Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

インド映画『ガンジスに還る』あらすじ。評価が高くヴェネチア国際映画祭でも話題に

  • Writer :
  • かりごめあき

誰にでも訪れる「死」というテーマをユーモアと人情味溢れるタッチで描き、不器用な親子と個性的な人々が織りなす心温まる物語。

インド映画『ガンジスに還る』は10/27(土)より岩波ホールほか全国順次公開です。

ヴェネチア国際映画祭でビエンナーレ・カレッジ・シネマ部門エンリコ・フルキニョーニ賞を受賞し、映画批評家サイト「ロッテン・トマト」で驚異の満足度100%を記録した本作。

映画『ガンジスに還る』の作品情報と、この度解禁された予告編をご紹介します。


© Red Carpet Moving Pictures

スポンサーリンク

映画『ガンジスに還る』の作品情報


© Red Carpet Moving Pictures

【公開】
2018年(インド映画)

【原題】
Hotel Salvation

【監督・脚本】
シュバシシュ・ブティアニ

【キャスト】
アディル・フセイン、ラリット・ベヘル、ギータンジャリ・クルカルニ、パロミ・ゴーシュ、ナブニンドラ・ベヘル、アニル・ラストーギー

【作品概要】
2016年ヴェネチア国際映画祭ビエンナーレ・カレッジ・シネマ部門エンリコ・フルキニョーニ賞受賞。

2017年ニューヨーク・インド映画祭スペシャルメンション主演男優賞受賞。

主演は、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(2012)や 『マダム・イン・ニューヨーク』(2012)などで知られるインドの名優アディル・フセイン。

映画『ガンジスに還る』のあらすじ


© Red Carpet Moving Pictures

ある日、自らの死期を悟った父ダヤは、ガンジス河の畔の聖地バラナシへ行くと宣言します。

家族の反対もよそに、決意を曲げない父。

仕方なく、仕事人間の息子ラジーヴが付き添うことになりました。

辿り着いたのは、安らかな死を求める人々が暮らす施設「解脱の家」。

はじめは衝突しあうも、雄大に流れるガンジス河は、次第に父子の関係をほぐしていきます。

旅立つ者の心の動き、それを見守る家族のまなざし。

果たして、ダヤは幸福な人生の終焉を迎えられるのでしょうか…。


© Red Carpet Moving Pictures

スポンサーリンク

映画『ガンジスに還る』の予告編解禁

予告編では、たくさんの舟が漂う雄大なガンジス河に冒頭から心奪われます。

死期を悟った父が向かった“その時”を待つ人たちの施設「解脱の家」。

そこでは個性豊かな面々が伸び伸びと暮らしている様子がうかがえます。

すぐに馴染んだ父を仕事人間の息子は複雑な心境で見守りますが、次第に、ガンジス河が二人の心をゆっくりと溶かしていきます…。

「小津安二郎の『東京物語』を思わせる傑作!」と映画評の通り『東京物語』を彷彿する、死をテーマにしながらも軽やかでクスッと笑えるコミカルさも描かれています。

そこから国は違えど家族の風景は同じであることが強く感じとれるはずです。

また、古代から栄える聖地“バラナシ”の異国情緒あふれる景色が全編に渡って魅力的です。

そしてラストには久米宏さんからの「生まれる時 意志はないが 死ぬ時には 少しだけその人の意志がある なんとなくそう考えていた この映画を観て やはりそうなのだと思った」と絶賛のコメントが映し出される印象的な予告編が解禁されました。


© Red Carpet Moving Pictures

まとめ


© Red Carpet Moving Pictures

死期を悟った父と、それを見守る家族たちの日々を綴った珠玉の感動作、映画『ガンジスに還る』の予告編が解禁されました。

監督・脚本を務めたのは、インドの小さなヒマラヤの街で育った弱冠27歳の新鋭監督シュバシシュ・ブティアニ。

本作は、ヴェネチア国際映画祭では10分間のスタンディングオベーションが鳴り響き、「人生、死、そして絆についての心温まる宝石のような一品」(GlamSham)、「あなたが今年目にする中で最高の1本!」(Mid-day)と 、世界中から称賛が寄せられているそうです。

映画『ガンジスに還る』は10/27(土)より、岩波ホールほか全国順次公開

ご期待ください。


© Red Carpet Moving Pictures

関連記事

新作映画ニュース

映画『階段下は××する場所である』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。特報動画で実写化映像解禁

“映画(キミ)を見ていると、恥ずかしい!でも好きだ!” 学校×事件×恋愛の不思議ムービーが誕生します。 巨大小説投稿サイト「小説家になろう」に掲載された羽野ゆずの同名原作の中から4つの短編小説を原作と …

新作映画ニュース

映画『ボディ・リメンバー』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。サスペンスラブストーリーを演劇界の実力派俳優が紡ぎ出す

演劇界の実力者たちが織りなす、現実、虚構、夢が錯綜する異色サスペンス映画。 俳優の山科圭太が、監督と編集を務めた映画『ボディ・リメンバー』。 キャストを務めるのは、演劇界で活躍する舞台俳優たち。 映画 …

新作映画ニュース

映画『ザ・プレイス』あらすじとキャスト。パオロ・ジェノヴェーゼ監督作品のメインビジュアル解禁!

『おとなの事情』のパオロ・ジェノヴェーゼ監督による最新作 『ザ・プレイス 運命の交差点』は、4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開。 アメリカの大ヒットしたワンシチ …

新作映画ニュース

劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』あらすじ/声優キャスト/公開日/予告動画。映画で炭治郎の新たな任務が始まる!

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編は10月16日(金)公開決定。 劇場版キービジュアル&予告編第1弾も一挙解禁! 『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて連載中の吾峠呼世晴による、シリーズ累計発行部数4000万 …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』あらすじと作品情報。孤高のアニメ作家と未完の作品を見つめる

アニメーションの神様ユーリー・ノルシュテインの深部に迫る! ドキュメントタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』は、2019年3月下旬にシアター・イメージフォーラムほかで全国順次ロードシ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学