Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

母僕公開記念!感動のコミックエッセイ実写映画特集『母さんがどんなに僕を嫌いでも』ほか3選

  • Writer :
  • 石井夏子

歌川たいじのコミックエッセイ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を、注目の若手俳優太賀が主演を務め、吉田羊と共演で実写映画化。

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほかで全国公開です。

本作の公開を記念し、読書の秋に原作と合わせて観たい「感動のコミックエッセイ実写映画特集」をお届けします!

共感が反響へ。実話だからこそ心に響く珠玉の作品たちをお楽しみください。

スポンサーリンク

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』とは

新版「母さんがどんなに僕を嫌いでも」書影

歌川たいじが実体験をもとに書き綴り大きな反響を呼んだコミックエッセイ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」。

2013年に発行された、自身の母親との問題を乗り越え、母親の愛を取り戻していくストーリーです。

原作者の歌川たいじ氏

ユニークで愛らしいイラストのタッチで壮絶な過去を赤裸々に綴った本作は多くの感動と共感の声を生み、2018年秋、ついに実写映画化に至りました。

主演には若手実力派俳優として注目を浴びる太賀が抜擢され、母役は昨今、活躍の勢い収まらない吉田羊が熱演しています。

実体験を描いているからこそ心に響くコミックエッセイはフィクションにはない魅力が満載です!

読書の秋、原作と合わせて観たい映画4作品

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(2018)


(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

親からも友達からも愛されたことがない青年が、壮絶な過去を乗り越えて、自分を拒絶してきた母の愛をつかみ取るまでの奇跡の実話

主人公・タイジを演じるのは、若手俳優のなかでも演技力の高さに定評のある太賀

タイジを心身ともに傷つけてしまう母・光子役は、実力と人気を兼ね備えた女優・吉田羊が演じました。

タイジを支える友人役を森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳が好演しています。

他にも木野花をはじめとした実力派俳優陣が脇を固め、監督を『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』や連続ドラマW『ダブル・ファンタジー』の御法川修が務めます。

主題歌『Seven Seas Journey』はゴスペラーズが本作の為に書き下ろし、奇跡の物語を優しく包み込んでいます。

『ダーリンは外国人』(2010)


(C)2010 映画「ダーリンは外国人」フィルムパートナーズ

原作は2002 年に発売されて以来、ロングセラーヒットとなっている漫画家・小栗左多里の大人気コミックエッセイ「ダーリンは外国人」シリーズ

漫画家のさおりと語学好きな外国人トニーの国際カップルが織り成すラブコメディー作品です。

異文化に育った恋人同士ならではの日常やギャップを乗り越えて国際結婚というハッピーエンドを迎えることができるのか?!

主人公さおり役を井上真央が演じたほか、国仲涼子、國村隼、大竹しのぶら日本映画界を代表する豪華キャスト陣が脇を固めました。

『ツレがうつになりまして』(2011)


(C)2011「ツレがうつになりまして。」製作委員会

実写ドラマ化もされた細川貂々の同名コミックエッセイを、『半落ち』の佐々部清監督が映画化。

実直なサラリーマンの夫に頼りきりだった漫画家の妻が、夫がうつ病になったことをきっかけに、これまでの自分たちの姿を見つめ直し、共に成長していく夫婦のきずなを描いた感動のラブストーリーです。

NHK大河ドラマ『篤姫』でも共演し好評を博した宮崎あおいと堺雅人が、互いを思いやろうとする主人公夫婦を絶妙なコンビネーションで演じています。

シリアスな題材でありながら、ハートウオーミングな感動を与えてくれる一作です。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(2018)


(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

インターネットの質問サイトで反響を巻き起こし、コミックエッセイにもなった伝説的投稿を基にしたコメディードラマ。

平凡なサラリーマンの夫と、毎日死んだふりをして彼を迎える妻の日常を描きました。

榮倉奈々、安田顕が演じる変わり者の妻と冷静な夫が繰り広げるユーモラスなやりとりは可笑しくも愛らしく感じます。

結婚3年目の夫婦が一風変わったコミュニケーションにより見つけ出した“本当の夫婦”になるための答えとは。

ユニークな入り口からは予想できない味わい深いラストに心が温まります。

スポンサーリンク

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも 』の作品情報


(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
歌川たいじ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(KADOKAWA刊)

【監督】
御法川修

【主題歌】
ゴスペラーズ『Seven Seas Journey』(キューンミュージック)

【キャスト】
太賀、吉田羊、森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳、小山春朋、斉藤陽一郎、おかやまはじめ、木野花

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のあらすじ


(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

タイジ(太賀)は小さい頃から大好きな母、光子(吉田羊)に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で 育てられました。

耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジでしたが、友人の言葉に動かされ、母と向き合う覚悟をします。

大人になっても自分を拒絶していた母に歩み寄り、タイジは母からの愛を取り戻すために立ち向かっていきます。


(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

コミックエッセイ実写映画特集、いかがでしたでしょうか。

実話、実体験だからこそ響く、悩みと苦しみ。

それを乗り越えられるのは、人との関わりがあるからこそ。

深まって行く秋。原作とともに、実写化された映画をお楽しみください。

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国公開です!

関連記事

新作映画ニュース

野尻克己監督『鈴木家の嘘』で第23回新藤兼人賞「金賞」を獲得!巨匠の背中を追いつつ抜かすと決意を明かす

野尻克己監督が長編デビュー作品『鈴木家の嘘』は、突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生テーマにを、ユーモアを交えた作品。 映画『鈴木家の嘘』が新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか公開中で …

新作映画ニュース

韓国映画『悪人伝』あらすじ。キャストのマ・ドンソクが主演の劇場公開日は2020年夏!

第72回カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門正式出品作。 韓国NO.1⼤ヒットを記録した “マブリー”ことマ・ドンソク兄貴の極悪ヴァイオレンス・アクション『The Gangster, Th …

新作映画ニュース

映画『シークレット・ヴォイス』あらすじ。カルロス・ベルムト新作が「未体験ゾーンの映画たち2019」にて公開

映画『シークレット・ヴォイス』は、2019年1月4日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷 “未体験ゾーンの映画たち2019”にてロードショー。 © 2018/ Apache Films, S.L. / …

新作映画ニュース

【2019年9月27日〜28日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche モデル:蟹江まり 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネ …

新作映画ニュース

スティーヴ・カレルが実在のカメラマンを演じた映画『マーウェン』。予告編とビジュアル紹介!

ロバート・ゼメキス監督が映画化を熱望した、知られざる感動の実話。 (C)2018 UNIVERSAL STUDIOS ヘイトクライム(憎悪犯罪)の被害者で、障害を抱えながらも独自の世界観でカメラマンと …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP