Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/09/21
Update

映画『Raging Fire』あらすじ/キャスト/上映館。最新作“怒火”でドニー・イェン×ニコラス・ツェーがダブル主演で魅せる!

  • Writer :
  • 大塚まき

中国4週連続1位の大ヒット!
香港アクション映画界の巨匠ベニー・チャン監督遺作

中国で大ヒットを記録しているベニー・チャン監督がドニー・イェン&ニコラス・ツェーをW主演に迎えた最新作。


(C)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited ALL RIGHTS RESERVED

この度、映画『Raging Fire』(英題)が、2021年12月よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開されることが決定しました。

スポンサーリンク

映画『Raging Fire』について

参考:『怒火』のインスタグラム

不器用なほど正義にまっすぐで自分を曲げない警察官チョンを演じるのは、「イップマン」シリーズのドニー・イェン

これまでも数々のアクション映画に出演し、ハリウッドへも進出を果たしています。

その名を世界に轟かせるドニーのアクションは本作でさらに目が離せない迫力に!

さらに、『孫文の義士団』のニコラス・ツェーが、警察組織への復讐を誓った復讐鬼ンゴウとして最凶最悪の敵を演じ、爽やかな風貌からは想像もつかない狂気の殺戮者としてチョンたちの前に立ちふさがります

監督は『新少林寺/SHAOLIN』『香港国際警察/NEW POLICE STORY』など数々のアクション映画を世に出し、2020年に58歳の若さで急逝した香港アクション映画界の巨匠ベニー・チャン

彼の遺作となる本作には、プロデューサーにドニー・イェンも名を連ねており、さらに谷垣健治(「るろうに剣心」シリーズなど)がスタントコーディネートを務めていることも映画ファンは見逃せません。

ドニー・イェンとニコラス・ツェーが演じる警察官vs復讐鬼の手に汗握る攻防は、観る者全てを緊張と興奮の渦に巻き込むこと間違いなしでしょう。

映画『Raging Fire』の作品情報

【日本公開】
2021年(中国映画)

【原題】
怒火

【監督】
ベニー・チャン

【キャスト】
ドニー・イェン、ニコラス・ツェー

スポンサーリンク

映画『Raging Fire』のあらすじ

チョン(ドニー・イェン)は犯人逮捕の為なら躊躇の無い正義感溢れる警官。

麻薬組織の壊滅作戦中、謎の仮面を被った集団に襲撃され仲間を惨殺されたチョンは、黒幕が3年前に警察組織にはめられ投獄させられていたかつての同僚で弟子のような存在だったンゴウ(ニコラス・ツェー)だと知ります。

2人の宿命が交差した時、怒りの炎が燃え上がります。

まとめ

参考:『怒火』のインスタグラム

香港アクション映画界の巨匠ベニー・チャンの遺作『Raging Fire』。

ドニー・イェンとニコラス・ツェーが演じる警察官vs復讐鬼の手に汗握る攻防を劇場のスクリーンでお楽しみください。

映画『Raging Fire』は、2021年12月よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーです。

また2021年の第34回東京国際映画祭ガラ・セレクション出品も決定しました。

開催期間:2021年10月30日(土)~11月8日(月)
会場:日比谷・有楽町・銀座地区

※詳細は公式サイトをご確認ください。



関連記事

新作映画ニュース

映画『毒戦BELIEVER』とジョニートーのドラッグ・ウォーが10月3日シネマート新宿にて連続上映イベント開催!

『新しき世界』を超え、観客500万人突破の新たなる傑作ノワール。 いよいよ2019年10月4日(金)より公開となります、観客動員数500万人を突破した大ヒットノワール『毒戦 BELIEVER』。 この …

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/9/14より公開】

今週9月14日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩み …

新作映画ニュース

映画『愛のように感じた』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。17歳の瞳に映る世界のエリザ・ヒットマン監督長編デビュー作が劇場公開!

ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞『17歳の瞳に映る世界』 エリザ・ヒットマン監督による長編デビュー作。 『17歳の瞳に映る世界』でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したエリザ・ヒットマン監督。 エリザ・ヒット …

新作映画ニュース

映画『エンボク』あらすじ/キャスト/公開日。秋乃ゆにが援助交際の女子高生として過激シリーズ初参戦!

“援助交際撲滅運動”略して“エンボク”シリーズ第4弾。 シリーズ史上、最も過激で不埒な衝撃描写。 この度、2001年の第1作以降シリーズ全3作が作られた過激映画シリーズが、10年を経て装いも新たに誕生 …

新作映画ニュース

映画『スケート・キッチン』あらすじとキャスト・公開日も。実在の女性ボーダー達が出演!

マンハッタンの“いま”をスタイリッシュに駆け抜ける いま世界が注目するガールズスケートクルー「スケート・キッチン」。 彼女たちを主演に迎えた話題の映画『スケート・キッチン』が2019年5月10日(金) …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学