Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

森山未來映画『オルジャスの白い馬』あらすじと感想レビュー。海外初主演作はカザフスタンで描かれる父子の物語|TIFF2019リポート26

  • Writer :
  • 村松健太郎

第32回東京国際映画祭・特別招待作品『オルジャスの白い馬』

2019年にて通算32回目となる東京国際映画祭。

令和初の開催となった本映画祭は、2019年10月28日(月)に無事開会の日を迎え、11月5日(火)までの10日間をかけて国内外の様々な映画が上映されました。

そして本映画祭の特別招待作品の一本として上映されたのが、日本・カザフスタン合作によるヒューマンドラマ『オルジャスの白い馬』です。


(C)Cinemarche

第24回釜山国際映画祭のオープニング作品としてワールドプレミア上映を迎えた本作。

俳優・森山未來の初の海外主演作であり、『アイカ』でカンヌ国際映画祭最優秀主演女優賞を受賞したサマル・エスリャーモバとのW主演を務めました。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『オルジャスノ白い馬』の作品情報

映画『オルジャスの白い馬』は2020年1月18日(土)より、新宿シネマカリテほか全国ロードショー公開!


(C)「オルジャスの白い馬」製作委員会

【上映】
2019年(日本・カザフスタン合作)

【原題】
Horse Thieves

【監督・脚本】
竹葉リサ、エルラン・ヌルムハンベトフ

【出演】
森山未來、サマル・イェスリャーモワ、マディ・メナイダロフ、ドゥリガ・アクモルダ

【作品概要】
森山未來初の海外主演作となった日本・カザフスタン合作映画。

日本人監督の竹葉リサ、カザフスタン人監督のエルラン・ヌルムハンベトフが共同監督を務め、オールカザフスタンロケで制作されました。

また森山とともに主演を務めたのは、『アイカ』2018年にカンヌ国際映画祭最優秀主演女優賞を受賞したサマル・イェスリャーモワです。

キャストのプロフィール


(C)「オルジャスの白い馬」製作委員会

森山未來

映画・舞台において圧倒的な演技力をもって活躍し、同年代を代表する日本人俳優の一人。

2019年には、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』にレギュラー出演。また本作が上映された第32回東京国際映画祭では、同じく特別招待作品として上映された『“隠れビッチ”やってました』にも出演しています。

さらにコンテンポラリー・ダンサーとしても知られています。

サマル・イェスリャーモワ

カザフスタン出身の女優。

2008年にセルゲイ・ドヴォルツェヴォイ監督作『トルパン』で映画デビュー。同作はカンヌ国際映画祭「ある視点」部門にグランプリを、第21回東京国際映画祭で東京サクラグランプリ・最優秀監督賞の二冠を獲得しました。

2018年には同じくドヴォルツェヴォイ監督の映画『アイカ』に出演。同作での演技が評価され、カンヌ国際映画祭では最優秀女優賞を受賞しました。

スポンサーリンク

映画『オルジャスの白い馬』のあらすじ


(C)「オルジャスの白い馬」製作委員会

カザフスタンに暮らすオルジャス(マディ・メナイダロフ)は絵が得意な少年。カザフスタンの広大な草原の中に立つ小さな家で、家族とともに暮らしていました。

ある日、市場に馬を売り行った馬飼いの父親が悪徳業者に襲われ、馬を奪われただけでなく、父親もまた帰らぬ人となってしまいます。

オルジャスの母・アイグリ(サマル・イェスリャーモワ)は新たな土地へと引っ越し、心機一転を図ろうと試みます。

そんな時、オルジャスたちのもとにカイラート(森山未來)という男が訪ねてきます。

カイラートはアイグリの元恋人で、オルジャスの実の父親でした。

8年前に失踪したカイラートが突然姿を現したことに戸惑うアイグリでしたが、オルジャスに事情を一切話さないことを条件に、引っ越しの旅への同行を許します。

その道中、親子であることを決して明かすことなく、オルジャスと接するカイラート。それでも二人は、互いの絵を通じて自然と心を通わせ合います。

ところが、一行が乗っていた車が故障してしまい、カイラートは十数キロ先にある食堂に電話を借りに向かうことにします。するとオルジャスはカイラートについていきたいと言い出し、アイグリもそれを許します。

食堂にたどり着いた二人は電話で要件を済ませます。その時、店内に入ってきた男を見て、オルジャスの表情が一変します。

その男の腕には、オルジャスの父親と同じ腕時計がありました…。

映画『オルジャスの白い馬』の感想と評価


(C)「オルジャスの白い馬」製作委員会

森山未來初の海外主演作となった映画『オルジャスの白い馬』。彼の独特の存在感は、カザフスタンの大草原が舞台であっても見事に映えます。

2013年の『人類資金』でも国籍不明の人物・石優樹を無理なく演じて見せましたが、本作で演じたカイラートにもまた役どころ自体が異邦人的なキャラクターであるため、やはりその説得力ある演技と存在感は健在でした。

カンヌ映画祭の常連であり、東京国際映画祭にも縁が深い女優であるアイグリ役のサマル・イェスリャーモワも、その静けさをたたえた演技に思わず惹きつけられます。

幼いころは劇中のアイグリのように草原で暮らし、家事や農作業、馬の世話をした経験があるという彼女の佇まいは自然さに溢れています。

なにより、「父子の物語」である本作において重要な少年オルジャス役を演じたマディ・メナイダロフは、びっくりするほど森山未來にそっくり。深く語らずとも、一目で二人は父子だということが理解できます。

どのような経緯をもってキャスティングが決定されたのかは定かでないですが、「よくぞこの少年を見つけたきたものだ」と感心してしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

映画全体の作りについては、第32回東京国際映画祭のラインナップ発表時に「西部劇のようだ」という例えが用いられてましたが、確かに『シェーン』など往年の西武劇映画を彷彿とさせる部分があります。

舞台設定自体は「1990年代のカザフスタン」ですが、雄大な自然、馬飼いなど、劇中の背景には「ザ・西部劇」といえる雰囲気に満ちています。そしてクライマックスの馬上での銃撃シーンは、まさに西部劇映画の決闘シーンそのものです。

また釜山国際映画祭のオープニング作品としても上映された本作を機に、俳優・森山未來への国際的に注目されるのではないかと期待してしまいます。

コンテンポラリー・ダンサーとしてはすでに世界的な評価を受けており、身体能力・言語面でも順応できるであろう森山が、世界各地の映画界で活躍する姿が見られるのかもしれないと考えると、楽しみが拡がります。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

『護られなかった者たちへ』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。映画化ここに注目!|永遠の未完成これ完成である14

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第14回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは2020年内に公開予定の『護られなかった者たちへ』です …

連載コラム

映画『バルカン・クライシス』あらすじネタバレと感想。特殊部隊アクション作品としてロシア側から見たユーゴ紛争を描く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録21

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第21回 毎年恒例の劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施、一部作品は青山 …

連載コラム

森達也映画『A』『A2』オウム真理教事件から見えた『万引き家族』の類似性|映画道シカミミ見聞録5

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第5回 こんにちは、森田です。 最新の映画ばかりが新しい話題を提供してくれるわけではありません。 過去の映画も「いま」を考察する手立てとなる、今回はそういった映画の力 …

連載コラム

新海誠の全作品解説。世界観から倫理観へ|新海誠から考える令和の想像力2

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」第3回 「人間の感情という小さなものと、宇宙という極大なものがつながっていく物語」への強い関心。 これが新海誠監督自身の“セカイ”観であり、彼の作品群が「セカ …

連載コラム

映画『ナイトオブシャドー』あらすじネタバレと感想。ジャッキーチェンが魔法拳で妖怪ハンターに⁈|すべての映画はアクションから始まる9

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第9回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP