Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/21
Update

檀れいや荒俣宏ら著名人から映画感想が到着!『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』30秒予告も公開

  • Writer :
  • 石井夏子

究極の美と権力に秘められた名画ミステリー

2019年4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国公開される映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』。

本作は、ナチスに弾圧され奪われた美術品と、それに関わる人々の運命に貴重な証言と映像で迫る名画ミステリーです。

公開に先駆け、檀れい、荒俣宏、髙橋ツトム、森村泰昌、片岡鶴太郎ら、各界著名人からのコメントが到着しました。

さらに30秒予告も公開されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』30秒予告

30秒予告には、パウル・クレー、マックス・ベックマン、エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナーなど、本作の劇中に登場する名画の一部が映し出されています。

数奇な運命を辿った名画たちのゆくえをぜひスクリーンでお確かめください。

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』へのコメント


(c)2018-3D Produzioni and Nexo Digital-All rights reserved

本作を公開に先駆けて鑑賞した各界著名人から絶賛コメントが到着しましたのでご紹介します。

森村泰昌コメント

歴史上の著名人やゴッホなどの名画に描かれた人物に扮したセルフポートレイト作品で知られる美術家・森村泰昌は「戦争とは美の略奪である。あるいは美を愛する者達による、美をもてあそぶ者達へのレジスタンスでもある。愛か略奪か。この映画は、あなたに強くその選択を迫っている。」とコメント。

片岡鶴太郎コメント

俳優・画家として活躍する片岡鶴太郎は「沢山の名画が権力の横暴で略奪された!絵画は権力の象徴では無い!作品を心から愛でる人の物だ‼」と強いメッセージを寄せました。

髙橋ツトムコメント

ナチス政権下のドイツが舞台の「NeuN」を連載中の漫画家・髙橋ツトムは、「創り手にとって作品は命そのもの…略奪された芸術品がまだ存命してるなら…あるべき場所に戻してあげたい」と作品を生み出す側の思いを慮ります。

檀れいコメント

さらに女優の檀れいは「権力!権力!!権力!!!虐殺を繰り返し、芸術性までをも破壊するヒトラー。彼にとっての平和とは。自由な表現こその芸術の可能性を奪ったヒトラーに向けた、ピカソの言葉が難しく突き刺さる。」と本作を絶賛しました。

荒俣宏コメント

作家の荒俣宏は「なるほど、あれば芸術戦争だったのか。悪しき芸術をめぐる撲滅派VS擁護派。ただ、「悪しき」かどうかは誰にも決められなかった」と、本作を鑑賞して歴史の謎をひとつ解き明かした様子。

各界で活躍する方々から寄せられたコメントは、ナチス・ドイツ、そしてヒトラーが美術品強奪に執着した理由、さらにそれが現代へどのような影響を及ぼしたのか、本作を読み解くヒントにあふれています。

スポンサーリンク

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』作品情報


(c)2018-3D Produzioni and Nexo Digital-All rights reserved

【公開】
2019年(イタリア・フランス・ドイツ合作映画)

【英題】
HITLER VERSUS PICASSO AND THE OTHERS

【原案】
ディディ・ニョッキ

【監督】
クラウディオ・ポリ

【ナレーション】
トニ・セルヴィッロ

【作品概要】
ナチス・ドイツによる美術史上最悪の略奪と、今なお続く美術品の奪還を巡る相続人たちの粘り強い戦いに迫ったドキュメンタリーです。

『グレート・ビューティ・追憶のローマ』(2014)や『修道士は沈黙する』(2018)などで知られるイタリアの名優トニ・セルビッロが案内人を務めました。

大ベストセラー「怖い絵」シリーズ著者でもあり、68万人を動員した「怖い絵展」監修も務めた作家・ドイツ文学者の中野京子が日本語の字幕監修を担当。

監督は新鋭ドキュメンタリー作家のクラウディオ・ポリ。ヴェネチア・ビエンナーレやイタリア国立21世紀美術館などのドキュメンタリーを手掛けています。

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』あらすじ


(c)2018-3D Produzioni and Nexo Digital-All rights reserved

1933年から1945年にかけて、ナチスがヨーロッパ各地で略奪した美術品の総数は約60万点にものぼります。

戦後70年以上が過ぎた現在でも、行方不明と言われる美術品は10万点。

権力は芸術をも支配できると盲信するナチスによる美術史上最悪の略奪と、今なお続く奪還をめぐる戦いを、歴史家や美術研究家、関係者らの証言をもとに描き、ヒトラーの思想の背景と略奪品がたどった闇の美術史を浮かび上がらせて行きます。

スポンサーリンク

まとめ

ピカソ、ゴッホ、フェルメール、マティス、ムンク、モネ…今なお行方不明の名画たち。

本作は、ナチスに弾圧され奪われた美術品と、それに関わる人々の運命に迫る名画ミステリーです。

公開より一足早く本作を鑑賞した著名人からの絶賛コメントも届き、期待は高まるばかり。

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』は2019年4月19日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『AKIRA』4Kリマスター版で劇場上映!大友克洋作品が池袋グランドシネマサンシャインにて3月14日に蘇る【TAAF2020】

東京アニメアワードフェスティバル2020オープニング作品 大友克洋監督『AKIRA』4Kリマスターの初上映が決定。 2020年3月13日(金)~16日(月) に開催される国際アニメーション映画祭「東京 …

新作映画ニュース

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』あらすじ/キャスト/上映館。ウィンターボトム最新作は実話を基にしたブラックエンタメ!

ようこそ、ファストファッション帝国最悪の宴へ。 奇才、マイケル・ウィンターボトム監督が描く、衝撃のブラックエンターテインメント誕生! ファストファッションブランドを経営し、業界トップにまで上り詰めたリ …

新作映画ニュース

映画『罪と女王』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。人間の暗い部分を描いたデンマーク代表作!

世界の映画祭を席巻。 人間の暗部を描き出す数々の北欧傑作に続く、新たな衝撃作が誕生。 サンダンス映画祭の観客賞受賞を皮切りに、圧倒的評価でアカデミー賞デンマーク代表作品に決定、そして女性初のデンマーク …

新作映画ニュース

映画『ムカデ人間』同時再生祭が4月28日に開催!話題のシリーズのブルーレイセット発売を記念して

『ムカデ人間 完全連結ブルーレイお買い得セット』発売決定記念 こんな時こそ、つ・な・が・ろ・う。『ムカデ人間』同時再生祭、開催決定。 2011年公開の第1作を皮切りに、2015年の第3作まで驚異の大ヒ …

新作映画ニュース

【キミオイ】山田裕貴&齋藤飛鳥が制服で完成披露!舞台挨拶情報も『あの頃、君を追いかけた』

山田裕貴&齋藤飛鳥ほか、キミオイのキャストが劇中の制服を着て勢ぞろい! 9月18日(火)映画『あの頃、君を追いかけた』の完成披露試写会がTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催されました。 この日は山田裕貴 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学