Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『殺人鬼の存在証明』あらすじ/キャスト/上映館。サイコパスの連続殺人か?実話に基づく本格スリラー映画にラド・クヴァタニア監督が挑んだ

  • Writer :
  • 大塚まき

実在する連続殺人犯たちをモデルに描かれるサイコスリラー

この度、シッチェス・カタロニア映画祭やロッテルダム映画祭などで正式上映され話題を呼んだ映画「KAZN(原題/英題:THE EXECUTION)」が邦題を『殺人鬼の存在証明』として、2024年5月3日(金・祝)より日本公開が決定しました。

併せてポスタービジュアル、予告編も到着となりました。

映画『殺人鬼の存在証明』について


(C)2021 HYPE FILM – KINOPRIME

今作の監督・脚本を担当したラド・クヴァタニアは、リーボック、フォルクス・ワーゲン、Googleなどの有名ブランドとの仕事や、カニエ・ウェストなど有名アーティストのミュージックビデオ、短編映画の監督を経て、本作で長編監督デビューを飾りました。

今作を制作するにあたり、数々の連続殺人犯の事件を研究し、当時働いていた刑事や精神科医、犯罪学者にインタビューをしながら連続殺人鬼の人物像を組み立てていったと言います。

特に「赤い切り裂き魔」「ロストフの殺人鬼」の異名を持ち、1978年から1990年にかけて52人を殺害した容疑で逮捕された、旧ソビエト連邦史上最悪の殺人鬼とされていたアンドレイ・チカチーロには大きな影響を受けています。

生まれた年、生い立ち、殺人を犯していた期間、教員として働いていたこと、勃起不全、離婚歴あり、逮捕歴あり、刃物を使っての刺殺、などチカチーロと今作の犯人との共通点が数多くある点は興味深い。

更に、1985年にチカチーロの捜査指揮官に任命されたのはイッサ・コストエフ(今作での役名はイッサ・ダヴィドフ)という当時の検察庁の長官であり、当時は採用していなかった精神科医への捜査協力や、彼が指揮官に任命されてからの捜査経緯などは、本作でも詳しく描写されています。

羊たちの沈黙』(1991)、『殺人の追憶』(2003)、『ゾディアック』(2007)など、実在の連続殺人犯を題材にした名作が多いなか、アンドレイ・チカチーロなどソビエト連邦時代の実際の殺人事件を基に描く新たなるサイコスリラーの傑作として、ロシアから誕生しました。

映画『殺人鬼の存在証明』の作品情報


(C)2021 HYPE FILM – KINOPRIME

【日本公開】
2024年(ロシア映画)

【英題】
THE EXECUTION

【監督・脚本】
ラド・クヴァタニア

【キャスト】
ニコ・タヴァゼ、ダニール・スピヴァコフスキ、ユリヤ・スニギル、エフゲニー・トゥカチュク

映画『殺人鬼の存在証明』のあらすじ


(C)2021 HYPE FILM – KINOPRIME

1991年、負傷した女性が森の近くで保護される。女性の証言から、10年以上殺人を続けていた連続殺人犯の手口に酷似していることが明らかになり、既に1988年に捕まっていた犯人は誤認逮捕だったことが判明する。

新たな容疑者であるアンドレイ・ワリタ(ダニール・スピヴァコフスキ)を追い詰めた捜査責任者のイッサ(ニコ・タヴァゼ)は、尋問をする中でワリタがそれまでの連続殺人を犯した真犯人だと確信していくが、彼の口から驚愕の真実を聞かされることになる…。

まとめ


(C)2021 HYPE FILM – KINOPRIME

ロシアから誕生した新たなるサイコスリラー『殺人鬼の存在証明』は、ソビエト連邦時代の実在する連続殺人犯たちをモデルに描かれました。

36人を殺害した犯人は? 浮かんでは消える容疑者たち……。

そして、10年を越える捜査の行方は一体!?

ソ連史上、凶悪の連続殺人鬼の真相を、ぜひ、劇場でご覧ください。

『殺人鬼の存在証明』は、2024年5月3日(金・祝) より 新宿バルト9ほかにて全国ロードショー

関連記事

新作映画ニュース

映画『彼女はひとり』キャスト/劇場公開日/上映館。黒沢清・森崎ウィンのおすすめコメントも紹介!

映画『彼女はひとり』は田辺・弁慶映画祭セレクション2020で上映。 テアトル新宿にて2020年11月20日(金)から開催される田辺・弁慶映画祭セレクション2020。 田辺・弁慶映画祭セレクション202 …

新作映画ニュース

映画『ねばぎば 新世界』あらすじ/キャスト。赤井英和と上西雄大W主演作がニース国際映画祭にてグランプリ受賞!

主演:赤井英和・上西雄大『ひとくず』×監督:上西雄大 2020年6月現在上映中断中で、秋に公開再開を目指す、数々の映画祭で受賞し注目されている映画『ひとくず』。 (c)「ねばぎば 新世界」製作委員会 …

新作映画ニュース

《動画で見る安川有果監督インタビュー》女優オーディションでのセクハラを描くことは“勇気がいるテーマ”だった【映画『蒲田前奏曲』】

動画で見る安川有果監督インタビュー映画『蒲田前奏曲』 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。新しいスタイルのこの作品が、2020年9月25 …

新作映画ニュース

ジーンの力が暴走する予告解禁!映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』はシリーズ最終章となるのか⁈

史上最強のヒーロー“ダーク・フェニックス”はいかにして生まれたのか? ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation 世界を危機に陥れる強大な敵とミュータント …

新作映画ニュース

映画『天空の結婚式』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ラピュタのモデルの城を舞台に同性婚を描く

『天空の城ラピュタ』のモデルの地で繰り広げられる カリスマ・ウェディング・プランナーが手掛ける前代未聞の結婚式とは。 『天空の城ラピュタ』のモデルともなったイタリア屈指の絶景を誇る観光地で、ゲイカップ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学