Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/07
Update

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの藤間役は原田泰造【演技力の評価とプロフィール】

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー!

『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎

伊坂にとって「初」にして「唯一」の恋愛小説集となる『アイネクライネナハトムジーク』

絶大な支持を誇るシンガーソングライターの斉藤和義との交流から生まれた、伊坂幸太郎書き下ろしの短編2作。これらに新たな4編を加えて、『アイネクライネナハトムジーク』は出版されました。

伊坂からのラブコールにより、監督を務めることになったのは、『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』で知られる恋愛群像劇の名手・今泉力哉

映画『アイネクライネナハトムジーク』は2019年9月20日(金)に公開されます。

主演の佐藤役には、正統派俳優ながらも、佐藤らしいナチュラルな人の好さも感じさせる三浦春馬。

相手役には、キュートな魅力にあふれる実力派・多部未華子。

共演には、原田泰造、貫地谷しほりというベテラン演技派に加え、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里らフレッシュな顔ぶれが揃っています。

オール仙台・宮城ロケで撮影され、仙台出身のサンドウィッチマンも特別出演。宮城県では9月13日(金)より先行公開されます。

この記事では、主人公・佐藤の上司・藤間役を演じる原田泰造について詳しくお伝えしていきます。

映画『アイネクライネナハトムジーク』の作品情報


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』(幻冬舎文庫)

【監督】
今泉力哉

【キャスト】

三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、成田瑛基、八木優希、こだまたいち、MEGUMI、濱田マリ、貫地谷しほり、原田泰造

【作品概要】

『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』『ゴールデンスランバー』など数々の著作が映画化されてきたベストセラー作家・伊坂幸太郎の小説『アイネクライネナハトムジーク』を原作に、『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』の今泉力哉監督が映画化。

主演の三浦春馬、多部未華子に加え、原田泰造、貫地谷しほり、矢本悠馬、森絵梨佳ら豪華キャストが集結しています。

映画『アイネクライネナハトムジーク』のあらすじ


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

仙台駅前。

大型ビジョンを望むデストリアンデッキでは、日本人初の世界ヘビー級王座をかけたタイトルマッチに、人々が沸いていました。

そんな中、街頭アンケートに立つ会社員・佐藤。ギターの弾き語りに聴き入る本間紗季と目が合い、思い切って声をかけます。

快くアンケートに応える紗季の手には手書きで「シャンプー」の文字。思わず「シャンプー」と声に出した佐藤に、紗季は微笑みます。

劇的な<出会い>を待つだけだった佐藤は、友人の織田から<出会い>の極意を説かれます。織田は美しい由美と結婚し、2人の子どもたちと幸せな家庭を築いています。

一方、佐藤の上司の藤間は、妻と娘に出て行かれたばかりで途方に暮れていました。

<出会い>のない生活を送っていた由美の友人の美奈子は、美容室の常連客の香澄から紹介された、声しか知らない男に恋心を抱き始めています。

そして10年後。織田家の長女は高校生になり、佐藤は、紗季と付き合い始めて10年になっていました。

佐藤は紗季に、意を決してプロポーズをしますが…。

思いがけない絆で佐藤とつながっていく人々が、愛と勇気と幸福感に満ちた奇跡を呼び起こす物語です。

映画『アイネクライネナハトムジーク』藤間役は原田泰造

参考映像:『ミッドナイト・バス』(2018)

映画『アイネクライネナハトムジーク』で藤間役を演じる原田泰造はお笑いトリオ・ネプチューンのメンバー。近年では俳優としても精力的に活動し、高く評価されています。

1970年3月24日生まれ。東京都出身。ワタナベエンターテインメント所属。

広島に生まれ、父の転勤で北海道、東京都を転々としながら育ちました。

高校卒業後、テレビに出たいという思いから、モデルや俳優のオーディションの応募していました。エキストラで、1991年NHK大河ドラマ『太平記』の死体役で出演。

1991年に「パープルン」というお笑いコンビを結成しますが、相方の借金問題で解散。

新しい相方・堀内健に声をかけ、「フローレンス」を結成。1994年に名倉潤が加入して、お笑いトリオ・ネプチューンを結成しました。『タモリのSuperボキャブラ天国』出演でブレイク。

俳優として、1995年TBS愛の劇場『ママに宿題』に出演。

1998年にはネプチューン初主演映画『どつきどつかれ』で主演デビュー。

2000年『編集王』でテレビドラマ単独初主演を務めました。

その後も数々のドラマに出演を重ね、2008年NHK大河ドラマ『篤姫』で大久保利通役を、2010年には『龍馬伝』で近藤勇役で出演。

2005年舞台『キスへのプレリュード』に主演し、第43回ゴールデン・アロー賞・新人賞を受賞しました。

ネプチューンとしての活動、そして単独でも声優やナレーションなど、多方面にわたりマルチな才能を発揮しています。

サウナ好きで有名。2019年にはドラマ『サ道』に主演しています。

映画『アイネクライネナハトムジーク』はどんな役?


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

原田泰造演じる藤間は、主人公・佐藤の上司。妻と娘に逃げられたサラリーマンです。

佐藤演じる三浦春馬からは、「やわらかな雰囲気を持つ藤間は理想の上司」と言われる役。原田ならではの温かな味わいを醸し出して演じています。

原田自身も、「佐藤はやさしい部下で、撮影期間中も佐藤という役にずっと助けられた。観てもらったらきっと伝わると思う」と語っています。

原田泰造の演技力の評価は

参考映像:『四十九日のレシピ』(2013)

お笑いトリオ・ネプチューンのメンバーとして大人気の原田泰造。

大人気芸人として一線で活躍するのと並行して、俳優としても高い演技力を買われ数々の作品に出演しています。

2000年にドラマ『編集王』で単独初主演を飾り、2005年には舞台『キスへのプレリュード』に主演し、第43回ゴールデン・アロー賞・新人賞を受賞。

NHK大河ドラマドラマには、2008年『篤姫』大久保利通役、2010年『龍馬伝』近藤勇役、2015年『花燃ゆ』杉民治役を演じています。

2013年にはNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』にヒロインの父・大五役を好演しました、

2016年のドラマ『コントレール~罪と罰』の脚本家・大石静は原田を、「なんでお笑いやっているのかわからないくらいの名優」と絶賛しています。

共演者の井浦新も「原田さんの人間味あふれるお芝居が大好きなので、共演できて光栄」と語っています。

2017年にはNHKドラマ『全力疾走』、2018年映画『ミッドナイト・バス』、そして2019年にはドラマ『サ道』で主演を務めています。

今やだれもが実力を認める、ノリにノッている演技派俳優。様々な役柄で味わい深い演技をみせています。

原田泰造の公式SNSの紹介

残念ながら原田泰造の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

時を越えて気づく、<出会い>よりも大切なこと。思いがけない絆が巡りめぐって、奇跡のような瞬間を呼び起こす、10年越しのラブストーリー『アイネクライネナハトムジーク』。

大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎の初にして唯一の恋愛小説を、『愛がなんだ』の今泉力哉監督が映画化しました。

音楽を担当するのは、本作を生み出すきっかけとなったシンガーソングライターの斉藤和義。

実力派俳優の三浦春馬と多部未華子が主演し、演技力ある貫地谷しほり、原田泰造らが共演しています。

一流芸人として活動する一方で、高い演技力で知られる原田泰造が、妻子に逃げられながらも妻を愛し続ける穏やかな上司・藤間を味わい深く演じています。

映画『アイネクライネナハトムジーク』は2019年9月20日(金)よりロードショーです。







関連記事

新作映画ニュース

アンソニーウォン映画『淪落(りんらく)の人』あらすじとキャスト。公開日は2020年2月1日に決定!

新人女性監督が描いた、香港中を涙と希望で包んだ感動作。 2019年、公開と同時に香港中を涙と感動で包み大ヒットを記録した『淪落(りんらく)の人』(原題:淪落人/英題:STILL HUMAN)が、202 …

新作映画ニュース

映画『AKIRA』4Kリマスター版で劇場上映!大友克洋作品が池袋グランドシネマサンシャインにて3月14日に蘇る【TAAF2020】

東京アニメアワードフェスティバル2020オープニング作品 大友克洋監督『AKIRA』4Kリマスターの初上映が決定。 2020年3月13日(金)~16日(月) に開催される国際アニメーション映画祭「東京 …

新作映画ニュース

『素敵すぎて素敵すぎて素敵すぎる』クラウドファンディングを実施中。映画監督の大河原恵が7年振りに作品を制作

映画『素敵すぎて素敵すぎて素敵すぎる』のクラウドファンディング実施中! 映画『素敵すぎて素敵すぎて素敵すぎる』は、『みんな蒸してやる』(第7回下北沢映画祭グランプリ受賞、第37回ぴあフィルムフェスティ …

新作映画ニュース

【ジェラール・フィリップ生誕100年映画祭】公開日と上映館が決定!新作ドキュメンタリーも含め、‟映画史上最高のアイドル”がスクリーンに蘇る

ジェラール・フィリップの生誕100周年を記念した「ジェラール・フィリップ生誕100年映画祭」が開催! フランス映画史上に燦然と輝くスター、ジェラール・フィリップの生誕100周年を記念した「ジェラール・ …

新作映画ニュース

映画『東京リベンジャーズ』キャストのハンマ役は清水尋也。演技評価とプロフィール!

映画『東京リベンジャーズ』は2021年7月9日よりロードショー 北村匠海が主演を務め、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、間宮祥太朗、吉沢亮ら豪華若手俳優が共演する青春サスペンス『東京リベンジャーズ』が公開 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学