Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

「熱狂カフェ」六本木に近日オープン!映画『熱狂宣言』に応援企業が史上最多500社超え

  • Writer :
  • かりごめあき

若年性パーキンソン病を抱えながら、圧倒的な才気で会社を東証一部上場企業にまで押し上げた経営者・松村厚久。

プロデューサーとして数々のヒット作を生み出してきた奥山和由が監督を務め、苛烈な人生を全身全霊で生きる松村厚久に迫ったドキュメンタリー。

映画『熱狂宣言』は、11月4日(日)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズにて公開です。

本作の応援企業が映画史上最多の500社を突破し、さらに六本木のド真ん中に「熱狂カフェ」をオープンすることが発表されました!

スポンサーリンク

映画『熱狂宣言』応援企業が500社突破


Ⓒ2018 吉本興業/チームオクヤマ

映画『熱狂宣言』は、さまざまな企業にタイアップを打診する宣伝展開を行い、9月11日時点で楽天を始めとする企業が協力を受諾し、168社もの会社が集まり、映画タイアップとして過去最多を記録しました。

その後わずか2週間で、ソフトバンクを始めとして、驚異のスピードで応援企業が増え続け、9月25日時点で、523社に上ることが発表されました。

応援企業の協力内容


Ⓒ2018 吉本興業/チームオクヤマ

・QRコードが付いた名刺サイズの宣伝カードを社員や会員へ配布
・受付など社内や営業所でのポスター掲示
・社内報や会報誌での紹介

このほか、各社の特徴を生かした宣伝協力も行われ、コーヒーを中心とした飲料・食品メーカーのUCCは、映画をイメージした奥山和由監督監修によるオリジナルブレンドコーヒーを8000袋パッケージ化して配布するなど、各社それぞれのかたちで応援しています。

六本木のド真ん中に「熱狂カフェ」オープン決定


Ⓒ2018 吉本興業/チームオクヤマ

六本木駅すぐに立地するラウンジ&バー「GLASS DANCE六本木」が、『熱狂宣言』とのタイアップにより「熱狂カフェ」としてオープンすることも発表されました。

その全容がこちら。

・超巨大看板の設置
・店内モニターでプロモーション映像の放映
・店内装飾
・オリジナルコースターの提供
・オリジナルコラボドリンク2品の販売:映画オリジナルブレンドコーヒー「朝の熱狂宣言」、映画オリジナルカクテル「夜の熱狂宣言」

さらに、ムビチケ(前売り券)購入を希望する応援企業も増えていることから、映画『熱狂宣言』のムビチケ提示で、コラボドリンク1杯サービスの特典も用意されているとのこと。

「熱狂カフェ」のオープンは、10月19日(金)

あなたは「朝の熱狂宣言」派⁈、それとも「夜の熱狂宣言」派⁈かしら。

今からオープンが待ち遠しいですね!

スポンサーリンク

映画『熱狂宣言』の作品情報


Ⓒ2018 吉本興業/チームオクヤマ

【公開】
2018年(日本映画)

【製作・監督】
奥山和由

【キャスト】
松村厚久

【音楽】
木下航志

【プロデューサー】
江角早由里

【作品概要】
制作・宣伝・興業すべての手法において、今までにはない映画を創ることをコンセプトに掲げたフリーシネマプロジェクトの第1弾映画。

被写体の身近な人物にカメラを預け、映画を観る観客の主体性に問いかけるダイレクトシネマという手法を用いた、奥山和由監督の全く新しいドキュメンタリー作品。

映画『熱狂宣言』のあらすじ


Ⓒ2018 吉本興業/チームオクヤマ

松村厚久、51歳。かつて、外食界のスター、革命児、天才、ビックマウス、不思議ちゃんなど、数々の異名を持った人物です。

松村は東証一部上場企業のDDホールディングス代表取締役社長であり、従業員約1万人という仲間を抱えていました。

彼が経営する店舗数は約500店、その年商約500億円だといいます。

ひと昔前のバブリーさを感じさせるほど、彼らは今も派手で賑やかな宴席を開き、その中心に松村はいました。

松村自身は周囲の人物や、その仲間たちに一切の手を抜かず、全身全霊のサービス精神で仲間たちを楽しませる性分でした。

奥山和由は、ひどく落ち込んだ時に古本屋で手にした書籍「熱狂宣言」で松村の存在を知ります。

「果たしてこんな立派な男が実在するのだろうか…」と感じた奥山は、とにかく一度会ってみたいという衝動から、この映画作りはスタートしました。

奥山は松村を前にして、3日前にドキュメンタリー映画を撮りたいと考えたと、自身のブレーンに映画化企画を話したというと、応対した松村は二つ返事で取材交渉を成立させます。

13年前から難病の若年性パーキンソン病を患っている松村ですが、それでも自らを“幸運な人間”だと断言して、日々を楽しみ生きていました。

しかし、そんな松村もキャメラを前にすると、「撮れ高」を気にしたような外連味を見せてしまうことから、この作品では映画作りのプロではない、松村の周囲にいる会社の仲間たちにキャメラを託すと…。

この映画は書籍「熱狂宣言」をなぞらえて作られた作品ではありません。

ドキュメンタリー作品に明確なストーリーもなく、ナレーションも入っていません。

また、松村が何を話しているかも時に聞き取れない場面も多くあるが、それでも松村に寄り添う感覚を観る者に感じさせていく…。

スポンサーリンク

まとめ


Ⓒ2018 吉本興業/チームオクヤマ

30代後半から難病指定の若年性パーキンソン病を患いながらも、自身の会社を東証一部上場企業にまで押し上げた経営者である松村厚久に迫ったドキュメンタリー映画『熱狂宣言』。

松村厚久の生き様に、本作への応援企業が映画史上最多の500社を突破し、六本木のド真ん中に「熱狂カフェ」をオープンすることが発表されました。

様々な企業が、映画『熱狂宣言』に協力体制を敷くことで、企業の集団が宣伝媒体となる新しい宣伝方法として、映画業界のみならず注目を集め、どこまで協力企業の数を伸ばすのか期待されています。

なお、応援企業の全ての社名は、10月中旬に公式HPにて発表されます。

映画『熱狂宣言』は、2018年11月4日(日)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズにて熱狂ロードショー

お楽しみに!

関連記事

新作映画ニュース

『ヴィクトリア女王 最期の秘密』スティーヴン・フリアーズ監督と女優ジュディ・デンチの信頼感を垣間見る画像解禁!

ジュディ・デンチ主演のスティーヴン・フリアーズ監督最新作『ヴィクトリア女王 最期の秘密』 が 2019年1月25日(金)より Bunkamura ル・シネマほかで全国公開。 その名を知らない者はいない …

新作映画ニュース

【オーディションで女性キャスト募集!】新たなアイドルを生み出したい荻颯太郎監督がバラエティ番組に始動

荻颯太郎監督が映像バラエティ番組のキャスト募集! (C)Cinemarche 若手の荻颯太郎監督が、2019年11月より開設予定のYouTubeチャンネル内の動画番組「シネマゴ★Chinemago」の …

新作映画ニュース

映画『スウィート・シング』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。アレクサンダー・ロックウェルが実子を主人公に描く切ないファンタジー

2020ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門最優秀作品賞 スティーヴ・ブシェミ、シーモア・カッセル主演の『イン・ザ・スープ』(1992)や、クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲスらと共同 …

新作映画ニュース

映画『12人のイカれたワークショップ』あらすじ/キャスト。田口清隆最新作が2021年劇場公開!

「ウルトラマン」シリーズ監督・田口清隆の新作映画はZ級にイカれたSFホラー! 「ウルトラマン」シリーズやドラクエを題材とした本田翼主演ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』等で知られる 監督・田口清隆。 …

新作映画ニュース

映画『燕 Yan』あらすじ/キャスト/公開日。水間ロンと山中崇が中国語で演技力を披露!

若きトップカメラマン今村圭佑、映画長編監督デビュー作。 第19回高雄映画祭に正式出品され、第15回大阪アジアン映画祭にて日本初上映された映画『燕 Yan』(読み:つばめ イエン)。 (C)2019「燕 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学