Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『護られなかった者たちへ』キャストの阿部寛は笘篠誠一郎役!演技力の評価とプロフィール解説

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『護られなかった者たちへ』は2021年10月1日に全国公開

中山七里のミステリー小説『護られなかった者たちへ』を瀬々敬久監督が実写映画化。

佐藤健が主演を務めるほか、阿部寛、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都という実力派キャストが集結。

映画『護られなかった者たちへ』は2021年10月1日より全国公開となります。

この記事では笘篠誠一郎役の阿部浩について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『護られなかった者たちへ』の作品情報


(C)2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
中山七里『護られなかった者たちへ』(NHK出版)

【監督】
瀬々敬久

【キャスト】
佐藤健、阿部寛、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒方直人

【作品情報】

原作となった小説『護られなかった者たちへ』は、東日本大震災から時を経た宮城・仙台を舞台に、貧困や格差の問題を描く社会派ミステリー小説で、2018年に出版されました。

“どんでん返しの帝王”の異名を持つ小説家・中山七里が、日本の生活保護受給制度の限界に挑んだ問題作です。

市の福祉保健事務所職員と現役県議が、全身を縛られたまま放置され、餓死させられるという驚愕の連続殺人事件を軸に物語は展開していきます。

犯人探しが目的ではなく読者の心に残る傑作小説の映画化にあたり、監督を務めるのは『64-ロクヨン-』(2016)『菊とギロチン』(2018)『楽園』(2019)などの瀬々敬久

知人を助けるために放火、傷害事件を起こして服役していた利根泰久役を演じるのは、瀬々監督作『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(2017)で主演した佐藤健です。

阿部寛は宮城県警捜査一課の刑事・笘篠誠一郎役として、容疑者の利根を追い詰めます。

清原果耶は福祉保健事務所の職員でケースワーカーの円山幹子役、倍賞美津子は東日本大震災で被災した遠島けい役、吉岡秀隆は国会議員の上崎岳大役、林遣都は笘篠の後輩刑事・蓮田智彦役で出演。

脚本は『糸』(2020)でも瀬々監督と組んだ林民夫が担当しています。

映画『護られなかった者たちへ』のあらすじ


(C)2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

東日本大震災から9年後、宮城県内の都市部で、全身を縛られたまま放置され餓死させられるという凄惨な連続殺人事件が発生。

被害者はいずれも人格者と言われていた男たちでした。

捜査線上に浮かび上がった容疑者は、利根という男。彼は、知人を助けるために放火、傷害事件を起こした後、刑期を終えて出所したばかりでした。

宮城県警の刑事、笘篠は殺された2人の被害者から、ひとつの共通項を見つけ出し利根を追い詰めていき…。

スポンサーリンク

映画『護られなかった者たちへ』笘篠誠一郎役は阿部寛

参考映像:『テルマエ・ロマエ』(2012)

映画『護られなかった者たちへ』で笘篠誠一郎役を演じる阿部寛は1964年6月22日生まれの俳優。横浜市出身。茂田オフィス所属。

大学在学中に姉の勧めで優勝賞品の車ほしさに「集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」に応募して優勝。以降、雑誌『メンズノンノ』のカリスマモデルとなります。

1987年映画『はいからさんが通る』で俳優デビュー。

しかしその後ドラマの仕事が減っていき、仕事に恵まれなかった3年間はパチンコで生計を立てていたといいます。

1993年、つかこうへいの舞台『熱海殺人事件 モンテカルロ・イルージョン』でバイセクシュアルの刑事役で主演。

『しのいだれ』『凶銃ルガーP08』の演技が認められ映画賞を受賞。

NHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』出演を機に、時代劇への出演も増え始めます。

徹底して三枚目を演じた『TRICK』が大ブレイク。その後も『結婚できない男』『アットホーム・ダッド』などでもコミカルな役を好演します。

2012年の主演映画『テルマエ・ロマエ』が大ヒットし、数々の映画賞を受賞。続編も制作されました。

映画『麒麟の翼~劇場版・新参者~』『ふしぎな岬の物語』『柘榴坂の仇討』でも映画賞を受賞しています。

『ドラゴン桜』シリーズ、『下町ロケット』シリーズなど大ヒットドラマの主演を多数つとめています。

映画『護られなかった者たちへ』笘篠誠一郎はどんな役?


(C)2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

阿部寛演じる笘篠誠一郎は、宮城県警捜査一課の刑事。

2011年3月の震災の津波で家族を亡くした過去を持ちます。

佐藤健演じる利根泰久を、連続殺人事件の犯人と疑って追い詰めますが…。

スポンサーリンク

阿部寛の演技力の評価は

参考映像:『ふしぎな岬の物語』(2014)

カリスマファッションモデルを経て、押しも押されぬ人気実力派となった俳優・阿部寛。

しかし俳優デビュー後はなかなか演技の幅が広がらず、長く不遇の時代を過ごしたといいます。

転機となったのは、俳優再生工場と呼ばれる劇作家・つかこうへいの舞台『熱海殺人事件 モンテカルロ・イリュージョン』への挑戦でした。

つかから「お前を食える役者にしてやる」と言われた阿部は、これまでのイメージをかなぐり捨てて、「バイセクシャルで棒高跳びの選手だった刑事」役に食らいつきます。

奇声を発しながら跳びはねる自分の殻を破った演技をみせ、才能を開花させました。

2012年『テルマエ・ロマエ』で第36回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞。

2015年には『ふしぎな岬の物語』『柘榴坂の仇討』で第38回日本アカデミー賞の優秀主演男優賞と助演男優賞をダブル受賞しました。

『ドラゴン桜』『下町ロケット』などのドラマ作品でも多数の賞を獲得。

本作で共演する佐藤健は、阿部寛が出演したドラマ『TRICK』があまりに好きすぎたことがきっかけで役者を志したそうです。

2010年には監督の堤幸彦に直談判して、『劇場版TRICK 霊能者バトルロイヤル』に出演し、阿部との共演を果たしています。

佐藤は阿部について「何をしても面白い。コメディがほんと面白くてずるいな~と思う」と絶賛しています。

本作で追う者と追われる者を熱く演じる2人から目が離せません。

阿部寛の公式SNSの紹介

残念ながら阿部寛の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

中山七里による傑作社会派ミステリーを、『64-ロクヨン-』『楽園』の瀬々敬久監督が実写映画化した『護られなかった者たちへ』。

瀬々監督と『8年越しの花嫁 奇跡の実話』でタッグを組んだ佐藤健が、容疑者の主人公・利根泰久を演じます。

利根を執拗に追い詰める宮城県警捜査一課の刑事・笘篠誠一郎役に、硬軟演じ分ける実力派・阿部寛。

共演には清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒方直人ら豪華キャストが顔を揃えます。

注目の映画『護られなかった者たちへ』は、2021年10月1日より全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

ステイサム映画『キャッシュトラック』あらすじ/キャスト/公開日。ガイ・リッチー新作WRATH OF MANが日本上映決定!

ジェイソン・ステイサム×ガイ・リッチー。 16年ぶりにタッグを組んだクライム・アクション! ジェイソン・ステイサムとガイ・リッチー監督が16年ぶりにタッグを組んだクライム・アクション映画『WRATH …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『わたしは分断を許さない』あらすじ。ジャーナリスト堀潤が監督した世界の5年間とは

ジャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追った、「分断」された世界。 ジャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追ったドキュメンタリー映画『わたしは分断を許さない』が、2020年早春よりポレポレ東中野ほか全 …

新作映画ニュース

森田健作と島田陽子が映画『砂の器』の思い出を振り返る【シネマ・コンサート2019】

森田健作×島田陽子44年ぶりの再会 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション 2017年8月に東京で初演されて以来、2018年4月、同年9月と公演が行われてきた映画『砂の器』シネマ・コン …

新作映画ニュース

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじと劇場公開情報。2020年3月に日本公開が決まったドキュメンタリー

自然を愛する夫婦が“夢”を追う 8年間の奮闘を描く奇跡のドキュメンタリー. 米レビューサイトRottenTomatoesで驚異の96%(2019年11月1日現在)、アカデミー賞ドキュメンタリー部門の最 …

新作映画ニュース

映画『たまつきの夢』あらすじとキャスト。若手監督とミュージシャンのコラボ「MOOSIC LAB2019」を開催!

MOOSIC LAB2019は2019年11月23日(土)から12月21日(土)まで開催。 若手映画監督とミュージシャンのコラボレーションによって制作された映画を上映する音楽と映画の祭典「MOOSIC …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学