、2人の「ロング・ショット」の行方は?

下ネタ交じりのギャグもあるため、観る人を選ぶかもしれませんが(レイティングはPG-12)、王道のラブコメディとして楽しめること確実の本作。

2020年新春の初笑いに、いかがでしょうか。

映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』は、2020年1月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国ロードショー

関連記事

ラブストーリー映画

映画『風の色』あらすじと感想レビュー。古川雄輝のプロフィールも

古川雄輝の主演映画『風の色』は2018年1月26日より全国順次公開。 突然目の前から消えた恋人ゆりの死から100日後。彼女との思い出の品々を胸にマジシャンになることを決意した涼。 “自分と生き写しの人 …

ラブストーリー映画

映画『his』ネタバレ感想と考察評価。今泉力哉監督がLGBTQを通して描く“偏見と社会と人間”

映画『his』は新宿武蔵野館ほか全国公開! 『愛がなんだ』、『アイネクライネナハトムジーク』など、精力的に作品を発表している今泉力哉監督が新境地に挑んだ意欲作『his』。 テレビドラマ『偽装不倫』でセ …

ラブストーリー映画

映画『昼顔』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【上戸彩&斎藤工共演】

上戸彩、斎藤工主演映画『昼顔』が話題です。 社会現象ともなった人気テレビドラマ『昼顔 平日午後3時の恋人たち』の劇場版として制作された本作、ドラマのファンは勿論、映画ファンも楽しめる傑作に仕上がってい …

ラブストーリー映画

映画『男と女、モントーク岬で』あらすじと感想。公開する上映館情報も

映画『男と女、モントーク岬で』は、5月26日(土)より全国順次公開。 ニューヨークのロングアイランド。そこは思い出の地であり、“あの日”に戻りと未来を選びなおす男と女…。 ドイツ・ジャーマン・シネマの …

ラブストーリー映画

映画オンザミルキーロード|あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

世界3大映画祭を制覇したにも関わらず、その破天荒かつ狂喜乱舞な演出で話題を呼んでいる『黒猫・白猫』『アンダーグラウンド』の監督エミール・クストリッツァの映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』は日本でも上映 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP