Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』あらすじと作品情報。孤高のアニメ作家と未完の作品を見つめる

  • Writer :
  • 中村綾子

アニメーションの神様ユーリー・ノルシュテインの深部に迫る!

ドキュメントタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』は、2019年3月下旬にシアター・イメージフォーラムほかで全国順次ロードショー!

©ふゅーじょんぷろだくと

世界中のアニメーション作家たちから敬愛されているロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン。

彼が30年以上の歳月をかけても未だ完成に至ってないアニメーション『外套』制作の裏側と苦悩のドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』の公開が2019年3月下旬に決まりました。

本作の予告編とポスタービジュアルが解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』のポスタービジュアル


©ふゅーじょんぷろだくと

モノクロームで構成された白と黒の2色で表現されたポスターは、スタイリッシュなデザインとなっています。

ユーリー・ノルシュテインの描いてきた世界観の静寂さを、すぐに思い起こさせるのも、ユーリーファンにはたまりません。

また彼が30年の長きにわたり、一心に《外套》という作品と向き合って、考え続けたこともていることも感じさせてくれますね。

映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』の予告編

本作の予告編は、ユーリー・ノルシュテインが作成した《外套》の一部分から始まります。

そしてユーリー・ノルシュテインの作品の紹介。

このドキュメンタリーの監督でもある才谷遼監督が、ユーリ・ノルシュテインに話しかけています。

ユーリー・ノルシュテインがアニメーションを作る際に使う人物の手や口なども映し出され、制作の一過程も見ることができます。

ユーリー・ノルシュテインはこの予告編で、“全く違う作品になるはずだった”と話しています。

彼自身が完成させたいと思っている《外套》とはいったいどういうものだったのでしょうか…。

スポンサーリンク

ユーリー・ノルシュテインと『外套』

©ふゅーじょんぷろだくと

ユーリー・ノルシュテインという人物

ユーリー・ノルシュテインは、1941年に生まれたロシアを代表する映像作家です。

主にセルロイドに緻密に描き込まれた切り絵を用いる短編アニメーションを制作しています。

手塚治虫、宮崎駿、高畑勲監督ら日本の巨匠をはじめとして、世界中のアニメーション作家たちから敬愛されています。

2014年のソチオリンピックでは、開会式で「ロシアを代表するモチーフ」の一つして、彼の制作した『霧につつまれたハリネズミ」が取り上げられました。

1980年から現在において、ロシアの小説家ニコライ・ゴーゴリ原作の『外套』を幾度となく中断させながら制作中です。

参考映像:霧につつまれたハリネズミ(1975)

ニコライ・ゴーゴリの小説『外套』のあらすじ

近代ロシア文学の先駆けとなり、多くのロシア作家に影響を与えたこの作品。帝政ロシア時代のサンクト・ペテルブルグが舞台の物語です。

真面目で貧しい下級役人アカーキー・アカーキエヴィッチは、生活を切り詰めて貯めたお金で念願の新しい外套を手に入れました。

新品の外套を手に入れ、アカーキーは幸せな気持ちでした。

しかしある夜、追剝ぎにその新しい外套を盗まれてしまいます。

アカーキーは外套取り戻そうと奔走しましたが、失意のうちに死んでしまいました。

死んでしまった彼は幽霊となり、夜な夜な盗まれた外套を捜しに現れます――。

映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』の作品情報


©ふゅーじょんぷろだくと

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
才谷遼

【キャスト】
ユーリー・ノルシュテイン、ラリーサ・ゼネービチ、マクシム・グラニク、ターニャ・ウスバイヤスカ、ミハイル・アンダーシン、ミハイル・トゥメーリャ

【作品概要】
ロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテインが 30年以上かけても未だ完成に至っていない『外套』の制作の裏側を映したドキュメンタリーです。

監督はユーリー・ノルシュテインと古くから交流のある才谷遼。

『おくりびと』(2008)で日本アカデミー賞を受賞した川島章正が構成・編集で参加しています。

スポンサーリンク

映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』のあらすじ

©ふゅーじょんぷろだくと

ロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン。

彼は30年以上の歳月をかけて、ロシアの文豪ゴーゴリの名作『外套』のアニメーション作品を制作しています。

しかし、未だ完成に至っていません。それどころか、近年は撮影が止まっているといいます。

2016年6月、カメラはモスクワにあるノルシュテイン・スタジオ“アルテ”に向かいました。

そこにはおびただしい数のスケッチ、キャラクターパーツ、埃をかぶった撮影台が……。

世界が待望する『外套』はいつ完成するのか、なぜ『外套』なのか。未完の映像を織り交ぜながら、ノルシュテインが自身の心の内を語ります。

まとめ

©ふゅーじょんぷろだくと

『外套』を30年以上幾度となく中断しながら制作を続けるユーリー・ノルシュテイン。

彼が予告編の中で語った“全く違う作品になるはずだった”といった意図は何なのでしょう

アニメーションの神様の苦悩は、私たちには想像もつきません。

しかし、彼が作品と真摯に向きあっていることは理解できます。

彼の苦悩と情熱、そしてアニメーションを創造していく姿を劇場の大きなスクリーンでご覧ください。

映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』は2019年3月下旬にシアター・イメージフォーラムより全国順次ロードショー!

また、この作品の公開に合わせて『ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映~アニメーションの神様、その美しき世界~』の同時再上映も決定しています。

どちらもお見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

ジェシー・バックリー映画『ワイルド・ローズ』あらすじとキャスト。日本公開日は6月26日(金)と決定!

賞レースを賑わす話題作、日本公開決定。 新星ジェシー・バックリーが魅せる圧巻の歌唱力! 2018年トロント国際映画祭のプレミア上映で好評を博し、新進気鋭の女優、ジェシー・バックリーがその歌声を披露した …

新作映画ニュース

【2019年11月22日〜23日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

ノオミ・ラパス映画『アンストッパブル』あらすじ。キャストのルーク・エヴァンスと共演のスリラーとは

7年前に失くしたはずの娘が、目の前に現れた?! 予測不能の彼女を誰も止められない。 「ミレニアム」のノオミ・ラパスと『美女と野獣』のルーク・エヴァンスが共演し、『LION/ライオン~25年目のただいま …

新作映画ニュース

中野量太監督が記憶と愛を描く。最新作『長いお別れ』の映画公開日と予告解禁

映画『長いお別れ』2019年5月31日(金)公開 中野量太監督の映画『長いお別れ』の公開日が2019年5月31日(金)に決定しました! (C)2019『長いお別れ』製作委員会 映画『湯を沸かすほどの熱 …

新作映画ニュース

映画『さらば青春の光』デジタルリマスター版が10月11日公開。予告編とビジュアルも解禁!

“モッズ・ブーム“を巻き起こし、全世界が熱狂した青春映画の金字塔! このたび、青春映画の金字塔『さらば青春の光』デジタルリマスター版が、2019年10月11日(金)より、シネマート新宿、立川シネマシテ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学