Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/10/01
Update

映画『不実な女と官能詩人』あらすじとキャスト。公開日が11月1日の実話を基にした大人向け伝記ドラマ

  • Writer :
  • 石井夏子

彼女が恋に落ちたのは、後に“エロスの祭司”と称される異端の詩人でした。

この度、原題『CURIOSA』が邦題『不実な女と官能詩人』として2019年11月1日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて公開されることが決定しました。

©CURIOSA FILM

19世紀のフランスに実在した詩人ピエール・ルイスの知られざる物語を描いた本作。

日本版のポスタービジュアル、場面写真も公開されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『不実な女と官能詩人』について

©CURIOSA FILM

作曲家ドビュッシー、小説家ジッド、詩人オスカー・ワイルドなど高名な芸術家たちと交友を結び、影響を与えたと言われるフランス象徴主義の詩人ピエール・ルイス

生涯で2,500人以上の女性と関係を持ったと言われ「エロスの祭司」とも称された彼の死後、自身が撮影したと思われる大量のポルノ写真が見つかりました。

そしてなんとそのモデルのうちの1人は、著名な詩人ジョゼ・マリア・ド・エレディアの次女で、親友の妻だったマリーでした。

道ならぬ恋におちた2人はどのように出会い関係を結んでいったのか、そしてなぜピエールは女性の痴態を撮影し続けたのか。

フランス文学史にその名を刻む異端の詩人、その秘められた愛と官能の物語が本作を通してついに明らかとなります。

映画『不実な女と官能詩人』のキャストと監督

©CURIOSA FILM

主演マリー役を務めたのは『英雄は嘘がお好き』『パリの家族たち』などに出演し注目を集めるノエミ・メルラン

そして稀代のプレイボーイ、ピエール・ルイスを演じるのは『ポリーナ、私を踊る』などで知られるニールス・シュネデール

フランスの次代を担う若手スターが共演し、つややかに物語を彩っています。

監督は新進気鋭の女性監督ルー・ジュネ

本作は単なる官能の物語ではなく、女性が不自由な時代に自由に生きたいと願った、一人の人間の人生の記録でもあるんです。

スポンサーリンク

映画『不実な女と官能詩人』のポスタービジュアル

©CURIOSA FILM

発表された『不実な女と官能詩人』のポスタービジュアルは、トップレスの女性の後ろ姿が大きく映し出されています。

そしてベッドの上で語り合うマリーとピエール、さらには快楽に溺れる悩ましげなマリーの表情も捉えられ、美しくも刺激的なデザインとなりました。

映画『不実な女と官能詩人』の作品情報

©CURIOSA FILM

【日本公開】
2019年(フランス映画・R18+)

【原題】
CURIOSA

【監督】
ルー・ジュネ

【脚本】
ラファエル・デプレシャン、ルー・ジュネ

【撮影】
シモン・ロカ

【音楽】
アルノー・ルボチーニ

【字幕翻訳】
横井和子

【キャスト】
ノエミ・メルラン、ニールス・シュネデール、バンジャマン・ラヴェルネ、スカリ・デルペラト

スポンサーリンク

映画『不実な女と官能詩人』のあらすじ

©CURIOSA FILM

19世紀、パリ。

著名な詩人ジョゼ・マリア・ド・エレディアの次女マリーは、新進気鋭の詩人ピエール・ルイスと恋に落ちます。

しかし、2人の思いを知ってか知らずか、両親は金銭的理由から、同じくマリーに思いを寄せていたピエールの親友で貴族出身の詩人アンリ・ド・レニエとの結婚を決めてしまいました。

打ちひしがれたピエールはアルジェリアに渡り、女性の痴態・官能美を写真に収めることに情熱を傾け退廃的な生活を送ります。

アンリの一方的な思いだけが結べつけたマリーの結婚生活もまた、味気なく乾ききったままでした。

©CURIOSA FILM

1年後、ピエールが帰国したとの噂を聞きつけ、マリーはたまらず彼のもとに駆けつけます。

「あなたと結婚したかった」

マリーが発した言葉、それが彼女とピエールの長い長い情交の始まりになりました。

セックス、文学、そして官能的な写真の数々。

2人の奔放な関係は周囲の人々を巻き込み、思いも寄らない方向へ転がり始めてゆき…。

まとめ

©CURIOSA FILM

これは誠実で奔放な愛と官能を描いた、真実の物語です。

生涯で2,500人以上の女性と関係を持ったと言われ、「エロスの祭司」とも称されたフランス象徴主義の詩人ピエール・ルイス。

彼が撮ったポルノ写真のモデル・マリーを主人公に、女性の生き方と、ピエール・ルイスの秘められた愛を映しだします。

映画『不実な女と官能詩人』は2019年11月1日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にてロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

インド映画『マッキー』が11月に再上映決定!バーフバリのSSラージャマウリ監督作品の予告も解禁

『バーフバリ』で見せたダイナミックなVFXの源はコレ! 爆笑必至のアクションコメディ『マッキー』奇跡の再上映決定。 2013年に日本公開しスマッシュヒットを飛ばしたインド発のアクションコメディ映画『マ …

新作映画ニュース

韓国映画『工作 黒金星と呼ばれた男』あらすじとキャスト。日本公開オリジナルポスターのビジュアル解禁!

カンヌ国際映画祭執行委員長も称賛! 第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニングに公式招待された韓国映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』が2019年7月19日(金)よりシネマ …

新作映画ニュース

映画『ガルヴェストン』あらすじとキャスト。上映公開される劇場情報も【エル・ファニング&ベン・フォスター共演】

アメリカでエドガー賞を主宰している探偵作家クラブの処女長編賞候補にも挙がった犯罪小説『GALVESTONE(原題)』の映画化。 日本公開に向けて邦題を『ガルヴェストン』にあらためて、2019年に新宿シ …

新作映画ニュース

韓国映画『ディヴァイン・フューリー/使者』あらすじ/キャスト/公開日。パク・ソジュンがアクションで新たな魅力を発揮!

若き格闘家とベテラン神父が悪に挑む 新次元エクソシズム・アクション・エンターテイメント。 本国で大ヒットを記録し、日本でもテレビドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』としてリメイクされた大ヒットポリ …

新作映画ニュース

映画『ラストムービー』キャストと監督をデニス・ホッパーが務めた怪作!予告編とメインビジュアルが解禁

ハリウッドの異端者にして鬼才、デニス・ホッパーによる革命的傑作が31年ぶりの劇場公開。 『イージー★ライダー』製作50周年にあたる2019年、1988年以来31年ぶりの公開が決定したデニス・ホッパー監 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP