Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/08/09
Update

『ボクたちはみんな大人になれなかった』あらすじ/キャスト/公開日はいつから。NETFLIX全世界配信開始決定の森山未來主演作

  • Writer :
  • 石井夏子

話題沸騰のベストセラー小説がついに映画化!!

世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixが送る、Netflix映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』。

(C)2021 C&I entertainment

作家・燃え殻によるデビュー作である同名小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮文庫刊)を、森山未來主演で映画化しました。

この度、本作の本ビジュアルが解禁されました。

また、配信開始と合わせての劇場公開も決まり、来たる2021年11月5日(金)より、劇場公開と全世界配信を同日行うことが発表。

メインとなる公開劇場はシネマート新宿、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺です。

スポンサーリンク

原作小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』とは?


『ボクたちはみんな大人になれなかった』書影

2016年に初版発行されて以来、世代を超えて共感の声が広まり続けている『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮文庫刊)は、作家・燃え殻によるデビュー作です。

ウェブメディアの連載やSNS上で大きく話題を呼び、あいみょんを始め、糸井重里、小沢一敬、会田誠、吉岡里帆、EXITの 兼近大樹といった様々なジャンルのクリエイターや著名人から悶絶する程に絶賛されました。

誰もが感じる切なさや懐かしさが凝縮されたこの物語は、10代や20代からは時代を超えて感情に訴える「エモさ」で話題を呼び、30代や40代からは舞台となっている90年代を代表するミニシアター、渋谷の街、流行した音楽や映画のタイトルなど当時のカルチャーを懐かしみながら楽しめると様々な年代を魅了し続けています。

若い世代から熱く支持されているシンガーソングライターのあいみょんは、共感のあまり原作の文庫本にエッセイを寄せている程です。

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』の本ビジュアル

(C)2021 C&I entertainment
 
この度解禁された本ビジュアルには、青春時代を過ぎた40代の佐藤(森山未來)が大きく写しだされています。

本記事冒頭に掲載したキャラクターポスターと同じ向きの横顔でありながら、積み重ねた人生が表情に映し出され、20代の頃とは別の何かを見つめる眼差しが印象に残りますね。

「あの時も、あの場所も、あの人も、すべてがいまの自分に繋がっている。」というコピーと共に、佐藤の人生に大きな影響をもらたした6人の登場人物たちにもご注目ください。

スポンサーリンク

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』のキャスト紹介

公式SNSでの週1回のキャスト発表が話題になった本作ですが、主人公・佐藤を演じる森山未來以外の6名のキャストが解禁されました。

中でも映画化決定時から誰が演じるか注目が集まり、憶測が飛び交った、主人公の忘れられない初恋の人、ヒロイン・かおりについては、伊藤沙莉が演じていることが明らかに。

その他にも、原作に登場するキャラクターとしては、失恋を引きずる佐藤の目の前に現れる謎の美女・スーをSUMIRE、約20年間共に働き、貧乏な頃から同じ釜の飯を食う関口を東出昌大佐藤と関口の長年の上司に萩原聖人密かに佐藤に思いを寄せる七瀬に篠原篤といった豪華出演陣が発表されました。

また、映画オリジナルキャラクターで、2015年の40代になった佐藤の恋人・恵を大島優子が演じることが明らかとなりました。

キャストからのコメント

参考:映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』公式インスタグラム

この度の出演者よりコメントが到着しました。

佐藤演じる森山は、本作のタイトルにある「大人」というキーワードについて自身の思いを書き連ね「「大人」になるのは悪いことだけではない、と考えていた時間でした」と、現場での心境を語りました。

伊藤は「人間、役者伊藤沙莉にとってとても貴重で有り難いものだった」とし、撮影時での森山や森監督と内容の濃いコミュニケーションがあったことをうかがわせます。

萩原、大島、東出、SUMIRE、篠原もそれぞれの演じた役柄についてコメントしています

佐藤誠役:森山未來のコメント

歳を重ねる中で、どこかに何か落としものをしてしまうことは誰しもが経験すること。
何かを落としてしまったことに向き合う、もしくは向き合うことから逃げて、何かしらの折り合いをつけられることを「大人」と呼ぶのだとすれば、この映画の主人公である「ボク」は本当に「大人」にはなれなかったのか。
落としものをしてしまったことによって生まれた痛みを抱え続けるからこそ、人の痛みをわかってあげられる。そのことを「大人」だと呼ぶのだとすれば、「ボク」は「大人」なのかもしれない。
「大人」になるのは悪いことだけではない、と考えていた時間でした。

加藤かおり役:伊藤沙莉のコメント

(C)2021 C&I entertainment

この作品のかおりという女性は
正直、今までで一番悩み、葛藤と共に
生きた役でした。
佐藤が掴みきれなかった女性が
その状態のまま描かれているということで
本当にヒントが少ない状態だったからです。
だけど、だからこそ、
私なりのかおりを、私なりの答えを
出したいと密かに思っていました。
それを監督や未來さんを始め
皆で意見やアイデアを出し合って
作り上げた時間はとても濃厚なものでした。
この大好きな作品に携われたこと、
かおりを生きれたことは
人間、役者伊藤沙莉にとって
とても貴重で有り難いものだったと思っています。
この作品を沢山の方に観て頂きたいですし、
その沢山の方の胸がギュウってなる気がして
とても楽しみです。

三好英明役:萩原聖人のコメント


(C)2021 C&I entertainment

大人になりたくてもなれない人、大人になりたくないのになってしまった人、そんな人達が集まって作った作品なんだと思います。
だから、なろうがなるまいがどっちでもいいんです。
そう言うことです。
僕自身はどっちかよく分かりませんが、作中に生きてる人達もきっとそうです。
そう言うことなんです。

石田恵役:大島優子からのコメント


(C)2021 C&I entertainment

“あの時のあなた”は、切り取った一枚のポストカードのように記憶に残り、思い出に変わっていく。
“あの時の感情”は、身体に刻みこまれているかのように、鮮明に想い出す。
現在はやがて過去になり、普通に歩んでいく。

関口賢太役:東出昌大のコメント

(C)2021 C&I entertainment

もう10年以上会っていない友人との最後の挨拶は「さようなら」じゃなく「またね」だったように思う。歪で曖昧で、劇的でもないけれど、過ぎ去った掛替えのない日々を愛でる映画になっていると思います。

スー役:SUMIREのコメント

(C)2021 C&I entertainment

本作の台本を読んで、想っている人と実らなかったり仲間といる楽しさ、青春というモノを思い出しました。
そんな昔を懐かしむ自分がいたことで、シーンの中ではスー役としても甘酸っぱい思い出や人と人とのつながり、思いやりをより強く感じられた作品です。
どこかに自分を重ねたり、あるいは懐かしい気持ちになるシーンがあると思うので、観ていただく皆さんにとって心温まる作品でありますように。

七瀬俊彦役:篠原篤のコメント


(C)2021 C&I entertainment

七瀬の抱いた感懐とその眼差しは、僕にも覚えがあるものでした。

どうしようもなくて、照れ臭くて、嬉しくて、苦しくて、不安や孤独がいっぱいに詰まったごった煮みたいなあの想いが、今となってはとても愛おしいです。

スポンサーリンク

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
燃え殻『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮文庫刊)

【監督】
森義仁

【脚本】
高田亮

【キャスト】
森山未來、伊藤沙莉、東出昌大、SUMIRE、篠原篤、平岳大、片山萌美、高嶋政伸、ラサール石井、大島優子、萩原聖人

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』のあらすじ

昔フラれた女性にフェイスブックの友達申請を送ったことで、今より少しだけボクの毎日が輝いていた90年代の思い出がよみがえり……。

まとめ

小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』には、ほかにも個性的なキャラクターが登場します。

佐藤が務めるテレビのテロップ制作の会社がレギュラーで請け負っていたご長寿番組で長年司会者を務めたベテランタレント役にラサール石井
その番組制作のバブルの名残を感じさせるプロデューサーには高嶋政伸が扮し、当時の佐藤が安月給で働くテレビ業界のリアルな裏の顔を見せつけます。

また、原作で「東京という街に心底愛されたひと」と題して時代の荒波の中でしぶとく生き残り続ける実業家・佐内慶一郎を平岳大

「東京タワーって、スカイツリーよりエロいから好き」と物憂げに話す、パーティで出会ったグラビアアイドルを片山萌美が演じています。

話題沸騰のベストセラー小説を映画化した『ボクたちはみんな大人になれなかった』は、2021年11月5日(金)より、シネマート新宿、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほかロードショー&NETFLIX全世界配信開始です。





関連記事

新作映画ニュース

【2019年8月30日〜31日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。すこしだけツウ好みな映画webマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載し …

新作映画ニュース

【音量を上げろタコ!映画グッズプレゼント】音タコ特製トートバッグ!限定5名様に当たる

この声に、世界がヤラれるっ! ありきたりな常識を覆す、爆音!爆上げ!ハイテンション・ロック・コメディ!! 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の10月12日(金)からの公 …

新作映画ニュース

映画『真夏の夜のジャズ4K』日本公開日/上映館。音楽ドキュメンタリーのデジタルリマスター版がスクリーンに蘇る!

『真夏の夜のジャズ』初公開から60周年。 ジタルリマスターされた4K版が本邦初公開! 日本のジャズシーンの方向性を決定づけたと言われる伝説の夏フェス(アメリカ最大級の音楽フェスティバル「ニューポート・ …

新作映画ニュース

映画『ザ・レセプショニスト』あらすじとキャスト。女性監督がアジア移民の現実を提示する

台湾出身の女性監督が描く衝撃作『ザ・レセプショニスト』。 10月全国劇場公開へ。 迫りくる現実、移民の闇とそこにある痛み、移民大国日本への警鐘…。 2018年の第1回熱海国際映画祭でインターナショナル …

新作映画ニュース

村上虹郎映画『銃』エジプト開催の映画祭で最優秀脚本賞を受賞!武正晴監督も日本映画初の会期に喜びを語る

日本映画初の快挙!エジプトでも高評価 文壇のなかで、注目を浴び続けている作家中村文則のデビュー作を武正晴監督×村上虹郎主演で映画化した『銃』。 2019年3月2日から3月8日までエジプトで開催された第 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学