Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/08/14
Update

日常の崩壊を予感させる映画『ある船頭の話』予告編公開!オダギリジョーが捉えた日本とは

  • Writer :
  • 石井夏子

船頭は今日も、様々な人たちの喜びと悲しみ、生と死を乗せて舟を漕ぐ。

オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開されます。

公開に先立ちまして、予告編映像と、第二弾ポスタービジュアルが解禁されましたのでご紹介致します。

スポンサーリンク

映画『ある船頭の話』予告編映像

このたび解禁された予告編では、村と町をつなぐ渡し舟の船頭・トイチとその客人たちが、橋の建設と突然現れた少女によって、少しずつ変わっていく様子が映し出されています。

世界的撮影監督クリストファー・ドイルによって切り取られた美しい日本の原風景

トイチが様々な客人のよもやま話に耳を傾けながら河の渡しをする様子は、舟の上で起こるドラマを期待させます。

橋の完成が近づき、“役に立たないものはみんな無くなっていく”という会話は、日々めまぐるしく進化していく現代で何か大切なものを失っていないかと考えさせられる言葉です。

そして渡し舟を漕ぐようにゆったりと流れていく映像から一転、突然現れた少女、聞こえてくる“一家皆殺し”の話、凶器を持った男…。

次第に不穏な空気が漂い始めます。

美しい映像に魅せられながらも、この村に、そして時代に取り残された船頭・トイチに、何かが起こることを予感させる予告編です。

映画『ある船頭の話』の作品情報


© 2019「ある船頭の話」製作委員会

【日本公開】
2019年(日本映画)

【脚本・監督】
オダギリジョー

【撮影監督】
クリストファー・ドイル

【音楽】
ティグラン・ハマシアン

【衣装デザイン】
ワダエミ

【キャスト】
柄本明、川島鈴遥、村上虹郎、伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優、笹野高史、草笛光子、細野晴臣、永瀬正敏、橋爪功、くっきー、河本準一

【作品概要】
俳優として海外でも精力的に活動してきた俳優のオダギリジョーの長編初監督作品で、超豪華な国際派スタッフが集結。

撮影監督は『ブエノスアイレス』(1997)『恋する惑星』(1994)などで知られるクリストファー・ドイル、衣装デザインには黒澤明監督作『乱』(1985)で米アカデミー賞®を受賞したワダエミ。

そして世界を舞台に活躍するアルメニア出身のジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンが映画音楽に初挑戦しました。

主人公の船頭トイチ役に日本を代表する名優、柄本明。主演としては2008年公開『石内尋常高等小学校 花は散れども』(新藤兼人監督)以来、11年振り。

そして人懐っこい笑顔でトイチのもとに遊びに来る村人・源三役には、映画・テレビ・舞台と出演作が目白押し、映画『銃』(2018)での演技も印象深い、若手実力派・村上虹郎です。

ヒロイン役には『望郷』(2017)の川島鈴遥を抜擢。

8月から開催される第 76 回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門での正式出品が決定しています。

スポンサーリンク

映画『ある船頭の話』のあらすじ

© 2019「ある船頭の話」製作委員会

近代産業化とともに橋の建設が進む山あいの村。

川岸の小屋に住み船頭を続けるトイチは、村人たちが橋の完成を心待ちにする中、それでも黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていました。

そんな折、トイチの前に現れた一人の少女。

何も語らず身寄りもない少女と一緒に暮らし始めたことで、トイチの人生は大きく狂い始め…。

まとめ

© 2019「ある船頭の話」製作委員会

舟を漕ぐようにゆったりと流れていく映像から一転、突然現れた少女と一家皆殺しの噂が流れ始め、不穏な空気が漂う予告映像。

オダギリ監督が長年温めてきたオリジナル脚本を自身で映像化した本作は、監督の世界観が静かに強く訴えかけてきます。

また、撮影監督クリストファー・ドイルが映し出す、“日本”の景色からも目が離せませんね。

映画『ある船頭の話』は2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショーです。





関連記事

新作映画ニュース

シャーリズ・セロン映画『タリーと私の秘密の時間』。作品秘話と運命の出会い画像解禁

かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー。 映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ …

新作映画ニュース

映画『水を抱く女』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。ペッツォルト監督が最新作でドイツ神話をモチーフに愛の叙事詩を描く

第70回ベルリン国際映画祭にて  銀熊賞(最優秀女優賞)・国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞受賞。 天才たちを惹きつけた魅惑的な”水の精“の神話について、名匠クリスティアン・ペッツォルトが、大胆 …

新作映画ニュース

【TAAF2020】東京アニメアワードフェスティバル開催日は3月13日より!宮野真守ナレーションの告知映像も発表

TAAF2020は3月13日(金)から16日(月)まで開催。 東京アニメアワードフェスティバル実行委員会及び一般社団法人日本動画協会は、2020年3月に開催される、 国際アニメーション映画祭「東京アニ …

新作映画ニュース

庵野秀明新作映画『シン・仮面ライダー』2023年3月公開決定!超特報動画とビジュアルも発表され生誕50周年への期待高まる

「仮面ライダー」史に大革命、最大プロジェクト始動。 1971年4月3日19:30の放送開始からジャスト50年の大発表として、2021年4月3日に、「仮面ライダー」史に大革命を起こす最大プロジェクト、『 …

新作映画ニュース

前田多美・佐伯日菜子らがちば映画祭2020のゲスト!1月18日(土)アテネフランセ文化センターにて開催

新年一発! ちば映画祭2020 in アテネ・フランセ文化センターの来場ゲスト発表。 千葉県初上映の若手映画監督の作品上映をメインの作品を上映しているちば映画祭。 2020年1月18日(土)に、千葉県 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学