Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画業界のハラスメント防止に向けて、是枝裕和、諏訪敦彦、西川美和ら連盟で文化庁へ要望書提出

  • Writer :
  • 星野しげみ

業界のハラスメントに監督たちが立ち向かう!

声明文「私たちは映画監督の立場を利用したあらゆる暴力に反対します。」が、2022年3月18日(金)に是枝裕和、諏訪敦彦、岨手由貴子、⻄川美和、深田晃司、舩橋淳(五十音順)の連名で発表されました。

細かい契約の書面化が進んでいない映画界。そのことがハラスメント、精神的・身体的暴力などさまざまなトラブルの要因の一つとなっています。


左より⻄川監督、諏訪監督、寺本課⻑、中山専門官

契約書作成がないことを危惧したのは、是枝裕和&諏訪敦彦&西川美和らが名を連ねる映画監督有志の会。

会の有志メンバーは、この契約書の作成において特にハラスメント防止が重要な検討項目と考え、文化庁が発出を進める「文化芸術分野の適正な契約関係構築」において、ハラスメント防止に向けての要望書を文化庁に24日に提出しました。

スポンサーリンク

文化庁・省庁へ要請の実施

諏訪敦彦(映画監督・映画監督有志の会)と⻄川美和(映画監督・映画監督有志の会)が、2022年3月24日(木)に文化庁に赴き、要請を提出しました。

諏訪敦彦の言葉:「文化芸術分野の適正な契約関係構築について検討を始められているということでかなり重要な局面にあると思います。3/18に出した声明文を出したのですがかなり大きな反響がありまして、実に様々な現場の声が届いています。事態は想像以上に深刻です。そのような状況の中で、ぜひハラスメント防止の観点から幅広い現場の調査と約書の項目についてもっと十分に時間をかけて検討していただきたい。」

⻄川監督の言葉:「声明を出してから5日間で、300件ものメッセージをいただき、中には痛ましい実情の告白も多数寄せられました。このことは、そういう苦しみの受け皿が映画・映像業界に全く用意されずに来たことの表れでもありますし、また過酷な労働環境の中でスタッフや俳優はプレッシャーを受け続け、傷を負った人が上の立場に立った時には無意識に加害的になっているような連鎖もあります。ハラスメントの問題を重要な課題として捉えていただき、作成中の契約書のひな型のプラス面が将来的には広く当事者に伝わるようにしていただきたいと思います。」

⻄川監督、諏訪監督両名のお願いに対し、文化庁の寺本課⻑は「この取り組みは始まったばかりで、まずは最初の一歩として踏み出そうとしております。その中でさらに現場の方の声を取込みながら使っていただけるよりいい雛形をまずは作っていきたいと思ってます。」と答えられました。

まとめ

業界のハラスメントなどの問題を重くみた「映画監督有志の会」が、文化庁が進める「文化芸術分野の適正な契約関係構築」において、ハラスメント防止に向けての要望書を提出しました。

その前に連名で出された「私たちは映画監督の立場を利用したあらゆる暴力に反対します。」という声明文にも、大きな反響があったと言います。

個々の小さなつぶやきも集まれば大きなざわめきになります。「映画監督有志の会」の決断に期待しましょう。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ブレッドウィナー』劇場公開日は12月20日に決定!世界各国で評価されたアニメの内容とは

家族のために髪を切り“少年”になった勇気ある少女の物語。 第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネートをはじめ、アヌシー国際アニメーション映画祭観客賞・審査員特別賞・最優秀音楽賞受賞、アニメ界のアカ …

新作映画ニュース

岩井俊二映画『チィファの手紙』あらすじとキャスト。日本公開決定の中国版ラストレター

岩井俊二監督が描く、もうひとつの『ラストレター』。 『Love Letter』(1995)、『スワロウテイル』(1996)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001)、『花とアリス』(2004)など、数 …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのカウボーイ役は斎藤工(たくみ)。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

瀬川浩志映画『たまゆらのマリ子』あらすじとキャスト。牛尾千聖プロフィール紹介も

第25回レインダンス映画祭作品賞、脚本賞ノミネートされた、新鋭の瀬川浩志監督、牛尾千聖主演の映画『たまゆらのマリ子』。 現代人の赤裸々な実態をスリリングに描いた衝撃の人間ドラマです。 映画『たまゆらの …

新作映画ニュース

韓国映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』あらすじ。シネマートにて公開決定!

男たちの悲哀に満ちたストーリーと壮絶なアクションシーンに心を揺さぶられる歴史大作! 韓国映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』の公開が2018年11月シネマート新宿、シネマート心斎橋にて決定しまし …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学