Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

スクリーンX映画館情報『アクアマン』あらすじと公開日。劇場にいながら海底バトルを体感!

  • Writer :
  • 中村綾子

映画『アクアマン』を3面マルチスクリーン「ScreenXシアター」にて、2019年2月8日より公開決定。

人類未体験の海中バトル・エンターテイメント『アクアマン』が2019年2月8日より全国のScreenXシアターでも上映が決定しました。

スポンサーリンク

映画『アクアマン』とは


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

DCコミックス原作のヒーローで、『ジャスティス・リーグ』にも参戦したアクアマンを主役に描くアクション大作です。

人間として育てられたアクアマン。彼は海底国アトランティスの末裔で、シャチやサメをはじめとする海の生物すべてを味方につけて、意のままに操り戦うことができます。

そんな彼の故郷アトランティスは、人類を滅ぼそうと地上侵略を始めてきます。

アクアマンは人類を守るか故郷を守るかという決断を迫られてしまうストーリー


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

全米公開に先駆けて公開されたイギリス、ブラジルほか全42ヶ国で初登場1位を獲得すると、世界中で大ヒットスタートを切りました。

ひと足早く12月7日に公開した中国でも『ワンダーウーマン』の興収をわずか3日で塗り替えるモンスター級大ヒットをたたき出し、北米では前売りチケットの販売記録が次々と塗り替えられるなど、世界中で異例の盛り上がりを見せています。

監督は『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)のジェームズ・ワン監督。

主人公アクアマンを演じるのは、『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』や『ジャスティス・リーグ』でもこの役を演じた、ジェイソン・モモア

ヒロインのメラ役にはアンバー・ハード。ジェイソン・モモアと同じく『ジャスティス・リーグ』から続投です。


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

ScreenXシアターとは

「ScreenX」とは、次世代型映画上映システムとして世界的に注目を集めている、3面マルチプロジェクション・映画上映システムです。

正面のスクリーンに加え、両側面(壁面)にも映像が投影され、270度の視界すべてで映画を鑑賞することができ、映画の世界に自分の感覚が没入していくような臨場感を体験することができます。

映画『アクアマン』ScreenX 上映に期待の声!

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』や『MEG ザ・モンスター』など、《海》を舞台にする作品を ScreenX シアターで観るお得感は、すでにScreenXファンの中でも話題になっていて、『アクアマン』のScreenX上映にも期待の声が集まっています。

視界の限界を越える270°の3面マルチスクリーンの演出は冒頭のタイトルシークエンスから仕掛けられています。

映画が始まる瞬間から「本格的に ScreenX で映画を観ている」という感覚と共に、映画の中に吸い込まれたような感覚を楽しめます。

3面スクリーンならではのパノラマ感

特に、アクアマンがヒロインのメラとともにアトランティスを初めて訪れるシーンとハイライトの戦闘シーンでは、カラフルな海底宮殿の風景が3面スクリーンに広げられ美しくうっとりとした『アクアマン』の世界観が表現されています。

そして、正面スクリーンでは収めきれないほど多く深海クリーチャーが登場するシーンでは、左右のスクリーンからも現れるような演出も仕掛けられていて、まるで、アトランティスの海底宮殿を訪問しているような体験も期待できると言ってもいいでしょう。

新次元の上映システムが世界に広がる

なお、「ScreenX」は、2012年CJ CGVが世界初で開発した新次元の3面マルチ上映システムです。

近年、ハリウッドの配給会社との協業を積極的に行いながら大規模な宣伝の大作映画を次から次へと多数公開しています。

アメリカ、フランス、スイス、イギリス、中国、タイ、インドネシア、ベトナム、トルコ、アラブ首長国連邦など、全世界17ヶ国185スクリーンを運営中です。

日本では、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にオープンしたのをはじめとして、石川県「シネマサンシャインかほく」、山口県「シネマサンシャイン下関」、福岡県「ユナイテッド・シネマ 福岡ももち」がオープンし、日本国内4劇場にて導入中です。(※2018年12月現在)

スポンサーリンク

映画『アクアマン』の作品情報


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Aquaman

【監督・原案】
ジェームズ・ワン

【キャスト】
ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ウィレム・デフォー、パトリック・ウィルソン、ドルフ・ラングレン、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ニコール・キッドマンほか

映画『アクアマン』のあらすじ

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

海底から見たこともない世界が攻めてきます。

立ち向かえるのはただ一人。

人間と海底アトランティス帝国の2つの血を引き、海の生物すべてを操り戦うアクアマン。

規格外の能力をもつ彼と人類の征服をもくろむ海底帝国。

そして最狂の巨大モンスターらとの空前のバトルが始まりますが…。

スポンサーリンク

まだScreenXシアター未体験のあなたに

「ScreenX」とは、次世代型映画上映システムとして世界的に注目を集めている、3面マルチプロジェクション・映画上映システムです。

正面のスクリーンに加え、両側面(壁面)にも映像が投影され、270度の視界すべてで映画を鑑賞することができ、映画の世界に自分の感覚が没入していくような臨場感を体験することができます。

「ScreenX」で上映される映画は、シーンによって正面のみに映像が投影されるシーンと、両側面に映像が投影されるシーンがあります。

左右に広がる画面は映画のシーンにさらなる抑揚と臨場感をもたらす効果を生み出し、映画自体の持つポテンシャルを最大限に表現することを可能にします。

映画『アクアマン』のScreenX上映館情報


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場

ユナイテッド・シネマ 福岡ももち

シネマサンシャインかほく

シネマサンシャイン下関

まとめ

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
映画は、私たちの生活を非日常へと誘ってくれる手段の一つだと思っています。

歴史上の人物と歴史を体感したり、魔法が使えてみたり、遠い外国へ行ってみたりと普段味わえないことを、画面いっぱいに味わうことが出来ます。

3面マルチスクリーンの ScreenX シアターで体感する『アクアマン』は、画面いっぱいが正面だけではなく、左右にも広がっていて、自分も海の中でサメの大群が迫ってくるのを間近で見ている錯覚に陥るくらいの大迫力です。

座って観ているだけで海中が体験できるなんて夢のよう。

映画を“観る”から“感じる”時代になっているのかもしれません。

ぜひ劇場でアクアマンやメラと共に戦っている気分を味わって下さい!

映画『アクアマン』は2019年2月8日より全国の ScreenX シアターにて上映開始!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

カトリーヌ・ドヌーヴ映画『アンティークの祝祭』あらすじ。キャストの実娘キアラと母娘役で日本公開は4月下旬に決定!

世界的大女優の C・ドヌーヴが実娘の C・マストロヤンニと母娘役で共演を果たした話題作! アンティークが見つめ続けた波瀾万丈な人生―その最期の日を鮮やかに締めくくる感動の人間ドラマ『アンティークの祝祭 …

新作映画ニュース

映画『HERO〜2020』公開日/上映館/特報予告。笑いと感動のハートウォーミング・コメディ!

演劇の世界から飛び出したハートウォーミング・コメディ。 涙あり、笑いありの大騒動が始まる! 誰かが誰かに支えられ、誰かが誰かの“ヒーロー”になる。そんな気持ちを届けてくれる心温まるコメディが、演劇の世 …

新作映画ニュース

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020全配信ラインナップ発表!動画サイト「シネマディスカバリーズ」にて開催

全ラインナップ発表!!2020年はオンライン! 2004年に埼玉県川口市で始まった「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門、短編部門)で構成されるコ …

新作映画ニュース

映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』あらすじ/公開日/上映館。革新的SF作品が日本初上陸!

土星から降臨した宇宙音楽王、サン・ラーの革新的・暗黒SF! 半世紀を経て突如日本初公開。 独自の宇宙哲学と作曲、パフォーマンスで知られるサン・ラー。 その超現実的宇宙音楽王サン・ラーが、地球人に警鐘を …

新作映画ニュース

映画『もち』あらすじ/キャスト/公開日。岩手の祭畤⼤橋から着想を得た日本の伝統と“今”を生きる少女の葛藤

フィクションなのかノンフィクションなのか… 実在する⼈々が演じ、彼らの追体験がドラマになった奇跡の⼀作 岩⼿県⼀関市⾻寺村を舞台に、そこに⽣きる⼀⼈の少⼥を主⼈公に⼟地の伝統の⾷⽂化【もち】にまつわる …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学