Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『蜜蜂と遠雷』あらすじとキャスト。主演・松岡茉優で恩田陸の小説を実写化

  • Writer :
  • 石井夏子

直木賞と本屋大賞をダブル受賞するという史上初の快挙を成し遂げた、恩田陸のベストセラー小説『蜜蜂と遠雷』を、『愚行録』の石川慶監督が実写映画化。

映像化不可能と言われた本作。製作サイドから満場一致でオファーを受け主演を務めるのは、若手随一の演技力を持つ女優・松岡茉優。

映画『蜜蜂と遠雷』は10月下旬からの撮影開始、2019年秋に全国ロードショー予定です。

原作『蜜蜂と遠雷』とは

恩田陸の小説である『蜜蜂と遠雷』は、2017年(平成29年)、第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞を受賞しました。

直木賞と本屋大賞のダブル受賞及び同作家2度目の本屋大賞受賞は、史上初。また第5回ブクログ大賞で小説部門大賞も受賞しています。

ピアノコンクールを舞台としてそれぞれの関わりと過去と進行を描く青春群像小説の本作。

そのまま、最初から本選までのすべてを小説として書くという着想を得ましたが、かなり難しく書き始めるまでに5年かかったそうです。

3年に1回、開催される浜松国際ピアノコンクールへ2006年第6回から2015年第9回まで、途中からは執筆と並行して、4度も取材。

毎日、会場の座席で午前9時から夕方までピアノ演奏を聴き続けた取材力が、この小説に結実しました。

映画『蜜蜂と遠雷』キャストとコメント

“元”天才ピアノ少女、亜夜役に、実力派若手女優の松岡茉優。小学生の頃にピアノを習っていたという彼女の演奏も見逃せません。

松岡コメント「音楽はそれぞれの音がある。実体化した音楽で納得してもらえるだろうか。ピアノやクラシックに興味のない人にも、楽しんでもらえるだろうか。これは戦いだと思って撮影に挑んでいきたいです。見てくれた方の頭に音楽を鳴らしたいと思っています」

音大出身だが現在は楽器店勤務の明石役に松坂桃李。年齢制限ギリギリだが、家族の後押しもあり最後の挑戦としてコンクールへのエントリーを決意するという役どころです。

松坂コメント「ピアノは初挑戦ですが、演奏も含めて、明石としっかり対話し全力で作品と向き合っていこうと思います」

名門ジュリアード音楽院に在籍し優勝候補と目されているマサルに森崎ウィン。

森崎コメント「いままさにピアノレッスンの真っ最中ですが、本当に難しい。何度やってもぶつかる壁が減ることがなく、毎回戦っています。でも、ひとつ言えるのは、それでも楽しいんです。改めて音楽の素晴らしさを体験出来ている喜びをかみ締めて、壁を越えられるように日々巻狩ります」

凄まじい演奏技術で見る者すべてを圧倒する謎の少年・塵に大抜擢された鈴鹿央士。

鈴鹿コメント「お芝居の経験がなく、すべてのことが初めてで不安なこともありますが、共演者の方々、監督はじめスタッフの方々のお力をお借りしながら、風間塵を楽しみながら演じていきたいと思います」

映画『蜜蜂と遠雷』の作品情報

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
恩田陸『蜜蜂と遠雷』

【監督】
石川慶

【キャスト】
松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士

小説『蜜蜂と遠雷』のあらすじ

3年ごとの芳ヶ江国際ピアノコンクールは今年で6回目。

優勝者が後に著名コンクールで優勝することが続き近年評価が高まっています。

特に前回、書類選考落選者オーディションで、参加した出場者がダークホース的に受賞し、翌年には世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝したため、今回は大変な注目を集めていました。

ですが、オーディションの5カ国のうちパリ会場では、審査員3人は凡庸な演奏を聴き続け、飽きて来ていました。

そこへ、伝説的な音楽家ホフマンからの推薦状に「劇薬で、音楽人を試すギフトか災厄だ」と書かれ、現れた少年、風間塵は、破壊的な演奏で衝撃と反発を与えます。

議論の末、塵はオーディションに合格します。

そして日本の芳ヶ江市での2週間に亘るコンクールへ。

塵は師匠の故ホフマン先生と「音を外へ連れ出す」と約束をしていて、自分では、その意味がわからず、栄伝亜夜に協力を頼みます。

亜夜は塵の演奏を聴いていると、普通は音楽は自然から音を取り入れるのに、彼は逆に奏でる音を自然に還していると感じます。

マサルは子供のころピアノに出会わせてくれた亜夜を出場演奏者に見つけ再会。

3人の天才と年長の高島明石のピアニストたちが、音楽の孤独と、競争、友愛に、さまざまに絡み、悩みつつ、コンクールに挑んでいきます。

まとめ

恩田陸の『蜜蜂と遠雷』を、松岡茉優主演、石川慶監督で実写映画化。

2019年のロードショーが今から楽しみです。

関連記事

新作映画ニュース

前田多美・佐伯日菜子らがちば映画祭2020のゲスト!1月18日(土)アテネフランセ文化センターにて開催

新年一発! ちば映画祭2020 in アテネ・フランセ文化センターの来場ゲスト発表。 千葉県初上映の若手映画監督の作品上映をメインの作品を上映しているちば映画祭。 2020年1月18日(土)に、千葉県 …

新作映画ニュース

【凪待ち舞台挨拶】香取慎吾が完成披露試写会で重大発表!全国5大都市でのイベント開催でファンの元へ

映画『凪待ち』は2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開! 白石和彌と香取慎吾が初のタッグを組んで挑んだ、震災後の宮城県石巻市を舞台に描く骨太のヒューマン・サ …

新作映画ニュース

映画『エキストロ』あらすじ。キャストの山本耕史と斉藤由貴で描くモキュメンタリーとは

豪華キャストが泣き叫ぶ!?殴りかかる!? 胸熱ドキュメンタリーに見せかけた、カオスな予告編が爆誕。 テレビや映画の時代劇撮影が数多く行われる茨城県つくばみらい市にある巨大ロケ施設「ワープステーション江 …

新作映画ニュース

北欧映画祭が大阪の阪急うめだ本店にて開催。キノ・イグルーからヨーロッパ北部の世界を知る喜び

「北欧映画祭 Collaboration withキノ・イグルー」 2019年5月31日(金)と6月2日(日)の2日間、阪急うめだ本店にて開催決定! ©︎HANKYU HANSHIN DEPARTME …

新作映画ニュース

【新宿K’s cinema】ベトナム映画同時上映『漂うがごとく』『ベトナムを懐う』予告と場面写真解禁

2019年3月23日(土)よりロードショー ベトナム映画市場は近年アジアのなかでも目を見張る急成長を遂げており、国内産ジャンルムービーがどんどんクオリティを上げ、海外で研鑽を積んだクリエイターがベトナ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学