Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト阿部サダヲは内縁の夫・川田遼役を演じる【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介

母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開されます。

『日日是好日』の大森立嗣監督が、長澤まさみ、阿部サダヲを迎えた本作。

この記事では主人公の秋子の内縁の夫となるホストの川田遼役を演じる阿部サダヲについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『MOTHER マザー』の作品情報


(C)2020「MOTHER」製作委員会

【上映】
2020年(日本映画)

【脚本・監督・撮影】
大森立嗣

【脚本】
大森立嗣、港岳彦

【音楽】
岩代太郎

【キャスト】
長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花

【作品情報】

河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『日日是好日』の大森立嗣監督とタッグを組み、新たな物語として映画化した本作。

主演の長澤まさみが、シングルマザーの秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく母親に挑戦。また、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲが演じています。

製作は、日本アカデミー賞(主要部門)三冠の『新聞記者』(2019)、『宮本から君へ』(2019)など話題作をおくりだし、現代社会の様々なテーマを世に問い続ける映画会社スターサンズです。

映画『MOTHER マザー』のあらすじ


(C)2020「MOTHER」製作委員会

男たちとゆきずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきたシングルマザーの秋子。

生活に困って両親に金を借りに行きますが、散々家族からの借金を繰り返してきた彼女は、愛想をつかされ追い出されてしまいます。

昼間からゲームセンターで飲んだくれていた秋子は、ホストの遼と出会い意気投合。遼は秋子のアパートに入り浸るようになります。

実の息子・周平を学校にも通わせず、遼と出かけたまま何週間もアパートを空ける秋子。

しかし、秋子は周平に異様な執着をみせ、自分に忠実であるようにと強います。

歪んだ愛に翻弄されながらも、母しか頼れるものがいない周平は、彼女の要求にこたえようとしてもがきます。

やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立した母と息子の間に生まれた“絆”。それは成長した周平をひとつの殺害事件へ向かわせ…。

スポンサーリンク

映画『MOTHER マザー』川田遼役は阿部サダヲ

参考映像:『舞妓Haaaan!!!』(2007)

映画『MOTHER マザー』で主人公・秋子の内縁の夫でホストの川田遼役を演じる阿部サダヲは、1970年4月23日生まれの俳優・歌手。千葉県出身。劇団大人計画所属。

友人など周囲の人間から「30になったらいい役者になる」と言われたことがあったため、職を転々とした時期に一度やってみてもいいかと思い立ち、大人計画のオーディションを受けたことが芸能界入りのきっかけとなりました。

短髪を白髪に染めて軍服を着用という奇抜な姿でオーディションに臨み、主宰の松尾スズキを仰天させたそうです。

1992年の舞台『冬の皮』でデビュー。

同年には病気降板した温水洋一の代役として、『演歌なアイツは夜ごと不条理な夢を見る』でドラマデビューを果たします。

1995年、同じ大人計画の俳優らとバンド「グループ魂」を結成し、ボーカルの「破壊」として活動。2005年には「君にジュースを買ってあげる♥」で第56回NHK紅白歌合戦にも出場しました。

2000年、大人計画のメンバーである脚本家宮藤官九郎脚本のテレビドラマ『池袋ウエストゲートパーク』に出演し、宮藤作品の常連俳優となります。

2007年、『舞妓Haaaan!!!』で映画初主演。

2010年NHKドラマ『離婚同居』で連続ドラマ初主演。

2019年には宮藤官九郎・脚本のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』で主人公の田畑政治役を務めました。

映画『謝罪の王様』『殿、利息でござる!』『彼女がその名を知らない鳥たち』、ドラマ『おんな城主 直虎』『マルモのおきて』など、数々の人気話題作で活躍。

芸名は、本名が阿部であるために「阿部定事件」の「阿部定を」が候補となり、それをカタカナにしてサダヲとつけたそうです。

映画『MOTHER マザー』川田遼はどんな役?


(C)2020「MOTHER」製作委員会

阿部サダヲ演じるホストの川田遼は、長澤まさみ演じる主人公のシングルマザー・三隅秋子の内縁の夫。

ゲームセンターで秋子と意気投合して、彼女のアパートに入り浸るようになります。

2人で市職員の宇治田を脅して金を手に入れようとしましたが、誤って刺してしまい…。

スポンサーリンク

阿部サダヲの演技力の評価は

参考映像:『謝罪の王様』(2013)

シリアスからコメディまでどんな役柄でもこなす演技派俳優・阿部サダヲ。

特にコミカルな演技で高く評価され、初主演の映画『舞妓Haaaan!!!』で第31回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しました。

主演として現場にガッツリ携わる経験をしたことで、大きなターニングポイントとなったと語っています。

喜劇俳優としての才能を開花させ、『謝罪の王様』『殿、利息でござる!』なども好評を博しました。

2019年にはNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』で第二部の主人公・田畑政治役をつとめ、ユーモラスな演技で視聴者の心をつかみました。

一方で、2017年にはシリアスな作品『彼女がその名を知らない鳥たち』で、ヒロインと同棲するクズ男を好演。一途な究極の愛を見事に表現し、第60回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞しています。

本作『MOTHER マザー』では、自堕落で奔放なシングルマザー・秋子の内縁の夫・遼という難しい役どころを演じます。

阿部サダヲの公式SNSの紹介

残念ながら阿部サダヲの公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2020「MOTHER」製作委員会

「少年による祖父母殺害事件」の実話をもとに、大森立嗣監督が映像化した衝撃作『MOTHER マザー』。

主演の長澤まさみがこれまでの清純派イメージを脱ぎ捨て、毒母・秋子役に挑戦することで大きな話題を呼んでいます。

秋子の内縁の夫でホストの遼役を演じるのは演技派・阿部サダヲ。秋子と共に堕ちていく男をシリアスに演じます。

夏帆、仲野太賀ら実力派俳優陣が共演。

映画『MOTHER マザー』は2020年7月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開予定。

関連記事

新作映画ニュース

ゴダール映画『イメージの本』公開記念。『さらば、愛の言葉よ』3D上映がシネスイッチ銀座にて決定

『さらば、愛の言葉よ<3D>』アンコール上映 2019年4月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショーされるジャン=リュック・ゴダール監督最新作『イメージの本』。 その公開を記念し、4月13 …

新作映画ニュース

【劇場版Fate[HF]第3章】あらすじとキャスト声優のコメント。劇場公開に向け第1弾特典付き共通前売券の発売も

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』Ⅲ.spring song キービジュアル&特報第1弾公開! 手にした者の願いを叶えるという万能の願望機「聖杯」をめ …

新作映画ニュース

土屋太鳳映画『春待つ僕ら』あらすじとキャスト。原作あなしん漫画を実写化

雑誌デザートで大ヒット連載中の累計300万部を突破した、あなしんの漫画『春待つ僕ら』が実写映画化しました。 主演の美月役は土屋太鳳、バスケ部のイケメン四天王に北村匠ら、幼なじみの亜哉役に小関裕太と、フ …

新作映画ニュース

映画『スケート・キッチン』あらすじとキャスト・公開日も。実在の女性ボーダー達が出演!

マンハッタンの“いま”をスタイリッシュに駆け抜ける いま世界が注目するガールズスケートクルー「スケート・キッチン」。 彼女たちを主演に迎えた話題の映画『スケート・キッチン』が2019年5月10日(金) …

新作映画ニュース

【イメージフォーラム・フェスティバル2020】開催日/上映作品。アート映画祭の開催概要とラインナップ発表!

34回目を迎える映像アートの祭典が2020年も開催。 「映画上映」を考えさせるライヴ上映、上映オルガナイザーたちとのコラボを実施! 商業性にとらわれず先鋭的・実験的な映像作品、話題作を世界中から集めて …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学