Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

母僕公開記念!感動のコミックエッセイ実写映画特集『母さんがどんなに僕を嫌いでも』ほか3選

  • Writer :
  • 石井夏子

歌川たいじのコミックエッセイ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を、注目の若手俳優太賀が主演を務め、吉田羊と共演で実写映画化。

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほかで全国公開です。

本作の公開を記念し、読書の秋に原作と合わせて観たい「感動のコミックエッセイ実写映画特集」をお届けします!

共感が反響へ。実話だからこそ心に響く珠玉の作品たちをお楽しみください。

スポンサーリンク

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』とは

新版「母さんがどんなに僕を嫌いでも」書影

歌川たいじが実体験をもとに書き綴り大きな反響を呼んだコミックエッセイ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」。

2013年に発行された、自身の母親との問題を乗り越え、母親の愛を取り戻していくストーリーです。

原作者の歌川たいじ氏

ユニークで愛らしいイラストのタッチで壮絶な過去を赤裸々に綴った本作は多くの感動と共感の声を生み、2018年秋、ついに実写映画化に至りました。

主演には若手実力派俳優として注目を浴びる太賀が抜擢され、母役は昨今、活躍の勢い収まらない吉田羊が熱演しています。

実体験を描いているからこそ心に響くコミックエッセイはフィクションにはない魅力が満載です!

読書の秋、原作と合わせて観たい映画4作品

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(2018)


(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

親からも友達からも愛されたことがない青年が、壮絶な過去を乗り越えて、自分を拒絶してきた母の愛をつかみ取るまでの奇跡の実話

主人公・タイジを演じるのは、若手俳優のなかでも演技力の高さに定評のある太賀

タイジを心身ともに傷つけてしまう母・光子役は、実力と人気を兼ね備えた女優・吉田羊が演じました。

タイジを支える友人役を森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳が好演しています。

他にも木野花をはじめとした実力派俳優陣が脇を固め、監督を『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』や連続ドラマW『ダブル・ファンタジー』の御法川修が務めます。

主題歌『Seven Seas Journey』はゴスペラーズが本作の為に書き下ろし、奇跡の物語を優しく包み込んでいます。

『ダーリンは外国人』(2010)


(C)2010 映画「ダーリンは外国人」フィルムパートナーズ

原作は2002 年に発売されて以来、ロングセラーヒットとなっている漫画家・小栗左多里の大人気コミックエッセイ「ダーリンは外国人」シリーズ

漫画家のさおりと語学好きな外国人トニーの国際カップルが織り成すラブコメディー作品です。

異文化に育った恋人同士ならではの日常やギャップを乗り越えて国際結婚というハッピーエンドを迎えることができるのか?!

主人公さおり役を井上真央が演じたほか、国仲涼子、國村隼、大竹しのぶら日本映画界を代表する豪華キャスト陣が脇を固めました。

『ツレがうつになりまして』(2011)


(C)2011「ツレがうつになりまして。」製作委員会

実写ドラマ化もされた細川貂々の同名コミックエッセイを、『半落ち』の佐々部清監督が映画化。

実直なサラリーマンの夫に頼りきりだった漫画家の妻が、夫がうつ病になったことをきっかけに、これまでの自分たちの姿を見つめ直し、共に成長していく夫婦のきずなを描いた感動のラブストーリーです。

NHK大河ドラマ『篤姫』でも共演し好評を博した宮崎あおいと堺雅人が、互いを思いやろうとする主人公夫婦を絶妙なコンビネーションで演じています。

シリアスな題材でありながら、ハートウオーミングな感動を与えてくれる一作です。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(2018)


(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

インターネットの質問サイトで反響を巻き起こし、コミックエッセイにもなった伝説的投稿を基にしたコメディードラマ。

平凡なサラリーマンの夫と、毎日死んだふりをして彼を迎える妻の日常を描きました。

榮倉奈々、安田顕が演じる変わり者の妻と冷静な夫が繰り広げるユーモラスなやりとりは可笑しくも愛らしく感じます。

結婚3年目の夫婦が一風変わったコミュニケーションにより見つけ出した“本当の夫婦”になるための答えとは。

ユニークな入り口からは予想できない味わい深いラストに心が温まります。

スポンサーリンク

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも 』の作品情報


(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
歌川たいじ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(KADOKAWA刊)

【監督】
御法川修

【主題歌】
ゴスペラーズ『Seven Seas Journey』(キューンミュージック)

【キャスト】
太賀、吉田羊、森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳、小山春朋、斉藤陽一郎、おかやまはじめ、木野花

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のあらすじ


(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

タイジ(太賀)は小さい頃から大好きな母、光子(吉田羊)に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で 育てられました。

耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジでしたが、友人の言葉に動かされ、母と向き合う覚悟をします。

大人になっても自分を拒絶していた母に歩み寄り、タイジは母からの愛を取り戻すために立ち向かっていきます。


(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

コミックエッセイ実写映画特集、いかがでしたでしょうか。

実話、実体験だからこそ響く、悩みと苦しみ。

それを乗り越えられるのは、人との関わりがあるからこそ。

深まって行く秋。原作とともに、実写化された映画をお楽しみください。

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国公開です!

関連記事

新作映画ニュース

『典座 -TENZO-』カンヌ映画祭にて富田克也監督と僧侶が舞台挨拶に登壇!海外版特報予告も解禁

禅を世界へそして未来へつなぐ渾身の物語。 本日はビーチにて海外メディアや動画撮影などの取材を受けています。#カンヌ映画祭 #Tenzo pic.twitter.com/io823g6aeE &mdas …

新作映画ニュース

映画『フェイクプラスティックプラネット』あらすじとキャスト。公開日は2月7日よりアップリンク渋谷にて

この世界は嘘でできている―。 2019年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門に正式出品された映画『フェイクプラスティックプラネット』。 (c)K …

新作映画ニュース

檀れいや荒俣宏ら著名人から映画感想が到着!『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』30秒予告も公開

究極の美と権力に秘められた名画ミステリー 2019年4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国公開される映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』。 本作は、ナ …

新作映画ニュース

アニメ映画『ブレッドウィナー』あらすじと声優キャスト。アカデミー賞作品が12月に日本公開決定!

第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネート作品待望の日本公開決定! 家族のために髪を切り“少年”になった勇気ある少女の物語。 第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネートをはじめ、アヌシー国際ア …

新作映画ニュース

アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!|声優トム・ヒドルストンのアテレコ映像解禁

アニメ映画『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』は、2018年7月6日(金)より、TOHOシネマズ上野ほか全国ロードショー! 『ウォレスとグルミット』『ひつじのショーン』シリーズのアードマン・ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP