Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』映画タイトルの意味から〈女語り〉の太宰治が1番に込めたメッセージ

  • Writer :
  • 星野しげみ

太宰治「斜陽」執筆75周年記念作品『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』が劇場公開!

1947年に出版され“斜陽族”と流行語にもなり、大ベストセラーとなった太宰治の名著『斜陽』の執筆75周年を記念する映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』がついに完成。

『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』は、2022年10月28日(金) よりTOHOシネマズ甲府、シアターセントラルBe館にて先行公開、2022年11月4日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国公開されます。

本作は、山日YBSグループ創業150周年記念作品として、脚本と監督を務める近藤明男が手がけ、太宰治が新婚時代を過ごした山梨県内で撮影されました。

スポンサーリンク

映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』とは


(C)2022 『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』製作委員会(オフィス近藤 アップサイド 実正寺 スペースT ぱあとなあ ハーモニー ライジングシネマ 山梨日日新聞社 山梨放送)

「人間は恋と革命のために生れてきた」

1947年に出版された『斜陽』には、こんな太宰治の名言が刻まれています。

『斜陽』は、戦後の日本を舞台に没落貴族の娘かず子と彼女が想いを寄せる売れっ子作家との“恋と革命の物語”で、執筆から75年を経過しても、今もなお若い読者を獲得し、読み継がれている名著です。

この小説が、太宰治執筆75周年を記念して、『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』というタイトルで映画化されました。

脚本と監督は近藤明男が務め、ヒロインのかず子を宮本茉由、彼女が想いを寄せる売れ子作家を安藤政信が演じます。

映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』のタイトルの由来


太宰治『斜陽』(新潮社改版、2003)

多くの小説を書いた太宰治が自殺直前に書き残した自伝的小説は『人間失格』です。

本当の自分を誰にもさらけ出すことなく生きてきた主人公の、幼少期から青年期までの道化と転落を描いています。

数多い作品の中で、彼の人生をその男の視点で描いた『人間失格』が代表作として知られていますが、実は太宰治の作品には女性が語り手になっている小説に傑作が多いのです。

<女語り>の代表作として挙げられる『女生徒』では、ある女学生の日記を基に綴られ、少女の幼さが残る主人公の心理描写が繊細に描かれています。

また、晩年の短編の中でも傑作と評され映画化もされた『ヴィヨンの妻』では、女遊びに呆ける夫を持った若き妻の苦悩が女心汲み取るように綴られています。

『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』の原作である『斜陽』では、戦後強く生き抜く女性、かず子の視点で物語が語られていきます。

中でも「人間は恋と革命のために生れてきたのだ」と言う決然たる女主人公の言葉は、時を越えて人々の心に響き、世俗に必死に抗議する<詩人・太宰>の姿も投影され、とても印象深いものでした。

このように、太宰治が生み出した美しい言葉が忠実に台詞に取り入れられており、太宰文学を愛する人にはたまらない内容となっています

映画のタイトルの由来は、かず子が決意を語る「鳩《はと》のごとく素直《すなお》に、蛇《へび》のごとく慧《さと》く、私は、私の恋をしとげたいと思います」というイエスの言葉からです。

『鳩のごとく 蛇のごとく、斜陽』のタイトルの由来を追うと、75年前の太宰が放ったメッセージが浮かびあがってきます。

スポンサーリンク

映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』の作品情報


(C)2022 『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』製作委員会(オフィス近藤 アップサイド 実正寺 スペースT ぱあとなあ ハーモニー ライジングシネマ 山梨日日新聞社 山梨放送)

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
太宰治:『斜陽』

【脚本】
白坂依志夫、増村保造

【脚本・監督】
近藤明男

【音楽】
海沼正利

【主題歌】
小椋佳『ラピスラズリの涙』(作詞・作曲・歌)

【出演】
宮本茉由、安藤政信、水野真紀、奥野壮、田中健、細川直美、白須慶子、三上寛、柏原収史、萬田久子、柄本明、尾崎右宗、菅田俊、岡部尚、中谷太郎、緒方美穂、三木秀甫、岡元あつこ、栗原沙也加、今泉朋子、白石恭子、薗田正美、光藤えり、山村友乃、 野崎小三郎、ジョナゴールド、 春風亭昇太

映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』のあらすじ

昭和20年。父を亡くした没落貴族のかず子と母・都貴子は、生活のために本郷西方町の家を売り、西伊豆へ引っ越すことに。

そんな中、戦地で行方不明になっていた弟・直治が帰還するとの知らせが届きます。

歳の離れた資産家との結婚を勧める母に怒りを覚えたかず子は、6年前、まだ学生だった直治が師匠と仰いだ中年作家・上原との出会いを思い起こしていきます……。

スポンサーリンク

まとめ

太宰治執筆75周年記念作品として近藤明男監督が手がけた『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』。

世界を覆っている政治不安や不況、格差社会、そしてなにより生活や人間関係を一変させたコロナ禍に直面した現代で、『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』は、旧来の価値観と抗い、自らの信条を貫くヒロインを通して、明日への希望を謳いあげています

太宰が描く女心<女語り>を意識して鑑賞するのも面白味があり、太宰治からの熱いメッセージが込められた本作をぜひ劇場でご鑑賞ください。

太宰治『斜陽』執筆75周年記念作品『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』は、2022年10月28日(金)よりTOHOシネマズ甲府、シアターセントラルBe館にて先行公開、2022年11月4日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国公開

関連記事

新作映画ニュース

映画『ラストレター』監督は岩井俊二【作品評価とプロフィール】

映画『ラストレター』は2020年1月17日より全国公開! 2020年1月17日(金)より全国公開されるラブストーリー『ラストレター』。 監督を務めるのは『Love Letter』『スワロウテイル』『花 …

新作映画ニュース

映画『カメラを止めるな2』あらすじ/キャスト。続編リモート大作戦はYouTubeにて無料配信予定!

カメ止め旋風再び! 2018年に大旋風を巻き起こし、映画界に衝撃を与えた映画『カメラを止めるな!』。 この度、上田慎一郎監督とカメ止めキャストが再結集し、短編映画『カメラを止めるな!リモート大作戦!』 …

新作映画ニュース

映画『復讐者たち』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話が基のサスペンスでホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる計画を描く

ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる驚くべき復讐計画とは。 これまで映画化されてこなかった知られざる史実を基に、ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる驚くべき復讐計画を描く衝撃のサスペンス『 …

新作映画ニュース

映画『真夏の夜のジャズ4K』日本公開日/上映館。音楽ドキュメンタリーのデジタルリマスター版がスクリーンに蘇る!

『真夏の夜のジャズ』初公開から60周年。 ジタルリマスターされた4K版が本邦初公開! 日本のジャズシーンの方向性を決定づけたと言われる伝説の夏フェス(アメリカ最大級の音楽フェスティバル「ニューポート・ …

新作映画ニュース

『麗らかなキミにときめいて!』あらすじとキャスト。チャン・ハンがインタビューにて【Sunshine of My Life】の魅力を語る

『麗らかなキミにときめいて!~Sunshine of My Life~』の チャン・ハンのインタビューが到着! 『シンデレラの法則』『お昼12時のシンデレラ』などヒットを飛ばすチャン・ハン。“ロマンス …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学