Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/11/04
Update

『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』映画タイトルの意味から〈女語り〉の太宰治が1番に込めたメッセージ

  • Writer :
  • 星野しげみ

太宰治「斜陽」執筆75周年記念作品『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』が劇場公開!

1947年に出版され“斜陽族”と流行語にもなり、大ベストセラーとなった太宰治の名著『斜陽』の執筆75周年を記念する映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』がついに完成。

『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』は、2022年10月28日(金) よりTOHOシネマズ甲府、シアターセントラルBe館にて先行公開、2022年11月4日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国公開されます。

本作は、山日YBSグループ創業150周年記念作品として、脚本と監督を務める近藤明男が手がけ、太宰治が新婚時代を過ごした山梨県内で撮影されました。

映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』とは


(C)2022 『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』製作委員会(オフィス近藤 アップサイド 実正寺 スペースT ぱあとなあ ハーモニー ライジングシネマ 山梨日日新聞社 山梨放送)

「人間は恋と革命のために生れてきた」

1947年に出版された『斜陽』には、こんな太宰治の名言が刻まれています。

『斜陽』は、戦後の日本を舞台に没落貴族の娘かず子と彼女が想いを寄せる売れっ子作家との“恋と革命の物語”で、執筆から75年を経過しても、今もなお若い読者を獲得し、読み継がれている名著です。

この小説が、太宰治執筆75周年を記念して、『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』というタイトルで映画化されました。

脚本と監督は近藤明男が務め、ヒロインのかず子を宮本茉由、彼女が想いを寄せる売れ子作家を安藤政信が演じます。

映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』のタイトルの由来


太宰治『斜陽』(新潮社改版、2003)

多くの小説を書いた太宰治が自殺直前に書き残した自伝的小説は『人間失格』です。

本当の自分を誰にもさらけ出すことなく生きてきた主人公の、幼少期から青年期までの道化と転落を描いています。

数多い作品の中で、彼の人生をその男の視点で描いた『人間失格』が代表作として知られていますが、実は太宰治の作品には女性が語り手になっている小説に傑作が多いのです。

<女語り>の代表作として挙げられる『女生徒』では、ある女学生の日記を基に綴られ、少女の幼さが残る主人公の心理描写が繊細に描かれています。

また、晩年の短編の中でも傑作と評され映画化もされた『ヴィヨンの妻』では、女遊びに呆ける夫を持った若き妻の苦悩が女心汲み取るように綴られています。

『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』の原作である『斜陽』では、戦後強く生き抜く女性、かず子の視点で物語が語られていきます。

中でも「人間は恋と革命のために生れてきたのだ」と言う決然たる女主人公の言葉は、時を越えて人々の心に響き、世俗に必死に抗議する<詩人・太宰>の姿も投影され、とても印象深いものでした。

このように、太宰治が生み出した美しい言葉が忠実に台詞に取り入れられており、太宰文学を愛する人にはたまらない内容となっています

映画のタイトルの由来は、かず子が決意を語る「鳩《はと》のごとく素直《すなお》に、蛇《へび》のごとく慧《さと》く、私は、私の恋をしとげたいと思います」というイエスの言葉からです。

『鳩のごとく 蛇のごとく、斜陽』のタイトルの由来を追うと、75年前の太宰が放ったメッセージが浮かびあがってきます。

映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』の作品情報


(C)2022 『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』製作委員会(オフィス近藤 アップサイド 実正寺 スペースT ぱあとなあ ハーモニー ライジングシネマ 山梨日日新聞社 山梨放送)

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
太宰治:『斜陽』

【脚本】
白坂依志夫、増村保造

【脚本・監督】
近藤明男

【音楽】
海沼正利

【主題歌】
小椋佳『ラピスラズリの涙』(作詞・作曲・歌)

【出演】
宮本茉由、安藤政信、水野真紀、奥野壮、田中健、細川直美、白須慶子、三上寛、柏原収史、萬田久子、柄本明、尾崎右宗、菅田俊、岡部尚、中谷太郎、緒方美穂、三木秀甫、岡元あつこ、栗原沙也加、今泉朋子、白石恭子、薗田正美、光藤えり、山村友乃、 野崎小三郎、ジョナゴールド、 春風亭昇太

映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』のあらすじ

昭和20年。父を亡くした没落貴族のかず子と母・都貴子は、生活のために本郷西方町の家を売り、西伊豆へ引っ越すことに。

そんな中、戦地で行方不明になっていた弟・直治が帰還するとの知らせが届きます。

歳の離れた資産家との結婚を勧める母に怒りを覚えたかず子は、6年前、まだ学生だった直治が師匠と仰いだ中年作家・上原との出会いを思い起こしていきます……。

まとめ

太宰治執筆75周年記念作品として近藤明男監督が手がけた『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』。

世界を覆っている政治不安や不況、格差社会、そしてなにより生活や人間関係を一変させたコロナ禍に直面した現代で、『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』は、旧来の価値観と抗い、自らの信条を貫くヒロインを通して、明日への希望を謳いあげています

太宰が描く女心<女語り>を意識して鑑賞するのも面白味があり、太宰治からの熱いメッセージが込められた本作をぜひ劇場でご鑑賞ください。

太宰治『斜陽』執筆75周年記念作品『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』は、2022年10月28日(金)よりTOHOシネマズ甲府、シアターセントラルBe館にて先行公開、2022年11月4日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国公開

関連記事

新作映画ニュース

『ザ・ミソジニー』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ホラー映画の高橋洋監督最新作が「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2022」にて上映

一般公開に先駆けてカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2022での上映決定! 不気味な洋館、呪われた事件を演じる二人の女優。彼女たちに憑依したのは「役」なのか「霊」なのか…。 ホラー映画の名 …

新作映画ニュース

映画『相対性浪漫飛行』あらすじ/キャスト/公開日/上映館/予告編。坂田航監督手掛ける16mmフィルムのコメディに昭和モダンが炸裂

第4回池袋みらい国際映画祭 特別審査員賞 受賞作品 濃すぎる個性の大渋滞ドタバタ劇!?昭和モダン炸裂なコメディ映画の誕生 第4回池袋みらい国際映画祭における、現役で映画を制作しているプロの映画監督やプ …

新作映画ニュース

映画『蒲田前奏曲』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。伊藤沙莉と瀧内公美が若手監督の連作で“女”を演じる

今最も注目の若手実力派女優、伊藤沙莉&瀧内公美主演作品! 松林うらら出演・プロデュースを務める連作長編映画『蒲田前奏曲』(英題 : Kamata Prélude)は中川龍太郎監督、穐山茉由監督、安川有 …

新作映画ニュース

韓国映画『君の結婚式』あらすじとキャスト。10年間のラブストーリーをパク・ボヨン&キム・ヨングァンで描く

韓国映画『君の結婚式』は2019年3月1日(金)より、シネマート新宿ほかにてロードショー! 高校3年の夏に出会った男女の10年に渡るラブストーリー『君の結婚式』。 すれ違い続けた2人の、もどかしくて愛 …

新作映画ニュース

映画『グランパ・ウォーズ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。デニーロが新作“おじいちゃんと僕の宣戦布告”を体当たりで熱演!

『タクシードライバー』『ディア・ハンター』『ゴッドファーザー PARTⅡ』 アカデミー賞俳優ロバート・デ・ニーロ主演 爺さんと孫が部屋とプライドをかけて全面戦争!家族と近所を巻き込んだ大騒動へと発展し …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学