Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/04/11
Update

【ミニシアター・エイド基金】深田晃司監督らと共に全国の映画館支配人も劇場中継を繋ぎ、発足記念無観客記者会見を4月13日に配信!

  • Writer :
  • 石井夏子

ジェームス・ブラウン主演ドキュメンタリー映画『ソウル・パワー』を
DOMMUNEにて投げ銭方式でフリー生配信決定。

小規模映画館支援のためのクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」が、2020年4月13日(月)よりMotion Galleryにてスタートするのに伴い、当日の16時からDOMMUNEにて立ち上げの記者会見が行われます。

その後、同チャンネルで17時30分からアップリンク配給のジェームスブラウンのドキュメンタリー映画『ソウル・パワー』が投げ銭方式でフリー生配信されることになりました。

本作はジェームス・ブラウンのほか、3月24日に新型コロナウィルスに感染し死去したマヌ・ディバンゴ、3月30日に心臓疾患の合併症により亡くなったビル・ウィザースのパフォーマンスも収録しています。

スポンサーリンク

「ミニシアター・エイド基金」とは?

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が発令され、補償が不明瞭な中、政府からの自粛要請が続き、全国の小規模映画館「ミニシアター」もまた閉館の危機にさらされています。

「ミニシアター・エイド基金」は、ミニシアターに資金を送るためのクラウドファンディングです。

2020年4月5日に立ち上げが宣言された「ミニシアター・エイド基金」は、現在全国のミニシアター50館超の参加希望があり多くの映画監督からの賛同と参加の意思表明が集まっています。

今後、署名活動を通じて政府への提言を進めている「SAVE the CINEMA」とも連携していくとのことです。

「ミニシアター・エイド基金」発足記念無観客記者の概要

【配信日時】
2020年4月13日(月)16:00~17 30

【配信CH】
DOMMUNE 

【料金】
フリー(投げ銭方式)

【出演者】
深田晃司(発起人・映画監督 、濱口竜介(発起人・映画監督 )、浅井隆(アップリンク代表)、斎藤工(俳優・映画監督)、渡辺真起子(俳優)
全国の劇場支配人も中継を繋ぎ参加予定

※感染拡大を防ぐため、本記者会見は配信のみとなります。また、出演者は全員モニター越しで、リモートでの参加となります。

スポンサーリンク

映画『ソウル・パワー』フリー生配信の概要

【配信日時】
2020年4月13日(月) 17:30~19:03

【配信CH】
DOMMUNE 
※権利の都合上視聴は日本国内にお住いの方に限らせていただきます。

【料金】
フリー(投げ銭方式)

映画『ソウル・パワー』の作品情報

【製作】
2008年(アメリカ映画)

【監督】
ジェフリー・レヴィ=ヒント

【プロデューサー】
デヴィッド・ソネンバーグ、レオン・ギャスト

【キャスト】
ジェームス・ブラウン、ビル・ウィザース、B.B.キング、ザ・スピナーズ、セリア・クルース&ザ・ファニア・オール・スターズ、モハメド・アリ、ドン・キング、スチュワート・レヴァィン、マヌ・ディバンゴ他

映画『ソウル・パワー』の見どころ

本作は、ジェームス・ブラウン、B.B.キングなど超豪華アーティストがザイールの地に一挙集結したブラックミュージックの伝説の音楽祭「ザイール’74」 を収めたドキュメンタリー映画です。

舞台は1974年、ザイール(現・コンゴ民主共和国)。エンターテイメント史上もっとも記憶に残る瞬間といわれた世界ヘビー級王者決定戦、モハメド・アリ対ジョージ・フォアマンとの一戦“キンシャサの奇跡”に先がけ、世界最大のブラックミュージックの祭典が行わることなり、これ以上は望めないアーティストがザイールに集結しました。

最も脂が乗った時代のジェームス・ブラウンをはじめ、“ブルースの神様”B.B.キング、“サルサの女王”セリア・クルースとファニア・オールスターズ、“フュージョン界のスーパーグループ”ザ・クルセイダーズなどが出演。

また、3月24日に新型コロナウイルス感染症により死去したサックス奏者マヌ・ディバンゴがキンシャサの路上で現地の人々とジャム・セッションを繰り広げるシーンは必見です。

そして、3月30日に心臓疾患の合併症により亡くなったソウル歌手のビル・ウィザースのパフォーマンスも収められています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で蔓延するこの時代に、代表曲『リーン・オン・ミー』が希望と連帯のアンセムとして再び注目を集めている彼のソウルフルなナンバー『Hope She’ll be Happier』をぜひご堪能ください。

スポンサーリンク

まとめ

参考:Mini-Theater AIDのツイッター

「ミニシアター・エイド基金」による小規模映画館支援のためのクラウドファンディングが2020年4月13日(月)から開始されます。

ミニシアターの経営規模は小さいですが、「多様性」という観点から見て日本文化への貢献度は非常に大きなもの。

2020年4月13日(月)16時からDOMMUNEにて「ミニシアター・エイド基金」上げの記者会見が行われ、17時30分からは同チャンネルでアップリンク配給作品『ソウル・パワー』を投げ銭方式でフリー生配信されます。

観客からのサポートはミニシアター・エイド基金とDOMMUNEの通信費、映画料に充てられるこのイベントにぜひご自宅からご参加ください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの組長代行役は塩見三省【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

新作映画ニュース

しんゆり映画祭2018野外上映会の開催日時とアクセス。雨天の場合は?

2018年で第24回を迎えた、KAWASAKIしんゆり映画祭。 恒例となった夏のイベント「なつやすみ野外上映会」は19回目を数え、今回は親子で楽しめる映画『パディントン2』の上映が決まりました。 スポ …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。女優・村田唯は兄の愛人である深津美沙役を熱演【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

映画『わたしはダフネ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館/。娘と父親の旅を描く感動作の予告編紹介!

第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門 国際批評家連盟賞受賞! 監督が SNS で見出した主演カロリーナに拍手喝采!! 最愛の母を亡くしたダウン症の娘と父親が、悲しみを乗り越えて、互いを理解し合うかけ …

新作映画ニュース

映画『カウンセラー』ユーロスペース公開日が2022年3月19日に正式決定!想像絶する“不穏”が伝わる新場面写真も解禁

42分間、究極の短編怪奇心理サスペンス。 映画『カウンセラー』は2022年3月19日(土)よりユーロスペース渋谷にて2週間レイトショー上映! 2021年10月・下北沢トリウッドでの封切り後の同館アンコ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学