Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/12
Update

大森立嗣映画『タロウのバカ』の予告編で菅田将暉らが疾走!メインビジュアルも解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

タロウ、エージ、スギオ。
社会からはじき出された3人の少年たち。

フィクションであることを忘れるほどの生々しいリアリティとスリル溢れる映像世界を描き出す渾身の映画。

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

『日日是好日』『セトウツミ』『さよなら渓谷』などの大森立嗣監督のオリジナル脚本による映画『タロウのバカ』が2019年9月6日(金)よりテアトル新宿ほかにて公開となります。

本作の第3弾ビジュアルとなるメインビジュアルと本予告が解禁されましたのでご紹介します。

映画『タロウのバカ』の予告編

この度、解禁された本予告は、YOSHI、菅田将暉、仲野太賀が演じる、タロウ、エージ、スギオ の3人の少年が10代という一瞬にも永遠にも感じる特殊な時間をもがきながら疾走する姿が映し出されています。

タロウ(YOSHI)は生まれてから一度も学校に通ったことがありません。

母親の恵子(豊田エリー)は滅多に自宅のマンションに帰ってこなくて、いつもひとりぼっちのタロウは都心と郊外の中間にぽっかりと空いたような川沿いの町を野生動物のようにうろついています。

そんなタロウに高校生のエージ(菅田将暉)とスギオ(仲野太賀)という仲間ができて、タロウの人生が動き始めるんです。

エージは柔道のスポーツ推薦で今の高校に進学しましたが、膝を壊して周囲の期待を裏切り、柔道部の顧問の教師から「社会のすみっこで生きてけ!」と罵られています。将来のことがどうでもよくなり自暴自棄になっていくエージ。

ごく普通の中流家庭で育ったスギオは、同級生の洋子(植田紗々)に一方的に想いを寄せているんですが、彼女から相手にされず、自身のふがいなさにも苛立ち、もがいています。

ネットで出会った男たちに体を売っている洋子に対して「売りなんか やめろよ!」と怒声を浴びせる場面も。

そんな、社会からはじきだされた3人の少年は、偶然にも一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、それまで目を背けていた厳しい現実と向き合うことに…。

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

予告編の終盤、「生と死の狭間を駆け抜ける 純粋で過激な問題作」のテロップとともに、3人が暴走していく衝撃的なカットが連なっていきます。

タロウは女性に拳銃を掴ませ、「撃てよ!撃てよ!」とわめきちらし、エージは金属棒で何者かを思い切り、殴りつけています。

しかし、どんなに過酷な試練が待ち受けても、3人でいる時だけは笑顔でいられ、心が解放され、自由でいることができたんです。

予告編に流れるパワフルで異様な楽曲は、音楽家・大友良英による、インドの弦楽器シタールで演奏された劇伴です。

映画『タロウのバカ』のメインビジュアル

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

メインビジュアルは、第1弾ティザービジュアルの覆面を外した3人の姿が写し出されています。

タロウの手にはピストル、エージは金属棒を振り上げていて、ただならぬ緊張感と何かが起こりそうな空気感をまとうビジュアルです。

キャッチコピーは、本予告のラストにも提示された「3人が世界のすべてだった。」。

刹那的に生きる3人の少年の過激で独創的な青春映画が期待できますね。

映画『タロウのバカ』の作品情報


(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
大森立嗣

【音楽】
大友良英

【キャスト】
YOSHI、菅田将暉、太賀、奥野瑛太、植田紗々、豊田エリー、國村隼

【作品概要】
『日日是好日』(2018)で報知映画賞監督賞を受賞した大森立嗣監督のオリジナル脚本作品です。

主演を務めるのは300人の候補者から大抜擢されたYOSHI。演技経験が全くないく、本作がはじめての映像作品出演となります。

タロウに慕われるエージ役には菅田将暉。『セトウツミ』(2016)以来2度目の大森組参加。

エージとともにタロウに慕われるスギオ役には映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(2018)で主人公のタイジを演じて脚光を浴びた太賀です。

映画『タロウのバカ』のあらすじ

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会
主人公の少年タロウには名前がありません。

戸籍すらなく、一度も学校に通ったことがないタロウ。

そんな“何者でもない”タロウには、エージ、スギオという高校生の仲間がいます。

エージ、スギオはそれぞれやるせない悩みを抱えていますが、なぜかタロウとつるんでいるときは心を解き放たれるんです。

大きな川が流れ、頭上を高速道路が走り、空虚なほどだだっ広い町を、3人はあてどなく走り回り、その奔放な日々に自由を感じていました。

しかし、偶然にも一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、彼らはそれまで目を背けていた過酷な現実に向き合うこととなり…。

まとめ

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

生と死の狭間を駆け抜ける、純粋で過激な問題作。

未来への希望も無く、何のために生きているのかわからず、ただ衝動のままに疾走する少年たちの姿は刹那的で、観ていて胸が締め付けられます。

大森立嗣監督が15年前から温めてきたオリジナル脚本に、新人のYOSHI、人気絶好調の菅田将暉、若手実力派の太賀が挑みます。

映画『タロウのバカ』は2019年9月6日(金)テアトル新宿ほか全国ロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018のおすすめ厳選5作品。あらすじと登壇ゲストの日程紹介も

いよいよ開幕が迫ってきた、第31回東京国際映画祭。チケット販売開始と同時に完売の作品も続出しました。 この記事では、コンペティション部門に選出された16本の作品から気になる海外映画5作を取り上げてご紹 …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの井浦新は養子縁組の父親・清和役を熱演【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

新作映画ニュース

映画『名探偵ピカチュウ』あらすじとキャスト。スクリーンX上映劇場情報も

ScreenXにハリウッドで初の実写映画化された “ピカチュウ”が登場!! 見た目はカワイイ、中身は“おっさん”で話題の映画『名探偵ピカチュウ』が2019年 5月3日(金) に全国公開されます。 そし …

新作映画ニュース

ピーター・ジャクソン映画『彼らは生きていた』あらすじ。公開日は2020年1月25日のドキュメンタリーとは

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が贈る戦争の記録。 100年前の戦場の真実が、色鮮やかによみがえります。 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの名匠ピーター・ジャクソン監 …

新作映画ニュース

中野量太監督が記憶と愛を描く。最新作『長いお別れ』の映画公開日と予告解禁

映画『長いお別れ』2019年5月31日(金)公開 中野量太監督の映画『長いお別れ』の公開日が2019年5月31日(金)に決定しました! (C)2019『長いお別れ』製作委員会 映画『湯を沸かすほどの熱 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学